Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

SF映画

Entry 2018/11/04
Update

『ヴェノム』ネタバレ感想と評価。寄生獣と似たバディムービーを傑作洋画と割り切って楽しもう

  • Writer :
  • 白石丸

「最悪」というキャッチコピーに強烈な牙をむいたポスタービジュアルが話題になっていますが、意外にも映倫審査ではPG12。

それもそのはず、本作『ヴェノム』は、ヴィランが残虐に大暴れする映画ではなく、悪そうに見える怪物が主人公とツンデレ漫才を繰り返しながら悪を倒すというストーリー。はっきり言えばファミリー向け映画です。

また日本人には馴染みの深い『寄生獣』と非常に似た話になっており、そこに注目しながら映画『ヴェノム』の本当の魅力を解説していきます。

スポンサーリンク

映画『ヴェノム』の作品情報


(C)&TM 2018 MARVEL

【公開】
2018年(アメリカ映画)

【原題】
Venom

【監督】
ルーベン・フライシャー

【キャスト】
トム・ハーディ、ミシェル・ウィリアムズ、リズ・アーメッド、スコット・ヘイズ、リード・スコット

【作品概要】
スパイダーマンシリーズの人気ヴィラン『ヴェノム』の初の単独映画化。

主人公エディ・ブロックとヴェノムの声両方演じるのは『マッドマックス怒りのデスロード』『ダンケルク』など毎年話題作に出続ける人気実力ともにTOPクラスの個性派トム・ハーディ。

メガホンを撮ったのは『ゾンビランド』で残酷描写をしっかりやりながら愉快でさわやかなコメデイを成り立たせる手腕を見せたルーベン・フライシャー。

映画『ヴェノム』のあらすじ


C)&TM 2018 MARVEL

アメリカの科学振興組織ライフ財団は、とある彗星で発見したアメーバ状の謎の生命体「シンビオート」の研究を秘密裏で進めていました。

彗星を発見した際にロケットが墜落して、一匹のシンビオートがどこかに逃げ出してしまいます。

体当たりの取材が売りだったテレビリポーターのエディ・ブロックは、ライフ財団の悪巧みの噂を聞いて、代表のカールトン・ドレイクに取材に行きます。

そこであまりに核心に迫った質問をしてしまったため、ドレイクとエディを雇っているテレビ局の社長を怒らせてしまい、彼は解雇されてしまいます。

エディは婚約者のアンにも愛想を尽かされ、半年間貧しい生活を過ごします。

そんな折、ライフ財団のやり方に疑問を持っていた研究者の一人、ドラ・スカースがエディのもとにやってきます。

彼女の話によるとドレイクは、人類滅亡の危機を回避するために強靭な未知の生命体「シンビオート」を研究していたのです。

しかし「シンビオート」が生命体に寄生して、宿主の身体能力を強化させる特性があることが分かると、ドレイクはホームレスを拉致して人体実験を始めた事実を告げます。

シンビオートはなかなか人体と適合せず、被験者は次々と死亡していました。その悪行を告発するために、エディに協力して欲しいというのです。

仕事がなく崖っぷちのエディは、その話に乗り、ドラの案内でライフ財団の研究室に侵入します。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ヴェノム』ネタバレ・結末の記載がございます。『ヴェノム』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

エディは知り合いのホームレスを見つけ、助け出そうとしますが、そのホームレスに寄生していたシンビオートに乗り移られてしまいます。

警備員に気づかれ追いかけられますが、エディは急に超人的身体能力を発揮して追っ手を撃退します。

そしてその日からエディの脳内に謎の声が聞こえるようになり、寄生したシンビオートは、自らをヴェノムと名乗りました。

ヴェノムはエディを気に入ったといいます。

ドレイクはドラを問いただし、エディがシンビオートと適合していることを知って彼を生け捕りにしようとします。

ライフ財団の追手がやってきますが、ヴェノムとエディは圧倒的な力で全員倒しました。

シンビオートは生きた生物をそのまま捕食するので、追っ手の一人を食い殺します。

エディはヴェノムの残忍さに戸惑うも、彼によって得られる超人的能力に快楽を覚え始めていました。

元恋人アンもエディに起きた異変を病院で調べさせた結果、ヴェノムの存在を知ります。

そんな中、ドレイクのもとに行方不明になっていたシンビオートのライオットがやってきて、彼に寄生します。

ヴェノムはライオットはシンビオートを地球に呼び寄せ、人間を喰らい尽くす気だといい、エディはその陰謀を阻止することを決意します。

ヴェノムも自分と同じく、負け犬としてもがいているエディや、エディが愛しているアンに対する特別な思いが出来始めていました。

一方、ライオットはドレイクと完璧に融合し、圧倒的な強さになっていました。

ドレイクは宇宙ロケットを打ち上げ、シンビオートを迎え入れようとしていましたが、そこにヴェノムが立ちはだかります。

ライオットは力でヴェノムを圧倒しますが、アンも戦いに加わって、スピーカーでシンビオートが嫌う4000~6000キロヘルツの不協和音を流し、ライオットを弱らせます。

エディたちは捨て身でロケットを爆発させ、ライオットとドレイクは爆死。

ヴェノムはエディを爆炎から守り死んだかのように思われました。しかしアンには隠しながらエディとヴェノムは共生を続けていました。

エディはヴェノムに悪人以外は食わないという約束を交わさせます。

やがてジャーナリストとして復帰したエディは、とある連続殺人犯の取材のために刑務所を訪れます。

彼の名はクレタス・カサディ。

エディが質問をしても彼はのらりくらりと交わし、「俺が刑務所を出たらカーネイジが現れるだろう」と言って不敵に笑いました。

スポンサーリンク

映画『ヴェノム』の感想と評価


C)&TM 2018 MARVEL

バディムービーとして楽しむ

本作はダークヒーロー映画と銘打たれていますが、この作品を見た観客の印象は「バディ映画じゃん」と感じた方が多いのではないでしょうか。

エディは寄生されてからずっとヴェノムと会話をして、いわば彼のツッコミ役をしている存在です。

別にヴェノムのせいでダークサイドに取り込まれたりすることもなく、やり方は雑ながらテレビレポーター時代と同じく悪を弾劾する立場を貫いています。

彼はヴェノムの存在に戸惑いながらも人間らしく生き、自らの正義を持ってヴェノムと一緒に世のために戦う存在です。

日本人でそれなりにサブカルに詳しい人なら国民的人気を誇る『寄生獣』との類似性を感じます。岩明均の名作コミックで2014年に実写映画化もされました。

人気コミック『寄生獣』との類似性

参考映像:『寄生獣』(2014)

ヴェノムのキャラは言葉遣いなどは粗暴ながらもミギーにとても近いのではないでしょうか。

主人公新一に寄生した生物ミギーは、彼が死ぬと自分も死んでしまうため、新一にアドバイスをして絆を深め一緒に強くなっていきます。

ミギーは他の寄生生物から異端扱いされますが、新一と生きる道を選び、新一もミギーから得た超人的な力を正義のために使うことを決意します。

ほとんど『ヴェノム』と一緒。そしてミギーに対抗して後藤という最強の寄生獣が出てきたように、主人公たちと対になるようなライオット&ドレイクという圧倒的な強さの極悪キャラクターが出てきます。

スパイダーマンに登場した時を振り返る


(C)2007 Sony Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.

サム・ライミ版『スパイダーマン3』(2007)に登場したときは、スパイダーマン=ピーター・パーカーという圧倒的な正義キャラクターがいたため、ヴェノムとエディは彼に嫉妬する存在でした。

ヴェノムが擬態したブラックスパイダーマンは通常のスパイダーマンと対比的な考えを持っており、スパイダーマンが一歩間違えればこうなっていたかもしれないという力を持つヒーローの負の側面を描いていました。

しかし、今回はいろいろな権利問題もあり、スパイダーマンが出てこないのでヴェノムがヒーローの役割を担っています。

ルーベン・フライシャー監督は、「スパイダーマン」シリーズやヴェノムのキャラクターの肝をしっかりと抑えて、主人公と対になる存在の悪役をちゃんと作り上げています。

地球人類のためと言いながらシンビオートの力に飲み込まれてしまうドレイクと、同じ状況でも正義のために力を使うエディ。

“エリート対落ちこぼれ”=“巨大財団代表のエリート科学者VS失業中の自称ジャーナリスト”という設定にもなっており、2人のバトルはかなりぐっときます。

その上でヴェノムを題材にしながら、きっちりとファミリーで見に来られるように残虐描写は抑え目になっています。

その点が生ぬるいと言われ一部のファンから叩かれる要因ともなっていますが、それでも劇中のヴェノムは憎めないキャラクターとして生き生きしています。

はっきり言って、割といい奴です。エディとの掛け合いが非常に楽しく、だんだんとヴェノムが可愛く見えてくるのも本作の妙味です。


(C)2007 Sony Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.

原作コミックでは、もっと人をバリバリ食べたり凶悪で残虐なヴェノムですが、映画化された主人公の“エディと同じく負け犬である”という設定が加わっています

無職で人生崖っぷちなエディがヴェノムと組んで正義の心と誇りを取り戻し、最良のパートナーになっていくストーリーは、なかなか感動的になっています。

コミックのファンは、原作に忠実な映画化を観ることは諦め、『48時間』(1983)や『リーサル・ウェポン』(1987)のような愉快なバディムービーとして見るのが正解なのではないでしょうか。

まとめ


(C)2007 Sony Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.

当初の映画ファンの予想と異なり、ファミリー向けバディヒーロー映画となった『ヴェノム』。

本作がヒットすればもっと原作に近いエゲツないヴェノムが見られるかもしれないので、しっかり劇場に足を運びましょう。

そして本作ラストでは、あのウディ・ハレルソンが原作でも人気の悪役クレタス・カサディ=“カーネージ”として登場します。

凶悪なシンビオートのカーネージは、原作ではヴェノムの宿敵の存在です。

次回作では彼と戦うことによって『ヴェノム』ならではの、毒をもって毒を制すヒーローという設定が活かされた映画になるかもしれないので、今から期待できますね!

関連記事

SF映画

映画『ターミネーター』あらすじネタバレと感想。ラストシーン必見のシュワちゃん人気シリーズの原点

1984年に公開されたSF映画『ターミネーター』は、人気シリーズの原点。 “ヤツは誰にも止められない!” 未来からやってきた殺人マシーン『ターミネーター』による恐怖と戦慄に立ち向かう女性、サラと彼女を …

SF映画

映画『散歩する侵略者』あらすじネタバレと感想!ラスト考察も【長澤まさみ×松田龍平×黒沢清代表作】

日本が世界に誇る奇才・黒沢清による『散歩する侵略者』をご紹介します。 以下、あらすじや結末が含まれる記事となりますので、まずは『散歩する侵略者』の作品情報をどうぞ! スポンサーリンク CONTENTS …

SF映画

劇場版ウルトラマンR/B セレクト!絆のクリスタル|ネタバレ感想レビュー。湊兄弟の最後の戦いとトレギアの目的とは

映画『劇場版ウルトラマンR/B セレクト!絆のクリスタル』 ルーゴサイトとの決戦から1年…。 綾香市に訪れるあらたな危機にウルトラマンロッソ、ブルにウルトラマンジードを加え立ち向かいます。 兄弟がウル …

SF映画

映画『ヴォイジャー』感想評価と内容解説レビュー。SF宇宙船という閉ざされた空間で成長する若者たちの“人間としての狂乱”

映画『ヴォイジャー』は2022年3月25日(金)より全国ロードショー! 人類が存続の可能性を求めるべく目を向け始めた宇宙。その新たなステージに向けて出発した若者たちが未知の真実に直面することで巻き起こ …

SF映画

おすすめSF映画『イカリエ-XB1』あらすじとキャスト。チェコ・ヌーヴェルヴァーグの潮流も

あの名作SF映画『2001年宇宙の旅』や『スター・トレック』が発表される以前の1963年。 チェコスロヴァキアで誕生した奇蹟のSF映画『イカリエ-XB1』が、デジタル・リマスター版として蘇ります! S …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学