Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2020/04/06
Update

映画『スリージャスティス』あらすじネタバレと感想。名高い実在のヒーロー(孤高のアウトロー)が登場するスター共演の西部劇|未体験ゾーンの映画たち2020見破録32

  • Writer :
  • 増田健

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第32回

「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」の第32回で紹介するのは、スター共演で送るウェスタン映画『スリー・ジャスティス 孤高のアウトロー』

西部開拓時代伝説のアウトロー、ビリー・ザ・キッド。そして彼を殺した保安官、パット・ギャレット。2人の伝説的人物の物語は、虚実を交え繰り返し語り続けられ、その姿は繰り返し映画に登場してきました。

伝説の2人の対決に偶然遭遇した姉弟の視点を通し、西部の掟を描く豪華スターが出演・監督した、異色のウエスタン・ムービーの誕生です。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2020見破録』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『スリー・ジャスティス 孤高のアウトロー』の作品情報


(C)2018 THE KID, LLC

【日本公開】
2020年(アメリカ映画)

【原題】
The Kid

【監督・原案】
ビンセント・ドノフリオ

【キャスト】
イーサン・ホーク、デイン・デハーン、クリス・プラット、レイラ・ジョージ、アダム・ボールドウィン、ジェイク・シュア、ビンセント・ドノフリオ

【作品概要】
やむなき理由で罪を犯し、叔父に命を狙われて逃亡した姉弟。2人は偶然ビリー・ザ・キッド一味に遭遇しますが、彼らは保安官パット・ギャレットに追われていました…。実在の伝説的人物を配して描く、新時代の西部劇です。

『マグニフィセント・セブン』のイーサン・ホークにクリス・プラット、ビンセント・ドノフリオが再集結、『アメイジング・スパイダーマン2』『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』のデイン・デハーンなど、豪華な顔ぶれが出演しています。

出演のビンセント・ドノフリオが、原案を提供した本作を自ら監督、彼の娘で『移動都市 モータル・エンジン』のレイラ・ジョージも出演した作品です。

映画『スリー・ジャスティス 孤高のアウトロー』のあらすじとネタバレ


(C)2018 THE KID, LLC

父のビルは人生に失望していた、とリオ(ジェイク・シュア)は振り返ります。兄弟同様荒くれ者の父は、母が自分たち姉弟を連れて、家を出るのではと疑っていました。

ある日酒に酔った父は、母を疑って激しい暴行を加えます。耐えかねたリオは床に落ちた銃を拾い、思わず父に向けました。銃声が響き渡り、それは姉弟の叔父、カトラー(クリス・プラット)の耳にも入ります。

父はリオに射殺され、姉のサラ(レイラ・ジョージ)が意識の無い母に駆け寄りますが、既にこと切れていました。こんな事なら、もっと早く父を殺すべきだったと振り返るリオ。しかしそこに、カトラーが手下を引き連れ現れました。

ビルの遺体を見つけ、怒り狂ったカトラーはリオに暴行を加えます。隙を見てリオは叔父の顔を傷つけ、サラが背後から殴り倒すと、着の身着のまま逃げ出した姉弟。

叔父のカトラーを敵に回し、頼るべき身内も無い2人。そこでサラは弟に、母の友人がいるサンタフェを目指そうと言って励まします。

近くの農家から1頭の馬を奪い、逃避行を続ける姉弟。しかしカトラー一味も2人は、サンタフェを目指していると睨んでいました。

とある朽ちかけた小屋で眠っていた姉弟。リオが目を覚ますと、ライフルを持つ1人の男が立っていました。驚く2人に笑いかけ、親し気に話しかける男。それは逃亡中のお尋ね者、ビリー・ザ・キッド(デイン・デハーン)その人でした。

ビリーの仲間の男たちは、逃げ込んだ小屋にいた姉弟を邪魔者とみなし追い出せと迫りますが、ビリーにその気はありません。彼こそが有名なアウトロー、キッドと気付き話しかけたリオに、手を差し出し握手を求めるビリー。

ビリーは姉弟も追われる身と見抜いたのでしょうか。俺たちといれば安全だと告げ、1~2時間休むと言うと仲間と共に横になります。

その頃、ビリーを追う保安官パット・ギャレット(イーサン・ホーク)は髭を剃り、身支度を整えていました。

リオがビリーに話かけると、彼は喜んで相手になりました。父に殺された母の写真を見せたリオに、ビリーは何歳だと尋ねます。彼が15歳だと答えると、ビリーは自分も15歳で、母を守るために初めての殺しを行ったと告げます。それが全ての始まりだったとつぶやくビリー。

小屋はギャレットと部下たちに包囲されていました。ビリーの仲間チャーリーが馬の様子を見に外に出ると、一斉に発砲を開始します。ビリーたちは反撃して銃撃戦となり、姉弟は身を伏せるしかありません。

ビリーが投げ縄で馬を小屋に引き寄せ、逃亡を図ろうとするとギャレットが駆け寄り、その馬を射殺して逃走を封じます。ビリー一味とギャレットたちは睨み合いとなります。

リンカーン郡戦争と呼ばれる争いの後、ビリーは保安官になったギャレットに追われていました。一味のデイブは捕まれば処刑されると、最後まで抵抗することを望みますが、今回は逃れられないと覚悟を決めたビリー。

部下には射殺を望む者もいましたが、ギャレットは一味に投降を呼びかけます。それに応じてビリーはリオに形見となる石を与え、手を上げて小屋から出ます。

ビリー一味が逮捕される中、サラは小屋に身を潜め、この場をやり過ごそうと考えます。リオの父親殺しがバレれば、弟の死刑は免れません。

しかしリオは小屋から飛び出します。彼はこれを叔父の追跡を逃れるチャンスだと考えたのです。ギャレットから事情を尋ねられ、サラはとっさに母を亡くしてサンタフェに向かう途中に、父とはぐれたとと答えます。

その言葉を信じたのかどうか、ギャレットはサンタフェへ向かうビリーの連行に、姉弟を同行させることにします。リオはこの後ビリーはどうなるか訊ねますが、人殺しは処刑されるだけだ、と答えるギャレット。

ギャレットと逮捕されたビリー一味、そして姉弟を乗せた荷馬車は、護衛を引き連れ進みます。一行はメキシコ人の住む集落に到着します。

そこにはギャレットらが射殺した、ビリー一味のチャーリーの死を悲しむ妻や、ビリーの恋人がいました。ギャレットはチャーリーの死体を遺族に引き渡します。

ここでサラとリオに毛布が与えられ、ビリーらは加治屋で鎖につながれます。ビリーはギャレットの部下に話かけますが、彼らはビリーを極度に恐れて警戒していました。

ギャレットはチャーリーの遺族に金を受け取らせ、ビリーは恋人にキスをして別れを告げ、一行は集落を後にします。

とある家でギャレットらは、ビリーらを壁際に座らせテーブルで食事をとります。その席でギャレットから、離れ離れになった家族について訊ねられ、疑われぬよう慎重に答えるサラ。

無視されたかのような扱いにビリーが抗議すると、ギャレットは彼も食卓に着かせます。リオの隣に座ったビリーは、ギャレットと俺は、かつて遊び仲間だと親し気に話します。

ビリーに言わせれば、上手く立ち回れたかのどうかの差が、現在の2人の境遇の違いを生んだと話しますが、ギャレットは聞き流します。サラには無法者の勝手な言い分に聞こえましたが、彼に憧れを抱いているのか、リオは密かにビリーの手にバターを渡しました。

バターを塗って滑らせて、手を鎖から引き抜くとナイフを掴み、護衛の1人に突き付けたビリー。ギャレットは動じることなく、ビリーの仲間の1人に銃を向けます。ビリーは抵抗を諦め、大人しく連れていかれます。

屋外で煙草を吸っていたギャレットに、リオはリンカーン郡で何があったのかと訊ねます。金持ちがいて、もう1人の金持ちと戦争を始めた語るギャレット。

ビリーとギャレットはその抗争に巻き込まれ、仲間と共に対立し殺し合いました。自分もビリー同様悪事を犯した、しかし大事なことは、次に何をやるのかだと、ギャレットは語ります。

ギャレットは何か話したいことがあるのかと訊ねますが、リオは姉に止められます。父親殺しがバレると処刑されると言うサラに、リオは事情を話して自白すべきと訴えますが、あなたが死んだら私も死ぬと告げ、神も探せない遠い場所へ行こうと話すサラ。

ベットに入ったリオは、父を射殺した銃声を思い起こし、眠ることができません。彼の手にはビリーからもらった石が握られていました。

翌朝一行は出発し、馬車の中でビリーはリオに昨日の礼を告げます。馬車は処刑台の前を通り、サンタフェの街に到着します。住民たちは評判のお尋ね者、ビリー・ザ・キッドを一目見ようと集まり、ビリーも立ち上がって群衆の歓声に応えます。

一行はサンタフェの副保安官、ロメロ(ビンセント・ドノフリオ)の事務所に到着します。ギャレットはここで裁かれる、ビリーの仲間のデイブ・ルタボーを引き渡します。しかし周囲には野次馬だけでなく、ビリーに恨みを持つ者も私刑を加えようと集まっていました。

ビリーを安全な場所に連行しようと、ギャレットは人々が集まる中、強引にビリーの身柄を駅馬車に移します。そのどさくさに紛れ、サラは近くにあったカバンを奪って、リオと共に逃げ出します。そのリオを姿を笑って見つめるビリー。

ビリーの乗った駅馬車は、銃を持った復讐を願う男たちに囲まれます。護衛との間に緊張が走りますが、構わずビリーは寄って来た新聞記者の取材に、自慢げに応じます。ギャレットは1人の男の銃を撃ち落とし、皆が怯んだ隙に馬車を出発させます。

リオとサラは酒場に入ると、そこで働く亡き母の友人・ミラベルを訪ねます。しかしそこには、叔父のカトラー一味が待ち伏せていました。

サラを殴り倒すと、カトラーは父を殺した償いとして、お前を売春婦にすると告げます。リオに激しい暴行を加え、追って来たらお前も姉も殺すと告げ、酒場から叩き出したカトラー。

打ちのめされたリオは、街で衣服を盗み身なりを変えると、姉を救い出そうと決意します。

以下、『スリー・ジャスティス 孤高のアウトロー』のネタバレ・結末の記載がございます。『スリー・ジャスティス 孤高のアウトロー』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2018 THE KID, LLC

リオが街に出来た人だかりに目をやると、それはビリー・ザ・キッドの仲間、デイブ・ルタボーが処刑台に引き出される光景でした。叔父と同じ無法者のデイブなら、姉の行方を知っているかと考え、リオは処刑台に駆け寄ります。

デイブに駆け寄ったリオは彼から手紙を渡され、それを読めと告げられます。そしてデイブはリオの目前で処刑されました。

手紙を読みカトラー一味の動向を、ビリーが知っているとリオは悟ります。夜になると拳銃と馬を盗み、それに乗ってビリーの後を追うリオ。

リオはリンカーンに到着します。そこの保安官事務所で、ビリーはギャレットの部下、副保安官であるボブ・オリンジャー(アダム・ボールドウィン)に見張られていました。

ボブの姿に気付いたリオは、さらわれた姉の行方を知っているビリーに合わせろと訴えますが、一般市民にすぎない彼に合わせる理由は無いと言い、ボブはリオを突き倒します。

意を決したリオは銀行に入ると銃を発砲、捕まる目的で強盗を働きます。この騒ぎに大喜びするビリー。銀行から出たリオは撃たれました。

負傷して保安官事務所に運ばれ、横たわる彼の前にギャレットが現れます。なぜこんな事をしたのかと問う彼に、ビリーに会わせろと必死に訴えるリオ。

冷たい態度のギャレットに、怒りを訴えるビリー。しかしギャレットは、ビリーの態度こそが少年を無謀な行動に駆り立てたと告げます。法を守る保安官と無法者の価値感の違いに、いらだちを覚えるビリー。

夜、傷付いた体のリオは目ざめると、壁越しに話しかけビリーにデイブの最期を伝えます。悟ったようにそれを聞いたビリーは、姉のサラは叔父のカトラー一味が牛耳る、プエルト・デ・ルナの町に連れていかれたと話します。

ビリーは仲間の処刑を聞いて、脱走する決意を固めていました。

次の日ギャレットは改めて、話したいことはないかとリオに聞きますが、彼は何も答えません。姉のサラがどこに行ったか尋ねられても、真相を打ち明けようとしないリオ。

諦めたギャレットは事務所をボブに任せ、部下と共に立ち去ります。その姿をビリーは見送っていました。

副保安官のボブが拘留者に食事を与えている時、ビリーは見張りにトイレに行きたいと訴えます。隙を見て銃を奪い見張りを撃ち、鍵を見つけて足の鎖を外したビリー。

ビリーはリオを逃がすと、駆け付けたボブを射殺します。銃を手にした彼の前に、保安官助手は逃げ出しました。彼の行動を見守るしかない住人の前から、ビリーはリオと馬に乗って平然と立ち去ります。

いとも簡単に人を殺すビリーのやり口に疑問を覚えながらも、リオは彼の生き様に惹かれていました。恋人の元に逃げるというビリーに同行したリオは、叔父たちとの対決に備えビリーから銃の手ほどきを受けます。

ビリーの逃亡を聞いたギャレットは追跡に動きます。しかし彼は、なぜリオがビリーと行動を共にしたのか、理解出来ないでいました。

リオはビリーと恋人が言い争うのを聞いていました。無法者の彼に安住の地はありません。恋人の住むメキシコ人の集落から去るよう求められ、リオと酒場に向かうビリー。

リオは流れ者の英雄、ビリーが姉の救出に手を貸してくれると期待していました。しかしビリーは仲間を失い、落ち着くことの出来ない暮らしに疲れ果てていました。

最初に殺人を犯した時のことを話すビリー。世間の人々に軽口を叩く彼も、殺しの経験が与える心の傷に苦しんでいました。その感覚が消えないと言い涙ぐむ姿を、リオは見つめるしかありません。

酒場から出て歩くビリーとリオ。その姿をギャレットと部下たちが見つめていました。

家に戻ると恋人にキスをした後、外に出たビリー。そこにギャレットが忍びよります。異変を感じたビリーにギャレットは発砲、銃声を聞いたリオは彼の最期を悟ります。

駆け付けた部下に、ビリー・ザ・キッドの死を告げるギャレット。泣き叫ぶビリーの恋人の姿を、黙って見つめるしかないリオ。

翌朝リオが目覚めると、ギャレットが見守る中、恋人や住人の手によってビリーの葬送が行われていました。リオが別れを告げると、ビリーの遺体は運ばれていきました。

1人になると射撃の練習を行うリオ。彼はギャレットの前に現れると、机の上に拳銃を置き、これで父を殺したと告白します。

酒に溺れ母を殴り殺した父を、もっと早く殺すべきだったと話すリオ。しかしそれを恨んだ叔父カトラー一味に、姉のサラは連れ去れたと続けます。ビリーは彼らの居場所を教えてくれたが、姉の救出は手伝ってくれなかった、と話すリオ。

その言葉を聞いたギャレットは、黙って部下と共にリオと行動を共にします。一行は連れ去れた姉のいる、プエルト・デ・ルナの町に向かいます。

町につくと酒場を訪ねたギャレット。彼はそこの女主人にサラがいるか尋ねます。リオが2階に向かうと、1人の男が後を追いますが、ギャレットが銃を向け制止します。それはカトラーの手下で、酒場にはカトラーの姿もありました。

2階の部屋を1つ1つ探すリオ。酒を手にしたカトラーはギャレットに、父親を殺した娘は自分の姪でも許さない、これが懲らしめるやり方だと平然と告げます。

リオはサラの姿を見つけましたが、無理やり客をとらされた彼女は、自暴自棄になっていました。そんな姉を必死に励ますリオ。

俺も姪に手を出すような男ではない、だから最初は手下に抱かせたと話すカトラー。その態度に怒りを覚えたのか、ギャレットはリオとサラが2階から降りて来ると、カトラー一味に銃を突きつけます。

構わず姉弟に迫るカトラー。リオは銃を向けますが撃てず、カトラーに殴り倒されます。ギャレットがサラの背後に迫る男を撃つと、酒場は銃撃戦の舞台となります。

リオを引き連れ酒場から出たカトラー。ギャレットは倒され激しく殴られますが、その男をサラが拾った銃で撃ちます。ギャレットは立ち上がるとカトラーを追い外に出ます。

リオを人質に取るカトラーに、衆人が見守る中、公正な決闘で片を付けようと告げるギャレット。彼は銃を収めると、地面に線を引きます。

それを承知したカトラーはリオを放します。傷付いたギャレットの部下やカトラーの手下、町の人々が見守る中、10数えながら共に後ろに下がり、数え終えると撃ち合う決闘を始めた2人。

数える途中で酒場からサラが現れ、リオの名を呼びます。皆がそれに気を取られた隙を、チャンスと見て発砲したカトラー。ギャレットも銃を抜きますが、カトラーは脇から発射された銃弾を受け倒れます。それはリオが放った銃弾でした。

何が公正だよ、とつぶやき泣き始めるリオ。カトラーの死を確認し、何も言わず彼を抱き寄せたギャレット。

保安官パット・ギャレットは姉弟を罪に問うことなく、君たちに住みよい場所はいくらでもある、人生はやり直せる、未来を楽しめと告げると去って行きました。

ニューメキシコの荒野を馬に乗って行くリオとサラ。その言葉を信じ、励まし合いながら進んでいきます。

スポンサーリンク

映画『スリー・ジャスティス 孤高のアウトロー』の感想と評価

参考映像:『ヤングガン』(1988)

21歳の生涯で21人を殺した人好きのする性格の、小柄な左ききの早打ちガンマン、と語り継がれるアウトロー、ビリー・ザ・キッド。生前から虚実ない混ぜに報道され、やがて粋な義賊といったイメージが定着し、大衆向け小説や映画の主人公として活躍します。

名作西部劇映画から、『ビリー・ザ・キッド対ドラキュラ』という珍作映画にまで登場する彼ですが、その名を一躍有名にした抗争劇、リンカーン郡戦争を描いた映画、『ヤングガン』をご存知の方も多いでしょう。

キーファー・サザーランド、チャーリー・シーン、ルー・ダイアモンド・フィリップスら当時の若手スターを集めたこの作品で、ビリー・ザ・キッドを演じたのはエミリオ・エステベス。今回はデイン・デハーンがその雄姿を演じています。

西部伝説の人物が続々登場!


(C)2018 THE KID, LLC

そしてビリー・ザ・キッドを殺した男として有名な人物が、パット・ギャレット。サム・ペキンパー監督の『ビリー・ザ・キッド 21才の生涯』では、ジェームズ・コバーンが演じました。

渋い男が演じる代名詞、というべき役を今回はイーサン・ホークが演じています。その姿はファンならずとも注目に値します。

この実在の2人の人物に、架空の姉弟の物語が絡むのが本作。当然フィクションの物語ですが、野暮は承知で詳しく見て行きましょう。

1877年から78年にかけて起きたリンカーン郡戦争。その後追われる身となったビリーは、1880年末にギャレットに逮捕されますが、1881年4月に脱走します。

その年の7月、ビリーは家から出たところを、ギャレットに射殺されます。ギャレットは後に、自著などでビリーが銃を持っており、正当防衛だったと主張していますが、現在は本作に描かれたように、闇討ちに近い襲撃だったとされています。

以上から本作はビリーがギャレットに逮捕されてから、射殺された後までの物語、という設定になります。劇中に登場人物の幾人かは、実際にビリーやギャレットの周囲にいた人物です。

巧みに虚実を交えた「伝奇」西部劇


(C)2018 THE KID, LLC

1880年末にギャレットは、映画に登場した射殺されたチャーリーこと、チャールズ・ボードレやデイブ・ルタボーら実在の仲間3人と共に、ビリーを包囲して捕えます。ギャレットは彼らを護送すると、野次馬が集まり、彼らに恨みを持つ者も集まるという大騒動になります。

本作監督のビンセント・ドノフリオは、サンタフェの副保安官として登場しますが、これ実在の人物でギャレットから地元の看守を殺した無法者、デイブ・ルタボーの身柄を、私刑を望む住民の圧力を背景に引き取ります。

映画ではこの直後に処刑されるデイブですが、実際はこの後裁判で死刑判決を受けるも脱走、1886年にメキシコで地元民といさかいを起こし、殺害されたとされています。

デイブ・ルタボーはビリーとギャレッドだけでなく、ワイアット・アープやドグ・ホリディといった、西部劇を代表する著名人と関わった経歴を持つ無法者です。

映画では描いていませんが、ギャレットに護送されたビリーは裁判で死刑判決を受けた後、身柄をリンカーンに移されます。そこの保安官事務所に拘留中、ギャレットの留守に副保安官のボブ・オリンジャー、これも実在の人物を射殺して逃亡します。

これが1881年の4月。逃亡の経緯を映画は忠実に描いています。なおこの副保安官のボブ、リンカーン郡戦争時の振る舞いや、権力を得てからの態度で、世間から評判の悪い人物とされています。主人公に冷たい態度もとったのも、そんなエピソードの反映でしょう。

この後ビリーがギャレットに射殺されたのが7月。本作が実在の人物を登場させ、その人物に関わるエピソードを忠実に再現しつつ、一方で様々な改変を加えたとお判り頂けたでしょう。

何といっても史実のタイムスケジュールをかなり簡略・短期間化しています。本作は重厚な本格西部劇として楽しめますが、歴史上の人物を史実に沿いながらも自在に活躍させる、日本の娯楽伝奇歴史小説と同じ性格を持つ作品とも受け取れます。

アメリカンスピリットとビンセント・ドノフリオ


(C)2018 THE KID, LLC

監督・主要キャスト以外にも、『マグニフィセント・セブン』に関わった人物が多数出演していますが、本作のアイディアはそれ以前から持っていた、と語るビンセント・ドノフリオ。

彼は『マグニフィセント・セブン』に出演中、本作を実現する為に、イーサン・ホークやクリス・プラットに声をかけました。

自身を生粋のニューヨーカーだと断りながらも、アメリカ人の心に今も生きる、西部劇を描きたかった。その古典的物語を、現在最高の俳優を起用して描きたかったと、ビンセント・ドノフリオは告白しています。

西部の英雄が生きた世界を体感させ、彼らの経験した事件を描き、それをフィクションの少年のエピソードと絡める事で、創造的に飛躍を遂げさせた作品、それがこの西部劇映画です。

西部劇では無法者を正しい人間として描いた、サム・ペキンパー監督作品や、クリント・イーストウッド監督の、『許されざる者』が好きだと語るビンセント・ドノフリオ。善と悪を単純なものとして描かない姿勢は、この本作のテーマとして流れています。

まとめ


(C)2018 THE KID, LLC

西部劇に詳しく無くても、重厚な物語を楽しめるのが『スリー・ジャスティス 孤高のアウトロー』です。しかしアメリカ人の視点で見ると、フィクションに偏らず、史実にこだわって実在の人物を描こうとした、意欲的な作品だと見てとれます。

映画的にストーリーを簡略化しながらも、実在の人物はその性格を生かしながら描き、史実の出来事をフィクションの創造に生かしています。歴史小説、歴史ドラマファンなら、そんな視点で見ると楽しくなる性格を持つ作品です。

映画は登場する西部の伝説的人物が実際に活躍した、ニューメキシコで撮影されました。この映像と雰囲気も、当時を息遣いを感じさせる役割を果たしています。

日本のマンガやアニメ、ドラマや映画にも、様々な歴史上の人物を登場させ、創作した様々な作品があります。西部劇に登場するヒーロー言えば、なんとも古風な印象がありますが、本作の舞台となる時代は日本で言えば明治初期です。

つまり幕末の元志士や新選組の元隊士が、縦横無尽に活躍する創作された様々な作品と、時代的には何ら違いがありません。そう考えると西部劇も、実に身近な存在になりませんか。

次回の「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」は…


TAPPELUFT PICTURES (C) 2014

次回の第33回はナチゾンビが大暴れした映画『処刑山 デッド卍スノウ』がパワーアップ!待望の続編『処刑山 ナチゾンビVSソビエトゾンビ』を紹介いたします。お楽しみに。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2020見破録』記事一覧はこちら


関連記事

連載コラム

ザ・キャビン監禁デスゲーム|ネタバレ結末感想とあらすじ解説。ラストの最後まで誰が犯人で何が真実なのか分からない⁈|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー47

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第47回 深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信U-NEXTで鑑賞す …

連載コラム

広島尾道にて深田晃司監督が若手監督を前に語る。特別講演「現代映画の動向」にて邦画の“いま”を斬る【SHINPA Vol.12前編】シネマ尾道の名もなき映画イベント1

第4回尾道映画祭中止なるも、ファンの要望に応え一部開催 新型コロナウイルス感染拡大防止のあおりをうけ、2020年2月28日~3月1日にかけて開催予定となっていた第4回尾道映画祭は中止することが決定。 …

連載コラム

地獄が呼んでいる1話ネタバレあらすじ感想とラスト結末解説。Netflix配信にて激コワホラーに新感染シリーズのヨンサンホ監督が挑む

Netflixドラマ『地獄が呼んでいる』を各話完全紹介 『新感染 ファイナル・エクスプレス』(2016)を発表し、ホラー映画ファンの注目を集めたヨン・サンホ。その前日譚となる長編アニメーション映画『ソ …

連載コラム

映画『名探偵ピカチュウ』ネタバレあらすじと感想。ポケモンの愛くるしさとミステリーの融合作|SF恐怖映画という名の観覧車102

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile102 1996年にゲームボーイで発売された「ポケットモンスター」の大ヒット後、「ポケットモンスター」シリーズは任天堂の看板作品として長く続いて …

連載コラム

映画『タンクソルジャー重戦車KV-1』ネタバレ感想。戦車道ファンにオススメの実物の迫力と臨場感!|未体験ゾーンの映画たち2019見破録35

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第35回 今年もヒューマントラストシネマ渋谷で開催中の“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」。今回も戦車が大暴れする映画が登場します。 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学