Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/02/16
Update

鬼滅の刃遊郭編 アニメPV解説感想!新キャラ登場に“宇随イヤー”を予感させるド派手な演出【鬼滅の刃全集中の考察7】

  • Writer :
  • 薬師寺源次郎

連載コラム『鬼滅の刃全集中の考察』第7回

2021年2月14日に配信された『鬼滅の刃』アニメ化2周年記念番組「鬼滅祭オンライン‐アニメ弐周年記念祭-」。その番組内でついに、『鬼滅の刃』テレビアニメ2期「遊郭編」の2021年内の放送決定が発表されました。


(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

本記事では、「遊郭編」の放送決定発表とあわせて公開された「遊郭編」第1弾PVの映像内容を解説・考察。

「鬼滅祭オンライン‐アニメ弐周年記念祭-」の模様にも触れつつも、「遊郭編」第1弾PVそしてアニメ本編の見どころをご紹介させていただきます。

【連載コラム】『鬼滅の刃全集中の考察』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

「遊郭編」第1弾PVの解説・考察

「遊郭編」第1弾PV

絢爛と欲望渦巻く“夜”の世界・遊郭

2021年2月14日に公開された「遊郭編」第1弾PV。その映像全編に渡って、「遊郭編」の物語の舞台となる吉原の遊郭の煌びやかな街並みと艶やかな雰囲気が映し出されています。

煌びやかな街並みと同居する、深く濃い影と闇。それは一見華やかに見えながらも、PV中の宇随の言葉通りに「男と女の見栄と欲、愛憎うずまく夜の街」としての闇を垣間見せています。

また太陽光が致命的な弱点である「鬼」にとって、太陽なき「夜」の世界である遊郭は格好の潜伏場所であり「餌場」でもあります。宇随の嫁にして「くノ一」の須磨・まきを・雛鶴が遊郭にて潜入捜査を行っていたのもそれが理由であり、三人が消息を絶ったことから「遊郭編」の物語は始まります。

蕨姫花魁/堕姫の妖艶にして恐ろしき姿

第1弾PVでは、音柱・宇随天元と並んで「遊郭編」の物語の要を担っている重要なキャラクターであり、吉原遊郭の「京極屋」の看板花魁である蕨姫も登場。妖艶な笑みをPVを観る者に向けている一方で、映像00分40秒では恐ろしき形相で睨む姿も映し出されています。

そして原作コミックを既読済みの『鬼滅』ファンならば、蕨姫花魁の登場は同時に、その真の正体であり「上弦の陸」堕姫の登場も意味していると察するでしょう。

また映像00分16秒では、堕姫の鬼としての異能「血鬼術」を象徴する蠢く帯も描かれています。蛇のごとく遊郭内の一室へと忍び寄ってゆくその光景はPV内のほんの数秒ですが、「遊郭編」のアニメ本編にて展開されるであろう堕姫たち鬼と炭治郎・宇随たち鬼殺隊の激闘を期待させるには十分なものであるはずです。

遊郭見つめる音柱・宇随天元と“祭囃子”なBGM

そして映像00分41秒はじめ、第1弾PVでは「派手」な街・吉原の遊郭を屋根の上から見つめ続ける音柱・宇随天元の姿には、『鬼滅』ファン並びに宇随天元ファンの誰も歓喜したでしょう。

またPV内で使用されているBGMは、三味線の音がしとやかに鳴り響くように始まり、笛の音や掛け声、様々な楽器の音が入り混じり、次第に三味線は激しく掻き鳴らしてゆく……。

「祭囃子」とも感じられるそのBGMは、毎夜が祭りかのごとく煌びやかな「遊郭」という物語の舞台、自身を「祭りの神」を称する宇随天元のキャラクターそのものをイメージしたものと解釈することができます。

そして原作コミックにおいて、「遊郭編」は宇随にとって最大の見せ場の一つとなる物語である以上、アニメ本編のBGMや音楽演出もまた、第1弾PV同様に祭囃子を意識した「ド派手」なものとなるはずです。

堕姫らのCVキャスト声優はいまだ不明

一方でこの度公開された第1弾PVでは、蕨姫花魁/堕姫はその姿を現したものの、彼女にとっては「自身の命」そのものといって過言ではない「鬼」や前述の須磨・まきを・雛鶴などは登場しておらず、加えて堕姫を含めてそのCVキャスト声優は明かされていません。

果たしてアニメ新キャラクターたちは今後公開されるであろう「第2弾PV」には登場するのか。そしてそのCVキャスト声優は誰が務めることになるのか。第1弾PVが公開されたことによって、その謎と期待は膨らみ続けるばかりです。

2021年は“宇随イヤー”に!:「鬼滅祭オンライン」にて

2021年2月14日に配信された『鬼滅の刃』アニメ化2周年記念番組「鬼滅祭オンライン‐アニメ弐周年記念祭-」にて、突如発表された『鬼滅の刃』テレビアニメ2期「遊郭編」の2021年内の放送決定という朗報。

竈門炭治郎役の花江夏樹、竈門禰豆子役の鬼頭明里、吾妻善逸役の下野紘、嘴平伊之助役の松岡禎丞、煉獄杏寿郎役の日野聡がゲスト出演した番組では、「遊郭編」放送決定の発表に際しての“サプライズゲスト”として、宇随天元役の声優・小西克幸が登場。

『遊郭編』への意気込みを聞かれた彼は、「隣に“300億の男”(映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の中心人物・煉獄を演じた日野)がいますし……」と茶化しつつも「相当気合入れて頑張んなきゃまずいなと思っています」とコメント。そのハードルが高まり続けるアニメ『鬼滅の刃』に対する強い想いを明かしました。

そして番組の最後、花江夏樹の「2021年を宇随イヤーに!」という締めの言葉とともに「鬼滅祭オンライン」は幕を閉じました。

スポンサーリンク

まとめ/次回の『鬼滅の刃全集中の考察』は……

2021年2月14日配信の特別番組「鬼滅祭オンライン‐アニメ弐周年記念祭-」にて発表された、『鬼滅の刃』テレビアニメ2期「遊郭編」の2021年内の放送決定。それと同時に公開された「遊郭編」第1弾PVの解説・考察を本記事では行いました。

“煉獄イヤー”となった2020年。続く2021年もまた“宇随イヤー”として『鬼滅の刃』にさらなる盛り上がりをもたらしてくれることを、そして「遊郭編」の放送が開始されることを期待するばかりです。

また次回記事以降からは、『鬼滅の刃』の物語を盛り上げた主要キャラクターたちの名言及び名シーンを紹介・解説。

過去に放送されたテレビアニメ1期や映画『無限列車編』の復習、2021年放送予定の「遊郭編」や今後アニメ化されるであろう原作コミックのストーリーの予習を進めていきます。

【連載コラム】『鬼滅の刃全集中の考察』記事一覧はこちら





関連記事

連載コラム

新海誠の全作品解説。世界観から倫理観へ|新海誠から考える令和の想像力2

連載コラム「新海誠から考える令和の想像力」第3回 「人間の感情という小さなものと、宇宙という極大なものがつながっていく物語」への強い関心。 これが新海誠監督自身の“セカイ”観であり、彼の作品群が「セカ …

連載コラム

【面白いサスペンス・SF映画】2020年おすすめランキングベスト5:独特な世界観で現在を反映した5選《シネマダイバー:金田まこちゃ選》

2020年の映画おすすめランキングベスト5 選者:シネマダイバー金田まこちゃ 2020年は新型コロナウィルスの影響により、「007」シリーズ最新作の『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』や、MCUシリー …

連載コラム

映画『空白』感想と解説評価。ラスト結末で魅せる古田新太の演技こそ“真の父親の表情”だ|映画という星空を知るひとよ73

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第73回 『ヒメアノ~ル』(2016)の吉田恵輔監督による、主演・古田新太×共演・松坂桃李の映画『空白』が、2021年9月23日(木・祝)より全国公開を迎えます …

連載コラム

ホラー映画『サスぺリア』いわくつきの原作リメイクを内容解説|SF恐怖映画という名の観覧車32

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile032 2019年も3週目を迎えました。 皆さまの初映画はどんな作品だったでしょうか。 今回は、初映画はまだと言う方にも、大作ホラーを期待してい …

連載コラム

NETFLIX映画『飢えた侵略者』ネタバレ感想と考察。ラストが秀逸で2017年にカナダ映画トップ10に選出された作品|SF恐怖映画という名の観覧車66

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile066 2019年11月に公開される『ゾンビランド ダブルタップ』(2019)のようにコメディを多量に含んだ作品や、王道のパニックホラーを貫いた …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学