Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/10/06
Update

【イカゲーム5話ネタバレ】結末あらすじ感想と考察評価。111番への贔屓ルールとフロントマンの正体とは⁈| イカゲーム攻略読本5

  • Writer :
  • 滝澤令央

【連載コラム】全世界視聴No.1デスゲームを目撃せよ 5

2021年9月17日(金)よりファーストシーズン全9話が一挙配信されたNetflixドラマシリーズ『イカゲーム』。

生活に困窮した人々が賞金456億ウォンを賭け、最後の勝者になるために挑む命懸けのデスゲームが始まりました。

主人公ソン・ギフンを演じるイ・ジョンジェを始め、本作が役者デビューとなるチョン・ホヨンなど魅力的なキャスト陣が演じる社会問題を反映させた壮絶な人間ドラマに注目が集まります。

監督と脚本を手掛けたのは映画『トガニ 幼き瞳の告発』(2011)『怪しい彼女』(2014)の監督として知られるファン・ドンヒョク。

配信後全世界1位を獲得し、日本でも視聴ランキング急上昇1位の話題を呼ぶほどの注目のNetflixドラマ『イカゲーム』のシーズン1を各話ごとにご紹介していきます。

前回、第3のゲーム「綱引き」が始まり、チーム分けで不利な状況に立たされたギフンたち。

第5話では、チームとの交流の中でギフンの過去が明かされ、運営に潜入したファンもゲームの裏側を暴いていきます。

Netflixドラマ『イカゲームシーズン1』を完全紹介の記事一覧はこちら

スポンサーリンク

ドラマ『イカゲームシーズン1』の作品情報


Netflix「イカゲーム」

【原題】
Squid Game

【監督・脚本】
ファン・ドンヒョク

【出演】
イ・ジョンジェ、チョン・ホヨン、ウィ・ハジュン、パク・ヘスン、コン・ユ 
 
【作品概要】
Netflixにて配信が開始した2021年9月17日(金)以降、韓国をはじめ、香港、台湾、アメリカ、ベトナムなど23カ国で視聴ランキング1位を獲得した注目のドラマ作品。

主人公ソン・ギフンを演じるのは『10人の泥棒たち』(2012)『新しき世界』(2013)のイ・ジョンジェ。

ゲーム参加者の中で一際異彩を放つキャラクター、セビョクを演じるのは、韓国国内外でモデルとして活躍し、本作が役者デビューとなるチョン・ホヨン。

その他『最高の離婚』(2018)のウィ・ハジュン、『新感染ファイナル・エクスプレス』(2016)『82年生まれ、キム・ジヨン』(2020)のコン・ユが出演。

監督脚本は映画『トガニ 幼き瞳の告発』(2011)『怪しい彼女』(2014)の監督として知られるファン・ドンヒョク。

本作独特の世界観を演出する広大なセットを手掛けた美術監督は『マルモイ ことばあつめ』(2020)『EXIT』(2019)のチェ・ギョンソン。

ドラマ『イカゲームシーズン1』第5話のあらすじとネタバレ


Netflix「イカゲーム」

ギフンたちの番になり、綱引きを始めます。

力では不利なギフンたちは引っ張り合いに圧倒され、挽回する一手を講じます。

絶体絶命になり、サンウが合図で一斉に手を離し相手を転ばせる作戦を提案。

作戦は見事成功し、ギフンたちは相手が転んだまま起き上がれない隙をつき、全力で引っ張り綱引きに勝利しました。

待機室へと戻るエレベーターの中で、ギフンのチームに参加しゲームに勝利した244番は神に祈りを捧げていました。

狂信的な彼の姿を240番がバカにします。「ゲームに勝てたのは神のおかげではなく、老人とサンウのおかげである」と。

待機室へ戻ると、今回のゲームを経て、参加者が40人にまで減ったことが知らされます。

チームでの協力により勝利したミニョは、調子に乗ってチーム内に序列を作ろうとします。

それをサンウが「ウチのチームは平等である」と言い、ミニョをあしらいました。

夜中の襲撃に備え、ギフンは周囲にバリケードを作ることを提案。

そこへドクスが挑発しに来ました。

生き残ろうと必死なギフンをからかうドクスでしたが、信用している部下の裏切りに遭う可能性が最も高いのはドクス自身だということをギフンに指摘され、思わず黙り込んでしまいました。

ドクスの子分として彼に付き従う278番は、夜中のうちにどこのチームを襲撃するのかをドクスに伺うも、ギフンの指摘を不安に思ったドクスはどこも襲撃しませんでした。

交代に見張りを立てることにしたギフンたちは、消灯時間になり、まずサンウとアリが見張りをします。

サンウへ恩返しがしたかったアリは、食事の時に取っておいたとうもろこしを彼に渡します。

絆を深めた2人はそれぞれ「サンウ兄貴」「アリ」と呼び合うようになります。

パキスタンから韓国に渡ったアリは、金に困り妻と子供を残してゲームに参加したことをサンウに明かしました。

トイレに行くと言って待機室を出た111番は、消灯時間後三角マークの進行係たちに連れられ、脱落者の遺体から臓器を摘出する手伝いをさせられていました。

フアンと28番は仲介屋への臓器輸送を任されており、島を出て潜水しながら仲介屋の待つ船まで臓器を届け戻ってくる役割を果たします。

サンウたちから見張りを交代したギフンはバリケードに身を隠しながら、娘ガヨンが生まれたあの日のことを思い出していました。

その日ギフンは勤めていた会社で起こったストライキに参加していました。

その後暴動はさらに活発化していき、隠れていたギフンの目の前で同僚は殺されてしまいました。

あの日を思い出したギフンは、一緒に見張りをしていたイルナムに当時のことを語ります。

その時イルナムが急に苦しみ出しました。彼はひどい熱で倒れ込んでしまいます。

運営は助けに来ず、ギフンはセビョクから渡された水とシーツでイルナムを看病します。

寝込んでしまったイルナムの代わりにセビョクとギフンで夜の見張りをすることにしました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『イカゲームシーズン1』第5話ネタバレ・結末の記載がございます。『イカゲームシーズン1』第5話をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

一方、臓器を送り届けるために隠し通路を28番と2人で進んでいたファンは、28番にこれから施設に現れるVIPとは何者なのか尋ねます。

これまで共謀して行ってきた裏稼業やゲームについて、無理に話を合わせようとするファンを不審に思った28番は、彼にナイフを突きつけます。

運営についてしつこく訊いてくる上に、以前と声が変わっている29番が別人であると勘づいた28番。

ファンに仮面を脱ぐよう言います。

仮面を脱いだファンは28番に銃を突きつけ、顔を見せるよう言います。

その頃、臓器の摘出を終えた111番は明日のゲームについて進行係に尋ねます。

しかし「まだ分からない」という思わぬ答えが返ってきたため、十分な見返りを貰えなかった111番は進行係の1人にナイフを突きつけて脅しました。

進行係と揉み合いになり、手術台のある隠し部屋から逃げ出す111番。

施設の中を彷徨いながら、彼がたどり着いたのは第2のゲームが行われた遊び場でした。

111番を後から追いかけてきた三角の進行係は、取り返しが付かなくなる前に待機室に戻るよう彼を説得します。

「自分たち進行係は替えがきくが、参加者が減ったらゲームに支障が出る」と説明する進行係。

「信用できるものか」と言う111番を落ち着かせるため、進行係は仮面を脱ぎ、同じ人間であることを証明しました。

振り上げた鉄棒を捨て、どうすればいいかを進行係に尋ねる111番。

進行係は彼をなだめるように肩に手を置きながら後ろから彼を刺し殺そうとします。

その瞬間、進行係の身体を銃弾が貫きました。

発泡したのはフロントマンでした。

ファンは28番が仲間と話していた片方の臓器のない脱落者について尋問します。

行方不明になったフアンの兄は、ファンに臓器提供をした過去があったからです。

28番は「その遺体は女だった」と説明しますが、ファンに彼を信じることは出来ませんでした。

命乞いに必死な28番はフロントマンの部屋にある名簿を調べれば分かるとファンに言います。

運営の裏側を知る決定的な証拠にありついたファンは28番をその場で射殺。

フロントマンの部屋へ向かいました。

一方のフロントマンは、虫の息の進行係に対し「参加者の平等な機会を奪ったことは許されない」と言い、不平等と差別に苦しんできた参加者たちの最後のチャンスを蔑ろにした進行係と111番を処刑しました。

部屋へ戻る途中、フロントマンとその手下の進行係たちは28番の遺体を発見。

内部にスパイがいると言って進行係たちにファンを探させます。

28番の頭に刺さった銃弾をくり抜き、口径からそれが警察の使用するリボルバーであることに気付くフロントマン。

警察官が29番と入れ替わり内部に侵入していると突き止めたフロントマンは施設をくまなく探すよう進行係たちに指示します。

スパイ捜索は大々的な騒動になり、待機室で就寝していた参加者たちも部屋の中央へ集められます。

寝込んでいたイルナムを気遣うギフン。イルナムは失禁していました。

その頃ファンはフロントマンの部屋を捜索していました。

そこで見たのは動物を象った仮面とスーツを着せられたマネキン。

そして奥の資料室にたどり着いたファンは、過去に開催されたデスゲームの記録を発見。

参加者リストからファン・イノの名前を見つけます。

132番だったイノは2015年のゲームで優勝していたのです。

スポンサーリンク

ドラマ『イカゲームシーズン1』第5話の感想と評価


Netflix「イカゲーム」

平等な世の中

今回のエピソード第5話「平等な世の中」では、体力勝負の第3のゲーム「綱引き」で不利な状況であったギフンたちが勝利するところから始まります。

イルナムの経験とサンウの知恵がチームに勝利をもたらした事で連帯感が生まれ、曲者揃いのギフンチーム内にも互いへの信頼がこれから生まれるのでしょうか。

幼馴染のギフンとサンウ。

サンウに恩を感じているアリ。

ギフンが助けたことで親睦を深めていったイルナム。

行きがかり上協力することになったセビョク。

セビョクがチームに誘った240番ことジヨン。

それぞれの仲が深まっていく様子は、息もつかせぬデスゲームの間の小休止として心穏やかに見られる反面、この先ライバルとして競わざるをえない不穏さを感じてしまいます。

またこれまで殆どエキストラのようであった他の参加者にも個性的なキャラクターは多く、特に今回印象的だったのが狂信的なキリスト教徒の244番。

森羅万象を「神」にこじ付けて語る彼の様子は終始ギャグとして機能しています。

極限状態で信仰にすがり人々に説教を施すという意味では、映画「ミスト』(2007)に登場した狂信的な福音派のミセス・カーモディを連想しなくもないですが、参加者は皆自発的にゲームに参加しているため、神の預言を用いてチームを扇動することは出来ません。

神の僕を自称する244番も所詮は賞金欲しさにゲームに参加している身ですから、サンウの言う通り協力したり、力のある男の方が有利だと言う意見に乗っかるなど、信仰と矛盾する形で、実存主義的にゲームに挑んでいます。

その上、他の参加者を蹴落とすという殺戮の言い訳に宗教や神を利用しているのですから彼の敬虔な信仰心はどこまでも自分の都合に合わせて解釈されたものだということが分かります。

それを象徴する台詞が「我々はみな罪人」。

卑怯な手を使う彼が居直るために口にした言葉で、神秘主義を標榜しながら、世俗的な煩悩、実存に囚われている矛盾を皮肉った非常にウィットに富んだ台詞でした。

また今回のゲーム終了直後を描いた小休止的エピソードでは、他の参加者との関わりを描きながらギフンを掘り下げた回でもありました。

1話で言及されていた限りでは、ガヨンが生まれた日のギフンは同僚の死を看取っていたということのみ明かされていました。

それが今回、その日ギフンは社員を大量解雇した会社へのストライキ中に起こった暴動に巻き込まれていたと分かります。

この時の出来事がギフンの今にどのような影響をもたらしているのでしょうか。

目の前で仲間を救えなかった後悔なのか、次は自分が殺される番なのかもしれないという本能に基づく恐怖なのか。

この背景に政治的なメッセージがあるとしたら、もしかしたらギフンを主人公としたこのドラマが描こうとしているのは、目に見える格差社会で本当の民主主義を探すという物語なのかもしれません。

詳しい考察は今後の展開を踏まえた上で行うことにします。

フロントマンの正体

前回から登場していた111番を贔屓して助けた進行係の存在により、運営も決して一枚岩ではないことは明かされていましたが、フロントマンの目の届かないところで一部の進行係たちが結託し臓器の密売を行っていたこと、更に面倒なことにファンが入れ替わった29番もその一味であったことが今回明らかになりました。

潜入調査のため、悪事に手を貸さねばならない状況に追い詰められたファンが正体を隠してやり過ごす様は、観ていてハラハラさせられます。

ついに潜入が運営の責任者であるフロントマンにまでバレてしまい、謎を追うと同時にファン自身は逃走劇を繰り広げることになるでしょう。

始末された三角の進行係の仮面を奪い昇進したように、フロントマンすらも始末してファンがなり代わりゲームの運営責任者の座にまで昇りつめてしまうのでしょうか。

行方不明者を探すための潜入捜査であったはずが、自身も向こう側に飲み込まれてしまうという展開になるとしたらこれまで描かれてきたものとは別のベクトルでスリリングな作品になるでしょう。

加えてついに明かされた過去のデスゲームの存在も、優勝者たちがその後どうなったのかなど、まだまだ明かされていない謎が多く、言及のみで劇中に登場していないVIPとは一体何者で運営とどのような関係にあるのか、終盤に向けてパズルのピースが揃いつつある、その前段階のエピソードでした。

フロントマンの部屋で見つけたファンの兄の情報には一体何が書かれていたのか。

次のエピソードをすぐに確認したくなる毎話毎話「引き」が憎らしい作品です。

まとめ


Netflix「イカゲーム」

今回は『イカゲームシーズン1』第5話「平等な世の中」をご紹介しました。

全9話のうちの5話目にあたる今回は、起承転結における転の直前にあたり、ストーリーが急展開を迎えたというよりは、今回の話はこれまで小出しにしてきた謎に対するヒントの提示、そしてこのドラマが何を描こうとしているのか、その輪郭が薄っすらと見えるような回でした。

最後のゲームまで生き残るという共通の目的のために一時的な信頼と協力するギフンたちも、ゲームが進むにつれて信頼するパートナーと戦わざるを得ない状況に陥るでしょうし、仲を深めた相手と賞金とを天秤にかけるというこの手のジャンルの1番の見どころが次回あたりそろそろ見られそうです。

第4のゲームの内容は一体どうなるのでしょうか。

今後の展開からも引き続き目が離せません。

Netflixドラマ『イカゲームシーズン1』を完全紹介の記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

加納土映画『沈没家族 劇場版』感想と評価。だめ連・素人の乱の系譜から共同保育をとらえる|映画道シカミミ見聞録38

連作コラム「映画道シカミミ見聞録」第38回 こんにちは、森田です。 今回は4/6(土)よりポレポレ東中野にて公開される映画『沈没家族 劇場版』を紹介いたします。 90年代半ばの東京で、あるシングルマザ …

連載コラム

アビー・リー映画『エリザベス∞エクスペリメント』あらすじネタバレと感想。デ・パルマ調で描くビジュアル系SF作品|未体験ゾーンの映画たち2019見破録12

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第12回 ヒューマントラストシネマ渋谷で開催中の“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」では、ジャンル・国籍を問わない貴重な58本の映画が …

連載コラム

映画『見えない目撃者』あらすじネタバレと感想。吉岡里帆が視力を失った元女性警官の執念を演じる|サスペンスの神様の鼓動20

サスペンスの神様の鼓動20 こんにちは、映画ライターの金田まこちゃです。 このコラムでは、毎回サスペンス映画を1本取り上げて、作品の面白さや手法について考察していきます。 今回取り上げる作品は、韓国映 …

連載コラム

映画『バオバオ フツウの家族』あらすじと感想レビュー。LGBT運動の先進国がみせた新たな台湾ムービーの魅力|銀幕の月光遊戯 43

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第43回 映画『バオバオ フツウの家族』が、2019年9月28日(土)より新宿K’s cinemaを皮切りに全国順次公開されます。 赤ちゃんが欲しい2組の同性カップルの姿を …

連載コラム

映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』 アッセンブルの歴史を詳細に解説|最強アメコミ番付評34

連載コラム「最強アメコミ番付評」第34回戦 こんにちは、野洲川亮です。 今回は全世界で特大ヒットを記録し、世界累計興行収入歴代1位の『アバター』超え間近に迫った『アベンジャーズ/エンドゲーム』、日本で …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学