Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アニメーション

アニメ『イノセンス』ネタバレあらすじ解説と結末の感想考察。人形と人間の違いの意味がわからない不明を詳細に紐解く

  • Writer :
  • 糸魚川悟

美麗なアニメーションと独特のセンスで全世界から評価を受けた第2作

NETFLIXオリジナル作品として製作された連続アニメ『攻殻機動隊 SAC_2045』のシーズン1を編集した『攻殻機動隊 SAC_2045 持続可能戦争』(2021)が公開されるなど、2020年代に入ってもなお冷めることのない「攻殻機動隊」シリーズの熱気。

そんな「攻殻機動隊」人気に火をつけた伝説的名作アニメ『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』(1995)は『マトリックス』(1999)など海外の様々な映画に影響を与えており、2017年にはハリウッドで映像化もされました。

今回は『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』の正式な続編であり、またも世界から高い評価を受けたアニメ映画『イノセンス』(2004)をネタバレあらすじ含めご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

映画『イノセンス』の作品情報


(C)2004 士郎正宗/講談社・IG, ITNDDTD

【公開】
2004年(日本映画)

【監督】
押井守

【脚本】
押井守

【キャスト】
大塚明夫、山寺宏一、田中敦子、大木民夫、仲野裕、竹中直人、榊原良子

【作品概要】
士郎正宗による漫画「攻殻機動隊」を映像化し高い評価を受けた押井守が再び監督を務めた続編作品。

本作には『機動警察パトレイバー2 the Movie』(1993)など押井守監督作品で多く声優を務める竹中直人と榊原良子が参加しました。

映画『イノセンス』のあらすじとネタバレ

草薙素子が失踪してから3年。

公安9課に所属するバトーは「ロクス・ソルス社」の開発した少女型ガイノイド「タイプ2052」通称「ハダリ」の暴走事件を捜査していました。

所有者と警官2名を殺害したハダリを追い詰めたバトーでしたが、ハダリは「助けて」と発すると自壊を始めたため、ショットガンで打ち抜き動作を停止させます。

9課のオフィスに戻ると、バトーは部長の荒巻から短期間で8件もの所有者の殺害を伴う暴走事故が起きたハダリの捜査を引き続き命じられます。

公安が駆り出されることにバトーは疑問を呈しますが、荒巻は全件で遺族とロクス・ソルス社との示談が成立している不審さと、死者に政治家が含まれていることから推測されるテロの可能性を提示。

バトーは9課のトグサとバディを組み、ロクス・ソルス社の回収調査で問題なしと判断されたハダリの捜査を始めます。

手始めにバトーによって破壊された個体を調べるため所轄の鑑識へと足を運んだ2人は検死官のハロウェイから、暴走を起こしたハダリは性的欲求を満たすためセクサロイドとしての特殊改造を受けていたことを聞きます。

遺族が示談を了承した理由に納得の言った2人は次にハダリの最終チェックを行ったはずのロクス・ソルス社の出荷検査官のジャックを取り調べようとしますが、ジャックがボートハウスで何者かに殺害されたと言う通報を受け現場へ急行。

現場では9課のイシカワが現場検証に入っており、ジャックを殺害した犯人は違法改造されたサイボーグであることを突き止めます。

バトーは現場から少女の写真を発見しますが事件との関連は見つけられず、イシカワの車で飼い犬の餌を買いつつ帰路に着きます。

9課の捜査によってジャックの殺害がハダリによって組長を殺害された暴力団「紅塵会」によるものだと判明し、またハダリの被害者に政治的繋がりがなかったことから荒巻は9課での全体捜査を切り上げ、事件をトグサとバトーの2人にのみ継続させます。

荒巻はバトーの精神状態を不安視し、所帯持ちかつ9課の中で身体をサイボーグ化していないトグサとバディを組ませていました。

2人は紅塵会の事務所に事情聴取へと向かいますが組員たちと銃撃戦となり、多くの組員を射殺後、若頭とジャック殺害の実行犯を確保。

バトーは若頭からロクス・ソルス社との間に出荷検査官の居場所を差し出すことで手打ちとする取り決めをしたと言う情報を聞きだします。

トグサはバトーの乱暴な捜査に苦言を呈しますが、バトーはロクス・ソルス社が事件の糸を引いているなら確実に何か手を打ってくると紅塵会での銃撃戦が意図したものだったと言います。

犬の餌を買うため馴染みの商店へと寄ったバトーは自分を尾行していると思わしき相手との激しい銃撃戦となり、複数の銃弾を受けます。

しかし、その光景はバトーが電脳に侵入を受け幻覚を見せられていたものであり実際はバトーが1人で自身に銃弾を打ちこみ暴れていただけでした。

暴走するバトーは彼の様子を不審に思い尾行していたイシカワによって制圧されます。

病院で治療を受けたバトーのもとにトグサとイシカワが現れ、公安のスキャンダルを狙った工作だろうと推測。

公安と言う稼業でありながら、犬を飼い、特定の商店でしか売っていないエサを与えると言う攻撃を受けやすい習慣を叱責するイシカワは、2人でロクス・ソルス社のある北端に向かうように命じます。

犬をトグサの家に預けることにしたバトーはトグサと共に択捉島へと向かいました。

多国籍企業が密集し犯罪率の高い択捉経済特区でハッカーのキムの情報を仕入れた2人は郊外に建てられた屋敷内でキムと会います。

しかし、キムの屋敷には疑似体験を電脳に送り込む罠が仕掛けられており、2人は屋敷内に入りキムの部屋へと行く過程を繰り返し体験させられてしまいます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『イノセンス』のネタバレ・結末の記載がございます。『イノセンス』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

自身が死亡する体験を見せられたトグサでしたが、バトーがいち早く疑似体験を見抜き脱出を果たしており、トグサに電脳鍵を差し込むことで救い出します。

自力で疑似体験の迷宮から抜け出したバトーにキムは驚愕しますが、バトーは「守護天使」からヒントを得たと言い、キムの攻勢防壁を破り気づかれずに侵入出来るレベルのハッカーの存在を匂わせました。

正気を取り戻したトグサはキムがロクス・ソルス社と組み捜査を行うバトーをハックし商店で暴走させたことを確信し、キムを確保したことでロクス・ソルス社の捜査妨害を立件できると言います。

しかし、バトーは捜査妨害と電脳倫理違反だけではく、ハダリによる暴走事故の企業責任を問うためにハダリ暴走の物証を抑えることを宣言。

捜査の手から逃れるために主権不在の航海上に浮かぶロクス・ソルス社のハダリ製造船に侵入することにしたバトー。

相棒であることを自負するトグサはキムの電脳を使い船のセキュリティに不正アクセスしバトーの侵入を手助けしますが、船のセキュリティ班に探知されキムの電脳が破壊されてしまいます。

キムは自身の死後にハダリが暴走するウイルスを船に仕込んでおり、不正に起動されたハダリが乗組員を殺害していきます。

ハダリに対し応戦するバトーは圧倒的な数に苦戦を強いられますが、バトーを手助けするハダリが現れます。

付近のハダリを動作停止に追い込んだバトーは手助けしたハダリの電脳に入り込んだ「守護天使」こと草薙素子と会話。

彼女が自身の援護をしに来たことを理解したバトーは素子と共にハダリを倒しつつ制御用端末へと急行し、素子を端末へと接続しセキュリティの制圧を求めます。

素子は圧倒的な電脳戦の実力でセキュリティを制圧し、船内の全てのハダリを停止させました。

法の及ぶ某国へと船を動かし、この船をロクス・ソルス社の不正の証拠とすることを報告する素子はバトーをハダリの暴走事故の原因を示す場所へと連れていきます。

電波を完全に遮断した部屋へと入ったバトーはハダリが「ゴーストダビング」によって作られたものだと知ります。

「ゴーストダビング」はゴースト(人間の意識や自我にあたる部分)を劣化移植する技術ですが、本体のゴーストが致命的な損傷を受けるため禁止とされていた技術でした。

ロクス・ソルス社は紅塵会が誘拐した子供を「ゴーストダビング」しハダリを製作しており、人間に近いゴーストを持つハダリは高い評価を受けるガイノイドとなっていましたが、そのことに良心を痛めた出荷検査官のジャックが出荷前にプログラムを暴走するように改変。

そのことがロクス・ソルス社に露見したことでジャックは紅塵会に売られ、殺害されたのでした。

バトーはジャック殺害現場で拾った写真の子供が装置に入れられながらもまだ生きていることに気づき救い出します。

ジャックと手を組みハダリを暴走させたことを嬉々として語る少女に「犠牲者が出ることは考えなかったのか」と意識を入れられた上で暴走させられたハダリも犠牲者であると叱責しますが、少女は「私は人形になんかなりたくなかった」と泣き崩れます。

その様子を見た素子は「意識を持たされた人形は人間になんかなりたくなかったと言うでしょうね」と呟くとバトーに「あなたがネットに接続するとき、私はいつもそばにいる」と告げ、ハダリの電脳から去ります。

事件が解決しトグサの家に預けた犬を迎えに行くバトーは、トグサが娘に買い与えた人形を見て複雑な想いを巡らせていました。

スポンサーリンク

映画『イノセンス』の感想と評価

暴走事故に隠された陰謀を暴くSFミステリ

GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』からの地続きの作品となる本作は、主人公が草薙素子から相棒のバトーに変わっているため物語のテイストも大きく変化しています。

物語は少女型ガイノイドが暴走し所有者を殺害すると言う事故を相棒のトグサと共に捜査する刑事モノであり、事故の裏に潜むおぞましい真実に驚愕するミステリとしても良質な本作。

登場人物を大幅に削った構成であり直接登場しない事件関与者が多いため、事件の様相が複雑に思われがちですが、真相の描写だけを切り取ると実はかなりシンプルにまとまったものになっています。

独特な世界観から難解であった前作に比べ、本作の物語と演出は完成度の高さが絶賛されており、日本SF大賞を受賞しただけでなくカンヌ国際映画祭でアニメーション映画として初となるコンペ部門ノミネートを果たしました。

「演出」と言う本作最大の魅力を省いても魅力溢れる1作であると言えます。

理解すればするほど面白くなる唯一無二の会話劇

本作の最大の特徴は登場人物同士の台詞回しにあり、この特徴こそが本作を難解にする要因でもあります。

本作はバトーやトグサを始めとする登場人物が多くのシーンで偉人や哲学者の言葉を引用し会話を繰り広げますが、引用された言葉について意味が説明されることがほとんどありません。

初鑑賞時には混乱を生む要素ではありますが、引用された言葉はそれぞれのシーンでその言葉を発する人物の心情を意味しており、言葉の意味を理解することで登場人物が何を感じたかが分かります。

常に頭がネットに繋がっている世界観であるからこそあり得るかもしれない独特の会話劇は、再鑑賞の面白味を引き出す独特の演出となっていました。

まとめ

人形はなぜ人の形に似せて作られるのか、そして人と人形の違いは何なのか。

自分が自分であることを証明できる意識や自我以外の全てが機械化可能な未来の世界で、人間とアンドロイドの明確な差はあるのか。

様々な哲学的な問いを投げかけながらも進んでいく暴走事故の捜査の果てにどんな事実が待ち受けているのか。

『イノセンス』は「攻殻機動隊」と言う枠組みを外して、一つの作品として鑑賞してもその高い完成度に満足いくこと間違いなしの作品です。

関連記事

アニメーション

『劇場版ハイスクールフリート』ネタバレあらすじと評価・感想。“晴風”が直面する新たな危機とは⁈

満を持して、新生「晴風」出港! 仲間と一緒なら、どんな危機(ピンチ)も乗り越えられる。 圧巻の海上戦と重厚な艦船描写、そして海に生きる少女たちの青春を描き人気を博したアニメ『ハイスクール・フリート』が …

アニメーション

【ネタバレ】コクリコ坂から|あらすじ結末感想と解説評価。手嶌葵が歌う挿入楽曲「夜明け 朝ごはんの歌」が毎朝の営みをテンポよく魅せる

昭和38年、初夏の横浜を舞台に綴られる高校生の恋物語。2人が見出した先は…。 佐山哲郎原作・高橋千鶴による少女漫画を宮崎駿が企画・脚本し、『ゲド戦記』(2006)の宮崎吾朗が監督を務めたアニメーション …

アニメーション

【ネタバレ感想】トイ・ストーリー4|4DX吹替版映画の評価とあらすじ。体感型鑑賞のススメ紹介も

『トイ・ストーリー4』は 2019年7月12日(金)から全国ロードショー公開中! ピクサー・アニメーション・スタジオの記念すべき1作目となった名作アニメ『トイ・ストーリー』(1996)。 オモチャに魂 …

アニメーション

映画『FLEE フリー』ネタバレあらすじ感想と結末の解説評価。アニメーションの力によって描く難民少年の過酷な経験とLGBTであるアイデンティティー

難民となった青年が自身の半生を語る真実の物語をアニメーションで描く! 第94回アカデミー賞(2022)にて、史上初となる国際長編映画賞、長編ドキュメンタリー賞、長編アニメーション賞の3部門同時ノミネー …

アニメーション

アニメ『スプリガン』あらすじ感想と解説評価。続編シリーズ2を原作から予測すると共に“大友克洋版”との違いも考察!

人類の未来を守るため、「オーパーツ」をめぐる戦いが始まる 「アンティキティラ島の機械」や「ナスカの地上絵」など、製造されたと推測される年代の技術では実現不可能な工芸品の数々。 それらは「オーパーツ」と …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学