Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/09/28
Update

【イカゲーム1話ネタバレ】結末あらすじ感想と評価考察。韓国Netflixでドラマおすすめのデスゲーム|イカゲーム攻略読本1

  • Writer :
  • 滝澤令央

【連載コラム】全世界視聴No.1デスゲームを目撃せよ1

2021年9月17日(金)よりファーストシーズン全9話が一挙配信されたNetflixドラマシリーズ『イカゲーム』。

生活に困窮した人々が賞金456億ウォンを賭け、最後の勝者になるために挑む命懸けのデスゲームが始まりました。

主人公ソン・ギフンを演じるイ・ジョンジェを始め、本作が役者デビューとなるチョン・ホヨンなど魅力的なキャスト陣が演じる社会問題を反映させた壮絶な人間ドラマに注目が集まります。

監督と脚本を手掛けたのは映画『トガニ 幼き瞳の告発』(2011)『怪しい彼女』(2014)の監督として知られるファン・ドンヒョク。

配信後全世界1位を獲得し、日本でも視聴ランキング急上昇1位の話題を呼ぶほどの注目のNetflixドラマ『イカゲーム』のシーズン1を各話ごとにご紹介していきます。

Netflixドラマ『イカゲームシーズン1』を完全紹介の記事一覧はこちら

スポンサーリンク

ドラマ『イカゲームシーズン1』の作品情報


Netflix「イカゲーム」

【原題】
Squid Game

【監督・脚本】
ファン・ドンヒョク

【出演】
イ・ジョンジェ、チョン・ホヨン、ウィ・ハジュン、パク・ヘスン、コン・ユ 
 
【作品概要】
Netflixにて配信が開始した2021年9月17日(金)以降、韓国をはじめ、香港、台湾、アメリカ、ベトナムなど23カ国で視聴ランキング1位を獲得した注目のドラマ作品。

主人公ソン・ギフンを演じるのは『10人の泥棒たち』(2012)『新しき世界』(2013)のイ・ジョンジェ。

ゲーム参加者の中で一際異彩を放つキャラクター、セビョクを演じるのは、韓国国内外でモデルとして活躍し、本作が役者デビューとなるチョン・ホヨン。

その他『最高の離婚』(2018)のウィ・ハジュン、『新感染ファイナル・エクスプレス』(2016)『82年生まれ、キム・ジヨン』(2020)のコン・ユが出演。

監督脚本は映画『トガニ 幼き瞳の告発』(2011)『怪しい彼女』(2014)の監督として知られるファン・ドンヒョク。

本作独特の世界観を演出する広大なセットを手掛けた美術監督は『マルモイ ことばあつめ』(2020)『EXIT』(2019)のチェ・ギョンソン。

ドラマ『イカゲームシーズン1』第1話のあらすじとネタバレ


Netflix「イカゲーム」

地面にイカのような絵を描くことからその遊びはイカゲームと呼ばれていました。

攻撃と守備に分かれるこのゲームでは、守備は両足で動き、攻撃は片足で移動することが出来ます。守備の隙をついてイカの胴体を横切ることに成功すれば、暗行御史と呼ばれます。

最後のバトルでは攻撃側はイカの絵の足元に集まり、イカの頭上を目指します。守備側と揉み合いになって線を踏んだりはみ出たら死んでしまうというルール。

この子ども遊びをイカゲームと言います。

運転代行で老いた母との2人暮らしの生計を立てていたギフンは、娘ガヨンの誕生日祝いのための金を母から渡されます。

野菜売りをしに外へ出かけた母の目を盗み、隠してあったカードで銀行から金を下ろすギフン。友人と2人で競馬に出かけました。

娘の誕生日で馬券を買っていたギフンは運よく、456万ウォンを手にします。

「これでコーヒーでも飲んで」と言い、窓口の係員に気前よく1万ウォン渡すギフン。

娘を迎えに馬券売り場を出ると、借金取りから追いかけられます。売り場内を走って逃げていると、一人の女性にぶつかりました。

結局、取り立てに追いつかれたギフンは、トイレの便器にたたきつけられてしまいます。「金ならある」とポケットを確認するも、さっきまであったはずの456万ウォンがありません。

売り場でぶつかった女性がギフンの胸元から落ちた金をくすねていたのです。取り立てに返す金に困ったギフンは、来月までに返すという約束で身体放棄の念書にサインをしてしまいました。

そして窓口の係員に先ほど渡した1万ウォンを返してほしいと頼むギフン。その後向かった先はゲームセンター。ガヨンへの誕生日プレゼントをUFOキャッチャーで取ろうとしていたのです。

ゲームが得意な少年の助けもあって、景品を手に入れたギフン。その後母に言われた通り、ガヨンに屋台でチキンをご馳走し、母親の待つ家へ、彼女をおぶって連れ帰します。

誕生日にも関わらず浮かない顔をしていたガヨンを不審に思っていたギフンでしたが、自宅へ戻り、来年は彼女の新しい父親の都合でアメリカに引っ越し、ギフンとはもう会えなくなるのだということを母から聞かされます。

娘を養うだけの経済力があると証明できれば親権を取り返せるものの、その日暮らしのギフンにはどうすることも出来ませんでした。

自宅へ戻るまでの帰り道、駅のホームで声をかけられた謎の男から賞金10万ウォンをかけたメンコ勝負を持ちかけられていたギフン。

謎の男との勝負に勝ち、賞金を手に入れたギフンは、数日後に開かれる大金をかけたゲームに誘われ、名刺を渡されました。夜になり、ギフンは名刺に書かれた電話番号に電話し、ゲームへ参加する意思表示をしました。

夜の通りで待っていると、特殊な覆面を被った男が運転するバンに乗せられ、しばらくしてギフンは意識を失います。

目が覚めるとそこは巨大な施設の中でした。ギフン同様、集められた人々は皆揃いのジャージを着せられ、胸元には3桁の番号が……。広大な集合ベッドのある部屋に集められた参加者は全員で456人。

ギフンの番号は456番でした。彼が最初に話しかけた老人、イルナムは001番。脳腫瘍を抱えている彼は、ボケ防止のために参加者の人数を数えていました。

一方、下の広場では騒ぎが起こっていました。首に刺青のある101番と、1人の女性067番が揉めていたのです。

「世話してやった恩を仇で返した」と言う101番ことドクスが、067番をいたぶります。脱北者である彼女を殴りつけようとするドクスを押しのけ、ギフンは彼女の頭を掴みかかりました。067番はギフンが馬券売り場でぶつかったスリ、セビョクでした。

ドクスとギフン、セビョクの3人が揉み合いになっているところへゲームの進行係たちが現れます。彼らはマゼンタのパーカーに身を包み、丸や四角が書かれた仮面をかぶっていました。

そして、6日間にわたって6つのゲームを行うこと、その全てに勝利した者にのみ賞金が与えられることを説明します。

運営は参加者たちの個人情報をすべて把握していました。皆巨額の借金を抱えており、返済のために自らの意思でゲームに参加していたのです。

改めて参加同意書が提示され、参加希望の意思があるかどうかを問われました。同意内容は3つ。

1.勝手に中断はできない 2.ゲームを拒否したら脱落、3.過半数の同意で中断可能。

以前、身体放棄の念書にサインしたことを後ろめたく思っていたギフンは、参加同意書へのサインを躊躇うものの、最初に話しかけたイルナムがサインする姿を横目にし、決意を固めました。

やがて第1ゲームが始まりました。カメラに向かって笑顔の写真を撮影される参加者。

番号と顔写真とともに、運営はコンピュータルームにて参加者のエントリーを確認します。ギフンの幼なじみで、ソウル大学を出て海外出張に行ったはずのエリート、サンウもゲームに参加していました。

電話にて英語で話す運営のフロントマンは、ゲームの開始をどこかへ報告していました。

第1のゲームは「だるまさんがころんだ」。

鬼が「だるまさんがころんだ」と話している間だけ前に進むことができ、振り向いた時に動きを感知されたら脱落というルール。

子どもの遊びを強制された参加者たちは、互いにどちらが早いかを賭け出しました。

5分以内のゴールを目指し、ラインに向かって走る参加者。少女の人形が振り向き、センサーが動きを止めた参加者たちを順に捉えていきます。

脱落した324番が射殺され、地面に倒れ込みます。「ふざけてないで起きろよ」と近づいた250番の動きも感知され、急いで後ろへ逃げた彼は心臓を銃撃されました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『イカゲーム』ネタバレ・結末の記載がございます。『イカゲーム』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


Netflix「イカゲーム」

返り血を浴びる306番。絶叫し、動いてしまった彼女も射殺されます。周囲は騒然とし、出口に向かって走る参加者たちが、次々に射殺されていきます。

参加者が一気に減り、動かずに立ち止まっていた参加者は残りわずかとなっていました。

ルールに従い、001番は着々とラインに近づいていきます。彼の後を追うように他の参加者たちもラインを目指しますが、1人また1人と脱落していきました。

ギフンもゴールしなければ死ぬというサンウの助言に従い、前の人を盾にし進みます。101番の後ろについたセビョクは、彼の頭を掴み「動いたら死ぬぞ」と脅します。

狙撃されたものの、一命を取り留めていた参加者に足を掴まれるギフン。「助けてください」と命乞いをされるも、ギフンにはどうすることも出来ません。

残り時間もあとわずかとなり、足を掴む手を振り払ってギフンは前進します。制限時間も残りわずかとなり、001番、セビョク、サンウと順にゴールしていきました。

彼らの後を続くギフンの背中を199番が掴みました。今、ギフンの命は、199番の右腕に委ねられています。残り3秒。ギフンと199番は、横たわる屍を踏み越えてゴールラインに飛び込みました。

何とか第1のゲームを生き残った生存者たち。天を仰ぎ、一息つこうとする彼らの頭上を大きな屋根が覆っていきます。彼らがゲームを繰り広げていたのは周囲から断絶された孤島の要塞だったのです。

スポンサーリンク

ドラマ『イカゲームシーズン1』第1話の感想と評価


Netflix「イカゲーム」

韓国版と呼ばれる特異性

監督脚本のファン・ドンヒョクは、本作のデスゲームという設定は日本のジャンル作品から大いに着想を得たと明らかにしています。

それはもちろん『バトル・ロワイアル』(2000)や『カイジ ~人生逆転ゲーム~』(2009)に代表されるようなデスゲーム系を指し、命懸けの駆け引きが非常にスリリングに描かれていたり、極限状態でむき出しになる人間の本性がぶつかり合うさまが魅力的な作品群です。

ドラマチックな展開のつるべ打ちが人々を魅了する一方、一部の人にとって日本のデスゲーム系実写作品特有の演出(異常にカリカチュアされた演技やストーリーと並行して語られる各登場人物の内面説明)は鈍重に感じてしまうことがあるかもしれません。

それは漫画やアニメと実写化作品とのフィクションラインに齟齬が生じているからでしょう。

デスゲーム参加者を煽るハイテンションな主催者の言いがちなセリフ「さあゲームの始まりです」に代表されるような極端に「漫画的」な演出もキャラクターの狂気性を表現するにしてはもはや手垢のついた表現と言わざるを得ません。

しかし本作には、運営や進行係の個人としての感情表現がないためにこういった描写がありません。

そのため、いわゆる日本のデスゲーム系ジャンルを苦手とする人もストーリーや参加者それぞれの人間ドラマに没頭しやすく、安心してオススメできます。

また孤島に作られたゲームエリアという世界観を、ビジュアルで表現するだけの説得力があるのも魅力の一つ。

連れて来られた参加者が最初に目を覚ましたベッドが無数に重なっている空間や、写真撮影し第1のゲームに進む階段など、本作の為に作られたセットが、異様に大きく奥行きを感じさせるところに驚かされます。

YouTubeにアップされている本作のメイキング映像を見ると、奥行きの部分はブルーバックで合成されていることに気が付きますが、劇中ではそれが隔絶された巨大な施設にしか見えないので、美術スタッフによる作り込みに、第1話の段階から圧倒させられました。

第1話と言えば最も印象に残るのが、1980年代の教科書にあった絵を参考に作ったという巨大な少女のロボット。

「だるまさんがころんだゲーム」に登場する少女のロボットは、その古めかしさから独特の異物感、滑稽さを醸し出しており、そこから大人が子どもの遊びで殺人ゲームを繰り広げるというシュールさも際立ち、本作独特の世界観にこの時点で引き込まれてしまいます

性分を捉えた確かな人物描写

本作最大の魅力は何といってもキャストです。主人公の背景が語られる冒頭のシーンから彼のクズっぷりを捉えた描写の積み重ねが見事。

あぶく銭を手にしては気前よくチップとして渡してみたり、「釣りはいらないよ」とカッコつける。直ぐに金を失うと、今度は「チップで渡した金を返してほしい」と懇願しに窓口へ戻る……。

どこか大泉洋っぽさを感じさせるイ・ジョンジェの佇まいも相まって、彼のせこさを見事に表現していました。

さらに追い打ちをかけるように、娘の誕生日プレゼントすらUFOキャッチャーというある種のギャンブルで間に合わせようとするギフンの魂胆は、もはやろくでなしの鏡と言っていいでしょう。

しかしその反面、人当たりの良さであったり、どこか憎めない取っつきやすさもある彼を見ていると、次に何をしでかし、困難をどう潜り抜けるのかが気になって仕方がありません。

自身の母親からも人間性を疑われるギフンですが、金を無心し競馬に打ち込む彼の姿はギャンブル依存症というよりも、人間性そのものが資本主義に向いていない人物と評するのが妥当。

ただ、彼の陥っている生活状況を鑑みると、現実の時勢上、画面の向こうから揶揄っていられない世知辛さがこみ上げてきます。

母親と貧乏な2人暮らし。稼いでは借金を返済するその日暮らしの生活から脱却できない負のジレンマ。

現実の社会でも日雇いの仕事を2、3日休むのもままならない経済状況を理由に、ワクチンが接種できない事例も相次いでおり、暮らしぶりに関しては、ギフンにも怠惰な生活や場当たり的な人間性を理由に自己責任と断罪しきれない部分が大いにあります。

社会問題を反映させたドラマとの評価が高い本作は、今後の展開にてそういった新自由主義の負の側面を描いていくのでしょうか。

第2話以降のギフンたちの人間ドラマに注目です。

まとめ


Netflix「イカゲーム」

『パラサイト 半地下の家族』(2020)の世界的なヒットにより、韓国発ドラマで描かれる社会問題に注目が集まってきています。

韓国映画界は、ハリウッド映画的なサスペンスを東洋文化独自の文脈で解釈し発展させたこともあり、ハリウッド映画に追従しない独自の表現技法を既に確立しています。

Netflixのドラマシリーズに関しても『愛の不時着』や『梨泰院クラス』など、既にヒット作を連発しており、本作はそれらを超える人気を獲得しつつあります。

第1シーズンが一挙配信された本作は、第1話からクイックスタートな展開であり、イッキ見に向いている作りであると断言できます。

実はセビョクは脱北者であると明かされる一幕や、エリートであったはずのサンウが多額の借金を抱えゲームに参加している理由など、第2話以降の物語にそういった背景がどう活かされていくのか、今後の展開から目が離せません。

Netflixドラマ『イカゲームシーズン1』を完全紹介の記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

今見るべき2020年映画ランキングベスト5|困難を極める時代だからこそ必見のセレクション《シネマダイバー:桂伸也選》

2020年の映画おすすめランキングベスト5 選者:シネマダイバー桂伸也 新型コロナウィルスの猛威という未曽有の障害が全世界を覆った2020年、感染拡大防止策のために人々の生活はさまざまな面で大きく制限 …

連載コラム

映画『細い目』あらすじと感想レビュー。ヤスミン・アフマド監督が描く偏見や差別を超えたラブストーリー|銀幕の月光遊戯 42

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第42回 映画『細い目』(2004)が、2019年10月11日(金)より、アップリンク渋谷、アップリング吉祥寺他にて全国順次公開されます。 2009年に51歳で他界したマレ …

連載コラム

映画『一度も撃ってません』感想考察と評価レビュー。阪本順治監督×石橋蓮司で描くハードボイルドコメディ|映画という星空を知るひとよ2

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第2回 『一度も撃ってません』は、『半世界』『エルネスト』の阪本順治監督、『野獣死すべし』『探偵物語』の丸山昇一脚本によるハードボイルドコメディ。18年ぶりの映 …

連載コラム

ドキュメンタリー映画『蹴る』あらすじと感想。電動車椅子サッカーから捉えた障がい者の生|シニンは映画に生かされて1

連載コラム『シニンは映画に生かされて』第1回 初めまして。このたび、Cinemarcheでの映画コラムの執筆の機会をいただいた、河合のびと申します。 無名中の無名ではありますが、詩人、すなわちシニンを …

連載コラム

『ファイブ・ウォリアーズ』ネタバレ感想レビュー。異色ウェスタン映画は南アフリカから颯爽と登場!|未体験ゾーンの映画たち2019見破録42

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第42回 ヒューマントラストシネマ渋谷で開催中の“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」。今回は、南アフリカを舞台に描かれた西部劇が登場し …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学