Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/01/10
Update

映画『スタントウーマン』ネタバレ感想と考察解説。 ハリウッドの知られざるヒーローたちの“プロフェッショナルとプライド”|だからドキュメンタリー映画は面白い57

  • Writer :
  • 松平光冬

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第57回

今回取り上げるのは、2021年01月08日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国順次公開の『スタントウーマン ハリウッドの知られざるヒーローたち』

ハリウッド映画を文字通り体を張って支えてきたスタントウーマンにスポットを当て、その奮闘の歴史に迫ります。

【連載コラム】『だからドキュメンタリー映画は面白い』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『スタントウーマン ハリウッドの知られざるヒーローたち』の作品情報

(C)STUNTWOMEN THE DOCUMENTARY LLC 2020

【日本公開】
2021年(アメリカ映画)

【原題】
Stuntwomen:The Untold Hollywood Story

【監督】
エイプリル・ライト

【製作】
ステファニー・オースティン、マリオン・ローゼンバーグ、マイケル・グラスコフ

【製作総指揮】
ミシェル・ロドリゲス、アレックス・ハミルトン、ジェイ・ストロンメン、ラリー・ニーリー、ロバート・ヒックマン、リンウッド・スピンクス、ライアン・バリー、ジェームズ・アンドリュー・フェルツ

【撮影】
スベトラーナ・スベトゥコ

【編集】
ジョナサン・P・ショウ

【キャスト】
ミシェル・ロドリゲス、エイミー・ジョンソン、アリマ・ドーシー、シャーリーン・ロイヤー、ジーニー・エッパー、ジュール・アン・ジョンソン、ジェイディ・デビッド、デブン・マクネア、ポール・ヴァーホーベン、ポール・フェイグ

【作品概要】
『トゥルーライズ』(1994)、「ワイルド・スピード」シリーズ(2001~21)、『マトリックス リローデッド』(2003)をはじめとする映画史に残るアクションシーンを演じてきたスタントウーマンたちに焦点を当てたドキュメンタリー。

スタントウーマンたちの日々の鍛錬の様子や彼女たちの歴史を通して、ハリウッド映画の最前線で活躍するプロたちの姿を映し出します。

監督は、全米のドライブインシアターに着目したドキュメンタリー『Going Attractions: The Definitive Story of the Movie Palace(原題)』(2013)で注目されたエイプリル・ライトが担当。

製作総指揮を、「ワイルド・スピード」シリーズや『アバター』(2009)などに出演するアクション女優のミシェル・ロドリゲスが務めており、ナビゲーターとして出演もしています。

映画『スタントウーマン ハリウッドの知られざるヒーローたち』のあらすじ


(C)STUNTWOMEN THE DOCUMENTARY LLC 2020

『ワイルド・スピード』(2001)での走る貨物トラックの下を車が走行するシーン、『マトリックス リローデッド』での高速道路をバイクで疾走するシーン、そして『トゥルーライズ』での走る車からヘリに掛かる縄梯子に乗り移るシーン…。

劇中でのこれら名シーンは女性キャラクターが演じていますが、実際には彼女たちのスタントダブル、いわゆるスタントウーマンが代役を務めています。

日々鍛え抜かれた体と弛まぬ努力の結晶によって生み出されたこれらのシーンは、彼女たちの存在なくしては生まれなかったのです。

CGでは表現出来ない動きや迫力あるアクションシーンをより緻密に表現するために、活躍するスタントパフォーマーたち。本作では、その中でもスタントウーマンにスポットを当て、日常や映画にかける情熱を追っていきます。

スポンサーリンク

有名アクションシーンを支える女性たち


(C)STUNTWOMEN THE DOCUMENTARY LLC 2020

スタントパフォーマーは、アクション映画にとって欠かせないスタッフ。

体を張る仕事ゆえ、その大半は男性であるスタントマンが務めるイメージが強いですが、実は女性のスタントウーマンも少なくありません。

本作は、そうした命を懸けるスタントウーマンに焦点を当てています。

『ワイルド・スピード』や『マトリックス』以外にも、「インディ・ジョーンズ」シリーズ(1981~2008)や近作の『ワンダーウーマン』(2017)といった、スタントウーマンが活躍する映画が紹介されるので、改めて彼女たちの仕事ぶりが再確認できるかと思います。

「女性の割にすごい」じゃダメ

(C)STUNTWOMEN THE DOCUMENTARY LLC 2020

本作では、自身もアクションシーンをこなす女優ミシェル・ロドリゲスのナビゲーターにより、20名以上ものスタントウーマンが証言しますが、そのどれもが興味深い内容ばかり。

「女性の衣装は薄着で露出度が高いから防護用パッドをつけられない。男はパッドまみれで楽できていいわね(笑)」、「車に轢かれる練習をするには、実際に轢かれるしかない」、「『女性の割にすごい』ではなく真の一流を目指す」、「似せるのではなく、その女優になり切ることが大事」…。

体を鍛えることも欠かさない彼女たちは、一方で自分の命を大事にすることも忘れません。

自分がイメージできないスタントは危険が潜んでいるとして、臆することなく中止を申し出ることもまた、プロフェッショナルとしての在り方なのです。

証言者の中には、ポール・ヴァーホーベンやポール・フェイグといった男性映画監督も。

とりわけ、『氷の微笑』(1992)、『ショーガール』(1995)といったタフな女性の映画を撮ってきたヴァーホーベンは、「スタントマンとスタントウーマンの力量に差はない」と断言する一方で、『ロボコップ』(1987)撮影時の破天荒エピソードを豪快に語っていて可笑しいです。

スポンサーリンク

男性優位社会への抗いとプライド


(C)STUNTWOMEN THE DOCUMENTARY LLC 2020

スタントウーマンという職自体は、ことアメリカにおいては100年前から存在しており、特に1910年代の映画では出演女優が自らスタントも行っていたといいます。

しかし彼女たちの歴史は、全ての業界にはびこる男性優位社会との闘いでもありました。

「女には危険すぎるから」と女装した男性スタントマンに仕事を奪われる。結婚・出産をすると使ってもらえなくなる。スタントの仕事を断ると「これだから女は…」と言われる。

1960年代に設立されたスタントマン組合にスタントウーマンは所属させてもらえなかったため、自らの手でスタントウーマン組合を設立すると、その組合長は5年間もとある映画会社から干されたといいます。

それでも彼女たちは、業界内での地位向上に尽力してきました。

現在はスタントコーディネーターを務める元スタントウーマンは、スタント能力を疑うスタッフを認めさせるには「とにかくやってみせることよ」と言います。

無意識の性差別に、彼女たちは揺るぎないプロフェッショナルとプライドで抗ってきたのです。

(C)STUNTWOMEN THE DOCUMENTARY LLC 2020

数々のアクション映画を製作してきた香港・中国を代表する映画賞である金馬奨(きんばしょう)には、劇中のアクションが優れた作品や、製作に関わったアクション監督やスタントチームに与えられる「最佳動作設計」という部門があります。

世界の映画賞の中でも極めて珍しい、アクションに特化したこの部門の受賞者には、ジャッキー・チェンやユエン・ウーピン、谷垣健治といった錚々たる面々が名が連ねています。

そして現在、ハリウッドでもスタントパフォーマーの存在を重要視する動きがあり、アカデミー賞のスタント部門設立を求める声が高まっています。

父や息子もスタントマンの道に進み、「ワンダーウーマン」(1975〜79)や「チャーリーズ・エンジェル」(1976〜81)といったテレビドラマでスタントダブルを務めたジーニー・エッパーは、引退して70代となった今でも「まだまだスタントウーマンでいたかった」と涙を流します。

映画というフィクションの世界を成立させるため、プロフェッショナルとしてのフィクションを貫く。

ジーニーら先人が紡いできたスタントウーマンの歴史は、確実に後人に受け継がれています。

「アクション!」のかけ声で撮影がスタートするハリウッドが、スタントウーマンを筆頭とするパフォーマーたちに光を当てる日が来るのも、そう遠くない将来かもしれません。

次回の連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』もお楽しみに。

【連載コラム】『だからドキュメンタリー映画は面白い』記事一覧はこちら


関連記事

連載コラム

映画『ヘンゼル&グレーテル』ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。グリム童話を元にアクションホラーとして“魔女ハンター”となった2人を描く|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー25

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第25回 深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信U-NEXTで鑑賞す …

連載コラム

是枝裕和監修映画『十年』より「PLAN75」感想と考察。高齢化社会の行き着く先とは【十年 Ten Years Japan】|SF恐怖映画という名の観覧車21

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile021 世界には様々な「SF」オムニバス作品が存在します。 イギリスのSFオムニバスドラマ『ブラック・ミラー』では、約1時間と言う尺で様々な未来 …

連載コラム

『ディヴァイン・ディーバ』LGBT映画から学ぶ、生き方と愛の多様性|映画と美流百科6

連載コラム「映画と美流百科」第6回 今回は、9月1日(木)から公開予定の『ディヴァイン・ディーバ』をご紹介します。 キャッチコピーは、ブラジル発“ドラァグクイーン版”「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ …

連載コラム

映画監督の二宮健が広島尾道でイベント開催!スペシャルライブ企画などで濃密な時間を【SHINPA Vol.12後編】シネマ尾道の名もなき映画イベント2

第4回尾道映画祭中止なるも、ファンの要望に応え一部開催 新型コロナウイルス感染拡大防止のあおりをうけ、2020年2月28日~3月1日にかけて開催予定となっていた第4回尾道映画祭は中止することが決定。 …

連載コラム

『パパは奮闘中!』感想と評価解説。「夫婦・労働・子育て問題」と物語に流れる確かな信念が心を打つ|銀幕の月光遊戯28

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第28回 突然妻が何も言わず家を出ていき、仕事と育児に悪銭苦闘することとなった夫とその子どもたち。ベルギー・フランス合作映画『パパは奮闘中!』は現代の様々な問題を内包しつつ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学