Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

映画『仮面ライダーゼロワン』ネタバレ感想評価レビュー。最終回後のストーリーを描く決定版|邦画特撮大全79

  • Writer :
  • 森谷秀

連載コラム「邦画特撮大全」第79章

今回の邦画特撮大全は劇場版『仮面ライダーゼロワン REAL×TIME』を紹介します。

2020年12月18日より公開された『仮面ライダーゼロワン REAL×TIME』は、2019年から2020年夏まで1年間放送されていた令和初の仮面ライダーシリーズ『仮面ライダーゼロワン』の劇場版です。

当初は例年通り2020年夏に公開される予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響により2020年12月の公開へ変更となりました。本作はTVシリーズ最終回のその後を描いた作品です。

【連載コラム】『邦画特撮大全』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『仮面ライダーゼロワン REAL×TIME』の作品情報


(C)2020 スーパーヒーロープロジェクト (C)石森プロ・テレビ朝日・AD EM・東映

【公開】
2020年(日本映画)

【原作】
石ノ森章太郎

【監督】
杉原輝昭

【脚本】
高橋悠也

【出演】
高橋文哉、岡田龍太郎、鶴嶋乃愛、井桁弘恵、中川大輔、砂川脩弥、桜木那智、中山咲月、山口大地、成田愛純、佐伯新、児島一哉、なかやまきんに君、南圭介、大後寿々花、吉田悟郎、アキラ100%、畑育芽、小山悠、後藤洋央紀、江田拓寛、山田梨奈、矢部太郎、伊藤美来、山崎紘菜、福士誠治、伊藤英明、山寺宏一(ナレーション)

【作品概要】
令和第1弾の仮面ライダーシリーズ『仮面ライダーゼロワン』の単独劇場版。TVシリーズでメイン監督を務めた杉原輝昭監督がメガホンをとり、脚本は同じくTVシリーズのメインライター・高橋悠也が務めました。

出演者は高橋文哉、岡田龍太郎ほかTVシリーズのレギュラー陣が総出演。また第1話に登場し話題となったヒューマギア“腹筋崩壊太郎”のなかやまきんに君など、TVシリーズに登場したヒューマギアたちも一部再登場。本作の敵役、TVシリーズ最終回のラストに登場した謎の男エス/仮面ライダーエデンに扮するのは、映画『海猿』シリーズなどで知られる伊藤英明です。

同時上映は劇場短編『仮面ライダーセイバー 不死鳥の剣士と破滅の本』。

映画『仮面ライダーゼロワン REAL×TIME』のあらすじネタバレ


(C)2020 スーパーヒーロープロジェクト (C)石森プロ・テレビ朝日・AD EM・東映

悪意を持った人工衛星アークの脅威から世界を守った飛電或人/仮面ライダーゼロワン。しかし新たな脅威が世界を襲います。

「神が6日で世界を創造したのなら、私は60分でそれを破壊し、楽園を創造する」。

世界を滅亡させ新たな「楽園」の創造を目指す謎の男“エス”とその信者たちが行動を開始。信者たちが変身した“仮面ライダーアバドン”は世界各地で一斉にテロ活動を始めました。

或人はゼロワンに変身し、エスの変身する“仮面ライダーエデン”と戦いますが、エデンの驚異的な力に圧倒されてしまいます。

A.I.M.S.の隊長となった刃唯阿/仮面ライダーバルキリー、不破諫/仮面ライダーバルカン、そしてかつて人類滅亡を目指したヒューマギアの滅/仮面ライダー滅たちは、都市部へのガス攻撃を開始した“仮面ライダーアバドン”と戦闘に。或人の秘書のヒューマギア・イズは或人とは行動を共にせず、他の仮面ライダーのサポートに動きます。

仮面ライダーエデンに立ち向かったはずの或人は、なぜか異世界を彷徨うことに。そこでエスの正体を知る女性・遠野朱音と出会います。朱音は世界を滅亡せんとするエスをどうにかして止めたいのでした。

迅/仮面ライダー迅は敵のネットワークシステムに侵入。しかしそれによって彼らが操る戦闘機が出撃。不破と迅の2人は戦闘機と戦うも、その爆発の中に巻き込まれ姿を消してしまいます。

一方、天津垓/仮面ライダーサウザーはZAIAの常務・野立万亀男を捕え尋問。エスとは一体何者なのかを問い質します。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『仮面ライダーゼロワン REAL×TIME』ネタバレ・結末の記載がございます。『仮面ライダーゼロワン REAL×TIME』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2020 スーパーヒーロープロジェクト (C)石森プロ・テレビ朝日・AD EM・東映

エスの正体は、かつて人工知能搭載型ナノマシンの開発リーダーだった一色理人でした。しかし彼は遺体で発見されており、既に死んでいます。現在のエスは生前の彼の脳をデータ化し、ナノマシンの集合体によって形成された存在だったのです。

また仮面ライダーアバドンも、不破たちが戦った戦闘機のコックピットも中は空でした。信者たちはエスが管理する闇サイト「シンクネット」に集った破滅願望のある人間たち。現実で活動する信者たちもまたナノマシンによって作り出された“アバター”だったのです。また彼らがテロ活動の際に使用していたのもガスではなく、ナノマシンでした。

意識を取り戻した或人はヒューマギアの雷から専用バイク・ライズホッパーを受け取り、エスの元へ走ります。エスは人工衛星ゼアをジャックし、データを集め“ヘルライズプログライズキー”を完成させます。

或人はエスを止めるため、ヘルライズプログライズキーを奪い、仮面ライダーゼロワンヘルライジングホッパーに変身。しかし或人はその力を制御できず暴走してしまいます。

そんな或人を止めたのは仮面ライダーゼロツーに変身したイズでした。イズは衛星ゼアの回廊の中で、或人と共に戦い散った初代イズからデータを引き継いだのでした。

一方、滅は単独でシンクネットのアジトへ辿り着いていました。そこには遠野朱音の脳を使用したサーバーがあったのです。

或人が迷いこんだ異世界とは、データ化された遠野朱音が住むデータ上の空間。遠野朱音はエスの婚約者であり、彼が開発したナノマシンの被験者でもありました。しかし人工衛星アークのハッキングによって起きた“デイブレイク事件”の際、ナノマシンもハッキングされ朱音は帰らぬ人となりました。

エスの真の目的はナノマシンで襲った民間人の生体データをサーバーへ送り、朱音が住む世界の住人を増やすこと。そして、シンクネットの信者のような悪意を持った人間を一掃することでした。エスの言う「楽園」とは、遠野朱音が住むデータ上の世界のことだったのです。

或人の説得で、エスは改心し朱音の元へと向かいます。しかしエスの真の目的に気付いた信者たちは彼に反旗を翻します。シンクネットのアジトには仮面ライダーアバドンの大軍が現れました。

仮面ライダー滅と仮面ライダーバルキリー、仮面ライダーサウザー、爆発に消えたはずの仮面ライダーバルカンと仮面ライダー迅の5人が信者たちの妨害を防ぎます。エスはついにサーバーの中にいる朱音と無事に再会。その後、シンクネットのアジトは爆発して崩壊します。

信者のリーダー格であるベルはエデンドライバーとエデンゼツメライズキーを奪い“仮面ライダールシファー”に変身。或人とイズは仮面ライダーに変身し、2人で仮面ライダールシファーに打ち勝つのでした。

スポンサーリンク

映画『仮面ライダーゼロワン REAL×TIME』の感想・評価


(C)2020 スーパーヒーロープロジェクト (C)石森プロ・テレビ朝日・AD EM・東映

TVシリーズのその後を描いた劇場版『仮面ライダーゼロワン REAL×TIME』。当初の構想ではTVシリーズ間のエピソードでしたが、公開時期の変更によりTVシリーズの後日談となったそうです。結果として、『仮面ライダーゼロワン』という作品の決定版になったと言えるでしょう。

まず本作の注目点の1つが、人類とヒューマギア(AI搭載人型ロボ)との「共闘」です。TVシリーズは人類とヒューマギアの「対立」を中心軸に展開していました。人類を代表する飛電或人/仮面ライダーゼロワンと、ヒューマギアを代表する滅/仮面ライダー滅による最終決戦で、或人は滅を倒しはせず彼の中に芽生えた「心」に訴えかけたことで戦いを終わらせます。TVシリーズは人類とヒューマギアとが共存・共栄がついに始まるという、希望ある未来を予感させる最終回だったのです。

その後の滅は「世界の悪意を監視する」という立場で行動しています。TVシリーズでの滅は仮面ライダーに変身するもあくまで「敵」という立位置でしたが、本作劇中での彼の活躍は完全にひとりの「ヒーロー」でした。クライマックスではゼロワン以外の5人の仮面ライダーが集結。かつて戦った者同士が手を取り共通の敵と戦う、という展開はやはり盛り上がります。

となると敵役を「ヒューマギア」にするのは得策ではないでしょう。では本作に登場した敵は何だったのかというと、TVシリーズでも提示されていたように、やはり人間の「悪意」に帰結します。ヒューマギアに代り「ナノマシン」という新たな要素が登場しますが、つまるところ本作でそれを操っていたのは悪意のある人間でした。本作で描かれた「人間が存在する限り悪意が存在する」というような正邪相克の永続性は、同じく石ノ森章太郎原作の漫画『サイボーグ009』の「地下帝国ヨミ編」を彷彿させます。


(C)2020 スーパーヒーロープロジェクト (C)石森プロ・テレビ朝日・AD EM・東映

そして本作ではTVシリーズよりも大人へ成長した主人公・飛電或人の姿を堪能できます。敵であるエス(一色理人)/仮面ライダーエデンは大切な人を失い、今回の陰謀を引き起こしました。TVシリーズで或人は戦いの中で秘書ヒューマギア・イズを失い、悪意の中に呑まれました。いわばエスはかつての闇に囚われた或人自身、もしくは悪意を乗り越えられなかった或人のありえたかも知れない姿に映ります。或人とエスが教会で対峙したシーンでは、悪意を乗り越えた或人だから見せられる姿や言える言葉が描かれました。

またアクションシーンは見せ場の満載で、ボディを光らせた仮面ライダーゼロワンと仮面ライダーエデンの一騎打ちから始まり、仮面ライダーバルキリーのバイクアクション、仮面ライダーバルカンと仮面ライダー迅による戦闘機との空中戦。『ゼロワン』の持ち味とも言えるアクロバティックなカメラワークによるアクションが、よりスケールアップしているのです。

まとめ


(C)2020 スーパーヒーロープロジェクト (C)石森プロ・テレビ朝日・AD EM・東映

1年間のTVシリーズで成長した登場人物たちの姿や、「ナノマシン」という新たな要素を導入しながら発展・継承された「悪意」そして「心」というテーマ。『仮面ライダーゼロワン REAL×TIME』は、まさに『仮面ライダーゼロワン』の決定版と言える作品です。

次回の邦画特撮大全は…


(C)2020 スーパーヒーロープロジェクト (C)石森プロ・テレビ朝日・AD EM・東映

次回の邦画特撮大全は劇場短編『仮面ライダーセイバー 不死鳥の騎士と破滅の本』を紹介します。お楽しみに。

【連載コラム】『邦画特撮大全』記事一覧はこちら




関連記事

連載コラム

『カーライル ニューヨークが恋したホテル』レビューと内容解説。プロの流儀と一流のプライドとは|だからドキュメンタリー映画は面白い24

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第24回 世界中のセレブたちが集うという、“秘密の宮殿”の魅力に迫る――。 今回取り上げるのは、2019年8月9日(金)からBunkamuraル・シネマ …

連載コラム

【ネタバレ感想】『ワンダーウーマン』映画と原作コミックとの比較解説。新たな女性ヒーローのアイコン|最強アメコミ番付評22

連載コラム「最強アメコミ番付評」第22回戦 こんにちは、野洲川亮です。 『アベンジャーズ エンドゲーム』に続いて『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』の予告がアップされましたね。 2019年公開の …

連載コラム

シンエヴァンゲリオン|タイトル読み方/意味考察。ラストは:||とシン=進が示す《繰り返しと前進》【終わりとシンの狭間で3】

連載コラム『終わりとシンの狭間で』第3回 1995~96年に放送され社会現象を巻き起こしたテレビアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』をリビルド(再構築)し、全4部作に渡って新たな物語と結末を描こうとした新 …

連載コラム

【スーパーナチュラルシーズン14】第3・4・5話ネタバレあらすじと感想。ドラマの見どころ解説も|海外ドラマ絞りたて4

連載コラム『海外ドラマ絞りたて』第4回 『スーパーナチュラル』のシーズン15放送開始は、2019年10月15日に北米で放送が始まります。 本コラムでは引き続きシーズン14のあらすじをネタバレで掲載し、 …

連載コラム

映画『悪魔のいけにえ』ネタバレ感想と考察解説。レザーフェイス殺人鬼時代を作り出した名作を深掘り!|SF恐怖映画という名の観覧車130

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile130 ホラー映画とSF映画を題材とした当コラムで今までほとんど触れることの無かった「伝説的名作」と呼べる映画たち。 日々押し寄せる新作映画情報 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学