Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アニメ映画

Entry 2018/08/23
Update

『猫の恩返し』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【ジブリ映画】

  • Writer :
  • かきぴー

2002年公開のスタジオジブリ制作映画といえば、『猫の恩返し』。ですが名前しか知らないという方も多いのではないでしょうか

今回はスタジオジブリの作り出した傑作の1つである今作を、紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

映画『猫の恩返し』の作品情報

【公開】
2002年公開(日本映画)

【監督】
森田宏幸

【キャスト】
池脇千鶴、袴田吉彦、前田亜季、山田孝之、佐藤仁美、佐戸井けん太、濱田マリナトル、渡辺哲、斉藤洋介、岡江久美子、丹波哲郎、大泉洋、安田顕

【作品概要】
女子高生の吉岡ハルは高校からの帰り道、トラックに轢かれそうになった猫を助けたことから、不思議な出来事に巻き込まれます。

声優には山田孝之さんや、大泉洋さんなど現在大活躍中の俳優が沢山登場していいるので、ファンの方はどのキャラを担当しているのか注目しても面白いと思います。

監督は森田宏幸さんで、代表作にはアニメ『ぼくらの』の監督や、様々な絵コンテを担当されています。受賞した賞には、第20回ゴールデングロス賞最優秀金賞などがあります

映画『猫の恩返し』のあらすじとネタバレ

女子高生の吉岡ハルは、ある日の放課後に親友のひろみと帰りました。

帰り道でトラックに轢かれそうになっている猫を助けると、礼を言って2本足で歩きどこかへ行ってしましました。

歩いていった猫は猫の王子「ルーン」だったのです。

ルーンを助けた夜、ハルは母親から猫のエピソードを聞かされます。

猫王たちはその夜、ハルにお礼を届けたいと言います。

翌日、家の庭には猫じゃらしやマタタビ、ネズミなど猫が喜びそうなものばかりでした。

ハルに猫が大量についてくるようになりました。そんな中ハルの好きな人である「町田」が、彼女と歩いている所を目撃してしまいます。

その後、猫王の家来である「ナトル」がハルの元へ来ます。贈り物が嬉しくない旨を告げると猫の国へと招待されました。

猫王はハルをルーンの妃にしようとしていることを告げるが、ハルはナトルのことを引き止めるが夜に来ると去ります。

頭の中に響く声が、「猫の事務所を探し、白い大きな猫が教えてくれる。」と教えてくれました。

帰り道にハルは、白い大きな猫「ムタ」に出会って、小さな「猫の事務所」へと誘われました。

そこには、猫の男爵「バロン」と心を持つガーゴイル「トト」と出会います。

ムタが言うには猫の国は自分を見失うから、見失わないようにと注意しました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『猫の恩返し』ネタバレ・結末の記載がございます。『猫の恩返し』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

その後、事務所でナトル率いる集団に連れ去られてしまいます。

ルーンと結婚させられたハルは、猫耳としっぽとヒゲが生えて遂には、猫になってしまいます。

猫の国の宴会に嫌々参加していたハルは、仮面の被ったバロンに助けられます。

白猫の「ユキ」の手引きで脱出したハルは、塔の頂上へと向かいますが、途中で下半分を崩壊され追い詰められます。

帰ってきたルーンと、ユキによってハルは助けられます。ユキは昔、ハルに助けられたことに加えてルーンと結婚すると告げます。

諦めきれない猫王は、ハルを自分のものにしようとするが断られてしまう。

怒った国王は、バロンに勝負を挑みます。勝利したのはバロンでしたが、崩壊しつつある塔から人間界へと戻ろうとしたハルは、空へと放り出されてしまいます。

そこへバロンや、トトの率いるカラスたちによって何とか人間界へ帰りました。

バロンを異性として意識していたハルは、学校でバロンへと告白します。

バロンは困りながら、また事件があったら訪ねてくれと言ってその場を去りました。

スポンサーリンク

映画『猫の恩返し』の感想と評価

スタジオジブリといえば宮崎駿駿監督ですが、実は他に映画を作成していて、今作はそのうちの1つです。

『猫の恩返し』は、とてもスッキリしていて見ていて気持ちよく見れる映画です。

主人公が猫の国へ行く理由や、猫たちの気持ちは余り描かれないので感情移入はしにくいですが、その分童話やメルヘン的な要素が描かれています。

また作品内には明確に悪い、という概念もなく優しい登場人物で成り立っている点でも後味の良さに繋がっていると思います。

良い意味で子供向きの作品であり、同じスタジオジブリでは『となりのトトロ』に近いのではないかと感じられるかもしれません。

まとめ

今回はスタジオジブリの名作『猫の恩返し』を紹介しました。

『猫の恩返し』ではバロンが困っているハルを助けたり、大活躍で人気です。ですが、実はバロンだけではなく、他のキャラにも目を向けると優しいキャラで構成されていることに気づくでしょう。

今作は最近いいことがなくて疲れている方や、癒やしがほしい方におすすめしたい一作です。

時間も1時間ちょっとと短く、サクッと見れます。猫が好きな方は、所狭しに出てくる大量の猫たちを見て癒やされることでしょう。

関連記事

アニメ映画

ピクサー映画『リメンバー・ミー』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

アカデミー長編アニメーション賞を受賞したディズニー/ピクサー最新作! 明るくカラフルな“死者の国”を舞台に描かれる感動のファンタジー・アドベンチャー。 3月16日(金)より公開中の『リメンバー・ミー』 …

アニメ映画

デート・ア・バレット後編|ネタバレ感想。ナイトメア・オア・クイーンの結末のあらすじ。白の女王を相手に美少女準精霊の闘いを描く

美少女の準精霊たちの死闘を描いたアニメの後編をご紹介 橘公司のライトノベル『デート・ア・ライブ』のスピンオフ小説、『デート・ア・バレット』をアニメ化した前後編の後編『デート・ア・バレット ナイトメア・ …

アニメ映画

映画キミコエ(NOA/三森すずこ)試写会鑑賞券プレゼント!あらすじも

“コトダマって、あるんだよ。”  映画『きみの声をとどけたい』の8月25日(金)公開を記念して、試写会&劇場鑑賞券をプレゼントがはじまりました。 今回は映画キミコエの試写会&劇場鑑 …

アニメ映画

メアリと魔女の花ガーデンサンドカフェ渋谷にオープン!メニューは何がある?

大ヒット上映中の米林宏昌監督最新作『メアリと魔女の花』公開記念して、「ガーデンサンドカフェ」が期間限定で8月4日(金)にオープン! 魔女の国をイメージした店内装飾や、映画をイメージしたオリジナルメニュ …

アニメ映画

『劇場版 幼女戦記』感想と評価。音響監督・岩浪美和の極上音響や爆音へのこだわりとは

2017年に放送されたテレビシリーズの続編を描いた『劇場版 幼女戦記』 『劇場版 幼女戦記』は公開一ヶ月で全国的に拡大公開となる快進撃を続け、トークショー付き上映会、応援上映、4DXでの上映拡大と、ま …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学