Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2018/06/20
Update

映画『虹色デイズ』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【佐藤令於、中川大志、高杉真宙、横浜流星】

  • Writer :
  • 村松健太郎

映画『虹色デイズ』は、7月6日(金)より全国公開!

水野美波の同題人気コミックの映画化した。佐藤令於、中川大志、高杉真宙、横浜流星といった若手のホープが揃った男子生徒目線で描く学園ラブストーリー。

また、主題歌はソロプロジェクトを開始したドラゴンアッシュの降谷建志が担当するほか、挿入歌にフジファブリック、阿部真央、Leola、SSUPER BEAVERなどが楽曲を提供し物語を彩っています。

スポンサーリンク

映画『虹色デイズ』の作品情報


(C)2018「虹色デイズ」製作委員会 (C)水野美波/集英社

【公開】
2018年(日本映画)

【原作】
水野美波

【監督】
飯塚健

【キャスト】
佐野玲於、高杉真宙、中川大志、横浜流星、吉川愛、堀田真由、坂東希、滝藤賢一、山田裕貴

【主題歌】
降谷建志

【作品概要】
水野美波原作で集英社「別冊マーガレット」に連載された少女コミックを実写映画化。

恋や友情、将来への不安、何気ない青春の日々を過ごす性格も趣味も全く異なる仲良し男子4人組の「卒業」という4人で過ごせる時間の終わりが近づくにつれ、少しずつ変化し、成長していくという繊細で難しい役どころを4人の若手実力派俳優が見事に演じ切ります。

人気グループ「GENERATIONS from EXILE TRIBE」の佐野玲於がなっちゃん役を演じ、『きょうのキラ君』の中川大志がまっつん役、『散歩する惑星』の高杉真宙がつよぽん役、『キセキ あの日のソビト』の横浜流星が恵ちゃん役を務めます。

演出は『荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE』で知られる飯塚健監督。

映画『虹色デイズ』のキャラクターと配役


(C)2018「虹色デイズ」製作委員会 (C)水野美波/集英社

羽柴夏樹(佐藤玲於)
通称なっちゃん、ピュアすぎる性格をよくいじられる。

松永智也(中川大志)
通称まっつん、生粋のチャラ男で女好き。

直江剛(高杉真宙)
通称つよぽん、オタクで学年屈指の秀才。

片倉恵一(横浜流星)
通称恵ちゃん、ニコニコしながらドS発言を連発する。

小早川杏奈(吉川愛)
なっちゃんが恋する天然タイプの少女。

筒井まり(恒松裕里)
大の男後嫌い、何かとまっつんとぶつかっていく。

浅井幸子(堀田真由)
通称ゆきりん、つよぽんと相思相愛の彼女で趣味も学力も合う。

千葉黎子(坂東希)
通称千葉ちゃんさっぱりした性格で男子4人組とつるむことも。

スポンサーリンク

映画『虹色デイズ』のあらすじとネタバレ


(C)2018「虹色デイズ」製作委員会 (C)水野美波/集英社

高校2年生の春、羽柴夏樹=なっちゃんは同学年の杏奈に恋をしていました。

周りの男友達の松永智也=まっつん、直江剛=つよぽん、片倉恵一=恵ちゃんは、ラインの交換すら出来ないなっちゃんにヤキモキしていました。

それでもなっちゃんは、毎日、自転車を目いっぱいこいでは、電車通学の杏奈が駅につくタイミングに合わせて、駅前で間に合うようにしていました。

なっちゃんの想いは全く進めない上に、杏奈の親友まりの厳重なガードが立ちはだかっていました。

やがて、高校2年生の夏、成績不振のつよぽん以外の面々は補修の日々。

それを口実につよぽんが一計を案じて、杏奈に臨時家庭教師を頼み込見ます。

期せずして距離が近づくなっちゃんと杏奈。つよぽんの東京進学でゆれるつよぽんとゆきりん。

そして必要以上に、杏奈をガードするまりが気になるまっつん。それぞれの関係にちょっとだけ動きが出てきた夏でした…。

以下、『虹色デイズ』ネタバレ・結末の記載がございます。『虹色デイズ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2018「虹色デイズ」製作委員会 (C)水野美波/集英社

高校2年生の秋、お互いの将来を応援し合うことを約束した4人組。

全校球技大会でなっちゃんを密かに応援していた杏奈は、なっちゃんのクラスメイトのサバサバ女子千葉ちゃんと仲良くしているなっちゃんの姿を見て胸のざわつきを感じます。

高校2年生の冬、クリスマスパーティを計画する一同。

そんな中、杏奈はなっちゃんにある相談を持ち掛けます。いつも年末でしっかりとした誕生日パーティーを開けていないまりの誕生日を、クリスマスパーティと一緒にしようというものでした。

ところが、当日、杏奈がほかの面々と、急に仲良くなっていくことにイライラをため込んでいたまりは、その場から走り出していってしまいます。
慌てて追いかける皆。

実はまりは杏奈に友達以上の強い思いを抱いていました。その苦しむ姿を見てまっつんは思わずまりはキスをしてしまいます。

一方、まりを追いかけていたなっちゃんは、実は高熱を隠していて、追いかけているうちに倒れてしまいます。

それを支えた杏奈と思わず口づけを交わしてしまいます。

杏奈は戸惑い、なっちゃんを避けて回るようになりました。実はなっちゃんは熱のせいで、あまりハッキリと覚えていませんでした。どうにもぎこちな空気が流れます。

高3の春。最後の文化祭の季節。なんとか杏奈と学内を回りたいなっちゃん。

しかし、クリスマスの一件以来、杏奈もどこか余所余所しい。おまけにまりのガードが堅いままでした。

頭を抱えるなっちゃんに皆が助け舟を出します。

まっつんは強引にまりを連れまわし、恵ちゃんはわざと杏奈を狙う宣言をしてなっちゃんに焦らせます。

そして、文化祭の当日。プラネタリムで二人きりなったなっちゃんは杏奈にいろいろな誤解を解いて、改めて思いを告げます。

杏奈の答えは決まっていた…。

映画『虹色デイズ』の感想と評価


(C)2018「虹色デイズ」製作委員会 (C)水野美波/集英社

男目線のキラキラ

少女コミック、ライトノベル原作で、10代後半から20代半ばの若手俳優が学生服に身を包み、恋愛劇を繰り広げるこの映画。

俗に“キラキラ”映画と呼ばれるこのジャンルです。

目下、百花繚乱状態で月に何本も映画が公開されている中で公開される本作。

流石に変化球を投げていかないと、流される一方の中で、本作最大の肝は男子目線というところスポーツものなどでもなく、派手にぶつかり合うわけでもないが主役4人の男子の友情をまずは重視しています。

思えば、誰もが実際の学生生活も色恋沙汰と同じくらい、同棲の友人の付き合いは大事なものだったことでしょう。

少しのリアルと少しのファンタジーが入り混じったそんな映画に要注目です。

スポンサーリンク

まとめ

水野美和原作の累計300万部突破の人気少女漫画「虹色デイズ」の実写映画版、“男子高校生の視点で描かれたキラキラ映画”

また、佐藤令於、中川大志、高杉真宙、横浜流星の4人による若手俳優の演技合戦映画の様相でもあります。

佐野玲於×中川大志×高杉真宙×横浜流星 カルテット主演『虹色デイズ』7月6日(金)全国公開!

関連記事

ヒューマンドラマ映画

金子雅和映画『アルビノの木』を含む「監督特集」上映開催!劇場情報も

世界の映画祭で堂々十冠を獲得した金子雅和監督の『アルビノの木』。 本作の凱旋を記念して、劇場初となる処女作を含み、金子監督の短長編9作品を「金子雅和監督特集」と銘打って、4月14日(土)より池袋シネマ …

ヒューマンドラマ映画

映画『チャーチル ノルマンディーの決断』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

映画『チャーチル ノルマンディーの決断』は8月18日(土)より、有楽町スバル座、新宿武蔵野館、ほか全国順次公開中。 ”歴史上最も偉大なイギリス人”と尊敬されている英国首相チャーチルの、ノルマンディー上 …

ヒューマンドラマ映画

『テリーギリアムのドンキホーテ』ネタバレ解説と内容評価。“呪われた映画”は作家自身の鏡写し

「史上最高の文学100選」で1位に輝いた小説を苦節30年を経て映画化 夢に生きる男と現実に生きる男による遍歴の旅を描いた摩訶不思議なロードムービー『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』。 映画製作が長き …

ヒューマンドラマ映画

映画『ラストデイズ』動画無料配信はHulu。あらすじネタバレと感想

パニック・スリラー映画を多く手掛けるダビ・パストールとアレックス・パストールの兄弟監督。 彼らが現代のスペインを舞台に突如蔓延した“ある病気”に翻弄され、ひたすら地下鉄を歩いていく映画『ラスト・デイズ …

ヒューマンドラマ映画

映画『灰とダイヤモンド』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

今でも色褪せないモノクロ映画の世界。ポーランドのジェームズ・ディーンと謳われた、主演のZ・チブルスキーのワイルドさに惹かれます。 時は第二次世界大戦末期、ナチス・ドイツが敗北へと向かう中、ポーランドで …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学