Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アニメ映画

映画『ソウルフル・ワールド』ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。アニメで深く考えさせる内容は大人のための“人生のきらめき”

  • Writer :
  • 山田あゆみ

ピート・ドクター監督のファンタジーアドベンチャー映画『ソウルフル・ワールド』。

映画『ソウルフル・ワールド』は、Disney+で2020年12月25日から配信開始したディズニー&ピクサーによる長編アニメーション作品です。

元々は映画館で公開予定でしたが、2020年のコロナウイルス感染拡大により、現在Disney+の配信のみで視聴可能となっています。

映画や音楽などカルチャーに造詣が深いことでも知られているアメリカのオバマ元大統領の2020年お気に入り映画に選出されたことでも、注目を集めた作品です。

スポンサーリンク

映画『ソウルフル・ワールド』の作品情報


(C)2020 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

【公開】
2020年

【原題】
Soul

【監督】
ピート・ドクター

【キャスト】
ジェイミー・フォックス、ティナ・フェイ、グレアム・ノートン、レイチェル・ハウス、アリシー・ブラガ、リチャード・アイオアディ、フィリシア・ラシャド、ドネル・ローリングス、クエストラブ、アンジェラ・バセット、マーゴ・ホール、ダビード・ディグス、ローデッサ・ジョーンズ、ウェス・ステューディ、サキナ・ジャフリー

【作品概要】
監督のピート・ドクターは、『カールじいさんの空飛ぶ家』(2009)と『インサイド・ヘッド』(2015)でアカデミー賞長編アニメーションを受賞しています。

過去には、ピクサーの初長編作品である『トイストーリー』(1995)に原案、アニメーターとして参加し、スタジオジブリの『ハウルの動く城』の英語版演出も担当している有能な技術者です。

日本版の吹き替えでは、ジョーを担当したのが浜野謙太。ファンクバンド「在日ファンク」のリーダー兼ボーカルです。俳優としても活躍しており、映画『婚前特急』で第33回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞しています。

22番の声を担当したのが川栄李奈。2015年にアイドルグループAKB48を卒業したのち女優として目覚ましい活躍を見せています。出演作は映画『亜人』(2017)、『センセイ君主』(2018)、『恋のしずく』(2018)、『ステップ』(2020)など。声優としては『KUBO クボ二本の弦の秘密』(2016)、『きみと、波にのれたら』(2019)でその才能を示しています

映画『ソウルフル・ワールド』のあらすじとネタバレ

(C)2020 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

セブンティ中学で生徒たちに音楽を教える非常勤講師のジョーは、昔父親と一緒にジャズクラブに行って以来すっかりジャズの虜になりました。

非常勤講師から常勤の正式採用の話があり、母親は「やっと音楽で暮らしていけるじゃない」と喜んでいましたが、ジャズミュージシャンの夢を捨てきれないジョーは戸惑っていました。

そこへ元生徒のカーリーからドロシア・ウィリアムズとのバンド演奏に参加しないかと誘いの電話がかかってきます。

バンドメンバーが蒸発したため代理の参加でした。プロサックス奏者のドロシアにその腕を認められたジョーは、今夜の7時に良いスーツを着てライブに参加するように言われます。

ドロシアに認められて、やっとジャズミュージシャンになる夢が叶ったと有頂天のジョーは街中を電話をしながら歩いていました。周りを見ずに歩いていたせいで、ぽっかりと開いたマンホールの穴に落ちてしまいました。

目が覚めると体は小さくなり、水色の丸いフォルムに。宇宙のような空間で死後の世界に繋がる道の上にいました。そこで出会った同じような形をした人たちは、どんどん死後の世界へと吸い込まれていきます。

どうしても今夜のライブに行きたいジョーは、その道から飛び出して下へとどんどん落ちていきます。

辿り着いた先は、「生前の世界」で、たくさんのソウル(生まれる前の魂)たちとメンター(指導者)がいる空間でした。

カウンセラーのジェリーはジョーの話を聞いて、ジョーと何人かのソウルを連れてユーセミナーへ向かいました。

「興奮しやすい館」「愛想なしの館」などがあり、ソウルたちはそこでそれぞれの性格が決まるようになっています。

地上へはポータルを通って向かいます。ポータルを通って地上に降りるには通行証が必要なので、ジョーはそのままでは地上に戻ることが出来ません。

計算係のテリーが魂の数が合わないとジェリーに伝えにきます。自分で解決するためにカルテを確認しに向かったテリーでした。

ジョーはメンターのふりをしてユーセミナーに参加しました。ソウルにひとりひとりの「きらめき」を見つけるのがメンターの役目。すべての性格の要素を集め、通行書(バッジ)を完成させたら地上へと降りることが出来ます。

ひとりのソウルにメンターがひとりずつ割り当てられます。

メンターはいかに地上の人生がすばらしいかを伝えるために自分の人生を見せることができます。

ジョーは児童心理学者のメンターになりすましてソウル22番とペアになりました。

マザー・テレサ、マリー・アントワネット、モハメド・アリら偉人が過去にメンターを務めたものの、誰ひとりとして22番の「きらめき」を見つけることはできませんでした。ひねくれもので厄介なソウルです。

ジョーのみじめな人生を見た22番は、なぜジョーが地上に戻りたいのかわかりませんでした。

味覚も嗅覚も触覚もない世界。22番のきらめきを見つけたら、地上への通行書をもらって生き返れると分かったジョーは、万物の殿堂へと向かいます。

スポーツや科学文学など何を試しても22番のきらめきは見つかりません。

22番はジョーを「肉体と精神の間=ゾーン」へと連れていきます。人間が何かに集中したときに入りこむ世界のことです。

そこで22番はジョーにムーンウィンドを紹介します。ムーンウィンドは、地上で集中している状態でゾーン入っています。不安や強迫観念に駆られて魂を失ってしまった人間を、仲間たちと一緒に救っていました。

ムーンウィンドの協力で地上の病室で眠っているジョーを見つけることが出来ました。

ジョーは慌てて体に戻ろうとしたせいで一緒にいた猫の体に戻ってしまい、ジョーの体に22番が入ってしまいました。

地上でムーンウィンドを見つけて魂を戻そうと決めたふたりは病院から抜け出し、ニューヨークの町を歩き回ります。

初めての現実世界の音や痛みに怯える22番(ジョーの体)に、ジョー(猫の体)はピザを食べさせます。初めての美味しさを感じた22番はすっかり気に入りました。

ムーンウィンドの元へ辿り着いたふたり。地上と宇宙の間に薄い地点ができた瞬間でないとふたりをもとの体には戻せないと言われます。その日の6時半に店で会う約束をして一度家に戻ることにしました。

そんな時、道端でばったりドロシアと遭遇してしまい、院内衣を着てピザを食べている姿を見られてしまいます。

家に着いたふたりの元へカーリーから電話がかかってきます。ジョーの姿を見て不審がったドロシアは別の人にライブの代役を頼んでしまいました。

しかし、ジョーの実力を信じているカーリーは自分がなんとかするから、ばっちりスーツできめて早めにライブへ来るよう言ってくれたのでした。

そこへジョーの教え子がやってきます。彼女はトロンボーンをやめると言って楽器を返しに来ました。しかし、彼女は22番に演奏を聞いてもらうと、やはり楽器を続けようと決めて帰っていきました。

口では意味がないと言っていても好きだからやめられないのです。その様子を見た22番は自分も地上で自分のきらめきを探すことにします。

一方生前の世界では、テリーがついに数が合わない理由がジョーだと突き止めていました。テリーは自分で解決すると言って地上へ降りていきます。

ジョーは髪の毛を整えに行きつけの床屋へ向かいました。床屋のデズとはいつもジャスの話だけしていました。しかし22番は人生の生きる意味について話しはじめます。床屋のほかの客もその話にくぎ付けになっていました。

デズも自分の身の上話をはじめます。海軍を除隊したら獣医になる夢があったのですが娘が病気をして学費の安い美容師にの資格を取っていたのです。

夢をあきらめたけれど床屋として人を幸せにすることに喜びを感じていると語ってくれました。22番がジャス以外の話をしてくれてデズは喜んでいました。

テリーはジョーを探してニューヨークへやってきていました。建物や陰に姿を隠して街中を動き回ります。一方ジョーはスーツのおしりが破けてしまい、地下鉄に乗って母親がやっている仕立て屋に向かいます。

ライブに参加することがばれてしまい母親は不機嫌でした。教員の正規採用を望んでいたからです。

ジョーは母親に正直な気持ちを話します。母親は、夫が音楽の夢を追いかけられたのは自分が働いていたからで、生活ができないと意味がないと話します。

しかしジョーは、ジャズは自分の生きている意味だからどうしてもライブには参加したいのだと切に伝えました。

はじめて正直に話したことで理解してくれた母親は、夫のスーツをジョー用に仕立て直して着せてくれました。上質なスーツを着たジョーはムーンウィンドのもとに向かいます。

以下、『ソウルフル・ワールド』ネタバレ・結末の記載がございます。『ソウルフル・ワールド』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

風で落ち葉が揺れるさま、あたたかな日の光、親子の仲睦まじい姿を見ていた22番は地上の素晴らしさを噛みしめます。

空を見たり道を歩くことで自分のきらめきが見つかるかもしれないと気づき、地上に残りたがります。そんなとき遂にテリーに見つかって、ふたりは生前の世界に連れ戻されてしまいました。

生前の世界に戻ると、22番のバッジの枠が埋まり、通行書になっていました。ジェリーは22番を地上へ見送るようジョーを向かわせます。

納得がいかないジョーは22番に怒りをぶつけます。自分の人生を追体験したからきらめきを感じただけで22番はなにも見つけられていないと。22番は落ち込んで通行書をジョーに投げつけてゾーンに向かってしまいました。

その通行書を持って地上に戻ったジョーはライブに参加します。素晴らしい演奏をして拍手喝采を浴びたジョー。ドロシアからも称賛されました。

しかしライブが終わってみて、夢が叶ったのに冷静な自分に気が付きます。もっと興奮するかと思ったのに終わってみるとそこに大きな喜びはなかったのです。

ゆっくりと自分の生活を振り返るジョーは、自分のきらめきはジャズをすることではなく日々の生活の中にあったのだと気づきます。

ピアノを弾いてゾーンに入ったジョーはムーンウィンドと一緒に22番を探します。22番は迷える魂になってしまっていました。

22番を追いかけて話をします。22番は自分には生きる目的がなく価値もないと心を閉ざしていました。

そんな22番にジョーは「きらめきは目的じゃなく、生きる準備ができたときに枠(通行書の最後の枠)は埋まるのだ、君は生まれていい」と伝え、通行書を22番に渡します。

そして一緒に手をつなぎ地上へと向かいました。ジョーは途中で22番を見送ります。

あの世へと向かう道に戻ったジョー。ジェリーが現れ、魂を指導する者としてジョーに教えられたと感謝を伝えます。そして、もう一度地上に戻るチャンスを与えてくれました。

ジョーは、一瞬一瞬を大切に生きると決めました。

スポンサーリンク

映画『ソウルフル・ワールド』の感想と評価


(C)2020 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

本作『ソウルフル・ワールド』はアニメーションながら、大人向けの哲学的な作品です。特に人生で何かに悩み、つまずき迷っている人にこそ刺さる内容になっています。

ジョーは22番と一緒に行動しながら、当たり前のように過ごしていた生活自体が自分のきらめきだったのだと気づきます。

きらめきは目的や生きる意味じゃなく、心が喜ぶ瞬間を感じて生きることだったのです。家族と過ごす瞬間、美味しいものを食べる瞬間、生徒のために何かを教える瞬間、全てが自分の大切な瞬間でした。

なぜ、その大切さにいつの間にか気づかなくなってしまうのでしょうか。それは、心の余裕がなくなってしまっているからです。

例えば、ネット上で人と人が簡単に繋がれる現代ではSNSで手軽に自己表現ができます。いつの間にか、SNS上での評価が自分そのものの価値だと思い、自分を見失う人もいるでしょう。

また、ノルマや業務をこなすためだけの仕事に毎日打ち込み、自分の喜びに気づけなくなってしまう人もいます。

他者からの評価ややるべきことに追われて、いつの間にか疲れ切った心を抱えた人たちは精神を病んでいきます。それは、自分の大切な瞬間に気づく余裕がなくなっているからです。

作中では、行きつけの床屋で初めて身の上話をしたときに周りのひとの知らなかった一面を知ることで主人公は喜びを感じます。
また、母親ときちんと向きあって正直に話せたときに心が通じ合う幸せを感じました。

そんな他者との交流の中で自分自身に向きあうこともできるのだと本作は教えてくれます。

自分の殻や思い込みにとらわれ過ぎず、余裕を持った素直な心でまわりを見回してみる。そうすると人生は違った風に見えてくるのかもしれません。

心に感じた幸福をひとつひとつ大切にして生きていくことの素晴らしさを教えてくれる作品です。

まとめ


(C)2020 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

映画『ソウルフル・ワールド』は、アカデミー賞長編アニメーションを受賞したピート・ドクター監督が手掛けた作品ですので、本作を見た後は『カールじいさんの空飛ぶ家』(2009)や『インサイド・ヘッド』(2015)などの名作も、また観たくなることは間違いありません。

本作は、大人のための人生のきらめきを教えてくれる作品。「Disney+」配信なので、映画館で観ることが出来ずにとても残念です。

自宅でいつでもクオリティ高い作品が観れるというのはとても贅沢ですが、映画館でもこんなゴージャスな気分を味わってみたいものです。


関連記事

アニメ映画

映画サイコパス2期(2019)ネタバレ感想と結末までのあらすじ【PSYCHO-PASS Sinners of the System Case.2】

『Case.2 First Guardian』は2019年2月15日(金)ロードショー 人気SFアニメシリーズ『PSYCHO-PASS サイコパス』の新プロジェクト『PSYCHO-PASS Sinne …

アニメ映画

【アナ雪続編】主題歌と挿入歌の歌手&歌詞紹介!日本語訳や解説も

3月16日(金)より全国でロードショーされるピクサー作品『リメンバー・ミー』と同時公開の「アナ雪」シリーズの待望のスピンオフムービー『アナと雪の女王 家族の思い出』。 22分間の短編アニメ『アナと雪の …

アニメ映画

映画『リメンバー・ミー』あらすじとキャスト。声優吹き替え一覧も

ディズニー/ピクサー最新作! 明るくカラフルな“死者の国”を舞台に描かれる感動のファンタジー・アドベンチャー。 3月16日(金)より公開の『リメンバー・ミー』をご紹介します。 スポンサーリンク CON …

アニメ映画

Netflix映画『生きのびるために』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。“物語の持つ力”は現実を生きる勇気となる

Netflix映画『ブレッドウィナー/生きのびるために』配信中 タリバン政権下のアフガニスタンで暮らす、ある家族を描いた長編アニメーション映画。 2001年のアフガニスタン、両親と姉、幼い弟と暮らす少 …

アニメ映画

映画『未来のミライ』あらすじとキャスト。細田守監督のプロフィールも

カンヌ国際映画祭でも絶賛された、細田守監督の長編第5弾!『未来のミライ』2018年7月20日(金)公開! 現代と未来を舞台に、実生活が反映された細田監督ならでは家族像が描かれています。 そして、スタジ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学