Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2019/01/17
Update

『特捜部Q カルテ番号64』あらすじネタバレと感想。映画化第4弾で明らかになるアサドの正体とは⁈|未体験ゾーンの映画たち2019見破録10

  • Writer :
  • 増田健

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第10回

新年初旬よりヒューマントラストシネマ渋谷で始まった“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」では、ジャンル・国籍を問わない貴重な58本の映画が続々上映されています。

第10回では、デンマークのミステリー映画『特捜部Q カルテ番号64』紹介いたします。

デンマークの人気ミステリー作家、ユッシ・エーズラ・オールスンの大ヒットミステリー小説で、累計1600万部の売上を突破した人気シリーズの「特捜部Q」。

その映画化第4弾が『特捜部Q カルテ番号64』。本国デンマークでは、国内映画で歴代No.1の興行成績を記録しました。

主演のカール役のニコライ・リー・コス、アサド役のファレス・ファレスは、シリーズを通しての出演です。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2019見破録』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『特捜部Q カルテ番号64』の作品情報


(C)2018 ZENTROPA ENTERTAINMENTS20, ZENTROPA BERLIN, ZENTROPA HAMBURG

【公開】
2019年(デンマーク・ドイツ合作映画)

【原題】
Journal 64

【監督】
クリストファー・ボー

【キャスト】
ニコライ・リー・コス、ファレス・ファレス、ヨハン・ルイズ・シュミット

【作品概要】

過去の未解決事件を専門に扱う、コペンハーゲン警察の新部署「特捜部Q」の活躍を描くミステリー映画。

ある日、市内のアパートの隠された一室から、3体の遺体が発見されます。その部屋の持主と被害者は、かつて少女たちを監禁していた更生施設でつながっていました。

捜査を続ける「特捜部Q」は、デンマーク社会に潜んだ巨大な闇と向き合います。

キャスト陣のお馴染みのメンバーであるカール役はニコライ・リー・カース、アサド役のファレス・ファレスらがともに続投。

演出は『恋に落ちる確率』のクリストファー・ボー監督が務め、脚本は『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』のニコライ・アーセルが担当。

ヒューマントラストシネマ渋谷とシネ・リーブル梅田で開催の「未体験ゾーンの映画たち2019」上映作品。

映画『特捜部Q カルテ番号64』のあらすじとネタバレ


(C)2018 ZENTROPA ENTERTAINMENTS20, ZENTROPA BERLIN, ZENTROPA HAMBURG

1961年、デンマークの海岸に若い男女、テーイとニーデの姿があります。深く愛しあう2人はいとこ同士。それを怒ったニーデの父が、2人を引き離します。

現代のコペンハーゲン警察の“特捜部Q”。主任のカール警部補(ニコライ・リー・コス)に、アサド(ファレス・ファレス)が話しかけます。

アサドは他部署への異動が決まっていましたが、カールはあまり関心の無い様子。長年仕事を共にしたアサドはその態度が不満です。

同じ“特捜部Q”の紅一点ローセ(ヨハン・ルイズ・シュミット)は、そんなカールの態度をいつもの事とあきらめ気味。カールは不機嫌な顔で独り帰宅します。

2人のアラブ系と思われる若い娘が、クアト医師のクリニックに入ります。娘の1人マールは望まぬ妊娠をして、匿名で中絶できるこのクリニックを訪れました。

一方同じ頃、アパートの隠された一室の壁を壊す管理人と作業員。部屋の中からミイラ化した遺体が発見されます。

アサドの後任を希望する者と面接していたカールに、遺体発見の報が入ります。カールとアサドは現場へと向かいます。

アパートの住人はギテとなっていましたが、家賃だけを支払い長らく不在でした。

現場を見たカールは、テーブルを囲むように椅子にかけた3体の遺体を目にします。しかし4人目の席が空いたままだと気付きます。

1961年、スプロー島の女子収容所。ここは不良少女を収容、更生させる施設ですが、同時に“ふしだら”とされる女性も収容されています。

ここに送られたニーデは、医師と面談していました。彼女のカルテは“64”。医師は、新たな収容者にはこれを見せると語り、死体を並べた写真「死者の家族」を見せます。

その医師の名はクアト。傍らには看護婦のギテがいます。

現代。ミイラ化した遺体はニーデとリタ、共にかつてスプローに収容されており、部屋の持主ギテとの接点が判明されます。

ニーデも、そして娼館に関わっていたリタも別々の時期に失踪していました。

残る1体、男性の遺体は愛人と駆け落ちし、行方不明扱いのフィリップ弁護士。3人との接点は不明です。

また遺体は死亡直前にヒヨス(毒性・幻覚性のある植物)を服用していた事も判明。

一番の謎は3人の死亡時期が異なる事。犯罪は時間をかけ計画的に行われていました。

弁護士夫人を訪ねたカールとアサドは、ネットカフェからの駆け落ちを告白するメールで、夫人は夫の行方不明届を取り下げたと知ります。

フィリップ弁護士は、スプロー島女子収容所被害者の訴訟に関わっており、彼の接点も明らかになりました。

1961年の女子収容所で、ニーデとリタは同室でした。リタと看護婦のギテはヒヨスを煎じた茶を飲み、淫らな行為を楽しむ関係です。

リタはニーデも誘おうとしますが、彼女は拒みます。彼女はテーイの子を宿していました。

現代。“特捜部Q”の面々は、管理人のブラントの案内で、廃墟と化したスプロー島女子収容所の跡地を訪ねます。

島にヒヨスが自生している事を確認し、同時に懲罰室など収容所の過酷な実態を目にします。

収容者への虐待と人権侵害は訴訟になりましたが、収容所に関する公文書は破棄されており、被害者は救済されていません。

クアト医師も訴訟の対象で、それに関わったのがフィリップ弁護士。カールはクアト医師を捜査しようとしますが、上司から慎重な配慮を求められます。

クアト医師は不妊治療の第一人者として、社会的な名声を得た人物でした。

自分が何者かに盗聴されていると信じているブラントですが、ローセに情報の提供を申し入れます。

その頃アサドは、行きつけの食料品店の娘、マールが父に内緒で中絶した事を知ります。

カールはクアト医師を訪れ、被害者やギテとの関係を尋ねるも否定されます。

女子収容所での不妊手術に関しては、当時は法的に認められていた行為と説明するクアト医師。

医師の部屋には、「死者の家族」の写真が飾ってありました。

1961年のスプロー島女子収容所。ニーデはリタの手引きで、島に出入りする漁師の協力で脱走を図りますが、実はリタに売られていたニーデは捕えられ、ギテによって収容所に戻されます。

現代に戻り、スプロー島の管理人ブラントを訪ねたカールとアサド。

ブラントは2人に、女子収容所で行われた社会的弱者への強制断種が、今も行われていると訴えます。

過去に理想とされた弱者断絶の思想を信奉するグループ「寒い冬」。それは寒冷地に住む白人種こそ優生種、と信じる団体です。

彼らは今、デンマークに移民として来た他人種の若い娘に、密かに不妊手術を行っていると告げます。

証明できそうもない主張ですがアサドはマールの一件に思い当たり、彼女を別の病院で検査させマールに行われた不妊処置を確認します。

過去に強制断種を行っていた医師が、「寒い冬」に加わり密かに活動を続けていました。

その医師の弁護を引き受けていたのがフィリップ弁護士。カールとアサドは改めて、弁護士夫人宅に向かいます。

その頃、カールとアサドに情報を伝えた後、ブラントは身の危険をローセに訴えていました。

ブラントを落ち着かせる為に訪ねたローセは、そこで遺体となったブラントを発見します。

そこに殺人者も潜んでおり、ローセも襲われますが辛くも逃れます。

一方カールとアサドが訪ねた弁護士夫人は、夫の行っていた事に薄々気付いており、残された資料を保管していました。

それを受け取ったカールとアサドですが、バイクに乗った尾行者に襲われます。2人の車は横転炎上しますが、襲撃者を銃で撃ち負傷させ撃退します。

証拠の資料は炎の中に失われ、カールの手に“カルテ番号64”のファイルが残るのみ。

1961年の収容所。逃亡の罰として縛られたニーデに迫るクアト医師。抵抗した彼女は医師の耳を食いちぎります。

怒った医師はニーデを強制的に中絶、避妊手術を行います。彼女が意識を取り戻した時、全ては終わっていました。

命の危険にさらされ、捜査は手づまりとなった“特捜部Q”。移民であるアサドは憤り、カールに怒りをぶつけます。

そしてカールに海外にいたギデの調査報告が届きますが、何かを知った彼はそれを誰にも伝えません。

1962年のスプロー島。女子収容所に閉鎖のニュースが伝わります。喜ぶ収容者の中に、一人怒りに満ちた表情のニーデの姿があります。


(C)2018 ZENTROPA ENTERTAINMENTS20, ZENTROPA BERLIN, ZENTROPA HAMBURG

以下、『特捜部Q カルテ番号64』ネタバレ・結末の記載がございます。『特捜部Q カルテ番号64』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

カールは単独でギテを追い、抵抗されながらも彼女と同じフェリーに乗り、ついに対面します。

ヒヨスを煎じた茶を飲む彼女。彼女の告白を受け入れるためか、カールも自らそれを口にします。

ギテの正体はニーデでした。裁判でも認められなかった収容所での扱いに憤り、復讐を決意した行動でした。

まず1人目はギテ。時間をかけて接近、信用させてから殺し、その後ニーデはギテに成りすましました。

カールがニーデの告白を聞いていた頃、アサドはマールの行方不明を知ります。

マールは不妊手術の抗議に、クアト医師のクリニックを訪ねていました。入館を断られたアサドはクリニックに潜入します。

ニーデの告白は続きます。リタ、フィリップも殺害、最後はクアト医師の予定でした。彼が写真で見せた「死者の家族」を再現すべく、遺体を並べたのでした。

そんな時かつての恋人、テーイと年月を経て再会したニーデ。愛を取り戻し、自分の行為の愚かさに気付いた彼女はそこで犯行を止めます。

今はテーイに先立たれたニーデ。彼女はテーイの遺灰を海に撒こうとしていました。

君を捕えるつもりはない、と語るカール。ヒヨスの影響でもうろうとした彼の前から、ニーデは姿を消します。

そのカールに、アサドの危機が伝えられます。

クリニックに忍び込んだアサドは、眠らされたマールを発見、クアト医師を追求します。

しかし駆け付けた警官がアサドを銃で撃ちます。彼もまた「寒い冬」の一員でした。

クアト医師らは、マールは自殺に見せかけて殺害、アサドは医師を逆恨みで襲い、駆け付けた警官が射殺したという筋書きで処理を図ります。

ローセの連絡でクリニックに駆け付けたカール。彼は警官の正体は自分を襲撃した人物と見抜いて射殺し、意識を取り戻したマールと共にクアトを捕えアサドを救います。

テレビのニュースは「寒い冬」事件を伝え、メンバーに多くの医師や政府職員が含まれていたと伝えます。

クアト医師の行為をマールが先頭に立ち告発、60人以上の被害者がそれに続いたと報じられます。

入院中で意識が戻らぬアサドに、懸命に付きそうカール。

しかしアサドが意識を取り戻すと、いつもの如く「また、明日来るよ」とだけ言い残し去ろうとします。

しかしカールは思い直して引き返し、アサドに“特捜部Q”に残って欲しいと伝えます。

不器用ながらもアサドに本心を伝えたカール。無論アサドは承知します。そこにローセもやって来ました。

頑ななカール警部補の心も、今回の事件で何かが変わったかもしれません。

スポンサーリンク

映画『特捜部Q カルテ番号64』の感想と評価


(C)2018 ZENTROPA ENTERTAINMENTS20, ZENTROPA BERLIN, ZENTROPA HAMBURG

かつてない巨悪と向き合った「特捜部Q」

シリーズ第1作『特捜部Q 檻の中の女』が「未体験ゾーンの映画たち2015」で公開された「特捜部Q」シリーズ。

参考映像:『特捜部Q 檻の中の女』(2015)

本作までの全4作が、すべて「未体験ゾーンの映画たち」で公開されています

特捜部と言っても、当初は未解決事件の資料を整理するだけの左遷部署、主人公のカールでなくとも無愛想になる環境です。

しかし彼らはシリーズと共に次々難事件を解決し、今やミステリーファンの人気を集める存在です。

その「特捜部Q」が今回の作品では、従来の作品に無い巨悪に立ち向かいました。

原作ユッシ・エーズラ・オールスンの社会問題への関心

映画の原作小説は、ユッシ・エーズラ・オールスンによって記されました。

性科学者で精神科医の父を持ち、少年時代は精神病院内の邸宅で過ごした彼は、かつて女性収容所で行われた人権侵害に高い関心を寄せました

映画や小説に登場した収容所はフィクションの存在ですが、モデルは実際に1921年から1962年までスプロー島に実在した女性収容所です。

収容されたのは軽度の知的障害の女性、そして当時の基準で“ふしだら”とされた女性でした。

収容された女性の出所には、不妊手術の同意が条件でした。“ふしだら”な女性は優生学的に劣る存在とされたからです。

忘れかけられた、国家ぐるみで行われた犯罪的行為に対し、エンターテインメントの形で光を当てた作品が『特捜部Q カルテ番号64』です。

カール警部補の頼りになる相棒、アサドはアラブ系の人物。人権問題に関する、ユッシ・エーズラ・オールスンの高い関心が見てとれます

決して他人事ではない優生学に基づく人権侵害

かつて優生学の名の下に、知的障害者や難病患者が隔離、不妊処置などの人権侵害が行われた時代がありました。

社会問題に関心がない方でも、ホラー映画やドラマの舞台として、こういった背景を持つ病院や施設を知った方もいるでしょう

誤った優生思想に基づく人権侵害といえば、多くの方がナチスをイメージします。

しかし現実では、欧米各国でもある時代までは主流の思想でした

そして日本でも1948年から1996年までの間、「旧優生保護法」の下で知的障害者の女性に対する、本人の同意なき不妊手術が行われ、現在裁判も行われています。

エンターテインメント作品もまた、世を映す鏡の1つです

まとめ

映画『特捜部Q カルテ番号64』は、実は原作小説と少し違った内容です。

原作は500ページを超える長編小説で、犯行の背景は同じでも、事件の詳細は大きく改変されています。

そして黒幕は新進政党も関与した、よりスケールの大きな存在として登場します。

これは映画が面白くない、という意味ではありません。映画という枠に相応しい物語を与えられた結果です。

本作の脚本は、小説『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』の映画化脚本を手掛けたニコライ・アーセル

自身も映画監督である彼の手で、『特捜部Q カルテ番号64』は映像化に相応しい物語を得ました。

原作ファン、また映画を見て原作に興味を持った方は、その点に着目して双方をお楽しみ下さい。

最後にカール警部補。刑事ドラマ風にあだ名を付けるなら、“ツンデレ刑事”がお似合いです

次回の「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」は…


[c]Machaco filmsD

次回の第11回はアルゼンチンの新感覚ホラー映画『テリファイド』を紹介いたします。

お楽しみに。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2019見破録』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

【5月編集後記】引っ越して感じる母との思い出。母親と娘の映画紹介も

“気がつけば2月も終わり”と書いて以来、編集後記の再開…。 3月と4月に休載していたので、「気がつけば5月…」。しばしお付き合いいただければと思っております。 実は私事ですが、数年間とある田舎町に住ん …

連載コラム

『バンクシーを盗んだ男』考察。価値観を揺さぶり問いただすアートとは|映画と美流百科4

連載コラム「映画と美流百科」第4回 今回ご紹介するのは、グラフィティ・アーティストとして最も有名な人物バンクシーと、その作品に迫ったドキュメンタリー映画『バンクシーを盗んだ男』(2017)です。 舞台 …

連載コラム

Netflix『全裸監督』第3話あらすじネタバレと感想。駅弁とデビュー作撮影の裏側|パンツ一丁でナイスですね〜!3

連載コラム『パンツ一丁でナイスですね〜!』三丁目 Netflixオリジナルシリーズ『全裸監督』が2019年8月8日より配信中です。 伝説のAV監督村西とおるを描いた本シリーズ。 全話ラストで警察の手か …

連載コラム

映画『家族にサルーテ!』評価と感想レビュー。ムッチーノ監督が故郷イタリアで描く人生への讃歌|シニンは映画に生かされて13

連載コラム『シニンは映画に生かされて』第13回 はじめましての方は、はじめまして。河合のびです。 今日も今日とて、映画に生かされているシニンです。 第13回にてご紹介する作品は、『幸せのちから』で有名 …

連載コラム

映画『モーターギャング』あらすじネタバレと感想。アウトロー・バイカーの極道ムービーの系譜|未体験ゾーンの映画たち2019見破録44

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第44回 ヒューマントラストシネマ渋谷で開催中の“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」。今回はバイクを操る、危険な男たちを描いた映画が登 …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP