Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

アニメ映画『音楽』あらすじと声優キャスト。竹中直人らが不良を演じた特報映像も解禁!

  • Writer :
  • 石井夏子

映像化不可能と言われた漫画を自主制作で長編アニメーション化!

2020年1月より新宿武蔵野館ほか全国順次公開が決定しているアニメーション映画『音楽』(監督:岩井澤健治 原作:大橋裕之)。

©大橋裕之・太田出版/ロックンロール・マウンテン  

個人による制作期間7年超、作画枚数は実に40,000枚超、71分を全て手描き、クライマックスの野外フェスシーンをダイナミックに再現するため、実際にステージを組みミュージシャンや観客を動員してのライブを敢行。

分業制、CG制作が主流のアニメーション制作において、何もかもが前代未聞の長編アニメーションプロジェクトです。

9月に開催される世界四大アニメーション映画祭のひとつ、カナダのオタワ国際アニメーション映画祭長編コンペティション部門にノミネートされるなど、注目を集めている本作の声優陣と、特報映像が到着しましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

映画『音楽』について

©大橋裕之・太田出版/ロックンロール・マウンテン  

原作は、『シティライツ』(講談社)、『夏の手』(幻冬舎)などで人気を集めるなどで知られる大橋裕之が2005年に自費出版にて発表した作品で、2009年に太田出版から発売された単行本『音楽と漫画』(太田出版)。

そこに収録された漫画「音楽」を元に、2012年、岩井澤健治監督がプロデューサー松江哲明らとともにアニメ映画化を発表しました。

アニメーション化にあたって、岩井澤健治監督は、実写の動きをトレースする“ロトスコープ”という手法を採用。

これにより、登場人物の動きがよりリアルに生々しくなりました。

本来、アニメーションは分業制になっており、各セクションに多くのスタッフを配置していく制作スタイルですが、本作では監督も同時に作画、美術、原画動画の約半数、2万枚以上も自らが手がけています。

映画『音楽』のキャスト

©大橋裕之・太田出版/ロックンロール・マウンテン  

この度、豪華声優陣が発表されました。

楽器未経験ながら思いつきでバンド「古武術」を組む不良高校生・研二役に、2010年に解散したバンドゆらゆら帝国メンバーでありミュージシャンの坂本慎太郎が。

研二の同級生、亜矢役に若手女優の駒井蓮「古武術」のメンバー、太田と朝倉役に前野朋哉と芹澤興人

そして女優の平岩紙が「古武術」をフェスに誘う「古美術」のメンバー森田として男役に挑戦し、研二を敵視する丸竹工業の不良・大場役に竹中直人がキャスティングされました。

このほか、山本圭祐、れっぴーず、姫乃たま、天久聖一も参加しています。

発表にあたりキャストからのコメントが到着しましたのでご紹介します。

研二役:坂本慎太郎

©大橋裕之・太田出版/ロックンロール・マウンテン  

大橋さんから「研二の声をやってほしい」と言われた時は本当に驚きました。
アフレコは楽しかったです。
もともと好きな漫画ですし、
7年も一人で描き続けているという監督の執念にも痺れていたので、
このような形で参加できて光栄です。

亜矢役:駒井蓮

©大橋裕之・太田出版/ロックンロール・マウンテン  

それぞれのキャラクターがとても魅力的で、すぐに『音楽』の虜になりました。
そこに声を吹き込んでいくのは凄く緊張しましたが、
坂本さんをはじめとする皆さんと、楽しみながらアフレコをさせて頂きました。
シンプルだけど、熱い、音楽。
私自身、公開が楽しみです!

太田役:前野朋哉

©大橋裕之・太田出版/ロックンロール・マウンテン  

『音楽』に自分が参加できると決まった時、感激で震えました。
アフレコでは出来上がっている映像を観て震えました。
そして坂本慎太郎さんの声を聞いて震えました。
ずっと震えてました。
まだ完成は観れていませんがきっと震える事になるでしょう!

朝倉役:芹澤興人

©大橋裕之・太田出版/ロックンロール・マウンテン  

大橋さんの『音楽』に声と音楽が入るだけでも凄いのに、
そこに岩井澤監督の執念のアニメーションが絡まってるんです。
浴びたことのない多幸感溢れる作品になっているはずです。
僕も早く観たい。

森田役:平岩紙

まずは、この映画に参加できたことを、とても嬉しく思っています。
アフレコの際、皆さんそれぞれの声とキャラクターとのハマり方に感動しました。
今回、私は1日のアフレコでしたが、あれから数ヶ月たった今も、
もう一度森田くんを演じたいと思っているほど大切な作品となりました。
監督をはじめ、スタッフの皆さんの長年の熱意と労力が見事に謳歌して作り上げられた『音楽』の世界を1人でも多くの方に
ご堪能いただきたいです!

大場役:竹中直人

大ファンだった大橋裕之さんの作品にまさか自分が参加するなどと思う訳がない。
ところが!ぼくは参加してしまったのだ!
まさかの出来事に僕のこころと脳は破裂するに違いないっ!…と心底思った…!
しかし!ぼくはまだ確実に生きている!
きっと大橋さんとの出会いはこれだけでは終わらないのだ!いや終わらせてたまるか!
「大橋さん!みこしぶっこわそー!うおー!うわぁー!ずうおー!!!」

スポンサーリンク

映画『音楽』の特報映像

解禁された本作の特報映像は町を走る研二の足もとから始まります。

動きのすべらかさや、走ることによって生じるブレも、本作は捉えています。

研二の口元にはなぜかリコーダーが。そして彼はライブのステージに上がり…。

研二役の坂本慎太郎の渋く枯れた声や、駒井蓮と前野朋哉の高校生らしい若々しさ、意外なキャスティングの平岩紙と竹中直人の演技に釘づけになること間違いなしです。

映画『音楽』の作品情報

©大橋裕之・太田出版/ロックンロール・マウンテン  

【日本公開】
2020年(日本映画)

【原作】
大橋裕之『音楽と漫画』(太田出版)

【監督】
岩井澤健治

【プロデューサー】
松江哲明

【キャスト】
坂本慎太郎、駒井蓮、前野朋哉、芹澤興人、平岩紙、竹中直人、山本圭祐、れっぴーず、姫乃たま、天久聖一

スポンサーリンク

映画『音楽』のあらすじ

©大橋裕之・太田出版/ロックンロール・マウンテン  

楽器を触ったこともなかった不良高校生・研二。

太田と朝倉たちと思いつきでバンド「古武術」を組むところから始まるロック奇譚。

まとめ

©大橋裕之・太田出版/ロックンロール・マウンテン  

岩井澤健治監督による初の自主制作長編劇場用アニメーション『音楽』。

坂本慎太郎、駒井蓮、前野朋哉、芹澤興人、平岩紙、竹中直人ら、意外性のあるキャストも発表され、さらに期待が高まります。

アニメーション映画『音楽』は2020年1月、新宿武蔵野館ほか全国順次公開です。

関連記事

新作映画ニュース

大阪アジアン映画祭2019のチケット発売開始!エントリー作品の選定と登壇ゲスト情報

第14回大阪アジアン映画祭のチケット購入方法やイベント情報 2019年3月8日(金)から3月17日(日)まで開催される、第14回大阪アジアン映画祭。 第14回大阪アジアン映画祭のチケットは、2月23日 …

新作映画ニュース

映画『アウェイデイズ』あらすじ/キャスト/日本公開日/上映館。実話を基に英国フットボール発祥の文化を描く!

終わりなんだろ?俺たちはもうー。 1979年、ポストパンク時代のマージーサイド。 英国ユース・カルチャーを描いた青春映画の足りなかったピースが遂に埋まります。 (C) Copyright RED UN …

新作映画ニュース

安田潤司監督2作品同時上映!『ちょっとの雨ならがまん』『ファー・イースト・ベイビーズ』予告編解禁

80年代ジャパニーズハードコア・パンクシーンの黎明期を記録したドキュメンタリー・パンク映画『ちょっとの雨ならがまん』。 東京グランギニョル、M.M.M.、テクノクラートの奇才・飴屋法水と劇団メンバーが …

新作映画ニュース

感動的で泣ける恋愛を描いた中国映画『芳華(ほうか)Youth』の本編映像解禁。ヒロインが涙する理由は?

逆境にも負けなかった彼女の涙のワケは ヴェネチア、トロントなど数々の映画賞を獲得した巨匠、フォン・シャオガン監督。 文革、毛沢東の死、中越戦争など国を揺るがす事件が立て続けに発生した激動の70年代、そ …

新作映画ニュース

映画『ソン・ランの響き』あらすじとキャスト。公開日は2月22日のベトナム産ボーイ・ミーツ・ボーイ作品とは

出会うはずの無かったふたり 孤独な魂が触れ合う運命の3日間。 第31回東京国際映画祭ジェムストーン賞(新人俳優賞)、ベトナム映画協会最優秀作品賞、サンディエゴ・アジアン映画祭観客賞をはじめ、国内外で3 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP