Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アニメーション

Entry 2017/03/01
Update

映画『カールじいさんの空飛ぶ家』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

  • Writer :
  • yuki_0410

妻を亡くしたおじいさんと偶然居合わせた少年、そして不思議な犬ダグと共に、約束を果たす冒険が始まる。

人生の素晴らしさを教えてくれる、そんな心温まる作品『カールじいさんの空飛ぶ家』のご紹介です。

スポンサーリンク

映画『カールじいさんの空飛ぶ家』の作品情報

【公開】
2009年

【原題】
Up

【監督】
ピート・ドクター

【キャスト】
声英語版/日本語版
エドワード・アズナー/飯塚昭三(カール・フレドリクセン)
ジョーダン・ナガイ/立川大樹(ラッセル・キム)
ボブ・ピーターソン/松本保典、大塚芳忠(ダグ、アルファ)
クリストファー・プラマー/大木民夫(チャールズ・マンツ)

【作品概要】
監督はあの『モンスターズ・インク』のピート・ドクター。

ディズニーが贈る、ピクサースタジオ10作目の話題作です。

第82回 アカデミー賞(2010年)
長編アニメーション賞、作曲賞受賞

第67回 ゴールデングローブ賞(2010年)
最優秀作曲賞、最優秀長編アニメーション映画賞受賞

映画『カールじいさんの空飛ぶ家』のあらすじとネタバレ

冒険家チャールズ・マンツは飛行船アドベンチャー号で前人未到の地、南アメリカの秘境パラダイスの滝から怪物の骨を持ち帰ってきます。

しかし世間から骨が偽物だと非難され、マンツは怪物を生きたまま捕まえるため再び旅に出たのでした。

少年カール・フレドリクセンはそんなマンツの大ファンです。
廃墟で偶然にも、冒険が大好きでとても活発な少女エリーと出会います。

エリーとカールはお互いがマンツの大ファンである事からとても仲良くなり、一緒にパラダイスの滝へ冒険しに行く事を約束するのでした。

時は流れ、青年となったカールはエリーと結婚します。

出会いの場である廃墟をリフォームし2人はそこで仲良く暮らし始めます。

幸せな中、エリーはカールとの子供を授かりますが、産む事ができませんでした。

悲しみにくれるエリーを見たカールは少年の頃に約束したパラダイスの滝への冒険を思い出し、再び夢を叶える為2人で貯金を始めます。

しかし、事故や家の修理などで貯めては使うを繰り返すうちに2人は歳をとり、だんだんと冒険の話も忘れていきます。

おじいさんになったカールは部屋の掃除をしている最中、ふと冒険の事を思い出し、エリーを喜ばせてあげようと旅行の計画をたてました。

そんな矢先エリーは病に倒れて亡くなってしまいます。

1人となったカールは、もともと物静かだった性格もあり、すっかり頑固で寂しい老人へとなってしまいました。

家の周りではすっかり開発が進み、残るはもうカールの家しかありません。

開発業者はカールの家を買い取る為に彼を老人ホームへと入れたがっていますが、なかなか応じてくれません。

そんなある日、自然探検隊と名乗るボーイスカウトの少年、ラッセル・キムが現れバッチを集めるためにカール宅を訪れました。バッチをコンプリートし上級隊員になるには、老人の手伝いをしたというバッチが必要な為、カールの元へ来たのです。

カールはなかなか帰らずしつこいキムに、お願いと称した変な用を押し付けその場から追っ払います。

やっとひと段落したと思ったカールですが、その場にいた開発工事員の1人と揉めてしまい相手にケガをさせてしまいます。

悪気のない事故でしたが、その一件がきっかけでカールは危険人物とみなされてしまい老人ホームへの入居がきまってしまいます。

エリーとの思い出が沢山つまった家をどうしても手放したくなかったカールは、エリーとの冒険の約束を今度こそ果たそう決意し、なんと家に大量のバルーンを取り付け、空飛ぶ家としてそのまま冒険の旅へと出かけてしまうのでした。

家が雲の上まで上がりのんびりとしていたカールは、追っ払ったはずだったキムが家に張り付いていた事に気づきます。

仕方なく家に招き入れたカールですが、運の悪い事に積乱雲の中につっこんでしまいそのまま家は流されてしまいました。
嵐が過ぎ去った頃に目がさめると、なんと家はパラダイスの滝の近くまで来ていました。

しかし、バルーンがいくつか割れてしまい高度が急激に下がっている家は不安定になり、2人は外へ落ちてしまいます。
浮いている家に戻れない2人は、家と繋がっているホースを引っ張りながら、徒歩でパラダイスの滝まで家を運ぶ事にしました。

歩いている途中で、キムとカールは人間よりも大きな鳥と、翻訳機を付けた喋る犬に出会います。

キムは大きな鳥にケビンと名付けるとそのまま懐いてしまい、カール達に着いてくるようになります。

喋る犬ダグも、どうやらこの大きな鳥を追っていたようで、彼までこの旅について来てしましました。

翌朝、ケビンが自分の子供達の元へ行ってしまった為突然いなくなった事に悲しむキムでしたが、ケビンを追っていた他の喋る犬達に遭遇し、彼らに侵入者だと誤解されご主人様の元へ連行されてしまいます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『カールじいさんの空飛ぶ家』ネタバレ・結末の記載がございます。『カールじいさんの空飛ぶ家』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

恐る恐る着いて行くキムとカールでしたが、喋る犬達のご主人様はなんとあのチャールズ・マンツでした。
大ファンだったカールはとても喜び、誤解だと理解したマンツもカール達を厚くもてなします。

様々な冒険話を聞いていると、マンツは名誉回復の為大きな怪物を未だ追っており、その為に今まで邪魔していた他の冒険者達皆を葬ってきていた事が発覚します。

大きな怪物があのケビンだと気付いたカールとキムは、マンツの元から逃げようとしますが、カール達の元に戻って来たケビンを見て手柄を横取りする気だと勘違いしたマンツは彼らを犬達に追わせます。

どうにか逃げ切れたカール達ですが、ケビンはケガを負ってしまいます。

キムはケビンを子供達の元に返したいとカールに願いますが、カールは空飛ぶ家が落ちそうになっている事に気が気じゃありません。落ちてしまってはパラダイスの滝まで運ぶ事がもう不可能になってしまうからです。

キムの為に仕方なく協力するカールですが、追いついたマンツの邪魔により家のバルーンが大幅になくなってしまいます。

ケビンはマンツに連れ去られてしまい、家ももう落ちてしまいそうです。
パラダイスの滝までどうにか家を運びたいカールは焦りと不安からキム達を無視して進み、とうとう家をパラダイスの滝へ運ぶ事に成功しました。

ケビンを守ってくれなかったカールに失望したケビンは、バッチを投げ捨ててどこかへ行ってしまいます。

カールは家の中へ戻りエリーとの約束を果たした事に想いを馳せます。
そして主人の居ない彼女の椅子を見て、失っていた大切な事に気づきキムを探しに外へ出てみると、なんとバルーンの一部を外しケビンの元へと飛び立ってしまっていました。

キムを追うべく、大切な家具をいくつか捨てて家を軽くし再び空へ飛び立たせたカールはキムの元に向かいます。

ケビンを連れて飛行船アドベンチャー号で街へ戻ろうとしているマンツは、飛行船に侵入してきたカール達と戦います。

どうにかキムと協力してケビン達を飛行船から家に連れ戻したカールですが、マンツの邪魔により家のバルーンを沢山割られてしまい今にも地面へと落ちてしまいそうな状態に。

マンツに追い詰められ危機的な状況で、カールはエリーとの大切な家を捨ててキム達を救います。

ケビンを子供達の元へと帰したカールとキムは、マンツの飛行船で街へと戻ります。

キムはお年寄りを助けたバッチを受け取り上級隊員へと昇格し、カールと仲良く過ごすのでした。

地面へと落ちてしまっていたカールの家でしたが、パラダイスの滝へとたどり着きそこでひっそりと佇むのでした。

スポンサーリンク

映画『カールじいさんの空飛ぶ家』の感想と評価

最初の導入部分10分程度でカールじいさんの人生をほぼ描いていくのですが、そのお陰でその後の展開全てをカールじいさんと同じ視点で見る事が出来るので、彼のちょっとした表情の動きや行動一つ一つに心が大きく動かされます。

同監督作品『モンスターズ・インク』でも小さな少女との出会いがサリーとマイクの心を動かしていきますが、今作でも少年との出会いが頑なで寂しい老人の人生を変えていく姿にはとても感動しました。

またカールじいさんの少年時代から老後を描いている事もあり、敵側にあたるマンツにも同じだけの時間が流れています。
その分彼が傷つき、苦しみもがき、狂気の沙汰に出てしまった事も充分に想像できるところに、なんとも言えない悲しさが湧き上がってきます。

そしてヒューマンドラマの側面がある一方、実は大部分が冒険活劇でもある作品な為、非常にテンポがいいです。

おじいさんのエリーへの想いに感動したり、喋る犬ダグやその仲間の犬のやりとりに笑ったり、マンツとの最後の戦いにはハラハラするほどの臨場感があったり、きちんとメリハリのある作りになっています。

何と言っても映像のスケール感がすごく、無数のバルーンが家と共に空に飛び立つ姿や雲の上で静かに浮いている姿は息を呑むほど美しい映像でした。

まとめ

観終わったあとは心温まる気持ちになります。
ディズニーではお馴染みの他作品のキャラクターが隠れミッキーのごとく出てくるので、それを探すのも楽しいですね。

子供から大人まで楽しめる作品ではありますが、大切な人がいる大人の方へ、ほっこりとした気持ちになりたい方へ、そんな人にオススメな映画です。

関連記事

アニメーション

NETFLIX映画『泣きたい私は猫をかぶる』ネタバレあらすじと感想。 仮面を手に入れたことで“自分自身”と向き合える

NETFLIX映画『泣きたい私は猫をかぶる』 森見登美彦の小説をアニメ映画化した『ペンギン・ハイウェイ』(2018)が話題となったアニメ制作会社スタジオコロリド。 新型コロナウイルスの影響によって様々 …

アニメーション

映画『ガルパン最終章第3話』ネタバレ感想と結末評価レビュー。シリーズ最後のテーマ“成長”と“変革”の今後を探る

戦車を操る女子高生が対戦する人気アニメ「ガールズ&パンツァー」のOVA「最終章」の第3話劇場公開! 2017年、大人気アニメシリーズ「ガールズ&パンツァー」の最終章と銘打ち、全6話構成での公開を前提に …

アニメーション

アニメ映画『マジンガーZ/INFINITY』あらすじと声優キャスト一覧

伝説のアニメ『マジンガーZ』が永井豪画業50周年に超復活!! 平和を取り戻してから10年後のストーリー、またここから新たな伝説が始まります。 2018年1月13日公開『マジンガーZ / INFINIT …

アニメーション

竜とそばかすの姫 ネタバレ考察|ジャスティンの正体はあの人?竜のオリジンやすずとの関係性から徹底解説

謎に包まれた偽りの正義の使者「ジャスティン」の正体とは? 細田守監督による映画『竜とそばかすの姫』(2021)ではインターネット上の仮想空間「U」を舞台に、世界中の人々に愛される歌姫「ベル」となった主 …

アニメーション

アニメ『イノセンス』ネタバレあらすじ解説と結末の感想考察。人形と人間の違いの意味がわからない不明を詳細に紐解く

美麗なアニメーションと独特のセンスで全世界から評価を受けた第2作 NETFLIXオリジナル作品として製作された連続アニメ『攻殻機動隊 SAC_2045』のシーズン1を編集した『攻殻機動隊 SAC_20 …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学