Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2019/10/02
Update

映画『アンドレア・ボチェッリ 奇跡のテノール』感想とレビュー評価。バンデラスの演技力と歌声を堪能

  • Writer :
  • 石井夏子

世界最高峰のテノール歌手であるアンドレア・ボチェッリの愛と半生。

2019年11月15日(金)より、新宿ピカデリーほかにて全国ロードショーされる映画『アンドレア・ボチェッリ 奇跡のテノール』

現在活躍するクラシック・アーティストの中でトータルCDセールスNo.1を誇る世界最高峰のテノール歌手アンドレア・ボチェッリ。

彼の自伝を、『イル・ポスティーノ』(1994)のマイケル・ラドフォード監督とアンナ・パヴィニャーノの脚本で映画化したのが本作『アンドレア・ボチェッリ 奇跡のテノール』です。

ボチェッリこと主人公“アモス”を支えた、周囲の温かな人物たちの愛と、ボチェッリ自身の歌声が太陽の如く降り注ぎました。

本記事では映画『アンドレア・ボチェッリ 奇跡のテノール』の感想や見どころについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

映画『アンドレア・ボチェッリ 奇跡のテノール』の作品情報

(C)2017 Picomedia SRL.

【日本公開】
2019年(イタリア映画)

【原題】
The Music of Silence

【原案】
アンドレア・ボチェッリ「The Music of Silence」

【監督】
マイケル・ラドフォード

【脚本】
アンナ・パヴィニャーノ、マイケル・ラドフォード

【キャスト】
トビー・セバスチャン、アントニオ・バンデラス、ルイーザ・ラニエリ、ジョルディ・モリャ、エンニオ・ファンタスティキーニ、ナディール・カゼッリ、アレッサンドロ・スペルドゥーティ

【作品概要】
ボチェッリ自ら執筆した自伝的小説「The Music of Silence」を『イル・ポスティーノ』(1994)のマイケル・ラドフォード監督が映画化。

ボチェッリの役どころであるアモスに、人気のTVシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」でその頭角を顕した新鋭のトビー・セバスチャンを起用。

アモスを指導するマエストロ役にペドロ・アルモドバル監督に見出され『デスペラード』(1995)で世界のトップスターに上り詰めたアントニオ・バンデラスを配しました。

映画『アンドレア・ボチェッリ 奇跡のテノール』のあらすじ

(C)2017 Picomedia SRL.

イタリア・トスカーナ地方の小さな村。ワイン醸造を営む夫婦に、待望の男の子が生まれました。

アモスと名付けられたその子は、生後5カ月になっても泣きやむことが無く、両親は病院に連れていきます。

そこで、アモスは緑内障による視覚障がいがあると判明。

弱視に悩まされていながらも明るく過ごすアモスは、寄宿学校で天性の歌声を開花させました。

しかし12歳の時、学校の授業中にサッカーボールが顔に当たり持病が悪化、失明してしまいます。

不自由な暮らしに鬱憤を抑えきれず両親を困らせるアモス。

そんな彼を見かねたジョヴァン二叔父さん(エンニオ・ファンタスティキーニ)が、アモスを歌のコンクールに連れ出します。

その美しい歌声が評価され、コンクールで見事優勝。アモスは歌手になることを決意します。

ですが、すぐに声変わりが始まり、高音が出ず、今までのように歌えなくなってしまいました。

それを機に歌手を諦め、青年になったアモス(トビー・セバスチャン)は父を安心させようと弁護士を目指しながら、バーでピアノ演奏のアルバイトを始めます。

バーでオペラ『椿姫』の“乾杯の歌”を歌ったことがきっかけで、歌う喜びを取り戻したアモス。

そして、知人に紹介された、数々の有名オペラ歌手を育てたスペイン人の歌唱指導者、マエストロ(アントニオ・バンデラス)との出会いがアモスの人生を一変させていきます。

スポンサーリンク

映画『アンドレア・ボチェッリ 奇跡のテノール』の感想と評価

(C)2017 Picomedia SRL.

ふたりの名優の大きな懐

本作はボチェッリが自ら執筆した自伝的小説「The Music of Silence」を基に映画化されました。

ボチェッリの鏡である主人公の名前は“アモス”。これはボチェッリにとって理想の名前だそう。実際彼は息子に“アモス”と名付けています。

主人公が別人の名前を持ったことで、本作はボチェッリの半生を俯瞰しながら、映画的なリズムで描くことに成功しています。

挫折を繰り返しながらも、わずかな光に向かって進み続けたアモス。

本作は、挫折の部分はしっかりと描きながらもウェットにならず、カラッとした明るさがあります。

それは彼自身の前向きさと、彼を支えた周囲の温かさによるもの。

中でもエンニオ・ファンタスティキーニが演じたジョヴァンニ叔父さん、アントニオ・バンデラスが演じたマエストロのふたりが本作の要となっています。

父母はアモスへの深い愛情がありながらも、ハンディを背負わせてしまった罪悪感ゆえに、彼との接し方にぎこちなさがあります。アモスは両親の庇護から早く抜け出したいと望み、彼らには素直に甘える事ができません。

そんなアモスも、ジョヴァンニ叔父さんとマエストロには全面の信頼を預けられるのです。

いつでもユーモアを忘れないジョヴァンニ叔父さんは、アモスのハンディを気にせず、彼の才能を信じ続けています。

アモスをこき下ろした批評家にジョヴァンニ叔父さんが取った言動には、だれもが拍手したくなるはず。

演じたエンニオ・ファンタスティキーニはイタリアを代表する名優でしたが、2018年12月に急性骨髄性白血病のため63歳で死去

ジョヴァンニ叔父さんのおおらかな笑顔が胸に残ります。

また、マエストロを演じたスペイン出身のスター、アントニオ・バンデラス。

『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』(1994)『デスペラード』(1995)『マスク・オブ・ゾロ』(1998)と、ハリウッドデビュー後のラテン系セクシー俳優といった印象の強い彼ですが、元来はペドロ・アルモドバル作に登場する繊細なキャラクターを多く演じていました。

本作では、その力強さと繊細さを内包し、渋みを増した演技を味わえます。マエストロがアモスを指導する場面は、不思議なユーモアに溢れていました。

短い時間ですが、バンデラスの歌声も本作で披露されます。

魂を震わせる歌声

参考映像:セントラルパークでのライブ『椿姫』より“乾杯の歌”

歌声と言えば、青年期以降の歌唱シーンは全てボチェッリ本人の吹き替えによるもの。

1996年に世界中で大ヒットした「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」をはじめ「アヴェ・マリア」「誰も寝てはならぬ(トゥーランドットより)」などが歌われます。

中でも、バーの喧騒の中で歌い始める“乾杯の歌”と、マエストロに見守られながら歌うレコーディングの場面は圧巻。

例えオペラに興味がなくとも、彼の歌声は聴く者全ての魂を震わせてくれます

ぜひとも音響設備の整った劇場の空間で味わって頂きたいです。

アモスを演じたトビー・セバスチャンも、ミステリアスな魅力と類まれな音楽の才能を持ちながらも、波に乗ることができないアモスの焦燥感を体現

ボチッェリの歌声とも違和感なくシンクロしていました。

まとめ

参考:アンドレア・ボチェッリのフェイスブック

原題は「The Music of Silence」。その意味は本編の中で明かされます。

一度は神の存在を疑ったアモスが、自分の中の“沈黙”を信じ、才能が大きく花開く瞬間をぜひスクリーンで見届けて下さい。

マイケル・ラドフォード監督は、存命の人物の伝記映画を作るにあたって、「私生活のリズムと映画で描くべきリズムは別物」であり「本当のことを偽るのではなくて映画的にする」と語っています。

まさにボチェッリが“アモス”という名に託した思いが、本作で具現化されたと言えるでしょう。

映画『アンドレア・ボチェッリ 奇跡のテノール』は2019年11月15日(金)より新宿ピカデリーほか全国にて順次公開

何かを志す人間にとって希望となる作品です。



関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『ブレス しあわせの呼吸』あらすじとキャスト。公開する劇場情報

映画『ブレス しあわせの呼吸』は、9月7日(金)角川シネマ有楽町他全国ロードショー。 1950年代に首から下が全身マヒという状態で余命宣告を受けたロビン。そんな彼が妻ダイアナや家族とともに笑顔に満ちた …

ヒューマンドラマ映画

映画『マイ・サンシャイン』あらすじネタバレと感想。ハル・ベリー&ダニエル・クレイグ出演作のタイトルに込められた意味とは

映画『マイ・サンシャイン』は、アメリカ史に刻まれるLA暴動の最中にある、市井に住む普通の家族の生活を描きます。 「007」シリーズでボンドガールを務めたハル・ベリーと、ジェームズ・ボンド役で知られるダ …

ヒューマンドラマ映画

原田美枝子映画『愛を乞うひと』ネタバレあらすじと感想。演技派女優が可能にさせた対照的な性格の母親二役

傷みを伴う過去と、自分の知らない事実と向き合う映画『愛を乞うひと』 幼い時に台湾人で優しい父親を病気で亡くし、その後実母から凄惨な虐待を受けた少女が17歳になったとき、惨めで壮絶な暮らしと母親を捨てて …

ヒューマンドラマ映画

映画『ハートストーン』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

北欧アイスランドの漁村を舞台に、思春期を迎えた幼馴染の少年たちの揺れ動く感情を繊細に描いた青春映画『ハートストーン』は、2017年7月16日より全国順次公開中です。 スポンサーリンク CONTENTS …

ヒューマンドラマ映画

映画『ロケットマン』あらすじネタバレと感想。エルトン・ジョンのただの伝記ではなくミュージカル映画だ!

グラミー賞を5度受賞した世界的ミュージシャン、エルトン・ジョンの映画。 『ロケットマン』は、天才歌手エルトン・ジョンの1950年代から1991年初頭迄を描いたミュージカル映画です。 『キングスマン』の …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP