Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/05/22
Update

『映画大好きポンポさん』あらすじ感想と評価レビュー。劇場版アニメの声のキャスト小原好美×清水尋也でものづくり愛を描く|映画という星空を知るひとよ66

  • Writer :
  • 星野しげみ

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第66回

杉谷庄吾【人間プラモ】による漫画『映画大好きポンポさん』が劇場アニメ化されました。

劇場アニメ『映画大好きポンポさん』は、2021年6月4日(金)EJアニメシアター新宿より全国ロードショー!!

『映画大好きポンポさん』は、映画の都・ニャリウッドを舞台に、伝説的映画プロデューサーである祖父の才能を受け継ぐポンポさんと、彼女によって映画監督に抜てきされた映画好きの青年ジーンの奮闘を描きます。

監督・脚本は『劇場版「空の境界」第五章 矛盾螺旋』(2008)の平尾隆之。主人公に声優初挑戦となる清水尋也。新人女優ナタリーを大谷凜香、ポンポさんを小原好美がそれぞれ務め、新人もベテランも揃って魅力的なキャストを演出しています。

【連載コラム】『映画という星空を知るひとよ』一覧はこちら

スポンサーリンク

劇場アニメ『映画大好きポンポさん』の作品情報


(C)2020 杉谷庄吾【人間プラモ】/KADOKAWA/映画大好きポンポさん製作委員会

【公開】
2021年(日本映画)

【原作】
杉谷庄吾【人間プラモ】(プロダクション・グッドブック)
『映画大好きポンポさん』(MFC ジーンピクシブシリーズ/KADOKAWA刊)

【監督・脚本】
平尾隆之

【声のキャスト】
清水尋也、小原好美、大谷凜香、加隈亜衣、大塚明夫、木島隆一

【作品情報】
映画を愛する青年と映画に愛された若きプロデューサーが映画制作を通して”自分”を見つけ出すという、アニメ漫画『映画大好きポンポさん』(原作:杉谷庄吾【人間プラモ】MFCジーンピクシブシリーズ/KADOKAWA刊)。

映画『映画大好きポンポさん』は、この杉谷庄吾【人間プラモ】の同名コミックを劇場アニメ化した作品です。監督・脚本は『劇場版「空の境界」第五章 矛盾螺旋』(2008)の平尾隆之が務めました。

渇き。』(2014)の清水尋也が主人公ジーン役で声優に初挑戦。新人女優ナタリーを『犬鳴村』(2019)の大谷凜香、ポンポさんをテレビアニメ『スター☆トゥインクルプリキュア』(2019)の声優・小原好美がそれぞれ演じています。

劇場アニメ『映画大好きポンポさん』のあらすじ


(C)2020 杉谷庄吾【人間プラモ】/KADOKAWA/映画大好きポンポさん製作委員会

大物映画プロデューサーの孫で、敏腕映画プロデューサーであるポンポ(小原好美)さん。

冴えない青年ジーン(清水尋也)は、そんなポンポさんのもとで製作アシスタントをしています。

映画に心を奪われて業界入りした彼は、観た映画をすべて記憶しているという映画通で、毎日のように女優のミスティア(加隈亜衣)たちと顔を合わせて仕事ができることに喜びを見出します。

ですが、ポンポさんの敏腕ぶりに圧倒され、自分には無理だと卑屈になる毎日でした。

ある時、ジーンはポンポさんから15秒CMの制作を任されました。映画を撮ることにも憧れていたジーンは、驚きながらも一生懸命に作り上げ、映画づくりに没頭する楽しさを知ります。

それからしばらくしたある日、ジーンはポンポさんから次に制作する映画『MEISTER』の脚本を渡されました。

伝説の俳優・マーティン(大塚明夫)の復帰作にして、ポンポさんの目利きにかなった新人女優ナタリー(大谷凜香)をヒロインに迎えた書き下ろし作です。

ジーンは、頭がしびれるほど興奮する内容に大ヒットを確信しますが……なんと、監督に指名されたのは、CMが評価されたジーンだったのです。

かくして、波瀾万丈の映画撮影が始まりました。

スポンサーリンク

劇場アニメ『映画大好きポンポさん』の感想と評価


(C)2020 杉谷庄吾【人間プラモ】/KADOKAWA/映画大好きポンポさん製作委員会

ポンポさんとジーン

「ポンポさんが来ったぞぉー!」と、元気よく跳びはねて撮影所に駆け込む一人の少女。

やけに騒々しく自由奔放に行動する彼女こそ、映画の申し子のような敏腕映画プロデューサーのポンポさんです。

映画界の大御所プロデューサーを祖父に持ち、映画作りから鑑賞にいたるまで、映画というものを幼い頃から肌で感じて育ったポンポさんは、人を見る眼にも優れていました。

人気女優のミスティアの人柄の良さを見込み、オーディションで見つけたダイヤの原石とも言える新人・ナタリーの身柄を預けます。

そして、ポンポさんの周りには、一癖も二癖もありそうな映画人が集まり、いつもにぎやかです。

ポンポさんが主役なのでは?と思えるようなスーパーキャラですが、主人公はそんなポンポさんの元で自分の才覚に目覚めていくジーンなのです。

ジーンは‟夢を目指すきらきらした目”を持たない、夢を追うことに疲れ切った青年です。ですが、その奥に潜んでいる情熱にポンポさんは気がついていました。

ポンポさんの叱咤激励を受けながら、どんどん自分の殻を打ち破いていくジーンの変貌ぶりが見ものです。

映画を愛するジーンの成長


(C)2020 杉谷庄吾【人間プラモ】/KADOKAWA/映画大好きポンポさん製作委員会

ポンポさん書き下ろしの脚本で初監督を任されたジーン。天性のきらめきを持っているナタリーの本質を活かしつつ、自分の感性を信じて撮影を進めます。

カメラが捉えた細やかなショットが感動的なシーンに繋がり、心を揺さぶるエピソードが出来上がっていきます。

撮影フィルムを覗き仕上がりに満足なジーンですが、最後の編集作業に悪戦苦闘。どの場面も作品の中では重大と思え、カットすることが出来ないのです。

どこを取ってどこを切り捨てるのか。ジーン監督は悩みに悩みぬいて完成させました。

新人監督がただ撮影するだけではなく、映画好きな人にどのように作品の素晴らしさ、面白さを伝えるのかと、後半は期待が高まってきます。

完成した映画で‟一番気に入っているところ”を述べたジーンの一言は、本当に映画が好きな人に向けたものでした。

まとめ

(C)2020 杉谷庄吾【人間プラモ】/KADOKAWA/映画大好きポンポさん製作委員会

映画愛に満ちあふれ、多くのファンを生み出してきた漫画『映画大好きポンポさん』(原作:杉谷庄吾【人間プラモ】)が、平尾隆之監督を筆頭に充実したスタッフと声優陣によって、アニメーション映画となりました。

「幸福は創造の敵」「映画を撮るか、死ぬか、どっちかしかないんだ」「おバカ映画で感動させる方がかっこいい」など、奇抜な発言をしながらも、並外れた天分で人々を魅了するポンポさん。

ユニークなキャラも楽しめますが、舞台となる撮影所と映画界の裏の描写が興味深く取り込まれています。

脚本づくり、キャスト・監督・スタッフ探し、ロケーション設定、資金繰り、フィルムの編集作業、そして随所に秘められた映画愛。

本作は、知られざる映画製作のノウハウと、映画作りの苦労が万遍なく描かれ、掴めそうで掴めない夢にもいつか手が届くという希望をもたせてくれる作品です。

特に映画業界に興味がある方にお勧めしたいです。

劇場アニメ『映画大好きポンポさん』は、2021年6月4日(金)EJアニメシアター新宿より全国ロードショー。

次回の連載コラム『映画という星空を知るひとよ』もお楽しみに。

【連載コラム】『映画という星空を知るひとよ』一覧はこちら


関連記事

連載コラム

韓国映画『夜叉 容赦なき工作戦』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。ソル・ギョング×パク・ヘスの最強バディが“世界一スパイが多い街”に挑む|Netflix映画おすすめ96

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第96回 『殺人者の記憶法』(2017)、『君の誕生日』(2019)など、映画を中心に活躍するソル・ギョングと『イカゲーム』(2021)で主 …

連載コラム

アクション映画『内なる獣性』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。戦場の記憶に苦しむ男が家族のために立ち上がる|Netflix映画おすすめ4

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第4回 世界各国で作られる、男の世界を描く血沸き肉躍るアクション映画たち。 国境を越えて楽しめるジャンル映画の定番として、配信映画の世界で人 …

連載コラム

坂本龍一×デヴィッド・ボウイ×ビートたけし映画『戦場のメリークリスマス』考察。3者の越境で自由と平和を示す|映画道シカミミ見聞録9

連作コラム「映画道シカミミ見聞録」第9回 ©大島渚プロダクション こんにちは。森田です。 今年もまた「8月15日」を迎え、日本の敗戦をふり返り、戦争の理由や平和の意義を改めて探る時期となりました。 映 …

連載コラム

映画『キング・ジャック』レビュー評価と解説。監督フェリックス・トンプソンが初長編映画で込めたメッセージとは|ルーキー映画祭2019@京都みなみ会館7

2019年8月23日(金)に装いも新たに復活をとげた映画館「京都みなみ会館」。 京都みなみ会館のリニューアルを記念して、9月6日(金)からグッチーズ・フリースクール×京都みなみ会館共催の『ルーキー映画 …

連載コラム

【ネタバレ】力の指輪ロード・オブ・ザ・リング|1・2話あらすじ結末と感想評価の解説。ドラマシーズン1新作オリジナルで描く“力が招く混乱と希望”の物語がはじまる【SF恐怖映画という名の観覧車162】

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile162 時代を越えて長く愛される、イギリスの小説家J・R・R・トールキンによるファンタジー小説『指輪物語』。 『ロード・オブ・ザ・リング』(20 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学