Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

SF映画

Entry 2018/08/22
Update

映画『すべての終わり』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

  • Writer :
  • 糸魚川悟

自分の身を危険に晒してでも助けたい人がいる。

何が起きているのかも、何故そうなったのかも分からない「世界の終わり」が迫る中、その中心部にいる大切な人を助けに行く一風変わった「ロードムービー」である『すべての終わり』。

今回は、Netflixの独占配信映画らしい壮大なスケールと、独自性に満ちた今作の魅力の一部を紹介させていただきます。

スポンサーリンク

映画『すべての終わり』の作品情報


Netflix『すべての終わり』

【公開】
2018年7月13日(Netflix独占配信)

【原題】
How It Ends

【監督】
デヴィッド・M・ローゼンタール

【キャスト】
テオ・ジェームズ、フォレスト・ウィテカー、カテリーナ・グレアム、グレイス・ドーヴ

【作品概要】
未映画化の脚本を登録するサイト「ブラックリスト」で高評価を受けていた脚本を映像化した作品。

主演は『ダイバージェント』シリーズで主人公のトリスを最後まで支えるフォーを演じたテオ・ジェームズ、共演に『ラストキング・オブ・スコットランド』(2006)でアカデミー賞主演男優賞を受賞し『大統領の執事の涙』(2013)や『メッセージ』(2016)など話題作に多数出演するフォレスト・ウィテカーなど。

映画『すべての終わり』のあらすじとネタバレ

弁護士のウィルは元軍人のトムの娘、サムとの間に子供を授かっていました。

しかし、シカゴに住むトムの家での会食中、元々無職なウィルに対しトムは不満顔で、トムとウィルの関係は険悪なものとなってしまいました。

翌日、ウィルはシアトルにいるサムとの電話中に突然電話が途絶え音信不通となり、ニュースでアメリカ西部との連絡が途絶えたことを知ります。

空港も全ての便が運休となり、シアトルへと行けなくなったウィルはトムの家に行きます。

トムは各地での異常な天変地異は待ってても回復するものではないと考え、サムのいるシアトルまで車で行こうと考えていて、ウィルも同行し、2人でシアトルへ向かうことになりました。

軍によって封鎖された高速道路をトムの交渉によって通過し西へと車を走らせる2人でしたが、凶悪犯罪刑務所の近くでパトカーに乗る暴徒に襲われ、車が破損してしまいます。

2日目、暴徒との戦いであばらが折れたトムに代わり車を走らせるウィルは先住民住居地リトル・クローで破損した車を修理工の女性リッキーに修理してもらい、トムはリッキーに2千ドルの報酬を払うことを条件に同行を求めます。

リッキーを加え3人となったウィルたちでしたが、コンパスが北を正常に指さなくなったことに気を取られ、反対車線を走る車とぶつかってしまいます。

横転した車の生存者を見捨てたことで、リッキーは罪悪感にかられるのでした。

3日目、3人はウィルの友人のいるアシュランドと言う町に寄ることにします。

アシュランドは保安官により住民以外の出入りは禁止されていましたが、友人の名前を具体的に出すことにより通行を許可されます。

ウィルの友人アダムの妻、メグに迎え入れられた3人は水の補給や車の修理を済ませます。

メグは夫のアダムが西へ仕事へ向かったまま帰らないことから、その生存を期待していないようでした。

そんな様子の彼女を置き、再び西へと車を走らせる3人。

道中、一瞬だけ電波が回復し2日前にサムが残した留守番電話聞きますが最後まで再生することは出来ませんでした。

焼けた山の中を走る途中、助けを求める女性を見つけ車を降りたウィルは銃を持った男たちにガソリンを奪われます。

トムはあばらの骨折により戦うことが出来なかったため、ウィルがガソリンを奪った男たちの車を追跡し、リッキーが銃で男たちの乗った車のタイヤを撃つことで横転させることに成功。

横転した車からガソリンを奪い返したウィルとリッキーでしたが、直後に車が爆発し乗っていた男たちは死亡します。

リッキーは度重なる道中での惨事に耐えきれず、1人仲間を去ることに決め、姿を消しました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『すべての終わり』ネタバレ・結末の記載がございます。『すべての終わり』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

4日目、あばらの骨折を治療出来ず、病状が悪化していくトムはウィルにサムを守ることを約束させます。

最悪な状況に至り、家族のような絆を手に入れる2人。

しかし、平和な時間もつかの間、街に繋がる橋は武装した集団により封鎖されていて戦闘になります。

勝負度胸と運転の実力を手にしていたウィルは武装集団をやり過ごしますが、弱っていたトムが戦闘の衝撃に耐えきれず命を落としてしまいます。

車も故障し徒歩でシアトルへと向かわざるを得なくなったウィルは、ガソリンを使い車ごとトムを火葬します。

5日目、ウィルは北へと向かう家族連れの車に乗せてもらい、途中まで送ってもらうことになります。

父の家に寄ったウィルは、誰もいない父の家で、食料と車庫にある車と引き換えに家族連れの男の乗るジープを手に入れます。

6日目、遂にシアトルへとたどり着いたウィル。

雪のように灰が降る街となったシアトルで、サムの住むアパートにたどり着いたウィルはサムが残したメッセージを手掛かりに、サムが避難した場所を探し当てます。

ジェレマイアという男がサムを保護しており、ウィルは彼女と再会する事が出来ました。

ジェレマイアは今回の出来事について、自然災害ではなく人工的なものであると仄めかします。

翌日、ジェレマイアはサムを自分のものにするためウィルを拳銃で射殺しようと試みますが、その動きを察知したウィルは撃たれる前に逆にジェレマイアを射殺。

直後、地震とともに「何か」が迫り出し、サムとウィルは車に乗り「何か」が来る反対側に車を走らせます。

終わりが迫り来る中、車内で2人は愛を誓い、ウィルはサムを必ず守ると伝えるのでした。

スポンサーリンク

映画『すべての終わり』の感想と評価

『ザ・ロード』(2009)や『ザ・ウォーカー』(2010)など、「ポストアポカリプス」と呼ばれる文明が崩壊した後の世界を描く作品は、各地を巡りながら物語が展開していく「ロードムービー」の形式を採用していることが多々あります。

それらの作品と同様に、今作は「ロードムービー」の形式ではあるのですが、「文明が崩壊しきった世界」ではなく、現在進行形で「文明が崩壊していく世界」の中で、アメリカを東から西へと縦断する異質な「ロードムービー」の形式となっています。

混乱する都会、漠然とした恐怖を覚える田舎、自身の目的のため暴徒となる人々、侵入者を拒む町など、天変地異の発生したアメリカ西部に向かうにつれ人々の様相が変わっていく様子を、何が起きているのかもわかっていないウィルたちと同じ空気で感じ取ることが出来ます。

元軍人のトムとの旅の中、銃の使い方すら知らない弁護士のウィルが荒廃した世界に順応していく様子や、上手くいかない義理の父との分かりあっていく展開など「ロードムービー」としての定石や魅力がしっかりと詰まっている作品でした。

まとめ

トムを演じたフォレスト・ウィテカーに惹かれて、この作品に興味を持つ方がいるかもしれません。

現に筆者自身もその一人だったのですが、堅物で娘の彼氏に厳しく、娘を救うために全てを捧げる父を演じているフォレスト・ウィテカーは期待していた通りの魅力的な演技でした。

役者の演技も光る、今作をぜひ確認してみてください。

関連記事

SF映画

『X-MENアポカリプス』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。能力が問われる激戦に最強最悪の始祖復活する内容とは⁈

最古にして最凶の“神”復活!迎え撃つは若き“X-MEN”! 人気アメコミ原作「X-MEN」新シリーズ、第三弾『X-MEN:アポカリプス』。全てのミュータントの始祖、アポカリプことエン・サバ・ヌールが復 …

SF映画

映画『十年』の太賀主演『美しい国』感想レビュー。是枝裕和監修で突きつけた問題定義とは【十年Ten Years Japan】

映画『十年Ten Years Japan』は2018年11月3日(土)テアトル新宿、シネ・リーブル梅田ほか全国順次公開。 是枝裕和監督が才能を認めた、5人の新鋭監督たちが描く、十年後の日本の姿。 高齢 …

SF映画

劇場版ウルトラマンR/B セレクト!絆のクリスタル|ネタバレ感想レビュー。湊兄弟の最後の戦いとトレギアの目的とは

映画『劇場版ウルトラマンR/B セレクト!絆のクリスタル』 ルーゴサイトとの決戦から1年…。 綾香市に訪れるあらたな危機にウルトラマンロッソ、ブルにウルトラマンジードを加え立ち向かいます。 兄弟がウル …

SF映画

映画『X-MEN: ダーク・フェニックス』感想と内容解説。最大の脅威である闇の正体とは⁈

『X-MEN: ダーク・フェニックス』は2019年6月21日(金)より、全国ロードショー! 20年に渡り壮大に展開されてきた“X-MEN”サーガが、今まさに壮絶な最終章(フィナーレ)を迎えようとしてい …

SF映画

映画『12ヶ月のカイ』あらすじ感想と考察評価。亀山睦実監督が描く人間とヒューマノイドとの“SF恋愛模様”

映画『12ヶ月のカイ』 は9月15日(水)テアトル新宿にて限定上映。 人間とヒューマノイドとの恋愛を描いた映画『12ヶ月のカイ』。 新しいもの、環境や変化を苦手とする現代日本人へのアンチテーゼとして、 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学