Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アニメ映画

Entry 2021/01/11
Update

映画『銀魂ザ・ファイナル』ネタバレあらすじと結末感想。THEFINALのラストボスとの決戦を描いた完結

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

2003年から「週刊少年ジャンプ」で連載が開始され、15年半の歴史に幕を下ろした人気漫画『銀魂』。

そしてアニメシリーズの完結作となる映画『銀魂 THE FINAL』は、『銀魂』の最終話を基盤にした、ギャグありシリアスあり、パロディありの「銀魂」ワールドが凝縮された内容となっています。

最終回までが長引いた事で「終わる終わる詐欺」が代名詞にもなっている『銀魂』は本当に完結するのでしょうか?

スポンサーリンク

映画『銀魂 THE FINAL』の作品情報


(C)空知英秋/劇場版銀魂製作委員会

【公開】
2021年公開(日本映画)

【原作】
空知英秋

【監督・脚本】
宮脇千鶴

【監修】
藤田陽一

【声のキャスト】
杉田智和、阪口大助、釘宮理恵、高橋美佳子、石田彰、子安武人、千葉進歩、山寺宏一、中井和哉、鈴村健一、

【作品概要】
「週刊少年ジャンプ」で連載され、これまでアニメシリーズや実写映画など、数々の映像作品が製作されている、人気漫画『銀魂』。

主人公の坂田銀時が、最後の戦いに挑む本作は、最終巻である77巻を完全に再現した内容となっています。

アニメ版『銀魂』の第1期から作品に携わってきた宮脇千鶴が、監督と脚本を担当しており、テレビアニメ版のキャストも集結。

最後のバカ騒ぎに花を添えます。


映画『銀魂 THE FINAL』のあらすじとネタバレ


(C)空知英秋/劇場版銀魂製作委員会
江戸時代末期、地球に「天人(あまんと)」と呼ばれる宇宙人が襲来します。

地球人は、天人から地球を守る為の戦いを開始し、後に「攘夷戦争」と呼ばれる数十年にも及ぶ戦争が繰り広げられました。

しかし、江戸幕府は天人の強大な力に屈してしまいます。

江戸は天人が我が物顔で歩くようになり、江戸を守る為に戦った侍たちは刀を奪われ、力を失ってしまいました。

かつて攘夷志士として戦い、「白夜叉」として恐れられた坂田銀時。

現在は、剣術道場の跡取りである志村新八と、戦闘種族である夜兎族の神楽や、何かと銀時に噛みつく巨大な犬、定春と、なんでも屋である「万事屋」を開いていました。

これまで、数々の江戸の危機を救ってきた銀時の前に、最大の敵が現れます。

虚と名乗るその魔人は、惑星のエネルギーである「アルタナ」の暴走により生まれた、「アルタナ変異体」で、500年の歳月を生きています。

虚の望みは自らの死で、その為に、エネルギー源である地球そのものを破壊しようとしていました。

また、これまで虚が不死である事を恐れた人々により、虚は何度も死と再生を繰り返し、その都度別の人格を形成していました。

多数ある虚の人格の1つ吉田松陽は、かつて「松下村塾」を開き、幼き日の銀時に剣術を教えた、銀時にとっては師匠です。

銀時は最大の敵であり、師匠でもある虚と、地球を守る戦いを繰り広げ勝利します。

ですが、「アルタナ」がある限り虚は蘇る為、銀時は虚の復活を阻止する旅に出ます。

その中で、赤ん坊となった虚と銀時は接触しますが、命を奪う事ができませんでした。

赤ん坊の虚は、瞬く間に成長し子供の姿になります。

そして銀時は、子供の虚が、松陽の人格と記憶を持っている事に気付きます。

しかし、虚の不死の力に魅了された、不老不死を求める教団「星芒教」により、虚は奪われてしまいます。

ですが、松陽の人格となった虚は、自らの心臓を銀時に渡し「星芒教」に完全なる不死が奪われる事を阻止します。

不完全な虚の肉体を手に入れた「星芒教」は、虚を完全復活させる為に、地球の「アルタナ」を集めます。

松陽から、虚の完全復活阻止を託された銀時は、同じ「松下村塾」の門下生だった桂小太郎と高杉晋助と共に、江戸に戻ります。

決戦の地は、文明の象徴であるターミナル。

3人は、ターミナルの頂上に突き刺さった「星芒教」の船を目指します。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『銀魂 THE FINAL』ネタバレ・結末の記載がございます。『銀魂 THE FINAL』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)空知英秋/劇場版銀魂製作委員会
ターミナルの最上階に位置する「星芒教」の船を目指し、ターミナル内を駆け上がる銀時と桂、そして高杉。

ですが「星芒教」の教徒に妨害され、行く手を阻まれます。

圧倒的な数の差で迫る「星芒教」の教徒に銀時達は苦戦しますが、そこへ新八や神楽、真選組などの仲間たちが駆け付け、銀時達を援護します。

仲間たちの助けにより、最上階近くまで辿り着いた銀時達ですが、そこへ「星芒教」幹部が現れます。

「星芒教」幹部は、虚の血を体内に取り込んだ事で再生能力を持っており、銀時は苦戦し、桂が1階に落下していきます。

さらに、銀時の目の前で高杉は首を斬られますが、高杉も体内に虚の血を取り込んでいた為、再生します。

銀時は「星芒教」幹部との戦いで、1階に落下していきますが、そこへ駆け付けた新八と神楽の助けを借り、危機を脱します。

一方、最上階の宇宙船内まで辿り着いた高杉の目の前で、虚が復活します。

ですが、目覚めた虚の人格は松陽で、それを見抜いた高杉は「一緒に帰ろう先生」と語りかけます。

しかし、虚は高杉の提案を断り「誰一人救えなかった」と悲しそうな表情を浮かべます。

その瞬間、高杉は松陽の人格を持つ虚に刀を突き刺します。

高杉の体内に入っていた血が、魔人としての虚として覚醒し、松陽の人格を持つ虚を消し去ろうとしたのです。

最上階の宇宙船内に銀時が辿り着いた時、そこにいたのは高杉の体を乗っ取った虚でした。

しかし、高杉は虚に体を乗っ取られる瞬間、自身の体を刺しダメージを与え、その隙に松陽の人格を持つ虚を逃がしていました。

魔人としての虚は、銀時に戦いを挑みますが、高杉の体を乗っ取った為に、完全な再生能力を失い、銀時は高杉の刀で魔人としての虚を倒します。

ですが虚と共に、高杉も力尽きてしまいます。

一方、松陽の人格を持つ虚は、新八と神楽と出会い助けられていました。

ですが、大量の「アルタナ」を吸収したターミナルは、結界寸前となり、ターミナルが結界すれば地球が崩壊する危機に直面します。

食い止める策を探す桂に、松陽から通信が入ります。

大量の「アルタナ」に、松陽のアルタナをぶつければ、打ち消せる可能性がありますが、心臓を失い中途半端な形で蘇生した松陽は、消滅してしまいます。

銀時は、桂の通信を受け、松陽と新八、神楽のもとに駆け付けます。

体内のアルタナを使い果たした松陽は、消滅する寸前でした。

銀時は伝えます「先生、いろいろあったけど、俺コイツらと万事屋やってるんだ」

それを聞いた松陽は、穏やかな表情で消えていきます。

長い眠りについていた、からくり家政婦の芙蓉 伊-零號試作型、通称たま。

たまは、戦いの中で故障し、長く眠っていましたが、突然目を覚まします。

ですが、目の前に広がるのは江戸ではなく、東京。

たまは、代わりに情報データを蓄積させていた、からくりロボットのたま子から、眠っている間のデータを転送されます。

そこに映っていたのは、虚から地球を守った後に、これまでと変わらない生活を送る江戸の人達の姿でした。

ですが、もう銀時達がいない事を悟り、たまは悲しい表情を見せます。

ですが、目の前に無職でホームレスのマダオこと、長谷川泰三が現れます。

これまで、たまが見ていたデータは、長谷川により作られた適当な記憶でした。

そこに銀時、新八、神楽が現れ、長谷川に飛び蹴りを入れます。

そして「万事屋」は、次の仕事へと向かうのでした。

スポンサーリンク

映画『銀魂 THE FINAL』感想と評価


(C)空知英秋/劇場版銀魂製作委員会
15年半の歴史を持つ、人気漫画『銀魂』の最後のエピソードをアニメ化した映画『銀魂 THE FINAL』。

原作では、最終巻にあたる77巻のエピソードを基盤に、3部構成で展開されます。

まず第1部は『銀魂 THE FINAL』までのエピソードを、全く何も知らない人でも分かるように解説してくれる、振り返りのパートになります。

ですが、あらすじの説明が早すぎるうえに、作画が何故か『ドラゴンボール』になっている為、全く話が頭に入ってきません。

この、あらすじの作画が『ドラゴンボール』になっているというのも、原作のギャグを完全再現しているのですが、バックで流れる曲が、アニメ『ドラゴンボールZ』の主題歌「CHA-LA HEAD-CHA-LA」という徹底ぶりです。

余計に、あらすじが頭に入って来ませんでした。

そして、第2部では、シリーズ最大の強敵にして、銀時達の師匠でもある虚との最終決戦が描かれます。

ターミナルを駆け上がり、最上階の虚を目指すという展開で、銀時と桂、そして高杉の「松下村塾」の生徒達が、それぞれの決着をつける為に、非常に熱い戦いを繰り広げます。

原作同様、最初からクライマックスのような戦闘シーンのオンパレードですが、銀時が新八と神楽と再会する場面や、師匠である松陽に「帰ろう」と語りかける高杉など、感動的な場面も入っており、最後の戦いをドラマチックに演出しています。

原作でもあった「銀三」などのギャグも、物語の流れを止めてでもキッチリ入れてくる辺り、流石だと感じました。

そして、銀時は虚との完全決着をつけますが、幼馴染でライバルでもあった高杉が犠牲になり、そして松陽の人格を持つ虚も消滅するという、悲しい結末を迎えます。

ですが、自らの過去と決着をつけ、そして現在の仲間たちと力を合わせて江戸を守る銀時の姿からは、未来に向けた前向きな意思を感じます。

そして、第3部となる「天然パーマにロクな奴はいない」では、虚との死闘後の、江戸の人々の様子を描かれています。

最後という事で、物語を締めくくるナレーションが流れるのですが、それぞれのキャラクターが自分に都合の良い「偽装ナレーション」を始める為、なかなかまとまりません。

『銀魂 THE FINAL』は、最終巻を完全再現している内容ですが、最初は『ドラゴンボール』パロディから始まり、虚との最終決戦と高杉との別れを描いたシリアスパートの後に、メインキャラクター総出演でのギャグパート、さらに剛力彩芽いじりなどの芸能ネタも入れるという、「銀魂」シリーズの魅力が詰まった作品となっています。

劇場の入場者特典が、『銀魂』の作者、空知先生が描いた「炭治郎&柱」の『鬼滅の刃』のイラストカードである辺り、本当に最後まで『銀魂』らしさを貫き通しましたね。


まとめ


(C)空知英秋/劇場版銀魂製作委員会
『銀魂』と言えば、原作が何度も最終回を引き延ばしにした事から「終わる終わる詐欺」という言葉が定着した作品です。

アニメも2013年に『劇場版 銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ』というタイトルで劇場版を製作した後に、新作テレビシリーズが、何事も無かったかのように放送されていました。

このような流れから『銀魂 THE FINAL』とされながらも「また何事も無かったかのように復活するのでは?」と期待したい所ですが、本作の監督、宮脇千鶴は第3期から監督を引き継いだ際に「終わらせるためのプロジェクト」と認識し、最後のエピソードは映画で完結させる事を提案したとインタビューで語っています。

「銀魂」シリーズは、本作で終了となるのでしょう、最後にふさわしい、集大成とも呼べる作品になっていると思います。







関連記事

アニメ映画

映画メアリと魔女の花あらすじネタバレと感想!ラスト結末も【米林宏昌アニメ代表作】

「スタジオジブリ」の志を受け継ぐアニメーションスタジオ「スタジオポノック」による待望の第1回長編作品。 『借りぐらしのアリエッティ』と『思い出のマーニー』を手掛けた米林宏昌監督による『メアリと魔女の花 …

アニメ映画

『プロメア』映画評価。今石アニメが劇場4DX体感でさらに熱く【ネタバレあり】

『プロメア』4D版は2019年10月18日(金)より全国ロードショー! どこまでもエンジン全開な独特のノリと勢いが特徴的であり魅力でもある作家、中島かずきが脚本を担当した作品の数々。 2019年5月2 …

アニメ映画

『鬼滅の刃 兄妹の絆』内容ネタバレと感想考察。映画公開前に“炭治郎のかっこいいアクション”を見ておきたい!

大人気少年コミック、堂々アニメ化の『鬼滅の刃 兄妹の絆』。 テレビアニメ『鬼滅の刃』の第1~5話で構成された特別上映版『鬼滅の刃 兄妹の絆』。2019年4月の放送開始に先がけて期間限定劇場上映されまし …

アニメ映画

映画『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』ネタバレ感想と考察評価。京アニがファンの想いを受け取った“代筆のラブレター”

京アニが手掛ける映画『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』 映画『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』は、戦時中に兵士として育てられ、愛を知らずにいた少女が、「自動手記人形」と呼ばれる手紙 …

アニメ映画

映画『レゴバットマン』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

あのヒーローもあの悪者もみんなレゴになって大集合! 『LEGO ムービー』のスタッフが手掛けた『レゴバットマン ザ・ムービー』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画『レゴバットマン …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学