Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アニメ映画

『この世界の片隅に』動画視聴方法。海外感想と片渕須直監督の言葉

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

映画『この世界の片隅に』が昨年2016年11月12日から公開され、今だロングラン上映中ですが、まもなく1年を迎えます。

先のキネコ国際映画祭2017では、キネコグランプリの日本作品の長編Feature film部門で、本作が受賞の栄冠を獲得するなど、『この世界の片隅に』の広がりは留まることを知らないようです。

スポンサーリンク

1.『この世界の片隅に』の海外渡航報告

2017年11月8日PM19:00。

東京にある牛込箪笥区民ホールで開かれた『この世界の片隅に』の海外報告会に多くの人が集まりました。

片渕須直監督の渾身の一作である本作を、海外への上映に送り出そうとクラウドファンディングにて支援した人たちへ御礼の3度目に報告会です。

壇上には演出を務めた片渕須直監督、そしてプロデューサー真木太郎らによって、心から感謝が述べられていました。

▼アニメ『この世界の片隅に』はU-NEXTにてご覧いただくことができます。
アニメ『この世界の片隅に』を今すぐ見る

片渕監督の言葉「独りじゃない」

メキシコでの上映のために訪問して以来、多くの海外に足を運んだ監督は、その国々で多くの鑑賞者と自ら進んでコミュニケーションを図ってきたようです。

もちろん、言語の違いから言葉の壁はあったようですが、それを取りのぞいても各国で共通したのは、本作を観た観客がすぐには言葉に変換することのできない思いだったようです。

映画館での上映が終わると、現実世界の街に解放された観客たちは、“どのようにこの作品と向き合えばいいのか”、言葉にできずにその場を去ることが出来ない様子を、片渕監督はたくさん見かけたそうです。

外国ではモノを見たり、体験したことを言語化する自分の意見を持つ教育は、おそらくは日本以上に行われていると言ってもよいでしょう。

それでも映画を観て感想を言語化できないのは、『この世界の片隅に』を鑑賞後の状態が、各国ともにどこも変わらずに1人では受け止め難い状態であり、親の世代や友人たちと、“言葉よりも思い”を先ずは共感せずにはいられなかったのです。

このことに通ずることで真木太郎プロデューサーは、メキシコでの2017年3月3日よりシネコン公開から、ふたたび8月6日より異なるシネコンでの再上映という極めて珍しい出来事を引き合いに出しました。

メキシコではより本作について理解しあってほしいという、地元の評論家の思いがあったことを紹介してくれました。

また片渕監督は、メキシコのマツダ自動車の工場で働く女性が、「戦争体験はよく知らないが、主人公すずが体験した貧しさに関しては子ども頃に経験したことがあり理解できる」という言葉に強い感銘を受けていました。

これは『この世界の片隅に』という作品が、単に戦争の賛否を問う描写したのではなく、昔の日本の暮らしぶりである生活そのものを克明に描いていたことで伝わったことではないでしょうか。


(C)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

海外の国々とは発展や進歩の時間軸は大きく異なります。それでも伝わる何か、言葉にできない何かは、本作の主人公すずを中心に登場人物たちの誰もが、“生きる”ということを見せてくれた。

いや、“息づいていた証”に違いありません。

片渕須直監督は言いました、「独りじゃない」と。本作は作る前、作るとき、上映されてかと多くの人とともにある極めて稀な映画として、本作はひとり一人の多くの片隅で出来上がっているのでしょう。

2.「繰り返し」観るということ

片渕須直監督のもう一つの言葉で印象に残ったのは、「繰り返し」です。

当たり前でありますが、映画は舞台演劇とは違い何度も繰り返して観ることができる特徴を持っています。

それは実写であれば映像に収められた偶然の出来事や撮影時には意識せずに気が付かなかったことを発見することのできるのが、映像の繰り返しの良さです。

しかし、本作『この世界の片隅に』はアニメ作品であり、実写ではありません。

片渕監督が自身の生活を家族ともども切り詰めた生活をしながら、丹念な深掘りの取材を重ねた後に、必要不可欠なものをスクリーンに映像に描いた作品です。

当たり前ですが、どれも偶然的にキャメラに映り込んだもの無く、全てが必然の結果が本作の映像です。


(C)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

片渕監督は言いました

原作者こうの史代さんは気がついちゃったです。爆心地である広島から20キロ離れた場所にいた人にも55秒後に熱風が届いた事実に」。

このことを原作漫画から読み取った片渕監督は、“もう1人のすずである左手で娘の手を引く母親”を本作から外さずに描いたのです。

すずがあの時に左手で手を引いていたら右手は失っても…。その思いが被爆地の広島にいた母親とすずに重なり合う鏡合わせになっています。

気になったあなたには、ふたたび『この世界の片隅に』を観ることをオススメします。

▼アニメ『この世界の片隅に』はU-NEXTにてご覧いただくことができます。
アニメ『この世界の片隅に』を今すぐ見る

スポンサーリンク

まとめ

真木太郎プロヂューサーは片渕須直監督に、『この世界の片隅に』の上映を1年かけて行うことを以前から約束していたようです。

そして片渕監督は、「ふたたびアメリカへ行く」と呟いていました。

『この世界の片隅に』の海外渡航報告会に参加して、映画の魅力や凄さを再認識させられました。

言語化すること、またできない思い

世界に共通する独りではなく分け合う感情

そして、繰り返して観ることで忘れない思い

ぜひ、あなたもご一緒にロングラン上映中の『この世界の片隅に』をもう一度ご覧になってはいかがでしょう。

U-NEXTで『この世界の片隅に』は無料でご覧いただくことができます

アニメ『この世界の片隅に』を今すぐ見る

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができますで、大変お得になっています。

そのポイントを使えば、『この世界の片隅に』を無料でも視聴ができます。

また、31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりませんので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

※紹介している情報は2017年11月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

関連記事

アニメ映画

【ネタバレ感想】『アヴリルと奇妙な世界』レビュー。宮崎駿リスペクトなスチームパンクアニメの魅力に迫る

家族と平和を求め、少女アヴリルが奇妙なパリの街を駆けめぐる! 2019年7月開催の「カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2019」(通称「カリコレ」)での限定公開で好評を博し、ユジク阿佐ヶ谷 …

アニメ映画

映画『ソウルフル・ワールド』ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。アニメで深く考えさせる内容は大人のための“人生のきらめき”

ピート・ドクター監督のファンタジーアドベンチャー映画『ソウルフル・ワールド』。 映画『ソウルフル・ワールド』は、Disney+で2020年12月25日から配信開始したディズニー&ピクサーによる …

アニメ映画

映画『小さなバイキング ビッケ(2020)』感想評価と考察解説。声優の演技力が名作アニメを蘇らせる

映画『小さなバイキング ビッケ』は2020年10月2日(金)よりイオンシネマほかにて全国公開。 大人世代には懐かしい、あの「ビッケ」が、CGアニメーションになって帰ってきました。 元は人気児童文学『小 …

アニメ映画

アニメ映画『KUBOクボ/二本の弦の秘密』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

あなたの五感を刺激しながら“人が生きると強さ”と、“他者との絆”とは何かを描いた、ストップモーションアニメ『KUBOクボ/二本の弦の秘密』。 魔法の三味線と折り紙を操る独眼の少年クボ。母親の力によって …

アニメ映画

【ガルパン4DX映画:ネタバレ感想】『ガールズ&パンツァー 最終章 4D~第1話+第2話』体感型鑑賞で砲弾が飛び交う戦車戦を肌で感じろ!

『ガールズ&パンツァー 最終章 4D~第1話+第2話~』は2019年10月11日(金)より全国ロードショー公開中! 2012年に放映され、可愛らしいキャラクターに相反するほどストイックな戦車の描写と演 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学