Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アニメーション

映画『生徒会役員共2』ネタバレあらすじと感想評価。学園アニメのラブコメは安心感と下ネタ満載が魅力

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

映画『劇場版 生徒会役員共2』は日常系のラブコメディ

『週刊少年マガジン』で連載中の漫画を原作に、これまで2度のアニメシリーズと、OVA、OADが製作され、2017年には劇場版第1弾が公開された人気シリーズの劇場版第2弾『劇場版 生徒会役員共2』。

女生徒が多い高校を舞台に、主人公の津田タカトシが、半ば強引に引き込まれた生徒会で、会長の天草シノに振り回されるという、大きな事件も特に起きない、いわゆる日常系のラブコメアニメです。

ですが最大の特徴は、過激な下ネタを連発する作風にあります。

テレビシリーズでは、過激な台詞が効果音でかき消されたり、放送コードギリギリの台詞を連呼したり、画面中にモザイクがかけられるなどが、当たり前となっていました。

劇場版の第2作目となる『劇場版 生徒会役員共2』は、テレビアニメ版と同じで、細かいショートストーリーと、ギャグを連発する内容となっていますが、ラブコメとして、タカトシとシノの関係に進展があるのでしょうか?

スポンサーリンク

映画『劇場版 生徒会役員共2』の作品情報


(C)氏家ト全・講談社/「劇場版 生徒会役員共2」製作委員会

【公開】
2021年公開(日本映画)

【原作】
氏家ト全

【監督・シリーズ構成】
金澤洪充

【声のキャスト】
浅沼晋太郎、日笠陽子、佐藤聡美、矢作紗友里、下田麻美、小林ゆう、小見川千明、新井里美、加藤英美里、田村睦心、椎名へきる、斎藤千和、岡咲美保、上坂すみれ、日野未歩、白石稔、安済知佳、利根健太朗

【作品概要】
『週刊少年マガジン』で連載中の、氏家ト全原作の漫画『生徒会役員共』。

これまで2010年と2014年にアニメシリーズが放送され、その後もOVAやOAD、そして2017年に劇場版が公開された人気シリーズです。

劇場版の2作目となる映画『劇場版 生徒会役員共2』は、アニメシリーズと同じキャストが続投しており、テレビシリーズから携わってきた金澤洪充が、監督を務めています。

映画『劇場版 生徒会役員共2』のあらすじとネタバレ


(C)氏家ト全・講談社/「劇場版 生徒会役員共2」製作委員会
女子高から共学に変わり、男子生徒28人に対して女子生徒が524人という「桜才学園高等部」。

「桜才学園高等部」2年の津田タカトシは、「桜才学園高等部」生徒会長、天草シノに強引に引き込まれた形で、生徒会副会長を務めています。

シノは面倒見のいい性格で、校内の生徒から頼られる存在ですが、下ネタや卑猥な言葉に反応する、少し困った性格です。

生徒会書記の七条アリアは、裕福な実家に生まれたお嬢様で、清楚な容姿ながら、シノを超えるハードな下ネタを好みます。

生徒会会計で、タカトシと同じクラスの萩村スズは、IQ180の頭脳と140cm未満の身長が特徴。

暴走気味のシノとアリアを、常識人のタカトシとスズが支える関係性で「桜才学園高等部」生徒会は、今日もさまざまな生徒の悩みを解決していきます。

第1話

美術の授業に使用する壺を運んでいたタカトシは、壺を落としてしまい割ってしまいます。

元に戻す為に接着剤で修復しようとしますが、アクシデントが発生し、風紀委員長で、極度の潔癖症である五十嵐カエデと手がくっついてしまいます。

シノに相談し、お湯をかければ離れる事が判明しますが、生徒会の会議がある為、処置をする時間がありません。

タカトシとカエデは、手をつないだまま生徒会の会議に出席します。

ですが、タカトシに恋心のような複雑な感情を持つシノは、タカトシとカエデの様子に嫉妬します。

第2話

「桜才学園高等部」映画研究会が、コンテスト用の映画を製作する為の、出演者を探して生徒会に訪ねて来ます。

生徒会全員で映画に出演し、製作に協力する事になりますが、タカトシとラブシーンを演じる事になったシノは、舞い上がってしまいます。

さまざまなトラブルを乗り越え、泊まり込みで撮影された作品は、見事にコンテストで入賞をします。

第3話

「桜才学園高等部」生徒会にとって大きな行事である「生徒総会」が開催される事になります。

ですが、生徒の気持ちがバラバラでまとまらない為、シノは「こんな時こそ、手と手を取り合え!」と団結を促します。

何故かその流れから、タカトシが各部の部費を賭けて腕相撲対決をさせられます。

第4話

次の日も朝早く登校しなければならなくなった、生徒会役員。

「それなら学校に泊まった方が早い」と、宿直室に泊まる事を提案します。

その日の当直だった、生徒会顧問の横島ナルコの許可を得て、宿直室に泊まりますが、いわゆる「ダメな大人」のナルコは、酒を飲みすぎてしまい、そのまま眠ってしまいます。

見回りの時間になってもナルコが起きない為、生徒会役員で代わりに夜の学校内の見回りを開始します。

ですが、極度の怖がりのスズは、学校内の幽霊の存在を恐れ始めます。

第5話

新聞部部長の畑ランコが、生徒会を訪ねて来ます。

ランコは、シノがタカトシに抱く微妙な感情を見抜いており、過去に意図的に「タカトシとシノが交際している」という噂を学園中に流した事がありました

その為、シノはランコに少し苦手意識を持っています。

ランコは、学校の校内放送用の脚本を書き「生徒会で演じてほしい」と依頼しますが、内容はラブストーリーだった為、タカトシに恋心を抱くシノとスズは、戸惑った反応を見せます。

ラブストーリーの内容は、シノとスズ、アリアが演じる三姉妹と、タカトシ演じる男性の複雑な関係を描いた作品で、タカトシはランコから「ラストは誰を選ぶか、タカトシに決めてほしい」と伝えられます。

戸惑ったタカトシは、以前、交際の噂を流されたシノと、同じクラスのスズを避け、アリアを選びます。

タカトシは、アリアを選んだ事を謝罪しますが、アリアもタカトシに複雑な感情を抱くようになります。

第6話

ランコと街中で偶然会ったタカトシ。

ランコから「取材に協力してほしい」とお願いされ、タカトシは「カップル限定スポット」を一緒に回ります。

ですが、そこをシノとアリア、スズに見られてしまいます。

シノは明らかに嫉妬した様子を見せますが、校内に貼られた学園新聞の「カップル限定スポット特集」を見て一安心します。

第7話

思いつめた表情で、生徒会の部屋に1人でいるシノ。

シノは、涙を流しながら「津田タカトシは、我々の前から消えた」と語ります。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『劇場版 生徒会役員共2』ネタバレ・結末の記載がございます。『劇場版 生徒会役員共2』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

タカトシが消える数日前、シノの思い付きで、桜才学園のゆるキャラ「さくらたん」を作る事になりました。

「さくらたん」の中には、タカトシが入る事になり、何度か入る内にゆるキャラとしての動きが完成され始めた為、シノは「さくらたん」の活動として「幼稚園を訪問して、子供達と触れ合う」事を提案します。

しかし、タカトシは消えてしまいました。

シノが「どこに行った!津田!」と叫ぶと、手足を拘束され、床に転がっている「さくらたん」から「ここにいます」と声がします。

実は、幼稚園の訪問当日に、タカトシが遅刻をした為、幼稚園関係者に平謝りしたシノが怒り、「さくらたん」のままタカトシを拘束したのでした。

許しを請うタカトシに、怒りを見せるシノですが、その表情には笑顔が浮かんでいました。

スポンサーリンク

映画『劇場版 生徒会役員共2』感想と評価

劇場版2作目となる映画『劇場版 生徒会役員共2』。

ですが劇場版として何も特別な事は無く、オープニングではテレビアニメシリーズ第2期の主題歌「花咲く☆最強レジェンドDays」が流れ、ショートストーリーで繋いでいく、テレビシリーズと変わらない構成となっています。

あらすじ部分で紹介したエピソードは、主なエピソードとなっており、他に細かいショートストーリーが満載で、タカトシの妹コトミや、タカトシの親戚で英稜高校の生徒会長である、魚見チヒロなど、テレビシリーズでお馴染みのキャラクターも全員登場します

シノがタカトシに抱く、複雑な恋心も特に進展する事がなく、本当に何も変わらない「生徒会役員共」の世界が繰り広げられますが、この「何も変わらない」という妙な安心感が、本作の魅力であると言えます。

ただ、劇場版だからか、テレビシリーズでもギリギリを責めていた、過剰な下ネタはグレードアップ

日常系の学園ラブコメであるにも関わらず、まさかのPG12(12歳未満は保護者の同伴がのぞましい)となっており、下ネタへの異常な熱意を感じざるを得ません

2011年のアニメシリーズ1期放送から、第2期やOVA、OADの製作、そして2017年の劇場版と、新作が製作され続け、ファンに愛され続けている「生徒会役員共」シリーズ

劇場版になっても「何も変わらない安心感」が人気の秘密であり、『劇場版 生徒会役員共2』は、シリーズの魅力を最大に活かしファンを楽しませるという、製作スタッフの想いを感じました。

まとめ

映画『劇場版 生徒会役員共2』は、「応援クラウドファンディング」を採用し注目された作品でもあります。

「応援クラウドファンディング」は、製作資金を集めるだけではなく、作品を応援したいファンの想いを叶えるという、エンターテイメント型のクラウドファンディングです。

『劇場版 生徒会役員共2』では、エンドロールに応援者の名前が記載される他、応援者数に応じて、劇場で配られる特典が変化する「応援者数連動キャンペーン」や、特設サイトにて、お題に沿った内容をツイートすると、プレゼントがもらえる企画を実施し、製作過程でもファンを楽しませる工夫がされていました

「応援クラウドファンディング」が成功した事からも、「生徒会役員共」シリーズがファンに愛されている事が分かります

また、根強いファンがいても、なかなかテレビでの新シリーズ製作が難しいアニメなど「応援クラウドファンディング」で、今後新作が製作される可能性もあります。

そういった意味でも『劇場版 生徒会役員共2』は、かなり面白い試みで製作された作品と言えます。

関連記事

アニメーション

韓国映画『我は神なり』感想レビューと評価【新感染監督アニメ作品考察】

韓国版ゾンビ映画として話題の『新感染 ファイナル・エクスプレス』が実写映画デビュー作のヨン・サンホ監督。 2017年10月21日より、東京・ユーロスペースにて公開されるアニメ映画『我は神なり』の監督で …

アニメーション

映画『サイコパス3』ネタバレあらすじと感想考察。 FIRST INSPECTORは劇場版PSYCHO-PASS完結編!

「世界」の一部となるために、最強の「インスペクター」が動き出す。 「踊る大捜査線」や「SP」など、数々の人気シリーズを生み出してきた本広克行が総監督を務める人気アニメシリーズ「PSYCHO-PASS …

アニメーション

映画『Walking Meat』ネタバレ感想。和製ゾンビアニメのテーマは世代間ギャップ!

人間がゾンビを食料にするという、独特の世界観で、システムの故障により脱走したゾンビと、人間の戦いを描く21分の短編映画『Walking Meat』。 第51回「シッチェス・カタロニア国際映画祭」など、 …

アニメーション

映画ヴァイオレット・エヴァーガーデン外伝|あらすじネタバレと感想。京アニスタッフの思いと光る作画【永遠と自動手記人形】

『 ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 – 永遠と自動手記人形 – 』が2019年9月6日に公開されました。 テレビシリーズなのに作画が素晴らしすぎる、と評判になった『ヴァ …

アニメーション

映画『あの夏のルカ』ネタバレあらすじ感想とラスト結末の解説。アニメ青春ファンタジーとしてイタリアを舞台にアルベルトとの友情を描く!

映画『あの夏のルカ』は2021年6月18日よりディズニー+で配信。 『リメンバー・ミー』や『ソウルフルワールド』のディズニー&ピクサーによる長編アニメーション『あの夏のルカ』が2021年6月18日より …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学