Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2020/12/17
Update

2020年映画ランキングベスト5|大人の恋愛・夫婦映画たちに三賞を贈る!《シネマダイバー:森田悠介選》

  • Writer :
  • 森田悠介

2020年の映画おすすめランキングベスト5
選者:シネマダイバー森田悠介

年半ばに劇場が再開してからしばらく経ちましたが、感染症対策で外出する機会は減り、世評を知るための興行収入も『鬼滅の刃』の独走状態で参考にはならないため、ここでは連載コラム「映画道シカミミ見聞録」で取り上げた作品の中から、2020年のベスト5を選びました。

まさに映画は時代を写し取るもので、各作品の考察を振り返ってみると、背景で共有しているテーマや課題が浮かび上がってきました。

その関連性を明らかにするため、5位から順にお読みいただくことで、全体像が見えてくる構成にしています。ぜひ通してご一読いただけますと幸いです。

【連載コラム】『2020年映画ランキングベスト5』一覧はこちら

スポンサーリンク

第5位『音楽』

【おすすめポイント】
『鬼滅の刃』に真っ向から勝負できるアニメーション作品。

アニメ特有の「物語」ではなく「形式」に徹底してこだわり、線と反復の無駄のない文体で男子高校生たちの青春を描きました。

国外のマーケットに目を向けるならば、この省略のリズムにこそ、ジャパニメーションの自律的な価値が見いだせるのかもしれません。

第4位『どうにかなる日々』

【おすすめポイント】
その“余白”を原作となる漫画の段階から活かしているのが、志村貴子です。

漫画のコマはそのまま映画のフレームに置き換えられ、その「カット割り」は「コマ割り」から派生しています。

むしろアニメ化したことで原作の魅力が際立ち、主題の“それなりに特別な日常”が鮮やかに彩られていました。

スポンサーリンク

第3位『mellow』

【おすすめポイント】
そんな日常の「告白の瞬間」に注目した群像劇です。

特筆すべきは、その場に必ず第三者がいて、ふたりの関係性が恋愛によって閉じられない点にあります。

だれかを想い、自分以外の傷にも痛みを感じられるようになることが、成熟(メロウ)につながっていくのです。

第2位『喜劇 愛妻物語』

【おすすめポイント】
そして本作には、そのような“想い”の極北が、罵詈雑言の衣装をまとって示されています。

売れない脚本家と、それを支える妻の姿は、泣くに泣けぬ、笑うにも笑えぬ愛情が存在することを教えてくれます。

喜劇か悲劇のどちらに転ぶかわからないからこそ、夫婦を最期まで演じられるのかもしれません。

スポンサーリンク

第1位『あなたにふさわしい』

【おすすめポイント】
そんな人生劇場の虚構性に思い至った妻が、“ほんとうの夫婦”を求めさまよう物語です。

夫婦が夫婦でいられる確かな理由を、戸籍以外に求めようとするならば、何が残るのか?

この理知的な問いを、感覚的な答えに落とし込んでいく映像の力と、夫婦の真髄を軽やかに描写した洞察力に、感銘を受けました。

2020年注目の監督とキャスト


(C)2020「喜劇 愛妻物語」製作委員会

監督賞:足立紳
女優賞:水川あさみ
男優賞:濱田岳

【コメント】
ここまで述べてきた夫婦像(恋愛観)を具現化した功績を称え、『喜劇 愛妻物語』の“夫婦”に女優賞・男優賞をそれぞれ贈ります。

またこれが実体験に基づいているという点で、監督賞をもって現実の足立夫妻に敬意を表します。決して『嘘八百』ではないという希望を世界中の夫婦に与えてくれました。

まとめ


(C)Shunya Takara

「テレワーク」や「おうち時間」といった言葉が人口に膾炙した2020年。今後、映画の主要な舞台も“家”に移っていくことは間違いありません。

もとより、日本映画は“ホームドラマ”が多く制作されてきましたが、疑似家族をはじめ人々が寄り添う姿を描いてきたこれまでの流れとは、また変わってくるはずです。

女性の自殺率増加に代表されるように、ステイホーム時代に“ホーム”がない人々はどうすればよいのか。これを思うと、安易に“家”の価値を称揚することも憚られていくでしょう。

【連載コラム】『2020年映画ランキングベスト5』一覧はこちら





関連記事

連載コラム

映画『オーバー・ザ・リミット』 感想レビューと評価。新体操の女王マムーンの軌跡から見えるロシアの舞台裏|だからドキュメンタリー映画は面白い44

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第44回 ロシアの華麗なる新体操の女王は、いかにして金メダリストとなったのか―― 今回取り上げるのは、2020年6月26日(金)より、ヒューマントラスト …

連載コラム

香港映画『空山霊雨』あらすじネタバレと感想。キン・フー監督が1979年に制作した時代劇とは|すべての映画はアクションから始まる7

連載コラム『すべての映画はアクションから始まる』第7回 日本公開を控える新作から、カルト的評価を得ている知る人ぞ知る旧作といったアクション映画を網羅してピックアップする連載コラム、『すべての映画はアク …

連載コラム

『ホール・イン・ザ・グラウンド』ネタバレ感想と結末考察のあらすじ。ホラー映画の解釈を息子に疑心暗鬼となる母親から読み解く|B級映画ザ・虎の穴ロードショー16

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第16回 深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信サービス【U-NEX …

連載コラム

映画『テスラ』感想レビュー評価と内容解説。エジソンが恐れた天才科学者の“人間”としての肖像|シニンは映画に生かされて28

連載コラム『シニンは映画に生かされて』第28回 2021年3月26日(金)より、ヒューマントラストシネマ有楽町他にて全国順次ロードショーの映画『テスラ エジソンが恐れた天才』。 稀代の天才として知られ …

連載コラム

映画『グンダーマン』感想評価と解説レビュー。アレクサンダーシェーアが実在した‟東ドイツのボブ・ディラン”を熱演|心を揺さぶるtrue story4

連載コラム『心を揺さぶるtrue story』第4回 第二次世界大戦で、日本と同様に敗戦国となったドイツ。終戦後、ドイツ民主共和国(東ドイツ)、ドイツ連邦共和国(西ドイツ)に分断されてしまいました。 …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学