Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アニメーション

【ネタバレ】映画 おそ松さん(2022)|あらすじ感想と“ヒピポ族と輝く果実”の解説評価。6つ子のアドベンチャーは“キラキラフルーツ”を目指すハチャメチャな展開

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

『おそ松さん』放送開始6周年の完全新作映画が期間限定上映!

人気アニメ『おそ松さん』の、放送開始6周年を記念して製作された、完全新作の劇場版アニメ『おそ松さん ヒピポ族と輝く果実』

シリーズ初のアドベンチャーとなる『おそ松さん ヒピポ族と輝く果実』は、伝説の「キラキラフルーツ」を探し、6つ子の大冒険が巻き起こる…と思ったら、いい意味でこちらの期待を裏切ってくれます。

実に『おそ松さん』らしいと言える、本作の魅力をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『おそ松さん ヒピポ族と輝く果実』の作品情報


(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

【公開】
2022年公開(日本映画)

【原作】
赤塚不二夫

【脚本】
松原秀

【監督】
小高義規

【キャスト】
櫻井孝宏、中村悠一、神谷浩史、福山潤、小野大輔、入野自由、遠藤綾、鈴村健一、國立幸、上田燿司、飛田展男、斎藤桃子

【作品概要】『
赤塚不二夫原作の「おそ松くん」を原作に、大人になった6つ子を描き、大人気となったテレビシリーズの劇場版第2弾。

冴えない日常から脱却する為に、伝説の「キラキラフルーツ」を探す、6つ子の大冒険を描いたギャグアニメ。

これまで『おそ松さん』のテレビシリーズに長年携わり、名作と呼ばれる「イヤミはひとり風の中」を担当した小高義規が、初監督を務めています。

映画『おそ松さん ヒピポ族と輝く果実』のあらすじとネタバレ


(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

20歳を超えても、ニートで冴えない毎日を送る、おそ松、カラ松、チョロ松、一松、十四松、トド松の6つ子達。

彼等はコンビニの雑誌で偶然目にした、食べると誰でもキラキラできる「キラキラフルーツ」を目指し、冒険に出発しました。

冒険の途中で、6つ子はヒピポ族という、謎の部族と遭遇します。

何故か、ヒピポ族に気に入られた6つ子は、ヒピポ族の村に招待され、歓迎を受けます。

いつしか「キラキラフルーツ」のことすら忘れてしまった6つ子ですが、カラ松が偶然「キラキラフルーツ」を発見します。

それは、ヒピポ族が栽培している畑で成長した果実で、6つ子は念願の「キラキラフルーツ」を手に入れ、食べようとします。

ですが、あることに気付きます。

手に入れた果実は、よく見ると…いや、よく見なくても「キラキラフルーツ」とは似ても似つない、別の果物でした。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『おそ松さん ヒピポ族と輝く果実』ネタバレ・結末の記載がございます。『おそ松さん ヒピポ族と輝く果実』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

「見つけた果実は、キラキラフルーツではない」

6つ子は、この現実から目を逸らし「これは、キラキラフルーツだ」と、自分達を騙す方向で話を進めます。

そして、いよいよ念願の果実を食べようとした瞬間、ヒピポ族に見つかり、果実は没収されます。

ヒピポ族が栽培している果実は、実は世界中に流通されている商品で、この果実を6つ子が食べるには、自分達で育てるしかありませんでした。

畑を分けてもらった6つ子ですが、根っからのダメ人間ぶりを発揮し、誰も積極的に育てようとしません。

それから数日後。

流石に観念した6つ子は、自分達で畑を耕し、ヒピポ族の果実を育て始めます。

さらに、村の中に自分達の家も建設し、完全にヒピポ族に溶け込んでいました。

ですが、このヒピポ族の果実「ヒピポの実」は、実は中毒性の高い麻薬のような果実で、世界的に取引が禁止されています。

現在は、裏社会でのみ流通されており、闇組織の資金源になっている為、栽培した者は死刑を言い渡されていました。

6つ子は、苦労の末に「ヒピポの実」を育てます。

そして、食べようとした瞬間、イヤミ率いる政府の軍がヒピポ族の村を襲撃し、村ごと焼き払われます。

政府軍に逮捕された6つ子ですが、かつて一緒に暮らしていた、ニートロボットのシャケとウメに助けられます。

そのまま、家に帰ろうとした6つ子ですが、努力の結晶が無駄になることが受け入れられず、政府軍の艦隊を襲撃します。

「ヒピポの実」流通の黒幕として、ニュースで報道された6つ子は「この実を食べると、誰でもキラキラになれる」と嘘の情報を拡散し、世界の海賊が「ヒピポの実」を狙って争奪戦を開始します。

その争奪戦に、デカパンやダヨーン、トト子も加わり、収拾不能な状況となりますが、混乱の中、6つ子は本物の「キラキラフルーツ」を発見します。

いよいよ念願が叶い「キラキラフルーツ」を食べた6つ子は、ヒピポ族と同じ見た目に変身してしまいました。

スポンサーリンク

映画『おそ松さん ヒピポ族と輝く果実』感想と評価


(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

2015年の放送開始以降、テレビシリーズが3期まで放送され、Snow Man主演の実写映画も記憶に新しい、人気アニメ『おそ松さん』

アニメの劇場版は、2019年の『えいがのおそ松さん』に続く2作目となります。

『えいがのおそ松さん』は、タイムスリップなどのSF要素を取り入れ、大人と学生時代の6つ子のエピソードを描いた『おそ松くん』と『おそ松さん』を繋ぐ、劇場版にふさわしい壮大な物語でした

そして、今作の『おそ松さん ヒピポ族と輝く果実』ですが、何の説明も無しに、いきなり6つ子が冒険に出ている所から物語が始まります

テレビシリーズでも、いきなり三国志のパロディが始まったり、宇宙人と野球で戦ったり、地獄で大暴れして生き返ったりと、めちゃくちゃな展開が当たり前のように巻き起こっていたので、今回の劇場版は、良い意味で「いつも通りの、おそ松さん」となっています。

6つ子の目的としては、食べると誰もがキラキラになれる「キラキラフルーツ」を探すことで、劇場版にふさわしい、壮大な冒険が繰り広げられる!かと思いきや、途中で出会ったヒピポ族の村で、6つ子がダラダラする展開が続きます

ですが、このダラダラこそ『おそ松さん』の真骨頂と言えます。

『おそ松さん』と原作の『おそ松くん』との大きな違いは、6つ子それぞれに個性があるという点です。

長男のおそ松は、ギャンブル好きのだらしない性格、次男のカラ松はナルシスト、三男のチョロ松は意識だけがやたら高い面倒くさい性格、四男の一松は根暗でネガティブ、五男の十四松は天真爛漫でド天然、末っ子のトド松は、あざとい程に可愛いけど、素顔は凶暴。

この6人の掛け合いこそ『おそ松さん』の魅力で、物語が全く進まなくても楽しめます

特に、ヒピポ族の果実を手に入れる為に、6つ子が農作業をやることになる場面。

「畑を誰が耕すか?」を決める展開が異常に長く、完全に劇場版でやるような流れではないのですが、作中でも「このくだり長いよ!」と言っているので、ここは確信犯でしょうね

ただ、全く話が進まない前半の流れと対照的に「ヒピポの実」の争奪戦が始まる後半では、怒涛の急展開が巻き起こります

謎のマシンに乗ったデカパンがミサイルを放ち、ダヨーンが口からビームを吐き、トト子のワガママが炸裂する、この辺りも『おそ松さん』お馴染みの展開ですね。

2019年の『えいがのおそ松さん』は、テレビシリーズとは違う作品にしようと、2004年のアニメ映画『マインド・ゲーム』を意識した演出なども取り入れていました。

ですが、今回の『おそ松さん ヒピポ族と輝く果実』は、前作とは逆に、テレビシリーズでお馴染みの、いつもの『おそ松さん』に振り切った作品です。

第1期放送から6周年を迎えた、特別プロジェクトとして製作された本作は、お祝いの意味も込めて、お祭り気分で観賞すると楽しめますよ

まとめ


(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

6つ子の絶妙な掛け合いが魅力でもある『おそ松さん』。

本作で特におススメなのが「キラキラフルーツ」と信じていた果実が、実は「ヒピポの実」であると知ったうえで、自分を騙して食べようとする場面。

最初にチョロ松が「これは、キラキラフルーツだよ、そうに違いないよ」と、変なイントネーションで喋り始め、それが6つ子全体に広がっていく、どうしようもない様子が本当に面白いです

また、おそ松が「ヒピポの実」のことを「キラキラフルーツ」と言い、それが世界に報道され、嘘の情報により世界が混乱する様子は、近年の「フェイクニュース」を風刺した展開で、こういった毒を入れてくるのも『おそ松さん』の魅力です。

本作は68分という短い上映時間ですが、テレビシリーズの魅力を詰め込んだ、スペシャル版のような内容です。

あらためて本作と『えいがのおそ松さん』を見比べると、ギャップの凄さを感じますが、いろいろな作風で違和感なく物語を作れるのが『おそ松さん』と、原作である『おそ松くん』の魅力なんだと、再確認しました。

2023年公開予定の新作映画は、どんな作風になるのでしょうか? 楽しみですね



関連記事

アニメーション

映画『劇場版フリー2017絆』入場者特典コースターとフォトセも

2017年4月22日から京アニの『劇場版 Free!-Timeless Medley-絆』の上映が全国スタート! さっそく朝早くから劇場に駆けつけたファンの間では、お目当の入場者プレゼントを開封。 各 …

アニメーション

ヒロアカ映画ワールド ヒーローズ ミッション|ネタバレ結末感想。僕のヒーローアカデミアTHE MOVIE ワールド ヒーローズミッションで緑谷・爆豪・轟の奮闘を描く!

全世界を舞台に描いた、劇場版「僕のヒーローアカデミア」シリーズ第3弾。 長崎健司が監督を務めた、2021年製作の日本のヒーローアクションアニメ映画、『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワール …

アニメーション

NETFLIX映画『泣きたい私は猫をかぶる』ネタバレあらすじと感想。 仮面を手に入れたことで“自分自身”と向き合える

NETFLIX映画『泣きたい私は猫をかぶる』 森見登美彦の小説をアニメ映画化した『ペンギン・ハイウェイ』(2018)が話題となったアニメ制作会社スタジオコロリド。 新型コロナウイルスの影響によって様々 …

アニメーション

『七つの大罪 光に呪われし者たち』ネタバレあらすじ感想と結末の解説評価。シリーズの本当に最後の戦いを描き出す!

アニメ「七つの大罪」シリーズ最後の映画『劇場版 七つの大罪 光に呪われし者たち』。 「週刊少年マガジン」で2012年から2020年まで、約7年半に渡って連載された「七つの大罪」。テレビアニメシリーズも …

アニメーション

映画『すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ』ネタバレあらすじ結末と感想評価。V6井ノ原快彦がナレーション続投の新たな仲間との出会いの物語

「すみっコぐらし」を映画化した劇場アニメ第2弾! 大森貴弘が監督を務めた、2021年製作の日本のアニメ映画『すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ』。 「5年に1度の青い大満月の夜、魔法使いたちがやって …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学