Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/08/29
Update

《動画で見るしじみインタビュー》映画『横須賀綺譚』大塚監督の自由なロケ現場に参加して感じた“女優としての思い”

  • Writer :
  • 儀保俊弥

映画『横須賀綺譚』は、いよいよ、2020年8月29日(土)より、大阪・シアターセブン、兵庫・元町映画館での公開スタート!

大塚信一監督の劇場デビュー作品となる映画『横須賀綺譚』は、7月に東京・新宿K’sシネマでの公開を終え、現在は全国順次公開中。そして8月29日(土)から大阪・シアターセブン、兵庫・元町映画館での公開も始まりました


(C)横須賀綺譚

東日本大震災で亡くなったと思われていたかつての恋人が、実は生きていた!? あれから9年。春樹は、知華子を探す旅に出るのですが…。

今回はヒロイン知華子役を演じた、しじみさんのインタビュー動画をご紹介します。

『横須賀綺譚』が撮影されたロケ現場で味わった、初めての出来事。共演者たちが演技に向き合っていた様子、また根本から脚本が変わっていく大塚監督流の演出方法まで、大いに語っています。

しじみインタビュー動画:9分44秒

しじみのプロフィール


photo by 田中舘裕介

2008年から映画・舞台を中心にフリーの女優として活動。映画、ドラマ、ウェブ作品、ビデオ作品、舞台とマルチに活躍。主な出演作品に、映画『終わってる』(2011/今泉力哉監督)、『クソすばらしいこの世界』(2013/朝倉加葉子監督)、『侵略する発狂』(2016/佐々木浩久監督)、『ウルフなシッシー』(2017/大野大輔監督)、『スナックあけみ』(2018/山内大輔監督)など。

『うたかたの日々』(2010/加藤義一監督)が2010年の第22回ピンク大賞・作品ベストテン第1位を受賞。梅田日活で本人ゲストの特集上映が行われました。

また、AV女優たちへのインタビューをもとに作られたノンフィクション本をもとに作られた『名前のない女たち』(2010/佐藤寿保監督)が2010年映画化された際、宣伝アドバイザーを務めた。

映画『横須賀綺譚』の作品情報


(C)横須賀綺譚

【公開】
2020年(日本映画)

【監督・脚本】
大塚信一

【キャスト】
小林竜樹、しじみ、川瀬陽太、長内美那子、湯舟すぴか、長屋和彰、烏丸せつこ

【作品概要】
今作が長編映画デビュー作となる大塚信一監督。自ら脚本も手掛け、5年の歳月をかけ完成となりました。カナザワ映画祭2019に、期待の新人監督賞として正式出品されています。

東日本大震災で亡くなったはずのかつての恋人が横須賀で生きている? そんな怪情報をもとに旅に出る男の物語。

主人公・春樹を演じるのは、『恋の罪』(2011)で映画初出演を果たし、『菊とギロチン』『真っ赤な星』(2018)、舞台「カスケード やがて時がくれば」など、その他CMなどでも活躍中の小林竜樹。

相手役の知華子には、映画『終わってる』(2011)『Motherhood』(2009)出演のほか、Vシネ、舞台など幅広く活動する女優しじみが演じます。

また、春樹のライバルとなる川島役には、小林竜樹とともに『菊とギロチン』にも出演、瀬々敬久監督作品ではお馴染みの川瀬陽太が登場です。

映画『横須賀綺譚』のあらすじ


(C)横須賀綺譚

2009年3月、東京。知華子は、友達の絵里と引越し作業をしています。小説家を目指していた知華子の荷物は、たくさんの本であふれていました。

家を去ろうとした時、酔っ払った春樹が帰ってきます。「今日、引越しって知ってたよね」。責め立てる絵里。

「いいの。この人いいひとよ。でもそれって、欲がなくて、執着もしない。愛がない、薄情な人ってこと」。知華子は、すでに諦めたような穏やかな顔をしていました。

父親の介護のため実家の福島に帰ることにした知華子と、それならばと別れを決めた春樹。これからの知華子との生活よりも、東京での仕事を優先した選択でした。

9年後の東京。証券会社で働く春樹は、後輩もでき、仕事のノルマ達成に追われていました。契約を取り付けるためなら、違法行為ぎりぎりの仕事もいといません。

そんなある日、春樹はばったり絵里に再会します。そこで、知華子が震災で行方不明のままだと知らされます。「いままで知らなかったの?本当に薄情だね」。

春樹は仕事の休暇を取り、福島へと向かいます。新しい堤防の上、海を眺める春樹の携帯電話が鳴ります。「もしもし」。

「1回ぐらい遊びに来なよ」。知華子が出て行く時の言葉でした。沈黙のあと続いた「来ないね」。確かに知華子の声でした。

その後、春樹は絵里からの知らせで、役場の方に知華子の転移届が提出されていたことを知ります。転移先は、横須賀ということでした。

春樹は半信半疑のまま、知華子を探すために横須賀を目指します。たどり着いた場所は「桃源郷」という老人介護施設でした。

その施設で春樹は、知華子の幼馴染だという川島拓と出会います。ひょんなことから、そこで1週間働くことになった春樹。

どこか奇妙で別世界のような横須賀時間の中で、春樹は老人たちとの交流を通し、長いトンネルの終わりに導かれて行きました。

『横須賀綺譚』劇場公開情報(2020年8月28日現在)

(C)横須賀綺譚

【東京】
K’s Cinema (終了)
UPLINK渋谷 (終了)   
下高井戸シネマ 9/19(土) 〜

【関東】
神奈川県:横浜シネマリン 8/22(土)~      
​栃木県:小山シネマロブレ 10/9(金)〜       
​群馬県:前橋シネマハウス 10/10(土)〜   

【東北】
福島県:フォーラム福島 9/11(金)~  

【東海・北陸地域】
愛知県:シネマスコーレ 9/26(土)~
​長野県:松本シネマセレクト 10/30(金)
​新潟県:シネ・ウインド 近日公開

【京阪地域】
大阪府:シアターセブン 8/29(土)~
京都府:京都みなみ会館 9/25(金)~
兵庫県:元町映画館 8/29(土)〜

【山陰・中部地域】
岡山県:シネマ・クレール 近日公開​
広島県:横川シネマ 近日公開

本記事に使用したインタビュー動画は、《映画メディア「アマゴチャン MOVIE A GO GO」》で制作された動画であり、本サイト「Cinemarche」と業務提携の姉妹サイトです



関連記事

新作映画ニュース

COMETRUE カム・トゥルー 戦慄の催眠実験|アンソニー・スコット・バーンズ監督から日本のホラー映画ファンへのメッセージ予告編!

映画『COME TRUE/カム・トゥルー 戦慄の催眠実験』メッセージ付き予告編が解禁! 劇場発信型映画祭「未体験ゾーンの映画たち 2024」の参加作品の1作として、2024年2月9日(金)よりヒューマ …

新作映画ニュース

【オーディションで女性キャスト募集!】新たなアイドルを生み出したい荻颯太郎監督がバラエティ番組に始動

荻颯太郎監督が映像バラエティ番組のキャスト募集! (C)Cinemarche 若手の荻颯太郎監督が、2019年11月より開設予定のYouTubeチャンネル内の動画番組「シネマゴ★Chinemago」の …

新作映画ニュース

中国映画『クライマーズ』あらすじ/キャスト/日本公開日。ジャッキー・チェンが実話の山岳アクションに挑む!

中国初の山岳アクション・アドベンチャー超大作。 ジャッキー・チェン×ウー・ジン×チャン・ツィイー×ツイ・ハークがエベレスト登頂に挑む、中国初の山岳アクション・アドベンチャー超大作『攀登者』(原題)。 …

新作映画ニュース

映画『タロウのバカ』あらすじとキャスト。大森立嗣監督が15年温め続けた集大成的な作品のビジュアル解禁!

大ヒットロングラン上映中の『日日是好日』や、2月22日に公開を控える次作『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』の大森立嗣監督の最新作『タロウのバカ』は、今秋、テアトル新宿ほかにて公開! (c …

新作映画ニュース

《動画で見る渡辺紘文監督インタビュー》大田原から“他にはない映画制作”と批判受けても“新しい面白さ”を追求【映画『蒲田前奏曲』】

動画で見る渡辺紘文監督インタビュー映画『蒲田前奏曲』 中川龍太郎、穐山茉由、安川有果、渡辺紘文という4人の監督による連作スタイルの長編映画『蒲田前奏曲』。新しいスタイルのこの作品が、2020年9月25 …

U-NEXT
【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学