Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アニメーション

Entry 2019/11/22
Update

映画『アナと雪の女王2』ネタバレあらすじと感想。評判のミュージカルは前作よりもさらに進化

  • Writer :
  • 黒井猫

エルサの魔法のルーツから始まる大冒険と、進化したファンタジーミュージカル

2019年11月22日より日米同時公開された映画『アナと雪の女王2』

世界中で社会現象を巻き起こし、日本でも2014年3月に公開されると、大ヒットしたディズニーアニメ『アナと雪の女王』の続編です。

前作では「真実の愛は恐れよりも強いもの」というテーマを中心に、“家族の絆の強さと相手を思いやる気持ちの大切さ”を描いていました。

続編となる『アナと雪の女王2』では、どのようなテーマが展開されていくのか。今回は『アナと雪の女王2』の魅力をご紹介させていただきます。

映画『アナと雪の女王2』の作品情報


(C)2019 Disney. All Rights Reserved.

【公開】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
Frozen 2

【監督】
クリス・バック、ジェニファー・リー

【キャスト】
イディナ・メンゼル、クリステン・ベル、ジョシュ・ギャッド、ジョナサン・グロフ、エバン・レイチェル・ウッド、スターリング・K・ブラウン

【日本語吹き替えのキャスト】
松たか子、神田沙也加、武内駿輔、原慎一郎、吉田羊

【作品概要】
脚本はジェニファー・リーとアリソン・シュローダー、音楽は前作に引き続きクリストフ・ベックが務めています。

また、前作で楽曲提供を引き受けたクリステン・アンダーソン=ロペス、ロバート・ロペス夫妻が本作でも新曲『イントゥ・ジ・アンノウン〜心のままに』を書き下ろし、日本版では中元みずきさんが担当しています。

映画『アナと雪の女王2』のあらすじとネタバレ


(C)2019 Disney. All Rights Reserved.

幼い頃、アナとエルサは眠る前に父のアグナル国王から昔話を聞いていました。

その内容は、祖父ルナード国王の時代、北方に住むノーサルドラの民との平和の象徴にルナードは国同士を結ぶためのダムを建設しました。

しかし祝宴の席で争いが起こり、この戦いに怒った精霊たちによって人々は霧の壁に包まれ、魔法の国に閉じ込められました。

まだ幼かったアグナル国王は、謎の少女に命を救われたという内容でした。

その話に夢中になり、続きを聞きたがるアナとエルサに母のイドゥナ王妃は子守唄に伝説の川アートハランの歌を聞かせます。

現在のアレンデールに話は戻り、女王となったエルザとアナは幸せな日々を送っていました。クリストフはアナに婚約を申し込もうと計画を立て、オラフは時は流れていくものだがいつまでもこの幸せが続いてほしいと言っていました。

ある日、エルサにだけ不思議な歌声が聞こえます。歌声に困惑しているエルザを見て、アナは異変に気付きます。

その夜、エルサは城を出て歌声に応えるよう魔法を使います。すると突然、北方から閃光が上がり、アレンデールの街を天変地異が襲います。

人々がフィヨルドの上の崖に避難したところに、トロールの長老パビーが現れ、「古代の魔法が目覚めた。精霊を鎮めるためには、過去の過ちを清算しなければならない。」と注意を施します。

エルサ、アナ、クリストフ、スヴェン、オラフは北方の地ノーサルドラの魔法の森を目指して旅に出ます。やがて霧の壁に行き当たり、エルザの魔法で霧の中に入ると、そこは魔法の森でした。

侵入者に気づいた風の精霊ゲイルは竜巻を起こし、エルサたちを襲います。エルサが反撃すると、風に舞い上がった雪は固まり、若き日のアグナル王子と少女の彫刻になります。

そこへ、霧に閉じ込められていたノーサルドラの民とアレンデールの兵士がやってきます。その中の一人が父の護衛だったマティアス中尉であることにアナは気付きます。

エルサの魔法の力にノーサルドラの民とアレンデールの兵士は驚き口論になりますが、そこに火の精霊によって火事が起こり、大混乱になります。

エルサは魔法で火の精霊を鎮めると、その正体はサラマンダーでした。戻ってきたノーサルドラの民とアレンデールの兵士は、アグナル王子と少女の彫刻、アナの持っていたショールをみて、アナとエルサの母親イドゥナはノーサルドラの民であることを知り、団結します。

夜になると地の精霊アースジャイアントが動き出し、危険なので夜明けまでキャンプを張ることになります。

そこでノーサルドラの民の一人ハニーマリンからショールの模様は4つの精霊のシンボルと、人と精霊の架け橋となる5番目のシンボルであることを聞きます。

一方で、クリストフはアナに告白しようとノーサルドラ流のプロポーズの仕方を聞いて、花畑でアナを待っていました。

そこにエルサの魔法の力に引き寄せられたアースジャイアントがやってきます。エルサは自分がいると周りに迷惑がかかると言い、謎を解くためアナとオラフと共に先に急ぎます。クリストフとスヴェンは置いていかれます。

エルサ一行は北へ向かうと難破船を見つけます。その船はかつて二人の両親が乗っていた船でした。

船の中を調べると、両親がエルサの魔法の謎を解くためダーク・シーの先にある、過去の全てを知る川アランハートに向かったことを知ります。

自分のために両親が亡くなったと考えたエルサは打ちひしがれますが、アランハートに行く決心をします。

アランハートへの道が危険なものであると悟ったエルサはアナとオラフを氷のボートに乗せ、遠くへ押し流します。

アナとオラフを乗せたボートは川を流れ、アースジャイアントの眠る谷へと流れ着きます。なんとかアースジャイアントを起こさずやり過ごしますが、出口のない「失われた洞窟」へと迷い込みます。

一方エルサはダーク・シーに到着し、なんとか海を越えようとしていました。荒れ狂う波を凍らせようと奮闘しますが押し返されてしまいます。

何度も挑戦しているエルサの前に、水の精霊ノックが馬の姿をして襲いかかってきます。激しい闘いの末、エルサはノックの背に乗りダーク・シーを乗り越えアランハートへと辿り着きます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『アナと雪の女王2』ネタバレ・結末の記載がございます。『アナと雪の女王2』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


(C)2019 Disney. All Rights Reserved.

アランハートに辿り着いたエルサは先に進み、過去を辿り、真実を知ります。それはエルサの祖父ルナードは魔法を使えるノーサルドラの民を恐れ、支配するための口実にダムを作り、そのダムが森を穢しているだけでなく、ノーサルドラの長老を手にかけたといった内容でした。

その真実を知り、全身が凍っていく中で、最後の力を振り絞り魔法をアナのもとへ送ります。

洞窟を抜け出すため、進んでいるアナのもとへエルサから送られた魔法は氷の彫刻を形作り、真実をアナに伝えます。エルサが凍ってしまったことでオラフは魔法の力がなくなり、雪へと戻ってしまいます。

一人になったアナは自分にできる正しいことをするため、森を穢しているダムを壊すことを決心します。

アナは洞窟から脱出し、アースジャイアントをダムまで誘導します。しかし、アースジャイアントの強大なパワーの前に押しつぶされそうになります。

そこへスヴェンに乗ったクリストフが現れ、アナを乗せダムまで駆け抜けます。ダムに着くと、マティアス中尉率いるアレンデールの兵士たちがダムを守るため待っていました。

アナはマティアス中尉に真実を伝え、ダムを壊さなければならないと言います。マティアス中尉は正しいことを行うという信条からアナを手伝います。

アースジャイアントが投げた岩がダムへ当たり、ダムは決壊します。ダムが決壊したことでエルサは復活し、ダムの決壊によるアレンデールの街を襲う洪水を止めるため、ノックの背に乗り、アレンデールまで駆け抜けます。

洪水が街を襲う間一髪のところで、エルサは辿り着き、魔法の力で洪水を止めます。ダムの決壊により、魔法の森を包んでいた霧は晴れ、人々は解放されます。

アナとエルサは再開し、エルサは自分が人々と精霊を繋ぐ架け橋であり、ノーサルドラに残ることを伝えます。クリストフはアナに想いを伝え、二人は結婚することになります。そしてオラフはエルサの力で復活します。

日は流れ、アナがアレンデールの王女となる戴冠式の日。アナは王女として国民にお祝いされ、ノーサルドラとアレンデールの平和の象徴として両親の像を街に建てます。

エルサはノーサルドラで笑顔に過ごしています。

映画『アナと雪の女王2』の感想と評価


(C)2019 Disney. All Rights Reserved.

映画『アナと雪の女王』(2013)が世界中で大ヒットを飛ばし、ハードルが上がった続編『アナと雪の女王2』では、テーマ、楽曲共に進化を遂げたファンタジーミュージカルとなっています。

本作のテーマは「多様性の尊重」という近年のディズニーでよく扱われている普遍的なテーマを中心に、自己のルーツを探す旅による“通過儀礼としてのアイデンティティの確立”

そして、現状を打破するために出来ることを一つずつ積み重ねていくという人生教訓など様々な要素を含んだ作品です。

テーマが重層的に包括されながら、一つのまとまった作品として成立している要因に「アニメ脚本の柔軟性」と「キャラクターの魅力」があります。

「アナと雪の女王」シリーズでは伝統的なディズニー作品とは画する対照的な性格を持つWヒロインの設定、アニメならではのリアリズムに拠らない幻想的展開が本作を柔軟性に富んだものとしています。

また本作では各キャラクターがより掘り下げられ、魅力が増している点にも注目です。キャラクターがより深く詳細に描かれることで、物語展開の幅が広がるだけでなく、観客が対象に感情移入しやすくなります。

特に前作ではキャラクターの薄かったクリストフの見どころとなるシーンもあり、ディズニー作品王道の“王子様がお姫様を救う展開”に心躍りました。

世界観・キャラクターの個性を深く掘り下げるため、心理学者やトラウマの専門家、人類学者や言語学者の徹底したリサーチを重ね、診断・分析したとパンフレットに書かれてあります。

それによって、世界観やキャラクターの感情は明白化され、その心情から起因する行動の論理性が生まれることで、キャラクターだけでなく彼らを取り巻く環境もリアルに生き生きと描かれています

そして、本作最大の見どころは、ミュージカル作品として進化した点にあるでしょう。

『アナと雪の女王2』では、各キャラクターのテーマソングと主題歌など含め新曲7曲が構成されており、年齢問わず観やすく楽しめる作品となっています

まとめ


(C)2019 Disney. All Rights Reserved.

映画『アナと雪の女王2』では前作と比べ、ストーリー・テーマ共に、より深みのある作品となっていたため大人の方でも楽しめる作品になっていました。

これは、本作の製作が前作から6年経過し、物語としても3年後となる舞台のため観客と共にキャラクター自身が成長しているからかもしれません。

映像表現も素晴らしく、また楽曲の数々が魅力的なものとなっています。

ぜひ、息づく美しい世界観と彼女達の大冒険による成長を存分に楽しんでみてはいかがでしょう。

関連記事

アニメーション

【ネタバレ】映画デデデデ前章|あらすじ感想と結末の評価解説。SFアニメで非日常の世界で過ごす日常を描く

もう壊れているのに、今も動いている日常。 人間の負の感情や、どん底から微かに見える希望の感情の描き方のリアルさで根強い人気を持つ漫画家・浅野いにお。 その作風は『ソラニン』(2010)や『うみべの女の …

アニメーション

映画『HUMAN LOST人間失格』ネタバレではわからん⁈【専門用語の解説まとめ集】

冲方丁ワールド炸裂!難解な専門用語が多いSFダークヒーロー作品。 SF作品である『HUMAN LOST 人間失格』は、難解な専門用語が多く、作品内容が理解しづらいアニメーションとなっています。 今回は …

アニメーション

『ガルパン最終章第4話』ネタバレ感想と結末評価。ガールズ&パンツァー主人公不在での攻防と明らかになった“最後の対戦相手”

戦車を操る女子高生が対戦する人気アニメ『ガールズ&パンツァー』のOVA「最終章」の第4話が劇場公開! 2017年より始動した、全6話構成での公開を前提とした「ガールズ&パンツァー 最終章」シリーズ。 …

アニメーション

映画『魔女の宅急便』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。ジジが喋れない理由×キキとトンボの関係通じて“女性の悩み”と街の人々の絆を描く

おちこんだりもしたけれど、私はげんきです。 新米魔女キキの成長を描いた温かなファンタジー! 1989年に公開された、スタジオジブリ作品の5作目にあたる長編アニメーション映画『魔女の宅急便』。角野栄子の …

アニメーション

『ブルーサーマル』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。アニメ青春ものとして大空を舞うグライダーの魅力を描く

大空を舞う青春の物語 競技かるたを題材とした「ちはやふる」や薙刀を題材とした「あさひなぐ」など、深く知られてはいなかったスポーツを取り扱う作品によって新たな世界を知ることが出来る創作と言う世界。 国内 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学