Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2019/08/22
Update

映画『オール・ディス・パニック』あらすじと感想。多感な10代少女たちの実態に迫る|ルーキー映画祭2019@京都みなみ会館1

  • Writer :
  • 松平光冬

ニューヨークに住む10代の少女7人が直面する、等身大の葛藤と成長。

2019年8月23日(金)に、装いも新たに復活する映画館、京都みなみ会館。そのリニューアルを記念して、9月6日(金)から『ルーキー映画祭 ~新旧監督デビュー特集~』が開催されます。

このイベントでは、ポール・トーマス・アンダーソン、ウェス・アンダーソン、アレクサンダー・ペインといった、今や映画界の寵児となったフィルムメーカーのデビュー作を含めた9作品をラインナップ。

その中で、唯一のドキュメンタリー作品として上映されるのが、2016年製作のジェニー・ゲージ監督作『オール・ディス・パニック』です。

【連載コラム】『ルーキー映画祭2019@京都みなみ会館』記事一覧はこちら

映画『オール・ディス・パニック』の作品情報

【日本公開】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
All this panic

【監督・脚本】
ジェニー・ゲージ

【キャスト】
デリア・カニンガム、レナ・M、セージ・アダムス、オリヴィア・クチノッタ、アイヴィー・ブラックシャイア、ジンジャー・リー・ライアン、ダスティ・ローズ・ライアン、ケビン・ライアン

【作品概要】
ニューヨーク市のブルックリンで暮らす少女7人を追った、2016年製作のドキュメンタリー映画。

日本では2019年7月からNetflixで配信が始まった映画『アフター』の監督、ジェニー・ゲージが、3年の月日をかけて撮影。

恋愛、セックス、ドラッグ、進路、親子関係といった、思春期真っ只中にある彼女たちの日常に起こる様々な問題や葛藤を追っていきます。

同時に、世間から誤解を受けやすい彼女たちがいかに自信を客観視しているかを、カメラは捉えていきます。

映画『オール・ディス・パニック』のあらすじ

映画『オール・ディス・パニック』

ブルックリンに暮らす、レナ、セージ、オリヴィア、アイヴィー、デリア、ジンジャー、ダスティの少女7人。

彼女たちは、勉学、遊び、パーティー、男女交際、ドラッグにセックスと、それぞれの日常を謳歌しています。

その一方で、次第に大人になっていくことへの期待や不安も抱えていく7人。

もちろん、親との衝突、交友関係の難しさ、自身の性的指向などなど、思春期ゆえの悩みも尽きません。

3年もの期間にわたり、カメラは7人に起こる変容を映していきます。

ティーンエイジャーの揺れる心を掴むジェニー・ゲージ監督

参考映像:『アフター』予告

監督のジェニー・ゲージは、元々ファッションフォトグラファーとして活躍しており、本作『オール・ディス・パニック』が映画作家デビューとなります。

監督がニューヨークで暮らしていた際、近所にジンジャーとダスティ姉妹が引っ越してきたのを機に、彼女たちの日常にカメラを向けようと思ったのが映画製作のきっかけになったとか。

本作がニューヨークのマンハッタンで開催されるトライベッカ映画祭にて上映され好評を博したことで、フィクション映画製作にも着手。

2019年には、人気ポップスバンド「ワン・ダイレクション」のハリー・スタイルズを主人公に想定して書かれた二次創作小説『アフター』の実写映画を手がけています。

恋人がいる女子大生が、ミステリアスな年下の少年と禁断の恋に落ちるという原作の内容を鑑みても、10代女性の揺れる心情を描く手腕を買われての起用となったのは間違いないでしょう。

なお、ゲージ監督の次回作として、アメリカで2002年に出版された恋愛小説を映画化した『Pages for You(原題)』が予定されています。

10代少女たちの喜怒哀楽を余すことなく捉える

本作で特筆すべき点は、被写体とカメラの距離感です。

カメラが生の被写体に密着するのは、ドキュメンタリーの常。

毎日のようにカメラに密着されていれば、時には煩わしく感じて撮影を拒むことだってあるはず。

にもかかわらず、観ていて演技なのではと錯覚してしまうほど、親と口論している時も、感極まって涙を流してしまった時も、7人の少女はカメラを気にもせずに、等身大の自分をさらけ出します。

ゲージ監督は、被写体との適度な距離感を保つことに細心の注意を払ってカメラを向けたとのことで、そのあたりはファッションフォトグラファーの経験が活きているといえるかも。

ドキュメンタリー映画を撮る際に重要なのは、監督(制作スタッフ)と被写体との信頼関係。

監督が多感な少女たちとの間に強い信頼関係を築けたからこそ、彼女たちの本音を映せたのです。

映画の“もうひとつの主役”ブルックリン


映画『オール・ディス・パニック』

本作に登場する少女たちが暮らす街ブルックリンは、ニューヨーク市に5つある区のひとつで、“摩天楼”マンハッタンの対岸に位置します。

この地域は、ユダヤ系、アフリカ系、中南米系、アジア系などが混在する、多民族都市ニューヨークを象徴する街。

以前は貧困層が多いとして、治安もあまり良いとはいえませんでしたが、近年では成功を夢見るベンチャー起業家や芸術家の卵たちが住むようになっています。

それでも、決して裕福とはいえない環境下にある人たちも多く存在しており、少女たちの中にも家庭に何かしらの事情を抱えている者もいます。

少女たちを映すと同時にブルックリンという街の今も、本作では映します。

その他のティーンエイジャー密着ドキュメンタリー映画

ここで、ティーンエイジャーに密着した他のドキュメンタリー映画をいくつかピックアップします。

いずれの作品も、異なるベクトルで10代若者たちの生態を追っています。

『子供たちをよろしく』(1986)


映画『子供たちをよろしく』

シアトルの廃墟ビルを拠点に、窃盗や売春をして暮らす13歳から19歳までの少年少女たちに密着したドキュメンタリー。

後年、『アメリカン・ハート』(1992)や『アメリカの片隅で~幸せのかたち~』(1996)で、アメリカの家族の亀裂と再生を描くことになるマーティン・ベル監督が、違法行為をしながらもたくましく生きる本物のストリートチルドレンにカメラを向けます。

『American Teen/アメリカン・ティーン』(2008)

『くたばれ!ハリウッド』(2003)のナネット・バースタイン監督が、アメリカ・インディアナ州の高校に通う10代の若者5人に1年間密着。

プロバスケプレイヤーを夢見るコーリン、映画監督志望のハンナ、ゲームオタクなジェイク、高飛車セレブのメーガン、イケメン人気者のミッチといった個性的な面々が、各々抱える悩みに直面していきます。

『オール・ディス・パニック』の少女たちに匹敵するぐらい、目の前のカメラを気にすることなく、感情をあけすけにする彼らの、ユニーク交じりの成長譚となっています。

まとめ

かつてこれほどまでに、10代少女たちの実態を捉えた映画があったろうか?
(The Guardian-Film News)

『6才のボクが、大人になるまで。』の女の子版。
(Indiewire)

アメリカで本作『オール・ディス・パニック』が公開された際、以上のような称賛レビューが上がりました。

少女たちを真正面から捉えた本作は、同世代の女性のみならず、かつて10代だった老若男女にも共感する面があるはず。

『ルーキー映画祭 ~新旧監督デビュー特集~』上映で、是非ともチェックしてください!

『ルーキー映画祭 ~新旧監督デビュー特集~』は2019年9月6日(金)から京都みなみ会館にて開催です。

【連載コラム】『ルーキー映画祭2019@京都みなみ会館』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

映画『普通は走り出す』感想とレビュー評価。渡辺紘文監督の大田原愚豚舎とは|銀幕の月光遊戯 47

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第47回 10月25日(金)より11月14日(木)までの期間、東京・アップリンク吉祥寺にて“【異能・渡辺紘文監督特集上映】大田原愚豚舎の世界”が開催されます。 2013年に …

連載コラム

映画『ザ・クレイジーズ 細菌兵器の恐怖』あらすじと感想。ジョージ・A・ロメロが描く元祖感染パニックホラー!|夏のホラー秘宝まつり:完全絶叫2019⑧

2019年8月23日(金)より、キネカ大森ほかで開催される「第6回夏のホラー秘宝まつり2019」。 日本映画界夏恒例のホラー作品上映イベント「夏のホラー秘宝まつり」。今年は6本の新作映画と、2本の旧作 …

連載コラム

映画『佐々木、イン、マイマイン』感想評価と考察レビュー。藤原季節が青春時代のヒーローの思い出を演じる|映画という星空を知るひとよ35

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第35回 映画『佐々木、イン、マイマイン』は、今最も旬な俳優の一人・藤原季節を主演に招いた内山拓也監督による青春映画。 本作は、俳優の細川岳が高校時代の同級生と …

連載コラム

映画『草の響き』ネタバレ含む結末を小説と比較考察。奈緒と東出昌大が熱演するニューシネマ|映画道シカミミ見聞録62

連載コラム「映画道シカミミ見聞録」第62回 こんにちは、森田です。 今回は、2021年10月8日(金)に新宿武蔵野館ほか全国ロードショー公開された映画『草の響き』を紹介いたします。 『海炭市叙景』(2 …

連載コラム

映画『はじめて好きになった人』あらすじ感想と評価解説レビュー。香港発でLGBTと青春をテーマに描いた秀作がABCテレビ賞を受賞|大阪アジアン映画祭2022見聞録5

2022年開催、第17回大阪アジアン映画祭上映作品『はじめて好きになった人』 第17回大阪アジアン映画祭が10日間の会期を終え、2022年3月20日(日)に閉幕しました。 グランプリに韓国映画『おひと …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学