Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

『ヘルドッグス 』映画ネタバレ原作あらすじと結末の感想評価。岡田准一主演で描く‟地獄の犬”の潜入捜査官を通じて深町秋生の世界観を昇華!

  • Writer :
  • 星野しげみ

小説『ヘルドッグス 地獄の犬たち』が映画化され、2022年9月16日(金)より全国公開!

デビュー作『果てしなき渇き』で2004年の『このミステリーがすごい!』大賞を受賞した深町秋生。その後、『果てしなき渇き』は2014年に『渇き。』として映画化されました。

続く映画化第2弾は、警官がヤクザの世界に潜入捜査する物語『ヘルドッグス 地獄の犬たち』。本作は、2022年9月16日(金)より全国公開となります。


(C)2022「ヘルドッグス」製作委員会

腕っぷしひとつでヤクザ組織に潜入し、のし上がる元警官・兼高昭吾。兼高は、愛する人が殺される事件を止められなかったというトラウマを抱え、復讐にのみ生きる男です。

その狂犬ぶりに目をつけた警察組織から、ヤクザ組織への潜入という危険なミッションを強要されます。もと警官という身分がばれないよう、兼高は人一倍凶悪かつ冷酷なヤクザになりきります。心の痛みを隠して……。

小説『ヘルドッグス 地獄の犬たち』を原田眞人監督が岡田准一を主演に迎え、バイオレンスアクションにまとめあげました。

映画『ヘルドッグス』公開に先駆けて、小説『ヘルドッグス 地獄の犬たち』をネタバレ有りでご紹介します。

スポンサーリンク

小説『ヘルドッグス 地獄の犬たち』の主な登場人物

【兼高昭吾(本名・出月梧郎)】
警視庁の潜入捜査官として暴力団・東鞘会に潜入し若頭補佐の地位に就きます。

【室岡秀喜】
兼高の弟分。特異な家庭環境で育ったため、食欲旺盛で無慈悲な暴力にも抵抗のないシリアルキラー。

【阿内将】
兼高の上司。同僚の十朱に、幼馴染でもあった警官・木羽を殺され、十朱と東鞘会を壊滅させることに執念を燃やします。

【十朱義孝(本名・是安総)】
元潜入捜査官。警察を裏切り、現在は東鞘会七代目会長としてグループのトップに君臨しています。

【衣笠典子】
腕の良いマッサージ師。息子をヤクザに惨殺され、恨みをはらすため警察に情報提供を行う、阿内と兼高の仲介役もこなす。兼高を息子のように思っています。

小説『ヘルドッグス 地獄の犬たち』のあらすじとネタバレ


深町秋生『ヘルドッグス 地獄の犬たち』(角川書店、2017)

沖縄に潜伏していたヤクザの喜納修三が何者かに惨殺されました。犯人は、東鞘会系神津組若頭補佐の兼高昭吾とその弟分の室岡秀喜です。

兼高昭吾は、東鞘会系神津組若頭補佐ですが、実は潜入捜査官。

本名は出月梧郎と言い、組体部特捜隊の隊長阿内将に命じられ、東鞘会会長十朱義孝への接近を試みています。

ターゲットの十朱は、かつては兼高と同じく潜入捜査官でしたが、暴力団のトップとして生きる道を見出し、上司の木羽保明を裏切り、上司の木羽を自殺にみせかけて殺害しました。

警視庁を揺るがす“秘密”を握っている十朱。そのために彼は今日まで消されもせず、警察も東鞘会に手出しが出来ない状況にあります。

5年前。東鞘会五代目会長氏家必勝が肝硬変により獄中死しました。

関東最大の暴力団・東鞘会は、後継者問題で六代目会長に任命された神津太一と必勝の実息子で和鞘連合を結成した氏家勝一が対立。

その後、神津太一は、和鞘連合組員に撃ち殺されました。

東鞘会トップの神津を殺害した和鞘連合でしたが、神津太一の片腕だった十朱義孝と「東鞘会三羽ガラス」と呼ばれた 土岐勉、 大前田忠治、 熊沢伸雄が中心となって、反撃を計画します。

東鞘会は若手に武器を握らせ幹部を襲撃することはせず、暴力に長けた組員を海外に派遣し、民間軍事施設で特殊訓練を受けさせていました。

さらに盗聴器、GPS、小型カメラを駆使し、警視庁が設置しているNシステム、防犯カメラを把握したうえで和鞘連合幹部を消した。

警察は、犯人逮捕のため捜査を開始しましたが、死体や凶器を見つけることができません。力を失った和鞘連合は崩壊し、会長の氏家勝一はメキシコに逃亡しました。

和鞘連合がなくなり沖縄に潜伏していた喜納修三が、兼高と室岡により惨殺されます。この手柄により、兼高は神津組のなかでその存在を圧倒的なものにしました。

警察の命令ではあるものの、これまで両手では足りない位の人間を殺してきた兼高は苦悩しています。

少年時代に犯罪により命を落とした初恋の相手の復讐を誓い、悪を嫌悪してきた兼高だっただけに、何食わぬ顔で人の命を奪うのはとても辛いこと。

そんな兼高が唯一、心許せる場所が池端リラクゼーションサロンでした。

ここで施術する衣笠典子は、かつて息子を惨殺したヤクザが許せず、極道のところへ出張マッサージを行っては情報を得て、阿内に提供していました。

衣笠は、阿内と兼高の仲介役。兼高を死んだ息子のように思ってくれています。兼高が本来の出月梧郎に戻れる唯一の心休まる場所だったのです。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ヘルドッグス 地獄の犬たち』ネタバレ・結末の記載がございます。『ヘルドッグス 地獄の犬たち』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

そんな時、海外に逃亡していた勝一が怪しい動きをしているという情報が、神津組組長土岐の耳に入ってきました。

すぐに土岐は兼高を呼びよせ、 十朱の護衛の一人として任命。

ついに十朱と接触する機会ができた兼高ですが、すぐに行動すると十朱にバレるとして、阿内は兼高を制止しました。

しばらくすると、勝一から雇われた殺し屋が東鞘会に襲撃しました。相手はヤクザではなく、特殊訓練を積んだ軍人崩れであったため、組員たちは苦戦します。

兼高らは十朱の命をなんとか守りましたが、三羽ガラスの一人熊沢伸雄をはじめ、多くの犠牲者がでました。

実は勝一に情報を与え、十朱暗殺を手助けしていたのは、兼高の上司で警察官の阿内将でした。勝一を動かしていたのが警察だと知った東鞘会は、阿内とその家族を拉致しました。

阿内や家族まで危害がおよぶと知った兼高は、内心穏やかではありません。ですが、心を鬼にして阿内に暴行を加えました。

惨めな姿で横たわる阿内は、「今度は娘の番だ」という脅しに負け、神津組若頭・三國俊也が自分の持ちアパートに氏家勝一を匿っていると自供。

仲間である三國が裏切者だったと知らされ、組長の土岐をはじめ組員たちは動揺をかくせません。

しかし、これは阿内の策略でした。阿内はわざと自分を拉致させ、迫真の演技で三國のアパートまで東鞘会をおびき寄せたのです。

東鞘会の組員が到着すると、待っていたのは殺し屋とマシンガンを持った勝一でした。

そこで三國は、自分は潔白だと証明するため、命をかけて土岐を守ります。土岐は、三國がシロだったことを知り、血にまみれた身体を抱きしめます。

土岐も撃たれて倒れそうになるなか、勝一が兼高を撃たなかったことを見て、兼高が警官だったことに気づきます。

「まさか…お前がな。イヌめ!あの阿内っていう警官はとんでもねぇ奴だな」

その言葉を最後に兼高は土岐にトドメを刺しました。

息を引き取った土岐を前にたたずむ兼高に、勝一は「さぁこの勢いで 十朱の首を獲るぞ!東鞘会潰しのためなら警察がいくらでも援助してくれる」と、親しげに話しかけます。

勝一は警察のコマに過ぎませんでした。兼高は「お前はここまでだ」と勝一を射殺。

その後、何も知らない十朱は、親分殺しの裏切者として絶縁し、自分を支えてくれた土岐の死に落胆しました。

そんな時、兼高は最近様子のおかしい弟分の室岡秀喜から食事に誘われました。特異な環境で育った室岡は、根っからのサイコキラーですが、兼高に懐いていました。

兼高も、一緒に修羅場をくぐってきた室岡を仲間として認識しています。

室岡は、食事をしながら突然「兄貴…俺の前から消えろ!海外に逃げろ!」と言いました。

三國は生前、面白く思わない兼高の弱みを握ってやろうと、独自に調査して兼高が警察と通じていることを知ります。

そして、その事実を室岡にこっそり教えていたのです。

自分を始末をせずに見逃してくれようとする室岡に兼高は心が痛みますが、自分が警察官だと告白。

そして、兼高は室岡を殺し「おれは終わりだ。これから秘密を奪いとる」と阿内にメッセージを残した。

兼高は、警視庁が恐れるデータは、十朱が信頼していた土岐の内縁の妻の店にあると予想。店に到着すると、そこに十朱が待ち構えていました。

室岡の様子から兼高が警察官ということに気づいていた十朱に、兼高は「是安さん」と呼びかけます。

十朱は「なつかしい名前だ。おれのもとに来い。おまわりさん」と言い、兼高に自分と同じように極道の世界へ来いと誘います。

かつて十朱は東鞘会の三羽ガラスに殺される覚悟で、 自分は警察官で警視庁と手を切ると打ち明けました。冷酷な警察よりも、 血の通った極道の方を選んだのです。

その証として、東鞘会の指揮を執り、十朱を操っていた上司の木羽の家族を拉致し、木羽も殺害しました。それによって十朱の気持ちが本物だと認めた土岐たちは、暴力性とカリスマ性を備えた十朱をトップに君臨させたのです。

その背景には、警察の弱みを知る十朱がいる限り、警察は東鞘会に手出しが出来なくなるというメリットもありました。

事情を察した兼高ですが、十朱の誘いを受けても、「おれには任務をやり抜くしかない」と断りました。

十朱は組員と共に、兼高を拉致して殺そうとしますが、そこへ阿内の乗った車がつっこんできました。

銃撃戦が勃発。瀕死の重傷を負った阿内ですが十朱を撃ち殺します。そして、「兄貴(木内)。仇はとったぜ」と言って、息を引き取りました。

生き残った兼高は、無事に警察組織に十朱の秘密が詰まったSDカードを渡します。

任務を終えた兼高は、本当の‟出月梧郎”に戻りましたが、こっそり十朱が持っていた秘密のデータを添付したメールを各報道機関に送りました。

秘密を報道機関に流せば、警察と極道の両方を裏切るということになり、またしても地獄への道が待っているのは確実です。

十朱、土岐、室岡、阿内と、罪を犯した者は死をもって裁かれました。

出月は、今度は自分の番だと覚悟を決めていました。

スポンサーリンク

小説『ヘルドッグス 地獄の犬たち』の感想と評価

小説の兼高昭吾はヤクザも恐れおののくほど、かなり熾烈で冷酷な男。その印象は、人の命を奪うことを何とも思っていないようです。

ですが、実は彼の胸中はいつも真逆である正義心と闘って苦しんでいました。本職は警官である兼高は、潜入捜査というミッションのため、あくまで素性を隠して別人になりきっていたのです。

その秘密は地獄の底まで持っていかなければならないほど重大なもの機密のなかでも最も重要な極秘に分類されるもので、本当の家族のようにかわいがっている弟分の室岡にも知れてはならないことでした。

ストーリーが展開するにつれ、暴力団組織を裏切り警察も裏切り、自分の生き様を見極めた兼高の複雑な心境は想像を絶します。まさに地獄へ落ちた境遇と言えます。

ここで、注目したいのは、兼高のターゲットである十朱も元潜入捜査官ということでしょう。

なぜ潜入捜査官がそのまま暴力団のボスになってしまうのか。

義理人情で繋がる縦社会の暴力団に対して、権力と命令で内部をしきる警察。似ているようで似ていませんが、下っ端からすれば同じような境遇と言えるのではないでしょうか。

どちらも上層部からの命令には逆らえません。しかし家庭的に不幸な者たちは、義理人情にアツい暴力団のヤクザに家族愛を見出す者も多く、そこに潜入捜査官であった十朱も魅かれたのかも知れません。

その‟心境の揺らぎ”は、十朱確保をミッションとする兼高にもいえます。

無事にミッションを終了した兼高ですが、ヤクザであったためにいくつかの罪を犯しているのは隠しようのない事実です。

お役目が終了しても果たして以前の「出月梧郎」に戻れるのかどうか、気になるところです。

問題となるミッションの幕引きは、本当の‟出月梧郎”として彼が自分で決めます。最後の最後に「人間」としての行動を問われるラストでした。

映画『ヘルドッグス』の見どころ

映画『ヘルドッグス』は、暴力団VS警察の果てしなき戦いを描いた、深町秋生の小説『ヘルドッグス 地獄の犬たち』を原作としています。

『クライマーズ・ハイ』(2008)『日本のいちばん長い日』(2015)『関ヶ原』(2017)『検察側の罪人』(2018)の原田眞人が映画化しました。

多くの話題作を手掛ける原田監督が、『関ヶ原』(2017)『燃えよ剣』(2021)に続きタッグ3度目となる岡田准一を呼び寄せ、血みどろの抗争劇と地獄絵図のような刑事の苦悩を描き出します。

ザ・ファブル』(2019)『ザ・ファブル2』(2021)などでアクションに定評のある岡田准一は、殺人も躊躇なくこなすダークな役どころを哀憐の混ざった表情で演じ切ることでしょう。

一方、兼高の弟分となる室岡も、冷酷で腕っぷしの強いヤクザですが、人一倍岡田を慕っています。

岡田演じる兼高に憧れを抱く室岡には、坂口健太郎。今回の役どころは、これまでの『今夜、ロマンス劇場で』(2018)、『余命10年』(2022)などとはガラリと異なります。

ですが、強くて影のあるクレイジーな室岡を演じ切り、新たな坂口健太郎の魅力を見せてくれるに違いありません。

ヤクザの東鞘会最強コンビになりつつある兼高・室岡。演じる岡田准一と坂口健太郎の息の合ったコンビぶりに注目です。

スポンサーリンク

映画『ヘルドッグス』の作品情報


(C)2022「ヘルドッグス」製作委員会

【公開】
2022年(日本映画)

【原作】
深町秋生「ヘルドッグス 地獄の犬たち」(角川文庫/KADOKAWA刊)

【脚本・監督】
原田眞人

【キャスト】
岡田准一、坂口健太郎

まとめ

深町秋生小説映画化2作目となる『ヘルドッグス 地獄の犬たち』をネタバレ有りでご紹介しました。

歪にゆがんだ性犯罪の裏をグロテスクに描いた、深町秋生のデビュー作『果てしなき渇き』は、2014年に小松菜奈と役所広司で『渇き。』として映画化されています。

『ヘルドッグス』というタイトルで映画化される本作も、アクション描写などは半端なくグロテスクです。

けれども、そのなかでも、使命を全うし自分の進むべき道を極める主人公の心の葛藤は、人としてあるべき姿を問いかけています

原田監督と岡田准一のバディで描かれる、ヤクザVS警察、社会の裏事情と葛藤する兼高の自分とのバトル。岡田准一扮する汚れ役が見ものです。

映画『ヘルドッグス』は、2022年9月16日(金)より全国公開!







関連記事

アクション映画

『オーバーエベレスト』ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。アクション映画で役所広司らしい演技力を魅せる

ヒマラヤ救助隊が、世界を揺るがす陰謀を阻止するアクション映画 ユー・フェイが脚本・監督を務めた初の映画監督作品であり、2019年製作の日本・中国合作のスペクタクル・エンターテインメント・アクション映画 …

アクション映画

映画『ハンターキラー 潜航せよ』あらすじネタバレと感想。潜水艦作品の新たな傑作!

ジェラルド・バトラー主演の潜水艦アクション大作! 『エンド・オブ・ホワイトハウス』(2013)、『ザ・アウトロー』(2018)のジェラルド・バトラー主演の『ハンターキラー 潜航せよ』が、2019年4月 …

アクション映画

【ネタバレ感想】ミッションインポッシブル/フォールアウトのラスト結末は

トム・クルーズ主演の大人気シリーズ「ミッション:インポッシブル」。 ビルの谷間を飛ぶ撮影現場で左足の骨折したニューズが流れ、多くのトムのファンが肝を冷やしたことでも知られた『ミッション:インポッシブル …

アクション映画

インディジョーンズ/最後の聖戦|ネタバレ結末あらすじとラスト感想考察。キャストのハリソンフォードが魅せる聖杯探索の冒険とアクション!

アクションアドベンチャー映画の金字塔「インディ・ジョーンズ」シリーズ第3作。 スティーヴン・スピルバーグが監督を務めた、1989年製作のアメリカのアクションアドベンチャー映画『インディ・ジョーンズ/最 …

アクション映画

映画ミッドウェイ(2020)考察|太平洋戦争の真実を描く海戦描写と見どころ必見3点を深堀り紹介!

映画『ミッドウェイ』は2020年9月11日(金)より、TOHOシネマズ日比谷他全国ロードショー 太平洋戦争の転機となった激戦、ミッドウェイ海戦。何度も映画化された題材です。 その戦いを開戦前から真珠湾 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学