Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

映画『リーサル・ソルジャーズ』ネタバレ感想。メル・ギブソンの息子マイロは親父よりも危険な男を演じた⁈|未体験ゾーンの映画たち2019見破録30

  • Writer :
  • 増田健

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第30回

今年もヒューマントラストシネマ渋谷で開催中の“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」。様々な58本の映画が公開中ですが、今回はガンアクションファン必見の作品を紹介します。

メル・ギブソンを父に持ち、父の監督作『ハクソー・リッジ』でスクリーンデビューしたマイロ・ギブソン

その彼が初主役を務めたアクション映画で、父が『リーサル・ウェポン』で演じたマーティン・リッグス刑事以上の、複雑な過去と心に傷を持つ男を演じます。

第30回は様々な思惑に翻弄されつつ闘う傭兵を描いたアクション映画『リーサル・ソルジャーズ』を紹介いたします。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2019見破録』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『リーサル・ソルジャーズ』の作品情報


(C)GRACEWAY FILMS LTD. 2018

【公開】
2019年(イギリス映画)

【原題】
All the Devil’s Men

【監督】
マシュー・ホープ

【キャスト】
マイロ・ギブソン、シルビア・フークス、ウィリアム・フィクトナー、ジョセフ・ミルソン

【作品概要】
民間軍事会社、警備会社の形をとって活動している現代の傭兵たち。CIAに雇われてテロ組織と対決する傭兵を、マイロ・ギブソンが演じます。

『ブレードランナー 2049』でライアン・ゴズリングと対決した女レプリカント、ラヴを演じたシルビア・フークスが、主人公を指揮するCIAの女エージェントを演じています。

またクセのある役を好んで演じるベテラン俳優、ウィリアム・フィクトナーが出演し、脇を固めます。

ヒューマントラストシネマ渋谷とシネ・リーブル梅田で開催の「未体験ゾーンの映画たち2019」上映作品。

映画『リーサル・ソルジャーズ』のあらすじとネタバレ


(C)GRACEWAY FILMS LTD. 2018

モロッコの都市マラケシュの、とある一室で黙々と体を鍛える男ジャック・コリンズ(マイロ・ギブソン)。日常となっているのか、何かの薬を服用します。

ジャックは近くの市場を歩き、1人の女からすれ違いざまにUSBメモリを受け取ります。中身には「ターゲットは11時にマラケシュ空港に到着」のメッセージが入っていました。

部屋に戻ったジャックは拳銃を手入れし、サイレンサーを取り付けると、車で空港に向かいます。

地元の公安機関でしょうか、ジャックの行動は監視されていました。彼はCIAから命じられた非合法活動をする人物として警戒されていました。

空港から護衛と共に車に乗り込み、移動するターゲットをジャックは車で追跡します。そのジャックも公安機関の車に尾行されていました。

ターゲットの人物は何者かに電話をかけ、裏切り者の名を知りたければ金を払えと告げます。話はまとまり、裏切り者はオレグ、CIAの人間だと告げます。

パトカーに追われたジャックは、ターゲットの追跡を諦め逃走します。巧みな運転でパトカーや公安機関の車を引き離すと、車を乗り換えてターゲットを追います。

先回りしてターゲットを待ち伏せしたジャックは、停止した車のドアを遠隔操作でロックします。護衛の男たちが車から出ようとしてもドアは開きません。

車に近寄ったジャックは設定でロックが解除される一瞬の隙をつき、ドアを開けてターゲットを射殺し、その場を立ち去ります。

任務を果たしたジャックは飛行場に向かいます。そこにはCIAの用意したジェット機が待機していました。

ジャックをCIAの女エージェント、アレン・リー(シルビア・フークス)が迎えます。

リーは任務の成功を手短に褒めると、ジャックを次の任務に備え民間軍事会社のフルスペック社に雇わせたと告げます。

次の任務とは、あるテロリストを殺害でした。2人はジェット機に乗り込み、機は目的地のロンドンに向かいます。

機内にはジャックと旧知の間柄であるマイク・ブレナン(ウィリアム・フィクトナー)と、若く最近軍を離れ、傭兵となった黒人ピート・サミュエルソンがいました。

マイクはジャックに親しく語りかけますが、薬を服用して手の震えを抑えるジャックの姿に、経験が浅く怖いもの知らずなサミュエルソンは不審を感じます。

PTSDに苦しんでいるジャックを理解しているマイクは、リーに彼を任務から解放すべきと意見しますが、任務を最優先するリーにその意志はありません。

ジャック自身にも任務を断る気は無く、リーは3人に任務の詳細を伝えます。

今回のターゲットは、大統領の暗殺リストのトップに名があるテロリスト、テリー・マクナイト。元諜報部員でISに潜入していましたが、リーたちを裏切りテロ組織に寝返った人物でした。

マクナイトの裏切りで、リーは多くの同僚を失っていました。

ロンドンで武器の密売を行う人物、ファルークの仲介でロシアから大量破壊兵器を手に入れ、テロを行おうとしているマクナイトを殺害し、計画を阻止するのが今回の秘密任務です。

マクナイトに関係する人物の中に、ジャックはトニー・デイトン(ジョセフ・ミルソン)の名を見つけます。彼はジャックが昔、アフガニスタンの戦場で命を救った人物でした。

デイトンを知るジャックは、彼が悪に手を染める人物ではないと考え、デイトンに接触してマクナイトの情報を得ようと提案します。

その頃、マクナイトはオレグと話していました。彼が内通者との情報を得ていたマクナイトは、彼を脅迫し情報を得ると殺害しました。

ジェット機はロンドンに到着しました。CIAの隠れ蓑であるフルスペック社に着くと、ジャックはデイトンに連絡をとり会う約束を取り付けます。

ジャックの身を案じるマイクは、テロ対策に傭兵を使い捨てにする、CIAのリーに忠誠を誓うつもりかと指摘します。

マイクはジャックに家に帰ることを強く勧めますが、しかし彼は耳を傾けません。

ジャックとマイク、サミュエルソンの3人は、デイトンに会いに向かいます。酒場で会ったデイトンは、ジャックと親し気に話しました。

ジャックはファルークに会いたいと、デイトンに話を切り出します。ファルークは友人だと言うデイトンに、彼はテロ組織に関わる人物だと、ジャックは説明します。

デイトンはファルークの元に案内すると告げ、3人を店の外に連れ出します。しかし突然サミュエルソンを殴り逃げ出します。

ジャックとマイクはデイトンを追いますが、覆面を着け武装した一団が現れ銃撃戦となり、マイクは射殺されます。

ジャックとサミュエルソンはカービン銃を取り反撃しますが、デイトンを逃してしまいます。

2人はリーの元に戻りますが、彼女はマイクを失っても作戦を続行すると宣言します。言い争うジャックとサミュエルソンをリーは叱り、協力するよう命じます。

CIAの動きは敵側に漏れていましたが、リーはデイトンの動きを追うことで、マクナイトを見つけ出そうと計画を変更します。

一方のデイトンもTJDセキュリティーという会社に属する傭兵として、マクナイトの警護に雇われていました。

デイトンはマクナイトに対し、ジャックはシールズ時代の同僚で、能力も自分と同程度の男だと説明し、彼を安全な隠れ家へと向かわせます。

リーはコンピューターを駆使してデイトンの動向を探り、そのアジトの1つを突き止めます。

デイトンのアジトの廃工場に向かうジャックとサミュエルソン。ジャックはデイトンに電話し、なぜ裏切ったか問いますが、ビジネスに過ぎないと返事が返ってきます。

リーの支援を受けアジトに突入するジャックとサミュエルソン。デイトンの姿はありませんが、2人はここで待ち受けることにします。

PTSDに苦しむジャックに、サミュエルソンは薬を飲めと告げます。

侵入を知ったデイトンは部下と共に現れます。2人はリーに敵が餌に喰いついたと報告すると、銃を手に迎え撃ちます。

次々敵を倒す2人。その姿をリーはドローンで監視しています。混戦の中2人はデイトンを捕えスタンガンで無力化すると、連行しようと試みます。

敵の数は増え、ついにサミュエルソンが撃たれます。ジャックはデイトンの拘束を諦め、サミュエルソンと共に脱出します。

今回の襲撃でデイトンを捕えることは出来ませんでした。それを知ったリーは、密かにデイトンへの接触を試みます。

車に乗り込んで逃げたジャックとサミュエルソン。サミュエルソンの負傷は軽く、これで200万の報酬は割に合わないと笑います。戦いを通じて2人は信頼関係を築いていました。

追跡装置で停泊している船にマクナイトがいると判断した2人は、車で向かいます。

その頃リーはデイトンと接触していました。マクナイトを殺害するためには手段を選ばぬ彼女は、デイトンを利用しようと考えたのです。

マクナイトはリーの父を殺害していました。彼女はその復讐心からもマクナイトを追っていたのです。

奴を殺すには俺を頼るしかないと、リーに告げるデイトン。彼はマクナイトが手に入れようとしているのは、核弾頭だと告げます。

目的を果たすためリーはデイトンに、マクナイトと核弾頭を引き渡せば、身柄を保証しCIAと契約を結ばせると提案します。

それを知らぬジャックとサミュエルソンは任務の続行しています。それに対処するのはあなたの問題だと、リーはデイトンに告げます。

目的地に到着したジャックとサミュエルソンは、武装して船に乗り込みます。警備の者を倒していきますが、デイトンとマクナイトの姿はありません。

部下と共に現れたデイトンは、船を包囲して2人を襲います。計画された攻撃に2人はバラバラになり、デイトンに挑発された対決したサミュエルソンは殺されます。

サミュエルソンが付けていた無線を取り、デイトンはジャックに彼の殺害を告げます。

残されたジャックは、逃れた車の中で怒り狂い叫んでいました。

以下、『リーサル・ソルジャーズ』ネタバレ・結末の記載がございます。『リーサル・ソルジャーズ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)GRACEWAY FILMS LTD. 2018

デイトンの元にマクナイトが現れました。CIAに追われても彼に核弾頭取引中止の意志はありません。取引に邪魔なジャックとリーを殺害すれば、報酬を倍にするとデイトンに告げます。

デイトンは善意の証として、それは無料で引き受けようと答えます。

本拠地であるフルスペック社に戻ったジャックはリーに、サミュエルソンの死と、2人の襲撃が敵に察知されていたと告げます。

自分の部下から情報が漏れたと、リーは説明します。彼女はジャックにマクナイトが核弾頭を手に入れ、テロを起こそうとしている事実を伝えます。

あなたが抜けたらこの戦争は終わりと、リーは訴えます。彼女はジャックによるマクナイト、デイトン殺害計画も、引き続き続行させるつもりです。

リーはいかなる手を使っても、マクナイトを殺害する意志を固めていました。

祖国を守る使命を語り、ジャックに任務を果たせるかと、リーは改めて尋ねます。しかしジャックは、彼女は人の凶暴さを理解していないと、つぶやきます。

彼はアフガニスタンで任務のため自分を助けてくれた、子供を含む民間人を犠牲にした過去がありました。その記憶が彼を蝕んでいたのです。

リーは今回の任務は多くの人命を救い、大統領に承認されたものだと説得します。任務を続けるため、リーはデイトンの所属する会社TJDセキュリティーをハッキングさせます。

ジャックはTJDセキュリティーの潜入し、リーに自分の家族の無事を確認させると、オフィスを爆破します。

ジャックは車で取引現場に向かいますが、その動きはリーと通じているデイトンに把握されていました。

ジャックはデイトンの部下の車に挟み撃ちにされ、停車させられます。しかしジャックは敵にフラッシュを浴びせ目をくらまし、その隙に射殺して危機を逃れます。

とある倉庫でマクナイトは核弾頭の取引を行っていました。取引が終了するとマクナイトは相手を殺害します。

リーが倉庫に入ってきますが、マクナイトはリーに電話をかけ、傍らにいるデイトンにも聞こえるように話します。

マクナイトは、リーとデイトンが取引していることを見抜いていました。リーには任務の失敗を告げ、デイトンに改めてリーを殺害を指示し、自らは核弾頭を手に飛行場へ向かいます。

デイトンと部下はリーの説得に、CIAとマクナイトのどちらにつくべきか迷います。その隙をついてリーはデイトンの部下を人質にし抵抗します。

そこにジャックが到着し、リーを含めてデイトンらと格闘になります。リーは何とか敵の手を逃れ、ジャックはデイトンの喉をかき切って殺害します。

ジャックは単身マクナイトのいる飛行場に、銃を発砲しながら突入します。次々と敵は倒されますが、核弾頭を手に入れたマクナイトの乗った飛行機は離陸を開始します。

車に乗り込んだジャックは滑走路を走り、飛行機の前に停車させて離陸を阻止します。その車に別の車が突っ込んできますが、そこには負傷したリーが乗っていました。

リーは宿敵のマクナイトを撃ちますが、返り討ちにされ倒れます。そしてジャックがマクナイトを射殺しました。

リーは最期にジャックに対し、奴を殺した?と聞くと絶命します。1人残されたジャックは飛行機に乗り込みます。

パイロットに出発を告げるジャック。機内には核弾頭の入ったトランクがあります。彼はどこに向かうのでしょうか。

スポンサーリンク

映画『リーサル・ソルジャーズ』の感想と評価


(C)GRACEWAY FILMS LTD. 2018

CIAとテロ組織の傭兵を使った“代理戦争”

大量破壊兵器を用いたテロを計画する悪の組織と、それを阻止する正義のスパイ!

アクション映画にありがちな設定ですが、CIAもテロ組織も雇った傭兵を使って対決する、これがその映画のミソです。

参考映像:エクスペンダブルズ (2010)

高額な報酬が支払われるとはいえ、傭兵は使い捨てできる存在。どちらの組織にも都合よく使用される、『エクスペンダブルズ(消耗品)』以上に消耗される男たちの物語です。

条件によって裏切りもあり、という傭兵の扱いが二転三転するストーリーを生みますが、正直話が判り辛い、との感想が海外でも「未体験ゾーンの映画たち」で鑑賞の方にも多い模様です。

興味深い設定を得て、短い上映時間に対して脚本が欲張り過ぎたのかもしれません。

誰もが納得のガンアクション


(C)GRACEWAY FILMS LTD. 2018

その一方辛口の海外の評論家も評価しているのが、この映画のガンアクションシーンです。

拳銃、アサルトライフル、カービン銃などを使用したシーンが何度も登場しますが、どれもこだわりを感じさせるものばかりです。

参考映像:リーサル・ソルジャーズ(2019) | Suppressed Guns Shootout Scene

例えば主人公らがサイレンサーを付けた銃を使用するシーン。発射光も見えず乾いた音で、次々薬莢を排出され、銃弾が発射されます。

一方クライマックスシーンではサイレンサーの無い状態。音は大きく派手に発射光が輝きます。後から申し訳で発射光を合成しました、という映画と異なる本格的な表現です。

拳銃を使用したシーン、ナイフを使用したシーン、また仲間と声をかけあって行う銃撃戦など、マニアでなくともアクションシーンにかけた工夫が感じ取れます。

プロップ(小道具)としての銃器の見せ方に、相当こだわりを感じさせる映画です。

まとめ


(C)GRACEWAY FILMS LTD. 2018

2世俳優として、初めて主役を演じたマイロ・ギブソン。いわゆるマッチョなヒーロー像ではなく、PTSDなど問題を抱えつつも、自分なりの正義を貫く人物を演じています。

参考映像:バトル・オブ・ブリテン 史上最大の航空作戦 (2018)

2018年公開の『バトル・オブ・ブリテン 史上最大の航空作戦』にも出演していますが、今後も多くの映画作品で活躍しています。

複雑な人物を演じる意欲のある彼が、今後映画やドラマの中で、どのように活躍をしていくかご注目下さい。

次回の「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」は…


(C)2018 Tmeng Pictures Oneqi Media. Zhonglele Pictures. ALL RIGHTS RESERVED

次回の第31回は中国に実在した伝説的武術家ウォン・フェイホン(黄飛鴻)を、再びチウ・マンチェクが演じたカンフー映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 南北英雄』を紹介いたします。

お楽しみに。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2019見破録』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

NETFLIXおすすめ映画『ユピテルとイオ』ネタバレ感想と結末までのあらすじ|SF恐怖映画という名の観覧車53

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile053 映画技術の発展と、異常気象や温暖化など漠然とした自然環境に対する危機意識の増大によってか、終末世界を描いた映画が多く製作される近年。 莫 …

連載コラム

映画『望み』ネタバレ解説考察。ポスターから『パラサイト』家族設定との類似点を紐解く|映画という星空を知るひとよ28

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第28回 映画『望み』は、2020年10月9日(金)より全国ロードショー。 この作品は、雫井脩介の同名小説を堤幸彦監督が映画化したもので、家を出たまま帰ってこな …

連載コラム

瀬長亀次郎映画2【米軍が最も恐れた男 カメジロー不屈の生涯】レビュー解説。理想と矛盾が同居する沖縄で闘った男の軌跡|だからドキュメンタリー映画は面白い23

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第23回 アメリカ占領下の沖縄で闘った不屈の男の生涯に迫る――。 今回取り上げるのは、2019年8月17日(土)から桜坂劇場で沖縄先行公開、24日(土) …

連載コラム

シンエヴァンゲリオン考察|渚司令/カヲルの正体は加持との意志×生命の書ד語り部”ではない幸せに【終わりとシンの狭間で9】

連載コラム『終わりとシンの狭間で』第9回 1995~96年に放送され社会現象を巻き起こしたテレビアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』をリビルド(再構築)し、全4部作に渡って新たな物語と結末を描こうとした新 …

連載コラム

映画『氷上の王、ジョン・カリー』感想と評価解説。英国人スケーターの栄光と苦悩|だからドキュメンタリー映画は面白い18

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第18回 世界を魅了した名フィギュアスケーターの、栄光と孤独とは。 今回取り上げるのは、2019年5月31日から新宿ピカデリー、東劇、アップリンク渋谷、 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学