Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2018/08/22
Update

【人とロボットの関係性】アニメ映画『イノセンス』『イヴの時間』から|SF恐怖映画という名の観覧車11

  • Writer :
  • 糸魚川悟

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile011


(C)2018 Production I.G/東宝

2000年にOVA(オリジナル・ビデオ・アニメーション)として発売され、斬新な演出の数々が海外を中心に大ヒットとなり、今もなお根強い人気を誇っているアニメ『フリクリ』。

そんな『フリクリ』の完全新作続編『フリクリ オルタナ』(2018)と『フリクリ プログレ』(2018)が18年の歳月を経て、9月7日と9月28日に劇場公開されます。


(C)2018 Production I.G/東宝

『フリクリ』の重要な要素の1つである音楽は、前作と同じ長寿バンド「the pillows」が担当し、監督は実写では『踊る大捜査線』、アニメでは『PSYCHO-PASS』などを手掛ける本広克行が担当する最新作の公開が待ちきれません。

今回のコラムでは、『フリクリ』に登場するロボット「カンチ」と主人公との関係性から着想を得て、日本のアニメ映画から観る「人とロボットの関係性」について考えれる作品を紹介したいと思います。

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

『イノセンス』(2004)


(C)2004 士郎正宗/講談社・IG, ITNDDTD

『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』(1995年)の続編として制作された『イノセンス』では、前作と同様に人々の脳が直接インターネットのような外部との接続が可能になる「電脳化」された社会が描かれています。

主人公のバトーが少女型のアンドロイドが立て続けに持ち主を殺害した事件を追う内に、驚くべき真相に辿り着く今作では、アンドロイドは「道具」のように扱われています。

「ゴースト」とは


(C)2004 士郎正宗/講談社・IG, ITNDDTD

「攻殻機動隊」の世界では「ゴースト」と言う言葉が重要な意味を持ちます。

人間が人間たる所以である「自意識」や「精神性」などの意味を持つ言葉ですが、人工的に作られた物体には「ゴースト」が宿らないとされているため、人々はロボットやアンドロイドを「道具」として扱います。

全身を機械の身体にすることも珍しくないこの世界観では、「道具」と「人間」の差は「ゴースト」での判断でしかなく、人形や無機物もそこに人間としての意志が存在するならば「人間」であるとさえ言えます。

紙を破くことに抵抗を感じる人は少ないと思いますが、「その紙に意志があったとしたら?」と仮定を加えるだけで、途端に紙を破くことに大きな抵抗を感じるはずです。

考えてみれば、その差は目には見えない「意志」の存在でしかなく、人の感情はあやふやなものによって支えられているのだと痛感させられます。

このように今作では、殺人を犯したアンドロイドに「意志」が存在していたのか、アンドロイドを「道具」として扱った故の惨事が主題となっていて前作以上に深く考えさせられる作品であると言えます。

『イヴの時間 劇場版』(2010)


(C)2009/2010 Yasuhiro YOSHIURA / DIRECTIONS, Inc.

2008年よりショートムービーとしてインターネット上で公開された連続アニメを1作にまとめた劇場版作品。

この作品では、「道具」としてのロボットが広く定着し、人型のロボットすらも家庭に普及し始めた未来を題材に、「人」と「ロボット」の関係性を深く描いています。

今作では、ロボットの人工知能が人間に近いほどまでに進化しているため、ロボットをあたかも人間のように扱う人たちが多く登場します。

作中では彼らの事を「ドリ系」と呼び蔑みの対象となっているのですが、多くの人間の想像に反し、ロボットは「趣味」や「無駄な時間」を理解できるレベルにまで人工知能が発達しています。

「人間」と「ロボット」の垣根を無くすローカルルールを採用した「イヴの時間」と言う喫茶店内で、「あるべき関係性」を模索していく今作。


(C)2009/2010 Yasuhiro YOSHIURA / DIRECTIONS, Inc.

人間と同等の知能を持ち得る存在が人間によって作り出された際、「しょせんは人工物」と言った感情を持ち合わせる人がいてもおかしくはありません。

しかし、感情を持ち合わせ、人と同様に趣味を理解し自分から発想ができることが分かった時、「人間とは何が違うのか」を再度認識する必要が生まれてくるのだと想像させてくれる作品です。

スポンサーリンク

次回の「SF恐怖映画という名の観覧車」は…

いかがでしたか。

次回のprofile012では、9月7日公開の最新映画『500ページの夢の束』(2018)の見どころをご紹介しつつ、「SF」が人に与える「希望」と「夢」について考えていこうと思います。

8月29日(水)の掲載をお楽しみに!

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

【SF・ホラー】2020年映画ランキングベスト5|洋画・邦画人気作から感動と想像の力を描く作品まで《シネマダイバー:糸魚川悟選》

2020年の映画おすすめランキングベスト5 選者:シネマダイバー糸魚川悟 2020年は新型コロナウイルスの影響により、映画業界にとっても厳しい1年となりました。 『ムーラン』や『ソウルフル・ワールド』 …

連載コラム

『迫り来る嵐』ネタバレ解説と監督ドン・ユエの演出を考察。激動の中国で不安定な人間心理を描く|サスペンスの神様の鼓動7

こんにちは、映画ライターの金田まこちゃです。 このコラムでは、毎回サスペンス映画を1本取り上げて、作品の面白さや手法について考察していきます。 今回ピックアップする作品は、香港返還に揺れる激動の中国を …

連載コラム

映画『パリ、テキサス』あらすじネタバレと感想。解説は鏡越しの距離感と並ぶ靴の意味|偏愛洋画劇場16

連載コラム「偏愛洋画劇場」第16幕 今回の連載コラム「偏愛洋画劇場」はロードムービーの名作『パリ、テキサス』(1984)。 ある1人の男の人生の旅路、家族との愛の物語について、幾つかの映画に映し込まれ …

連載コラム

映画『仮面ライダージオウ(2019)』ネタバレあらすじと感想。Over Quartzerは平成ライダーシリーズに終止符と祝福を|邦画特撮大全55

連載コラム「邦画特撮大全」第55章 平成最後の仮面ライダーとなった『仮面ライダージオウ』。平成も終わり令和という新時代を迎えた2019年7月26日から、『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quar …

連載コラム

映画『カゾクデッサン』感想評価と考察レビュー。“真の家族とは何か、どんな姿か”を今井文寛監督が描く|映画という星空を知るひとよ6

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第6回 映画『カゾクデッサン』は、事故にあい意識を無くした女の夫と元夫、そしてその息子が織りなす物語を描いた人間ドラマ。初夏の大気の中、東京の下町と郊外で紡がれ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学