Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2020/05/15
Update

映画『ペイン・アンド・グローリー』感想レビューと評価。ペドロアルモドバル監督が愛したスペインの矜持

  • Writer :
  • 村松健太郎

映画『ペイン・アンド・グローリー』は6月19日(金)TOHOシネマズシャンテ他ロードショー予定

映画『ペイン・アンド・グローリー』は、長年の体調不良もあり引退同然の状態だった映画監督が、自分の32年前の作品に触れることで、かつての輝きを取り戻すまでの姿を描いたペドロ・アルモドバル監督の作品です。

主演は長年タッグを組んで来たアントニオ・バンデラス。アカデミー賞女優のペネロペ・クルスが共演します。

ペドロ・アルモドバル監督は、この作品は、1987年の『欲望の法則』と2004年の『バッド・エデュケーション』に続く3部作になると語っています。

映画『ペイン・アンド・グローリー』劇中では32年前の映画が大きなカギとなりますが、偶然にも、現実世界でも『欲望の法則』から『ペイン・アンド・グローリー』までの間に32年の月日が経っています。

スポンサーリンク

映画『ペイン・アンド・グローリー』の作品情報

(C)El Deseo.

【日本公開】
2020年(スペイン映画)

【原題】
Delor y Gloria

【脚本・監督】
ペドロ・アルモドバル

【キャスト】
アントニオ・バンデラス、アシエル・エチュアンディア、レオナルド・スバラーリャ、ノラ・ナバス、フリエタ・セラーノ、セザール・ヴィセンテ、アシエル・フローレス、ペネロペ・クルス

【作品概要】
『オール・アバウト・マイ・マザー』(1999)『トーク・トゥー・ハー』(2003)のペドロ・アルモドバル監督の作品。第72回カンヌ国際映画祭主演男優賞を受賞し、第92回アカデミー賞でも2部門ノミネートされました。主演は長らくペドロ・アルモドバルとコンビを組み続けるアントニオ・バンデラス。本作でカンヌ映画祭主演男優賞を受賞、初めてのアカデミー賞ノミネートも受けました。共演にはアカデミー賞女優のペネロペ・クルスも。R15作品。

映画『ペイン・アンド・グローリー』のあらすじ

(C)El Deseo.

スペインを代表する映画監督のサルバドールは、引退同然の生活を送っていました。

背中の痛みに膝と肩の炎症、耳鳴りや頭痛などの体調不良を抱えているうえに、4年前の自分の母の死を乗り越えられずにいました。

そんなある日、32年前の作品『風味』が再上映されることなり、サルバドールは主演のアルベルトとティーチインをすることになります。

しかし、サルバドールとアルベルトは、その演技に巡って対立し、プレミア上映の後から絶縁関係にありました。サルバドールは何とか和解しようとアルベルトを訪ねます。

アルベルトは戸惑いを感じながらも彼を迎え入れます。サルバドールはアルベルトの家でヘロインを試し、抱えていた痛みが和らいでいくのを感じます。

サルバドールは幼い頃に母親と暮らし始めた頃のことを思い出していました。数日後、今度はアルベルトがサルバドールを訪ねてきます。

肝心のサルバドールはヘロインで朦朧としている状態です。その時偶然、PCの中にあった『中毒』というタイトルの脚本をみたアルベルトは、これを独り芝居で上演したいとサルバドールに訴えます。

しかし、サルバドールはかたくなに拒みます。ヘロインに溺れるようになったサルバドールは、ティーチイン当日も会場に訪れずにトラブルを起こしてしまいます。

後日、サルバドールはアルベルトへの謝罪の気持ちを込めて『中毒』の上演を認めます。『中毒』はサルバドールの自伝的な物語でした。

『中毒』は1981年の恋人たちのつらく悲しい別れの物語でした。上演された舞台を見ていた男が、サルバドールを訪ねてきます。男の名はフェデリコ。かつて、サルバドールが愛した人でした。

サルバドールとフェデリコは、フェデリコのヘロイン中毒が原因で別れてしまいました。フェデリコはその後、中毒を克服、偶然立ち寄った先でアルベルトの舞台を見ることになりました。

30年以上の時を経て再会するサルバドールとフェデリコ。フェデリコとの再会により、自分がなくした愛の“痛み”(=ペイン)と忘れていた“栄光”(=グローリー)を思い出します。

その後、改めて医師の治療を受けたサルバドールは、ヘロインと決別して新作の準備に入ります。

スポンサーリンク

映画『ペイン・アンド・グローリー』の感想と評価

(C)El Deseo.

映画『ペイン・アンド・グローリー』の主役はアントニオ・バンデラス。彼は、90年代から00年代では『エビータ』(1996)『マスク・オブ・ゾロ』(1998)「デスペラード」シリーズなどのハリウッドアクション・娯楽作品で主役を務めてきました。

ハリウッド作品が多い彼ですが、本作を見るとやはり彼が引き立つのはスペイン映画ではないでしょうか。

彼はペドロ・アルモドバル監督の作品には、ハリウッド進出する直前までに4作品、そして2010年代から3作品に出演しています。

その間に『オール・アバウト・マイ・マザー』(1999)や『トーク・トゥー・ハー』(2003)などで、ペドロ・アルモドバル監督は、一気に国際的な地位を掴みましたが、そこにはアントニオ・バンデラスは不在でした。

コンビ復活となったのはちょうどバンデラスが50代に入った頃で、それまでのギラギラ感がちょっと薄まって、いい具合に枯れてきた時期に重なります。

アルモドバル監督はバンデラスより10歳ほど年上ですが、ここ数作を見ると感性はそのままに円熟味が加わってきた感があります。

“枯れの魅力”が様になってきたアントニオ・バンデラスと円熟味が増してきたペドロ・アルモドバル。2人が本領を発揮するのはこれからかもしれません。

まとめ

(C)El Deseo.

映画監督を主人公にした作品は、たくさんあります。クラシックな名作フェデリコ・フェリーニの『81/2』(1965)やティウ・バートン監督の『エド・ウッド』(1995)、ウディ・アレンの『さよなら、さよならハリウッド』(2002)などなど。

ウディ・アレンでいえば『ミッドナイト・イン・パリ』(2012)は映画脚本家の話です。J・J・エイブラムスのスピルバーグへのラブレターともいえる『SUPER8/スーパー8』(2011)の主人公も8mmカメラを片手に持っています。

最近では故若松孝二監督と若松プロダクションを描いた『止められるか、俺たちを』(2018)がありました。大抵の場合、そこに登場する映画作家は映画監督の自信を投影した存在であることが多いです。

本作『ペイン・アンド・グローリー』の主人公サルバドールにも、ペドロ・アルモドバルの分身といえる部分があります。

そういう意味でも、ペドロ・アルモドバルが気心の知れたアントニオ・バンデラスに主人公を託したのは正解といえるでしょう。

そして、70歳を迎えたペドロ・アルモドバルは、今までの人生と激動のスペインを主人公サルバドールに投影することも忘れていません。

国際的な知名度をどれだけ高めようとも、スペインから離れないペドロ・アルモドバルの矜持を感じます。

映画『ペイン・アンド・グローリー』は6月19日(金)TOHOシネマズシャンテ他ロードショー予定





関連記事

ヒューマンドラマ映画

笠松将映画『このまちで暮らせば』あらすじとキャスト。公開される劇場は

映画『このまちで暮らせば』は、2018年7月14日(土)より、新宿K’scinemaにて1週間限定ロードショー。 熊本県にある林業の町・南小国町を舞台に、親子の絆と人々が未来に向かって歩む姿を、たくま …

ヒューマンドラマ映画

映画『マイ・エンジェル』あらすじネタバレと感想。マリオン・コティヤールが母親役を熱演!

愛し方が分からない母と、ただ愛されたい娘。 母娘の傷つきながら育まれる愛の物語。 美しい海辺の街、南仏コート・ダジュール。きらびやかな街の片隅に、取り残された母娘はお互いを必要としながらも、傷つくこと …

ヒューマンドラマ映画

映画『家族を想うとき』あらすじネタバレと感想。ケンローチ監督が描いた労働者階級の誠実さが集約した「警官の発する言葉」とは

安定した職業について家族を守るはずだったのに・・・。 イギリスの名匠ケン・ローチが、新自由主義が生み出した現代社会の歪みとその渦中で翻弄される家族の姿を描いた映画『家族を想うとき』が2019年12月1 …

ヒューマンドラマ映画

ベルルスコーニ映画『LORO 欲望のイタリア』感想とレビュー評価。政治家の半生をコミカルで豪華絢爛な大作に昇華

映画『LORO 欲望のイタリア』は2019年11月15日(金)より、Bunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国ロードショー! 政局が混乱し短命の首相が次々誕生するイタリア政界 …

ヒューマンドラマ映画

映画『マルクス・エンゲルス』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【共産党宣言の誕生】

2018年はカール・マルクス生誕から200年を迎え、映画『マルクス・エンゲルス』は、岩波ホールほか全国順次公開。 19世紀を代表する革命的な名著『資本論』を著したカール・マルクス。 フリードリッヒ・エ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学