Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

映画『エスケープルーム』ネタバレあらすじと感想。謎解きゲームには参加者の過去も重要な意味がある⁈|サスペンスの神様の鼓動30

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

こんにちは!「Cinemarche」のシネマダイバー、金田まこちゃです。

このコラムでは、毎回サスペンス映画を1本取り上げて、作品の面白さや手法について考察していきます。

今回ご紹介する作品は、成功すれば賞金1万ドルが授与され、失敗すれば死が待ち受ける、命がけの謎解きゲームに挑む6人の男女を描いた、映画『エスケープ・ルーム』です。

謎の企業が仕掛けた「脱出ゲーム」を攻略する為、6人の男女が、知力と体力を駆使して、次々と出現する部屋の攻略に挑むサスペンス・スリラー。

主人公の天才女子大生を、NetflixオリジナルのTVシリーズ『ロスト・イン・スペース』で注目された、テイラー・ラッセルが演じる他、ハリウッドの注目俳優が集結し、体当たりのスタントに挑んでいます。

2019年初頭に公開されたアメリカでは、初登場で2位となる、スマッシュヒットを記録しています。

【連載コラム】『サスペンスの神様の鼓動』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『エスケープ・ルーム』のあらすじ


(C)2019 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.
理系女子大生ゾーイは、優秀な知性を持ちながら、内気な性格が災いし、大学の講義で発言できずにいました。

大学教授からの期待を感じながらも、なかなか自分の殻を破れずに悩んでいたゾーイに、謎の立方体が送られます。

投資家として大成功しているジェイソンは、世間が生誕祭の祝日を楽しんでいる時も、自身のオフィスに出勤し仕事をしていました。

ジェイソンは、自身の顧客から、謎の立方体をプレゼントとして受け取ります。

スーパーの倉庫番としてアルバイトをしているベンは、今の冴えない生活から脱出する為、大金を必要としていましたが、思うように仕事も見つからず悩んでいました。

ある時、ベン宛てに、謎の立方体が送られます。

立方体の謎を解いたベンは、オフィス街にある、謎の企業に招待されます。

企業の待合室に入ると、ゾーイとジェイソンの他、勝ち気な性格の女性アマンダ、トラック運転手のマイケル、スマホを2つ常に所持している程の、ゲーム好きのダニーというメンバーが待機していました。

ダニーは、全員が集められたゲームは「エスケープ・ルーム」という体感型の脱出ゲームで、一番早く脱出した者は、賞金1万ドルが与えられる事を説明します。

ゲームの開始は、ゲームマスターと呼ばれる進行役が行い、ゲームマスターが来るのを待つ必要がありました。

ベンは、ゲームマスターが来るまで、外で煙草を吸っていようと、部屋の外に出ようとしますが、ドアノブが外れてしまいます。

それは「エスケープ・ルーム」からの、脱出ゲームが開始された事を意味します。


(C)2019 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『エスケープ・ルーム』ネタバレ・結末の記載がございます。『エスケープ・ルーム』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

第1の部屋

外れたドアノブの跡が、ダイヤル式になっている事に気付いたジェイソンは、部屋の中にヒントがあると考え、全員で部屋の中を捜索します。

部屋の中に、ブラッドベリの書籍「華氏451」があった事から、ゾーイは、ダイヤルを「451℃」に回しますが、それは罠でした。

天井や柱がヒーターのようになり、待合室は一変し、高温度の灼熱地獄と化します。

暑さに苦しむアマンダに、ベンは部屋の中にあった給水装置から、水を注ぎ差し出しますが、アマンダの体が傷だらけである事に気付きます。

部屋を探索するゾーイは、テーブルにあるコースターに注目し、6か所あるコースターの1つを押します。

すると、背後の絵画が開き、脱出用のダクトが出現しますが、人が1人入るまでの大きさに開くには、6か所あるコースターを、全て押す必要がありました。

6か所あるコースターを押さえたまま、1人ずつ脱出用のダクトに入りますが、ベンとダニーが残り「誰か1人が残って、コースターを押し続けないといけない」状況となります。

ですが、ベンは給水装置の水に注目し、コップいっぱいまで水を注ぎ、その重さでコースターを押さえ続ける方法を取ります。

ベンとダニーは、灼熱部屋の天井から、炎が噴射されるギリギリの所で、脱出に成功します。

中継地点:山小屋

灼熱部屋から、無事に脱出した6人は、命の危険を感じ、ゲームどころではありません。

ですが、電波も圏外で、助けを呼ぶことが出来ず、ゲームを続行するしかありませんでした。

ベンは、アマンダの体が傷だらけであった事から、ゲームマスターをアマンダと疑いますが、アマンダは元陸軍兵士で、戦争から、唯一の生き残りとして戻って来た過去を語ります。

山小屋から脱出するには、錠前にかけられた、ロックを解除する必要があり、7文字のスペルを入力しなければなりません。

部屋の中には「歴史に名を刻むもの」とヒントがあり、ジェイソンは歴代大統領と想定して、スペルを入力しますがロックは解除されません。

部屋の中には、アルファベットが一文字ずつ書かれたヒントもありました。

ヒントに気付いたベンは、自身の過去が蘇ります。

ベンは、友人たちと歌いながら車を運転し、事故を起こしていました。

その事故で亡くなった、友人たちのスペルが壁に書かれており、ベンは、ロックを解除するスペルは、その時に歌っていた歌詞に登場する人物であると気付きます。

第2の部屋

ベンの気付きにより、ロックが解除され、外に出た6人を待っていたのは、雪山のような部屋でした。

ダニーは、本物の雪山のような演出にはしゃいで動き回りますが、見えない壁に激突します。

ダニーを笑っていたのも束の間、見えない壁から冷気が噴射され、部屋の気温は氷点下まで下がっていきます。

部屋から脱出する為に、散策を行う6人は、たった1着の防寒着を発見します。

ジェイソンは、その防寒着を見た瞬間から、好戦的な態度を見せるようになります。

そんな中、ベンが偶然、氷の1か所に穴が開いている事を発見し、マイケルが見つけた釣竿と、ゾーイが見つけた磁石で、氷の底に沈んでいた鍵を釣りあげます。

しかし、鍵は氷で覆われており、溶かす必要があります。

遠くで煙草を吸っていたベンに、ライターを渡すように伝えますが、寒さで機嫌が悪くなっていたベンは、ライターを投げ捨て「取りに来い」と言います。

ダニーがライターを拾った瞬間、氷の一部が爆発し、ダニーは氷の下に落下します。

氷の下は川のようになっており、激しい流れに抗えず、ダニーは命を落とします。

自分の軽率な行いを反省したベンと仲間たちは、協力して氷を溶かし、鍵を取り出します。

第3の部屋

第2の部屋を脱出した5人を、次に待っていたのは、天地が逆になったビリヤード・ルームでした。

ビリヤード・ルームに設置されている電話の、外れた受話器から、不快なノイズが流れ、ノイズが流れる度に、床が抜け落ちていく仕掛けになっています。

アマンダは、元陸軍兵士の身体能力を活かし、ビリヤード・ルームを駆け上がり、金庫を見つけます。

ですが、金庫の解除に必要な4つの数字が分かりません。

ビリヤード・ルーム内を注意深く見ていたゾーイは、壁の一部がスライドパズルになっている事に気付き、床が抜け落ちていくビリヤード・ルームを進み、スライドパズルに挑みます。

スライドパズルを完成させると、ビリヤード台の上に配置された、ビリヤードボールの数字が金庫の番号である事が分かります。

金庫を開けて、次の部屋への鍵を手に入れたアマンダですが、出口までの足場を失い、次の部屋への鍵をジェイソン達に投げ渡して、奈落の底へ落ちていきます。

第4の部屋

アマンダを失った悲しみを抱えながら、4人は病室のような部屋に辿り着きます。

そこで、今回集められた6人の共通点が発覚します。

ゾーイは、飛行機墜落事故に遭遇しながらも生き残った、唯一の生還者で、ジェイソンも海難事故からの唯一の生存者でした。

そこへ、ゲームマスター「ウータン・ユー博士」からの映像が流れ、唯一の生存者の中から、さらに生き残る事ができる、強運の持ち主を探す事が、「エスケープ・ルーム」の狙いである事が分かります。

そして、次のゲームは5分以内に次の部屋への出口を探さないと、毒ガスが噴射されるという内容でした。

ジェイソン、ベン、マイケルは病室の中を探しますが、ゾーイは「あいつらが監視している以上、勝ち目はない」と考え、部屋内の監視カメラを全て破壊しようとします。

ジェイソンは、ウータン・ユー博士のヒントから、心拍数が脱出の鍵である事に気付き、AEDを使用し、マイケルの心臓に電気ショックを与えて、心拍数を上げようとしますが、失敗しマイケルは死亡します。

ジェイソンは「逆に心拍数を下げる」事を思いつき、瞑想を始め、心拍数を下げ、次の部屋への入り口を出現させます。

ジェイソンとベンは、次の部屋へ進みますが、ゾーイはこれを拒否し、病室に残り、毒ガスを吸って倒れます。

第5の部屋

ジェイソンとベンは、白と黒を基調にした狭い部屋へ辿り着きます。

ベンは、マイケルを殺したジェイソンに不信感を抱き「海難事故で生き残った時も、誰かを犠牲にしたのか?」と問いかけます。

ジェイソンは友人の防寒着を奪い、自分だけ生き残った過去を告白します。

それでも「ここを生きて出るしかない」と語るジェイソンと、ベンは嫌々ながら共闘するしかありませんでした。

第5の部屋の仕掛けは簡単で、次の部屋へと繋がる扉を開けるだけですが、固くて重い事から、2人は協力して扉を開きます。

ですが、扉には毒が塗ってあり、部屋の中にある解毒剤を探す事になります。

ベンは、解毒剤を見つけましたが、1人分しかなく、それに気付いたジェイソンに襲われます。

ベンは格闘の末、ジェイソンを壁に叩きつけ命を奪い、自分に解毒剤を注射し「最期の部屋」に挑みます。

最期の戦い

病室で倒れていたゾーイは、死体を回収に来た作業員を襲い、拳銃を奪います。

ゾーイは、病室にあった酸素吸引機を使用し、毒ガスから身を守っていました。

ゾーイは、部屋から抜け出し、階段を駆け下ります。

一方、「最期の部屋」を攻略したベンは、ウータン・ユー博士が待つ部屋へ辿り着きますが、ウータン・ユー博士は「競馬に勝った馬が、賞金を貰えるか?」と言い放ち、ベンの首を絞めます。

そこへ、ゾーイが現れ、ウータン・ユー博士を射殺します。

数日後、ゾーイは「エスケープ・ルーム」のあった場所に警察を連れて行きますが、そこは廃墟となっており、何も残っていませんでした。

ゾーイは退院したベンと共に、このゲームを仕組んだ企業を探し出す事を決意しますが、ゾーイには、新たな謎解きが準備されていました。

サスペンスを構築する要素①「命がけの謎解きゲーム」


(C)2019 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.
脱出成功者には、賞金1万ドルが授与される謎解きゲームと、それに挑む6人の姿を描いた『エスケープ・ルーム』。

日本でも、体感型の謎解きイベントなどが人気ですが、この『エスケープ・ルーム』では、体感型どころではなく、命を懸けた謎解きゲームが展開されます。

効率良く謎を解かないと、参加者にとって不利になる仕掛けが発動され「急いで謎を解かないと命を奪われる」という恐怖と、参加者が1人ずつ脱落していく緊迫した展開で、100分の上映時間を駆け抜けていきます。

スポンサーリンク

サスペンスを構築する要素②「集められたメンバーの共通点」


(C)2019 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.
命がけの謎解きゲームが、本作の物語の軸になっていますが、並行して、一見するとランダムに集められた、参加者に共通する「ある理由」が物語の鍵にもなっています。

序盤では、アマンダがゾーイに発するセリフや、山小屋で触れられるベンの過去、第2の部屋で発見された防寒着に対する、ジェイソンの態度など、観客に「参加者には何かある」と感じさる演出が組み込まれています。

謎解きゲームが繰り返され、下手をすると単調な展開になる可能性があった本作を、「参加者の秘められた過去」という要素を加える事で、観客を飽きさせずに、物語へ引き込む効果を生んでいます。

参加者に共通する「ある理由」は、第4の部屋で明らかになり、全員が何かの事故の、唯一の生き残りだった事が判明します。

そして、それぞれの過去が判明した瞬間から、それまでリーダー的な立場だった、ジェイソンの本性が明らかになります。

真に警戒するべきは、仕掛けられた謎ではなく仲間だったという点は、1997年の大ヒット映画『キューブ』に共通する部分がありますね。

サスペンスを構築する要素③「勝つ為の手段」


(C)2019 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.
「エスケープ・ルーム」を、結果的に攻略したのは、ベンとゾーイとなります。

ベンは正攻法に乗っ取り、「エスケープ・ルーム」のルールに従い勝利しますが、ゾーイは、ルールを破り相手の裏をかいた勝利となります。

「エスケープ・ルーム」の黒幕は、謎のままですが、生き残ったベンをウータン・ユー博士が簡単に殺そうとした辺り、権力者が、一般市民を玩具のように扱っている、ゲームである事が分かります。

社会で生活する中で、例え納得のいかない事でも、誰かが決めた規則に従わなければならない事が多いですが、本作には「そのままでは、負けるだけだ」というメッセージが込められています。

映画のラストで、正攻法で攻略したベンが命を奪われかけた事に対し、相手の裏をかいたゾーイが、ウータン・ユー博士を倒している事からも分かります。

本作では不条理とも言える、恐ろしい仕掛けの数々が現れますが、諦めず、冷静に物事を見極めれば、例え相手が強大でも、どんな人間も勝利する事ができるという、人間賛歌がテーマであると感じました。

スポンサーリンク

映画『エスケープ・ルーム』まとめ


(C)2019 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.
人の命を弄ぶ、この「エスケープルーム」を作ったのは何者なのでしょうか?

本作のラストで、シルエット姿の、文字通りの黒幕が「まだまだゾーイと遊べそうだ」と笑っていた辺り、ゾーイの戦いは続くのでしょう。

実は『エスケープ・ルーム』は、全米でのスマッシュヒットを受けて、続編の公開が決まっており、ゾーイ役のテイラー・ラッセルも続投するようです。

このまま「ソウ」シリーズや、「ハンガー・ゲーム」シリーズのような、デスゲーム映画の新たなシリーズとなる可能性もありますね。

映画『エスケープ・ルーム』の今後に期待しつつ、是非、ノンストップの100分間を、体験してみて下さい。

次回のサスペンスの神様の鼓動は…

次回も、魅力的な作品をご紹介します。お楽しみに。

関連記事

連載コラム

実話映画『ファヒム パリが見た奇跡』感想と考察評価。政治難民の少年がチェスチャンピオンを目指す|映画という星空を知るひとよ10

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第10回 映画『ファヒム パリが見た奇跡』が、2020年8月14日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて全国公開されます。 この映画は、パリへ逃れた政 …

連載コラム

映画『ヒットマン エージェント:ジュン』感想と考察解説。韓国人俳優クォンサンウ演じるキャラを魅力的にする為に脚本を熟考|コリアンムービーおすすめ指南19

売れない漫画家の正体は、対テロ保安局“猛攻隊”の元エージェントだった! 韓国映画『ヒットマン エージェント:ジュン』が2020年9月25日(金)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋他にて全国順次公開さ …

連載コラム

『パパは奮闘中!』感想と評価解説。「夫婦・労働・子育て問題」と物語に流れる確かな信念が心を打つ|銀幕の月光遊戯28

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第28回 突然妻が何も言わず家を出ていき、仕事と育児に悪銭苦闘することとなった夫とその子どもたち。ベルギー・フランス合作映画『パパは奮闘中!』は現代の様々な問題を内包しつつ …

連載コラム

映画『望み』ネタバレ感想と評価レビュー。小説を原作に描くある家族の苦悩と“3つ目”の真実|映画という星空を知るひとよ27

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第27回 2020年10月9日(金)より全国ロードショー公開を迎えた映画『望み』。 雫井脩介の同名小説を『悼む人』『人魚の眠る家』などを手掛けた堤幸彦監督が映画 …

連載コラム

細野辰興の連載小説 戯作評伝【スタニスラフスキー探偵団~日本俠客伝・外伝~】14

細野辰興の連載小説 戯作評伝【スタニスラフスキー探偵団~日本俠客伝・外伝~】(2021年4月下旬掲載) 【細野辰興の連載小説】『スタニスラフスキー探偵団~日本俠客伝・外伝~』の一覧はこちら スポンサー …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学