Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/07/13
Update

鬼滅の刃2期アニメ|遊郭編の放送局情報×新キービジュアルPV解禁!無限列車編初放映も【鬼滅の刃全集中の考察20】

  • Writer :
  • 薬師寺源次郎

連載コラム『鬼滅の刃全集中の考察』第20回

大人気コミック『鬼滅の刃』の今後のアニメ化/映像化について様々な視点から考察・解説していく連載コラム「鬼滅の刃全集中の考察」。

2021年7月13日(火)、YouTube/Abema TVにて特別番組『鬼滅テレビ 新情報発表スペシャル』が配信されました。そしてその番組内にて、テレビアニメ『鬼滅の刃 遊郭編』の第1弾キービジュアル、そして作品の各放送局という新たな情報が解禁されました。

今回の『鬼滅の刃全集中の考察』では、同番組にてこちらで解禁された各情報を紹介・解説してゆきます。

【連載コラム】『鬼滅の刃全集中の考察』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

アニメ『遊郭編』第1弾キービジュアル&PVが新解禁!

2021年7月13日(火)にYouTube/Abema TVにて配信された特別番組『鬼滅テレビ 新情報発表スペシャル』。

同番組では2021年内に放送予定のテレビアニメ『鬼滅の刃 遊郭編』の新たな情報として、本作の第1弾のキービジュアルが解禁され、このキービジュアルを紹介したPVも公開されました。

ついに正体を明かした鬼・堕姫と「さらなる秘密」の演出

PVの冒頭、華やかな一室から映像が始まります。そして00:17から00:30では、2021年2月14日に公開されたアニメ『遊郭編』第1弾PVでも描かれたひとりでに動く帯=“上弦の陸”こと堕姫の血鬼術による分身「蚯蚓帯」と見られる帯が、廊下の天井を這うように進み、明かりが灯された部屋へと忍び込んでゆく様子が見受けられます。

しかし次の瞬間に画面が暗転。妖艶な笑みを浮かべる堕姫の姿が浮かび上がり、瞬く間に彼女の姿を覆い隠すように蚯蚓帯が画面を覆います。

この場面での堕姫は顔の右半分しか映し出されておらず、左半分は影によって確認することができません。その姿の描かれ方は、遊郭という夜の街に潜む鬼故の不気味な雰囲気を醸し出すだけでなく、堕姫の内に潜むさらなる秘密を暗示しているように感じられます。

見逃せない“風柱”宇髄天元の日輪刀の「色」


(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

00:38からはこれまでの陰鬱で「鬼」をイメージしたかのようなBGMとは一転、三味線の歯切れ良い音が印象的なBGMと共に炭治郎・禰豆子・善逸・伊之助の姿がアップで映し出されます。

さらに00:46からは遊郭編のメインキャラクターの一人である“風柱”こと宇髄天元の姿、宇髄の妻であり忍びとして活躍する雛鶴・まきを・須磨の3人の姿が映し出され、最後に自身の日輪刀を構える宇髄の姿が映し出されます。

ここで注目したいのが、宇髄の日輪刀です。原作漫画ではその刀身の「色彩」の設定までは詳細に描かれず、アニメ化に際してファンの間でも話題となっていた宇髄の日輪刀。このたび公開された第1弾キービジュアルにて、「金色」を基調とした配色になっていることが判明し、派手好きの宇髄らしさがうかがえます。

また第1弾キービジュアル内の宇髄の姿からは、その屈強な肉体と強い意志を宿した眼差しから頼もしさが感じられます。対して敵対する鬼・堕姫の姿は、前述の通り不気味さを感じさせると共に、背後から延びる蚯蚓帯と長い長い髪がビジュアル全体の背後を覆い、その強大さを感じさせています。

そして第1弾キービジュアル下部には明々と照らされた遊郭の街並みが描かれ、幻想的でありながらも、堕姫の不気味さに拍車をかけているようにも感じられます。

アニメ『遊郭編』全国放送局も決定!

さらに第1弾キービジュアルの解禁にあわせ、特別番組『鬼滅テレビ 新情報発表スペシャル』ではテレビアニメ『鬼滅の刃 遊郭編』の放送局も発表されました。

TVアニメ『炭治郎立志編』が21局の放送局だったのに対し、『遊郭編』では31局と大幅に増え、日本全国で放映されることとなりました。

全放送局の一覧は以下の通りです。

フジテレビ、北海道文化放送、岩手めんこいテレビ、仙台放送、秋田テレビ、さくらんぼテレビ、福島テレビ、NST新潟総合テレビ、長野放送、テレビ静岡、富山テレビ、石川テレビ、福井テレビ、東海テレビ、カンテレ、TSKさんいん中央テレビ、OHK岡山放送、テレビ新広島、テレビ愛媛、高知さんさんテレビ、テレビ西日本、サガテレビ、テレビ長崎、テレビ熊本、鹿児島テレビ、沖縄テレビ、TOKYO MX、BS 11、群馬テレビ、とちぎテレビ
(2021年7月13日(火)時点)

また各放送局での放送と共に、各動画配信サービスでも配信されることが決定しており、配信情報の詳細に関しては後日、改めて情報が発表されるようです。

スポンサーリンク

まとめ/次回の『鬼滅の刃全集中の考察』は……


(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

2021年7月13日(火)、YouTube/Abema TVにて配信された特別番組『鬼滅テレビ 新情報発表スペシャル』にて、テレビアニメ『鬼滅の刃 遊郭編』の新たな情報として解禁された第1弾キービジュアルと各放送局の詳細。まだまだ公開された情報は僅かではありますが、今から本放送が楽しみでなりません。

日本のみならず、いまや世界が待ち望んでいると言っても過言ではないアニメ『鬼滅の刃 遊郭編』ですが、きっと私たちの想像を超える素晴らしい作品になることを願っています。

また2021年9月25日には、フジテレビ「土曜プレミアム」にて『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』が放映されることも決定。地上波・衛星・配信を含む「最速」の初放映であることはもちろん、エンディングまでノーカットでの放映となるため、放送を控える『遊郭編』へ備えて、改めて『無限列車編』を振り返るのもいいかもしれません。

そしてその『無限列車編』放映後には、『遊郭編』の最新情報が公開されるという告知も。アニメの放送開始日はもちろん、最新PVや新キャラクターのCVキャストが公開されるとのことで、それらも含めて決して見逃せない「最速」初放映となるでしょう。

なお次回記事では、「柱稽古編」の名言/名シーンをピックアップ。急遽、開催された“柱”達による合同稽古の中で、炭治郎はそれぞれの“柱”から人間として何を感じ取ったのか。そして迫りくる最終決戦を前に、隊士たちは何を想ったのかを名言/名シーンと共に探ってゆきます。

【連載コラム】『鬼滅の刃全集中の考察』記事一覧はこちら






関連記事

連載コラム

Netflix映画『君が最後の初恋』ネタバレあらすじと結末の感想考察。ロイチウ扮する心優しきイケメンチンピラが奔走する恋模様|Netflix映画おすすめ55

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第55回 『君が最後の初恋』は、2021年3月台湾初公開作品。監督はそれまでミュージック・ビデオの映像監督経験を持つイン・チェンハオで、本作 …

連載コラム

映画『エレファント・マン』感想評価レビューと考察。4K版で蘇るデイヴィッドリンチのモノクロームの叫び|電影19XX年への旅5

連載コラム「電影19XX年への旅」第5回 歴代の巨匠監督たちが映画史に残した名作・傑作の作品を紹介する連載コラム「電影19XX年への旅」。 第5回は、第53回米アカデミー賞にて作品賞や監督賞など8部門 …

連載コラム

映画『ゴジラ対メカゴジラ(1974)』感想と評価。人気怪獣と“爆発の中野”の誕生!|邦画特撮大全26

連載コラム「邦画特撮大全」第26章 今回取り上げる作品は『ゴジラ対メカゴジラ』(1974)です。 ゴジラ誕生20周年記念作品として本作は製作されました。本作は人気怪獣メカゴジラが初登場した映画です。 …

連載コラム

【ネタバレ】クリフハンガーフォールアウト|あらすじ感想と結末の評価解説。サバイバルアクションでブリタニーアシュワースが“絶壁での戦い”に挑む【未体験ゾーンの映画たち2022見破録26】

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2022見破録」第26回 映画ファン待望の毎年恒例の祭典、今回で11回目となる「未体験ゾーンの映画たち2022」が2022年も開催されました。 傑作・珍作に怪作、大自 …

連載コラム

『マリオネット私が殺された日』ネタバレ感想。韓国映画が鋭く少年犯罪の暗部を描く|未体験ゾーンの映画たち2019見破録36

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第36回 今年もヒューマントラストシネマ渋谷で開催中の“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」。今回はネット社会の暗部を描いた韓国の映画が …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学