Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アニメーション

Entry 2022/01/06
Update

千と千尋の神隠し|ネタバレ考察結末と感想あらすじ評価。ハクの正体と魅力を最後まで宮崎駿が描く代表作

  • Writer :
  • 星野しげみ

日本古来の神々がユニークな姿で登場する『千と千尋の神隠し』

宮崎駿監督の代表作の一つでもある『千と千尋の神隠し』。

10歳の千尋は、引っ越しの途中で異世界に迷い込みます。そこでブタにされた両親を助けようと、千尋はその世界を牛耳る湯婆婆の元で働きはじめます。

作画監督の安藤雅司、美術監督の武重洋二、音楽の久石譲など、宮崎アニメの常連が結集して出来上がった本作は、2002年、2003年と数多くの映画賞を受賞し、宮崎駿アニメの代表作となりました。

その人気の秘密を探るべく、映画『千と千尋の神隠し』をネタバレありでご紹介します。

スポンサーリンク

映画『千と千尋の神隠し』の作品情報


(C)2001 Studio Ghibli・NDDTM

【公開】
2001年(日本映画)

【原作・脚本・監督】
宮崎駿

【作画】
安藤雅司

【美術】
武重洋二

【音楽】
久石譲

【声のキャスト】
千尋(柊瑠美)、ハク(入野自由)、湯婆婆/銭婆(夏木マリ)、お父さん(内藤剛志)、お母さん(沢口靖子)、青蛙(我修院達也)、坊(神木隆之介)、リン(玉井夕海)、番台蛙(大泉洋)、河の神(はやし・こば)、釜爺(菅原文太)

【作品概要】
異世界に迷い込んだ10歳の少女がブタにされた両親を助けようと奮闘する物語。原作・脚本・監督は人気アニメを多数手がける宮崎駿です。

宮崎駿監督は本作で、第25回日本アカデミー賞(2002年)作品賞受賞し、監督自身も第52回ベルリン国際映画祭(2002年)金熊賞を受賞しました。

翌年の第75回アカデミー賞の長編アニメーション賞受賞をはじめ、国内でも第5回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞(今敏監督の「千年女優」と同時受賞)や、第6回アニメーション神戸作品賞ほか受賞も多数。

映画『千と千尋の神隠し』あらすじとネタバレ


(C)2001 Studio Ghibli・NDDTM

10歳の千尋は、両親と共に引越し先のニュータウンへと向かう途中、森の中の奇妙なトンネルから通じる無人の街へ迷い込みました。

そこは観たことのないような建物の立ち並ぶ町で、テーマパークの跡地じゃないかと父は言います。

街の怪しい雰囲気に怯える千尋をよそに、探検気分の両親は食べ物が並ぶ無人の飲食店を見つけ、店員が来たら金を払えばいいと勝手に食べ始めました。

「美味しいから、千尋も食べなさい」と言う両親の誘いを断り、一人で街を散策していた千尋は、宮司のような衣服を身に付けた少年と出会います。

彼から強い口調で「すぐに戻れ」と言われたため、千尋は飲食店に戻って両親を探しますが、店では両親の服を着た大きなブタが二匹、食べ物を食い散らかしているだけでした。

両親の服を着たブタが店員らしき影のお化けにムチ打たれて倒れるのを目撃した千尋は、恐怖のあまりその場から逃げ出します。

千尋は来た道を戻ろうとしますが、大河で塞がれていました。おまけに河の向こうから来た船から怪物のような者たちが降りてくるのを目にしたことで、これは悪い夢だと思い込みます。

悪い夢が消えることを願って自分が消えてしそうになりましたが、さっき出会った少年に助けられました。少年はハクと名乗りました。

ハクは、八百万の神々が客として集う「油屋」という名の湯屋で働いていると言います。

油屋の主人は、相手の名を奪って支配する恐ろしい魔女の湯婆婆で、仕事を持たない者は動物に変えられてしまうと千尋に教えました。

千尋はブタになってしまった両親をなんとか助けようと、自分を雇ってくれるよう湯婆婆に頼み込みます。契約の際に名を奪われ「千」と新たに名付けられ、油屋で働くことになりました。

ハクは、本当の名前を忘れると元の世界に戻れなくなると忠告します。ハクもまた名を奪われ、自分が何者であったのかを思い出せずにいたのです。

しかし、彼はなぜか千尋を知っており、自分の名前は忘れても千尋のことは覚えているのだと言います。一方、千尋にはハクの正体に心当たりがありません。

油屋で働き始めた千尋ですが、彼女は人間であるため油屋の使用人たちから疎まれ、強烈な異臭を放つ汚い客の相手まで押しつけられます。

しかし彼女のまじめな働きにより、その客から大量の砂金が店にもたらされ、千尋は不思議な団子をもらいました。

高い位の神が油屋のおもてなしを調査していたようでした。大満足で帰ったその客をみて湯婆婆は千尋を褒め称え、他の使用人も千尋を見直します。

翌日、ハクは湯婆婆の言いつけにより、彼女と対立している双子の姉の銭婆から、魔女の契約印を盗みだそうとします。しかし、強力な魔力を持つ銭婆はハクに魔法で重傷を負わせ、湯婆婆の息子である坊もネズミに変えてしまいました。

千尋は、不思議な団子を半分にちぎり、ハクに飲ませて助けましたが、ハクは衰弱したままです。ハクを助けたい一心で、千尋は危険を顧みず、銭婆のところへ謝りに行くことを決意します。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『千と千尋の神隠し』ネタバレ・結末の記載がございます。『千と千尋の神隠し』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2001 Studio Ghibli・NDDTM

そのころ油屋では、カオナシという化け物が使用人を飲み込み、「千尋を出せ」と騒いでいました。

カオナシは千尋から親切にされたことがあり、金や食べ物で千尋の気を引こうとしますが、彼女が興味を示さないため困惑し、また、自身の存在を受け入れられなかったことで激怒します。

千尋は不思議な団子の残りの半分をカオナシに飲ませて使用人たちを吐き出させ、彼らを救出しました。

その後、急いで銭婆の元へ行くため、油屋の湯を焚いている釜爺から列車の切符を受け取り、油屋からカオナシを誘い出します。

そして、なぜかついてきたネズミに変えられた坊を伴って、銭婆の家へ向かいました。

海のような大河を走る列車に乗って、やっとたどり着いた銭婆の家。

銭婆は千尋を穏やかに受け入れ、千尋は銭婆に判子を返却しハクの行いを謝罪し、銭婆は千尋に旅の仲間と協力して人力で編んだ紫の髪留めを贈ります。

一方、意識を取り戻したハクは、坊が銭婆の元へ行っていることを湯婆婆に伝えました。

ハクは、坊を連れ戻すことを条件に千尋と両親を解放するよう迫り、帰る手段のなかった千尋を白龍の姿で迎えにいきました。

ハクは銭婆から許しを得て、千尋と共に油屋への帰路につきます。

その途中で、千尋は自分が幼い頃に落ちた「川」がハクの正体であることに気づきました。

ハクは、溺れそうになった千尋を浅瀬に運び助けたのです。千尋が「あなたの名前はコハク川」と告げたことで、ハクは自分の名前を取り戻しました。

朝になり、臨時休業をしている油屋に帰ったハクたち。ハクは、千尋と両親を解放するよう湯婆婆に要求しました。

使用人たちも今は千尋の味方であるためハクに賛同。味方がいなくなり不機嫌になる湯婆婆は、油屋の前に集めた数頭のブタの中から両親を言い当てろと千尋に言いました。

千尋はブタたちを真剣に見つめていましたが、「この中に両親はいない」と宣言。見事な「大当たり」!

湯婆婆の目論見は外れ、契約書が消滅したことで千尋は晴れて自由の身となりました。使用人たちに祝福されながら、千尋は油屋を去ることに……。

お父さんとお母さんは先に行っていると言われ、異世界と人間界の境界に辿り着くと、以前は大河と化していた帰り道が大草原に戻っていました。

見送りに来たハクは千尋に、この先には一人で行くこと、この先の帰り道で振り返ってはいけないこと、湯婆婆の弟子をやめて、自分も元の世界に戻るつもりであることを伝え、再会を約束して別れました。

トンネルを出るまでは振り返ってはいけないというハクの言い付けを守り、大草原を歩き続けると、人間に戻った両親がトンネルの前で何事もなかったかのように待っていました。

思わず振り返りそうになるのを必死に我慢し、千尋はトンネルを抜けて元の世界に戻りました。

スポンサーリンク

映画『千と千尋の神隠し』感想と評価


(C)2001 Studio Ghibli・NDDTM

2つの欲望

宮崎アニメ『千と千尋の神隠し』は、神々が癒しを求めに来る異世界へ迷い込んだ10歳の千尋の物語です。

神々の休憩所として存在するこの世界では、人間は働かなければ動物にされてしまうといいます。日本古来の偉い神様のために一生懸命に働く人々がいるのですが、人の持つ欲望が大きな役割をしています。

まず1つ目の欲は、食欲です。

千尋の両親は、神様の捧げるための食べ物を黙って食べてしまったので、その罰としてブタにされてしまいました。

町に漂うお化けの不気味な雰囲気を察した千尋は、最初からこの町に足を踏み入れたくありませんでした。

けれども、千尋の父と母は、そんな千尋の様子を気にも留めずにさっさと町の中を歩き、挙句の果てに、お店においてある食べ物を手当たり次第に食べ出します。

そして、醜く肥え太ったブタに変貌した両親は、千尋の目の前で、影のお化けにムチで打たれて悶絶。千尋ならずとも悲鳴をあげたくなるほど怖い場面です。

がつがつと食べものを貪り食う意地汚さも見事に演出され、その後に待っている怖ろしい罰にゾッとします。食べる欲と書いて食欲ですが、これもやはり人の欲望の一つと言えます。

2つ目の欲は、物欲

千尋を慕うカオナシが何とか自分を認めてもらおうと、魔法を使って金貨を一杯用意し、湯屋の使用人たちにばらまきます。

使用人たちはお大臣さまがいらしたと、大もてなし。孤独なカオナシが求めていたのは、千尋の優しさだったのですが、千尋は目の前に金貨を山ほど積まれても、少しも嬉しそうな顔をしません。

その欲のなさは何故なのか、さっぱりわからないカオナシは次第にじれてきます。

千尋が本当に欲しいものは、お金では買えません。お金や物に対する物欲は限りないものですが、両親を助けようとする健気な千尋の想いは、物欲よりも深いものだったのです。

食欲に負けてブタにされた千尋の両親物欲に負けずに両親を助けようとする千尋

物語は2つの欲を上手く取り上げて、さらに奥深いものへ進んで行きます

自分を忘れないこと


(C)2001 Studio Ghibli・NDDTM

異世界に迷い込み、何も分からない千尋にいろいろと助けを出すのは不思議な少年ハクでした。

湯婆婆から千という名前を与えられた千尋ですが、ハクは「本当の名前を忘れると元の世界に戻れなくなる」と忠告します。

自分の名前を忘れないこと。これは自分が何者であるかということを忘れないでいろと言うことではないでしょうか。

いかなる状況においても、自分という存在をしっかり意識していれば、苦難も乗り越えられるという教訓と思えます。

自分の名前を忘れていたハクですが、千尋のおかげで本当の名前を思い出します。千尋が幼い頃溺れかけた川の精だということも記憶に蘇りました。

自分自身を忘れないこと。これは生きるうえでとても大切なことなのです。そして、神、或いは人を敬うという謙虚な心も忘れてはいけません。

ファンタジックな美しい映像には、宮崎監督からのメッセージ性の高い教訓も秘められています。

また、鬼のような湯婆婆が自分の息子の坊にはとても甘いのも見逃せません。過保護な母の愛も一つの欲望と言え、とても人間っぽく描かれた湯婆婆に親近感が湧いてきます。

神様の癒し処で働いているのも関わらず。油屋の使用人たちの持つ人間っぽさも、ユニークに描かれた『千と千尋の神隠し』。

何歳になっても何度見ても、惹きつけられる本作の魅力は、こんなところにもあるのではないでしょうか。

まとめ


(C)2001 Studio Ghibli・NDDTM

ミステリーでもサスペンスでもないのに、なぜか最後までハラハラしながら見てしまう映画『千と千尋の神隠し』をご紹介しました。

神様のお供えものを食べてしまったためにブタにされた両親を、千尋は苦難を乗り越えて無事に助け出すことができました。

千尋が与えられた過酷な試練を乗り越えられたのは、親を助けたいと思う気持と友人たちへの優しさがあったから

10歳の少女が試練に打ち勝ち、無事に元の世界へ帰れた結末にホッと胸をなでおろします。

ストーリーもさることながら、湯婆婆と銭婆に命を吹き込む夏木マリをはじめ、坊に神木隆之介、番台蛙の大泉洋、釜爺の菅原文太と、キャストの声をつかさどる声優陣も素晴らしい。

大冒険をおえて願いを達成でした千尋に、拍手喝采を送りたくなることでしょう。

関連記事

アニメーション

映画『羅小黒戦記ロシャオヘイセンキ』ネタバレ感想と考察評価。吹き替え声優の演技力がおすすめの劇場版アニメ【ぼくが選ぶ未来】

映画『羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ) ぼくが選ぶ未来』は2020年11月7日より公開。 中国で2011年から配信がスタートしたWEBアニメシリーズ「羅小黒戦記」。人気が上昇し続け、中国アニメを代表す …

アニメーション

映画『銀河英雄伝説(2019)第1章』あらすじネタバレと感想。スペースオペラは世代を超えて楽しめる!

『銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱』第一章が2019年9月27日に公開されました。 人気作家田中芳樹の代表作『銀河英雄伝説』。 2018年4月、新作アニメーションとして『銀河英雄伝説 …

アニメーション

バケモノの子|あらすじネタバレと結末の感想評価。細田守がアニメで師弟関係から生まれた“新しい家族の絆”を描く

王道のストーリーに練りこまれたリアルで壮大な世界観 映画『バケモノの子』は、渋谷の街とバケモノたちが住まう渋天街という2つの世界を交錯させながら、バケモノと少年の師弟関係や疑似家族の中で生まれる唯一無 …

アニメーション

【ネタバレ】劇場版ソードアートオンライン-プログレッシブ- 星なき夜のアリア|あらすじ感想結末と評価解説。声優松岡禎丞と戸松遥がアニメに命を吹き込む

「SAO」シリーズの原作者自らがリブートした小説をアニメ映画化! 河野亜矢子が監督を務めた、2021年製作の日本の大人気アニメーション映画『劇場版ソードアート・オンライン -プログレッシブ-星なき夜の …

アニメーション

『ゲド戦記』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。映画監督 宮崎吾朗はアレンを通して若者の鬱屈と不安を描く

宮崎駿監督のの長男である宮崎吾郎が初監督を務めた『ゲド戦記』 アーシュラ・K・ル=グウィン原作ファンタジーをアニメ映画化した作品では、エンラッドの王子アレンの声の出演を務めたのは、V6のメンバーであり …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学