Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

SF映画

Entry 2020/10/05
Update

『テネット』『メメント』比較ネタバレ考察。ノーラン代表作の見どころ原点とこだわりポイントを解説

  • Writer :
  • 増田健

映画『TENET テネット』は2020年9月18日(金)より全国ロードショー!

世界中のSF映画ファン、クリストファー・ノーラン映画ファンが内容について語り合い、様々な解釈を披露している『TENET テネット』。

あまりに難解、との意見も上がっていますが、自作に様々な仕掛けを用意しながらも、発見と解釈は常に観客の手に委ねているノーラン監督。

この作品を読み解くには、ノーラン監督初期作品で出世作でもある、『メメント』(2000)を振り返ると多くのヒントが見えてきます。

それでは、『TENET テネット』の原点となる映画、『メメント』について振り返りましょう。

スポンサーリンク

映画『TENET テネット』のあらすじ


(C)2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved

テロ事件から多くの人を救い、敵に捕らえられた”名も無き男”。目覚めた彼にミッションが命じられます。それは未来から現れた敵と戦い、第三次世界大戦を阻止するものでした。

ミッションのキーワードは、TENET(テネット)。未来で時間の逆行を可能とする装置が開発され、人と物の未来からの移動が可能になり、それを駆使した戦いが勃発していたのです。

“名も無き男”は敵の正体を暴こうと、活動を開始します。そして彼は時間の逆行を駆使した、かつてない戦いの場に身を置くことになりました。

詳細なストーリーを知りたい方は、こちらをお読み下さい。

逆行する銃弾シーンは『メメント』にもある


(C)2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved

時間の逆行を様々な映像やストーリーで描いた『TENET テネット』。その代表的なシーンが、前半に登場する逆行して拳銃に戻ってくる、発砲された銃弾です。

これと同じシーンが『メメント』に、しかも冒頭に登場します。しかし『メメント』は、時間の逆行を逆再生映像で描いた映画ではありません。

『メメント』の主人公は強盗に襲われて妻を失い、その際頭に傷を負った結果、約10分間しか記憶を保てない前向性健忘という記憶障害になった男。

過酷なハンディを背負いながら、妻を殺した真犯人を負う主人公の姿を、映画は時間をさかのぼる形で描く作品です。

『メメント』の冒頭に登場する、発砲した銃弾が拳銃に戻るシーンは単純な逆再生映像ですが、これから映画は過去に戻っていくことを示す役割として登場します。

スポンサーリンク

正しく流れる時間と逆行する時間の交差


(C)2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved

『TENET テネット』には一つの時間軸の中で、正しい時間に巡行して進む人物と、時間の流れに逆行する人物が同時に同じ画面に登場して、今まで無い世界を繰り広げます

この設定だけでもさぞ複雑な映画、という印象を与えてしまいますが、ノーラン監督はそれを判りやすく視覚的に区別しています。

それは『TENET テネット』の画面上に登場する色、赤と青。赤で表現されるのは時間に巡行する者で、青で表現されるのは時間に逆行する者です。

クライマックスの戦場に登場する部隊、レッドチームとブルーチームは将にそのものでした。

『メメント』は過去にさかのぼる物語ですが、主人公の回想という形で正しい時間の流れも登場します。

時間をさかのぼっていくシーンはカラー映像で、正しい時間をモノクロ映像で表現した『メメント』。色分けされた物語が交差することで、映画は真相にたどり着こうとします。

最初の銃の発砲シーンの後、時間に逆行して進むカラーパートに対し、正しい時系列パートはモノクロで描かれているので、容易に区別できます。

進行と共にモノクロ映像にカラーが加わります。正しい字形列パートも最後のシーンはカラー映像で描かれ、そのシーンはカラーパートの時間逆行する物語にリンクする。

そして時間に逆行する物語と、時間に巡行する物語はつながり、循環する一つの物語として完成します。

この映像の仕掛けに気付いた観客は、大きな驚きを持って受け取りました。

処女長編映画『フォロウィング』(1999)で、時系列がバラバラに進行する物語を作ったクリストファー・ノーラン。

彼は学生の頃読んだ、グラハム・スウィフトの小説「ウォーターランド」の、過去の歴史が現代の事件に関わってくる、時間を操作して描いた物語から影響を受けたと語っています。

そのテーマをより明確な形で描いたのが、長編第2作目の映画『メメント』。劇場で限定公開された作品は口コミで人気となり、その後全米興行収入ランキングのトップ10入りを成し遂げました。

『メメント』はその優れた表現力とアイデアが評価され、アカデミー賞の脚本賞と編集賞にノミネートされています。

言葉や文字へのこだわり


(C)2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved

上から読んでも下から読んでも「TENET」。古くから伝わる、SATOR式と呼ばれるラテン語の回文に登場する言葉です。

歴史ある、有名な回文に登場する言葉をタイトルにした『TENET テネット』。

SATOR式からは他にも劇中の登場人物の名前などが引用され、この映画が回文と同様に逆行や循環を扱った作品だと示しました

『メメント』の原作はノーラン監督の弟、ジョナサン・ノーランが書いた短編小説「Memento Mori」。

これは有名なラテン語で、「自分がいつか死ぬことを忘れるな」という意味の警句です。

主人公が記憶障害を持つ『メメント』は、忘れ去られる事実を記録する手段として、様々な言葉を記します。

記憶の代わりとして撮ったポラロイド写真に記した言葉。重要な事柄は自らの体に刻んだタトゥー。劇中に登場する様々な文字や言葉が、謎を解くヒントとして提示されました。

特に重要な言葉は鏡文字で胸にタトゥーされ、鏡の前に立つたびに自らの脳裏に焼き付けるようにする…。

これらの文字は主人公が目的を取り戻し、犯人を追及する手段となります。

それと同時に、観客に対して映画の謎を読み解くヒントを与えるものでした。

文字や言葉に様々なヒントを散りばめる手法は以降の作品で発展し、『TENET テネット』でも重要な役割を果たします。

劇中に登場する無数の名称や言葉が、解読すると深い意味を持つ仕掛けになっているのです。

スポンサーリンク

まとめ


(C)2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved

SF映画色の強いノーラン監督作品、『インセプション』(2010)や『インターステラー』(2014)のファンから、期待と注目を集めて公開された『TENET テネット』。

しかし本作の原点は彼の出世作『メメント』にあり、そこで描いたテーマや映像表現を、より発展させたものだとお判り頂けたでしょうか。

ちなみに記憶障害を持つ『メメント』の主人公が、記憶を維持してそれを元に行動できる限界時間は10分間。

『TENET テネット』のクライマックスの、時間に巡行する部隊と逆行する部隊が共同で戦う限界時間も、同じく10分間です。

同じ時間であることに重要な意味はないでしょうが、限られた時間と環境の中でミッションのクリアを求める見せ場を、監督が重視していることは確実です。

このようなシーンは、『インセプション』や『インターステラー』でも度々登場し、ノーラン監督作品を特徴付けるものになっています。

作品のスケールも映像表現も、科学的な考察も進化し続けるクリストファー・ノーラン。

その原点となる作品『メメント』を、今改めて体験してはいかがでしょうか。

映画『TENET テネット』は2020年9月18日(金)より全国ロードショー!




関連記事

SF映画

ディストピア映画『クマ・エロヒーム』あらすじと感想レビュー。坂田貴大監督が描いた SF近未来の野心作

12月22日(土)より一週間、池袋シネマ・ロサにて映画『クマ・エロヒーム』の公開。 少子化が叫ばれて久しい昨今ですが、もし将来、人類の繁栄だけを目的とした社会が生まれたらどうなるのでしょうか。 子ども …

SF映画

映画『亜人』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

原作は桜井画門の人気コミック『亜人』が2017年に遂に実写映画化! キャストは『るろうに剣心』シリーズの佐藤健と『踊る大捜査線』シリーズの本広克行監督よる初タッグで贈る新感覚アクション・ムービー。 今 …

SF映画

映画『孤独なふりした世界で』ネタバレ感想と評価。結末まで過去と記録の意味を問う物語

映画『孤独なふりした世界で』はHTC渋谷&シネ・リーブル梅田「未体験ゾーンの映画たち2019」にて2019年4月5日より公開 人気の俳優ピーター・ディンクレイジと女優エル・ファニングの起用で …

SF映画

カオス・ウォーキング|ネタバレ結末感想と評価解説。SF映画最新作は頭で考えたことや心の中の思いが他者にノイズとなってさらけ出されてしまう斬新な設定!

心の声が〈ノイズ〉となって視えてしまう世界で繰り広げられるSFアクションアドベンチャー。 パトリック・ネスによるSF小説『心のナイフ』〈混沌(カオス)の叫び1〉を映画化。 監督は、『オール・ユー・ニー …

SF映画

映画『X-MEN: ダーク・フェニックス』感想と内容解説。最大の脅威である闇の正体とは⁈

『X-MEN: ダーク・フェニックス』は2019年6月21日(金)より、全国ロードショー! 20年に渡り壮大に展開されてきた“X-MEN”サーガが、今まさに壮絶な最終章(フィナーレ)を迎えようとしてい …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学