Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アニメーション

Entry 2022/12/25
Update

映画 呪術廻戦0|夏油最後のシーン/エンドロール後の意味は?ネタバレ五条セリフ解説×ミゲル&憂太の動向から知る天才の“たった一人”の戦い

  • Writer :
  • 岩野陽花

Amazonプライムビデオ・配信開始記念!
映画ラスト/エンドロール後の場面を改めて解説!

2020年にテレビアニメが放送され、たちまち社会現象を巻き起こした『呪術廻戦』。

同作の原点となる物語を描いた映画『劇場版 呪術廻戦0』が2021年に劇場アニメ化を果たし、ついには劇場公開日と同じく「百鬼夜行」決行の日付・2022年12月24日より、Amazonプライム・ビデオでの独占配信が開始されました。

本記事では配信開始を記念し、映画『劇場版 呪術廻戦0』で話題となったラスト/エンドロール後のポストクレジットの場面描写にクローズアップ

五条悟が“たった一人の親友”であった呪詛師・夏油傑に告げた言葉、エンドロール後に描かれた場面の時系列やその意図など改めて解説していきます。

映画『劇場版 呪術廻戦0』の作品情報


(C)2021「劇場版 呪術廻戦0」製作委員会 (C)芥見下々/集英社

【公開】
2021年(日本映画)

【監督】
朴性厚

【キャスト】
緒方恵美、花澤香菜、小松未可子、内山昴輝、関智一、中村悠一、櫻井孝宏、山寺宏一、松田利冴、松田颯水、速水奨、伊藤静

【作品概要】
週刊少年ジャンプで連載の人気コミック『呪術廻戦』の原点『呪術廻戦0 東京都立呪術高等専門学校』を原作とし、『呪術廻戦』本編にも登場する人気キャラクター・乙骨憂太の活躍を描くアニメーション作品。

幼いころ将来を誓い合った少女・里香の死を機に、里香の呪いに取りつかれ苦しむ少年・乙骨憂太が呪いを祓う‟呪術師”のための学校「呪術高専」に入学し、出会った仲間と共に成長していく中で、呪術界を根幹から揺るがす大事件に巻き込まれていきます。

主人公・乙骨憂太に『新世紀エヴァンゲリオン』碇シンジ役などで知られる緒方恵美、憂太の幼馴染の少女・折本里香に『鬼滅の刃』甘露寺蜜璃役、『五等分の花嫁』中野一花役などの花澤香菜が担当。そのほかにもテレビアニメ『呪術廻戦』から多くのキャラクターが登場し、各キャストも続投しています。

さらに監督を朴性厚、アニメーション制作をMAPPAが手がけ、こちらもテレビアニメから引き続き製作を担当しています。

映画『劇場版 呪術廻戦0』のあらすじ

16歳の少年・乙骨憂太は6年前、幼いながらも将来を誓い合った少女・折本里香の死に遭遇。里香は呪いと化し、憂太へと宿りました。

尋常ではない呪力を持つ里香によって、意図せず他者を傷つけてしまうことに絶望し、生きる意志を失っていた憂太。しかし呪術高専東京校の教師・五条悟の誘いに応じ、呪いを祓う‟呪術師”のための学校・呪術高専に入学します。

そこで禪院真希、狗巻棘、パンダと出会った憂太は、呪術師として学び成長していく中で、自身の内に‟呪い”として宿ってしまった里香をいつか解放することを誓います。

一方、秘密裏に呪いを祓い、一般人を守り続ける呪術師の境遇を良しとせず「一般人=“非術師”を排し呪術師のみの世界を作るべき」という過激な選民思想を持つ‟呪詛師”夏油傑は、呪術師の世界の中核を成している呪術高専に宣戦布告。

東京と京都の二大都市に数多の呪霊を解き放ち、非術師の人々を鏖殺せんとする「百鬼夜行」の決行を告げます……。

映画『劇場版 呪術廻戦0』ラスト/エンドロール後描写を解説!


(C)2021「劇場版 呪術廻戦0」製作委員会 (C)芥見下々/集英社

五条が夏油の最期に手向けた“ある言葉”

「百鬼夜行」という派手な“陽動”によって呪術高専の戦力を高専自体から離れさせ、その隙を狙って乙骨憂太に憑く特級過呪怨霊・折本里香を我が物にしようと目論んだものの、憂太が「自身の死」と引き換えに里香の呪力の制限解除を敢行したことで返り討ちにされた呪詛師・夏油傑。

右腕を失う重傷を負いながらもその場を離脱し、「“非術師”を排した呪術師のみの世界の構築」という大義に向けて再起の言葉を吐く夏油でしたが、そこに現れたのは「百鬼夜行」の対応に追われていたはずの五条。

彼は夏油の「百鬼夜行」における真の思惑を察した上で、「傑は、若き術師を理由もなく殺すことは決してしない」という信頼のもと、夏油との戦闘を通じて憂太の術師としての覚醒、彼が里香にかけてしまった“呪い”の解呪を狙っていたのです。

原作漫画の過去編でも語られた五条と夏油のかつての絆、そして袂を分かった瞬間が、映画本編でもわずかながらも描写された中での、“親友”同士の二人きりでの対話。そして五条が告げた“ある言葉”を聞いた夏油の「最後くらい呪いの言葉を吐けよ」というセリフの直後、五条は彼に止めを刺しました

五条の“せめてもの願い”


(C)2021「劇場版 呪術廻戦0」製作委員会 (C)芥見下々/集英社

原作漫画でも明かされなかった、五条が最後に夏油へ手向けた“ある言葉”とは何だったのか?」……原作ファンのみならず、映画を観終えた誰もが気になるその問いについて、原作者の芥見下々は公式ファンブック内にて「0巻の中で言ってます」と回答しています。

そうした原作者自身の回答という最大のヒントに加えて、映画の劇場公開日と同日に発売されたノベライズ本の同場面における夏油のモノローグ、夏油に止めを刺したのちに憂太らと合流した五条が口にしたセリフという前後の文脈から、多くのファンは僕の親友だよ たった一人のね」が“ある言葉”なのではないかと推察しています。

“ある事件”を機に袂を別つこととなり、対立関係に陥ってもなお夏油……傑を「親友」と思い続けていた五条。

呪術師の世界における自身の責務を全うし続けた果てに「自らの手で、親友に引導を渡す」という残酷な結末を迎えながらも口にしたその言葉は、「親友には、この世に未練という“呪い”を遺さずに逝ってほしい」「自分もたった一人の親友を失った世界を、たった一人で生きるから」という、五条自身のせめてもの願いが込められていたのかもしれません。

しかし、そうした五条の願いがある意味では“呪い”となってしまったからこそ、彼がのちに直面した「自ら殺したはずの傑が再び現れる」というさらなる残酷を招いてしまったのかもしれないと思うと、“ある言葉”はあまりにも悲哀に満ちた言葉といえます。

エンドロール後の“最悪の事態”の兆し


(C)2021「劇場版 呪術廻戦0」製作委員会 (C)芥見下々/集英社

エンドロール後、「百鬼夜行」では夏油一派の幹部として五条と対峙し無事生き残った(「足止め」という任務ではあったものの)という実績を持つ呪術師ミゲル、そして憂太がケニアにて行動をともにする姿。そして、憂太のもとを五条が尋ねる姿を描いたところで、映画は締めくくられました。

原作漫画の2巻・第10話作中にて伏黒が「2年の乙骨先輩は現在海外にいる」と言及していたこと、4巻・第33話の扉絵にて「(その地がどこかは定かでないものの)憂太とミゲルが海外で行動をともにする姿」が描かれていたことから、「映画のエンドロール後の場面は、原作漫画のどの時系列にあたるのか?」を推し量ることができます。

そもそも、なぜ憂太はミゲルと行動をともにしていたのか。その問いへの答えも、原作漫画の17巻・145話作中における憂太の「『黒縄』の残りを探していたが、これに関しては無駄足だった」という言及、そして映画の劇場公開時に配布された特典冊子『呪術廻戦 0.5』内の「戦闘の基礎という意味では、影響が大きい順で、真希>五条>ミゲル」という憂太の情報から窺えます。

その立場ゆえに遠征の機会が多い五条は自身の代わりに、「百鬼夜行」の際に相当の実力を持つことが分かった呪術師ミゲルに(半ば脅す形で)憂太のさらなる技術指導を託したのではないか。また、それと併せて「あらゆる術式効果を乱し相殺する」という貴重な特性を持つ呪具「黒縄」も、今後の“想定外の事態”に備えて回収させようとしていたのではないか……。

そうした推察から浮かび上がってくる五条の思惑が、決して無駄でも的外れでもなかったことは、のちに原作漫画にて描かれた、日本国内にて起こった“最悪の事態”によって証明されることになります。

まとめ/五条の“たった一人”の戦い


(C)2021「劇場版 呪術廻戦0」製作委員会 (C)芥見下々/集英社

なお、ケニアで直接憂太に会った理由も、原作漫画の17巻・143話作中での「君(虎杖悠仁)のことを頼まれたんだ」という憂太のセリフから、「“想定外の事態”により自身の身動きがとれなくなった際、危機的な状況に陥り得る可能性がある悠仁を、自身の代わりに守ることを頼むため」であったと想像できます。

五条はどこまで、これから訪れ得る“想定外の事態”を誰よりも早く想定し、そのためのどれほどの策を講じてきたのか……。

映画のエンドロール後で描かれた五条の姿からは、自他ともに認める「最強の呪術師」としての責任を担い続ける彼の底知れなさを感じられると同時に、彼の水面下における“たった一人”の戦いも窺い知ることができるのです。



関連記事

アニメーション

【2話ネタバレ】鬼滅の刃 柱稽古編|アニメ感想考察とあらすじ解説。義勇と錆兎の関係ד繋ぐ命と託された未来”の意味を描く

なぜ義勇は、柱稽古を拒否するのか? 累計発行部数1億5000万部を突破した吾峠呼世晴・原作の大人気漫画をアニメ化。家族を鬼に殺された少年・竈門炭治郎が、鬼になった妹の禰豆子を人間に戻すために「鬼殺隊」 …

アニメーション

【ヒロアカ映画1ネタバレ感想と結末】僕のヒーローアカデミア2人の英雄のあらすじ解説。劇場版の激アツでエモな見どころを振り返る!

『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE 2人の英雄(ヒーロー)』をご紹介。 2014年から少年ジャンプで連載中の『僕のヒーローアカデミア』。2016年からはTVアニメの放送も始まり、2021年現 …

アニメーション

打ち上げ花火(アニメ映画)ネタバレ感想と評価。『君の名は』共通点考察も

原作:岩井俊二×脚本:大根仁×総監督:新房昭之 今をときめく広瀬すずと菅田将暉が声優を務めたこの夏最大の話題作! 『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』をご紹介します。 以下、あらすじや結末が …

アニメーション

『映画大好きポンポさん』ネタバレ結末の感想。原作のアニメキャラに声優が命を吹き込んだオシゴト作品

杉谷庄吾【人間プラモ】の同名コミックがアニメ化されてスクリーンに登場! 劇場アニメ『映画大好きポンポさん』は、杉谷庄吾【人間プラモ】による漫画『映画大好きポンポさん』が原作です。 映画の都・ニャリウッ …

アニメーション

映画『ガルパン最終章第3話』ネタバレ感想と結末評価レビュー。シリーズ最後のテーマ“成長”と“変革”の今後を探る

戦車を操る女子高生が対戦する人気アニメ「ガールズ&パンツァー」のOVA「最終章」の第3話劇場公開! 2017年、大人気アニメシリーズ「ガールズ&パンツァー」の最終章と銘打ち、全6話構成での公開を前提に …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学