Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

SF映画

Entry 2020/12/21
Update

映画『ザ・フライ』ネタバレ感想とラスト結末の考察。ハエ男と美しき恋人の悲劇愛はバッドエンドとは言い切れない

  • Writer :
  • すずきあゆみ

デヴィッド・クローネンバーグ監督の1986年公開のアメリカ映画『ザ・フライ』。

映画『ザ・フライ』は、ゴア描写が特徴的なデヴィッド・クローネンバーグ監督の代表作です。

ひとりの人間が“異形のハエ人間”に至るまでの過程を、綿密に描写した本作。アカデミー賞メイクアップ賞受賞とあって「グロい!」という感想が先行しがちですが、実際はこの上ない悲劇のラブストーリーでもあります。

気持ち悪いを遥かに超え「気持ち悪いことが悲しい」、映画『ザ・フライ』のあらすじを、本記事ではネタバレ付きで紹介していきます。

スポンサーリンク

映画『ザ・フライ』の作品情報

【公開】
1986年(アメリカ映画)

【原作】
ジョルジュ・ランジュラン小説『蝿』

【監督】
デヴィッド・クローネンバーグ

【キャスト】
ジェフ・ゴールドブラム、ジーナ・デイヴィス、ジョン・ゲッツ、ジョイ・ブーシェル

【作品概要】
1958年に公開されたSFホラー『蝿男の恐怖』のリメイク映画。ボディ・ホラーの巨匠、デヴィッド・クローネンバーグ監督作品。

主演はジェフ・ゴールドブラム。序盤ではスマートな天才科学者・セスが、惨たらしい姿のハエ人間に至るまでの壮絶な過程を彼が体現しています。

映画『ザ・フライ』のあらすじとネタバレ

セス・ブランドルは、若干20歳でノーベル化学賞の受賞候補に挙がった経験を持つ天才科学者。彼が近年没頭している研究が、物質転送マシン“テレポッド”の開発です。

転送機の片方に収めた物を、もう片方の機械に転送するというもので、対象物を一度細胞レベルで分解し、元の状態に再構築するという前代未聞の挑戦でした。

実はテレポッド、すでに無機物の転送は成功しています。しかし有機物、つまり生物由来のもので行う実験ではいまだ失敗が続いていたのでした。

展覧会に出かけたブランドルは、科学雑誌の女性記者・ヴェロニカと出会います。美しいジャーナリストに惹かれたブランドル、「とんでもない実験をしているから研究所に来ないか」と彼女を誘います。

苦笑いのヴェロニカは一緒に研究室に来てくれました。ブランドルはテレポッドを前に揚々と実験について語り始めるのです。

言って聞かせても半信半疑なヴェロニカ。それでは、とブランドルは手元にあった靴下を実際に“テレポーテーション”してみせます。

世紀の発明を間近に見たヴェロニカ「正式に取材したい」とテープレコーダーを取り出します。ところがブランドルは制止します。まだ有機物では成功していない実験段階、今はまだ世に出したくありません。

美しい記者、ヴェロニカは、つい最近まで職場の上司・ステイシスと交際していました。彼女の方からステイシスに別れを告げたものの、ステイシスはまだヴェロニカに未練があります。元彼上司に執着されている、面倒な状態です。

ヴェロニカが隠し撮りの音声をもとに作ったテレポッドの取材記事に目をつけたステイシスは、本誌で発表しようと言い出します。ところがブランドルの返答はやはりNG、彼にとって公表は今ではないのです。

こうした一貫した姿勢と研究熱心なブランドルの姿に惹かれていくヴェロニカ。ブランドルもまた、女性的な優しさと強いジャーナリズムを併せ持つヴェロニカに夢中になります。

二人の間に芽生えた愛情をも、天才科学者ブランドルは研究のタネにします。ブランドルは転送機に肉感という生き物の特性をインプットすることで、ついに有機物の転送を成功させるのです。愛を教えてくれたヴェロニカが、彼にもたらしたアイデアでした。

この世紀の成功はいわば二人の成功、彼らの愛はますます深くなります。睦まじくシャンパンを飲みながら旅行の計画を立てているとき、ヴェロニカは研究所宛に送られていた一通の封筒に目が止まりました。

何かを感じたヴェロニカが中を確認すると、そこには秘密裏に行っていた一連の研究の詳細がまとめあげられた冊子が入っていました。ヴェロニカとブランドルの仲を察したステイシスの仕業に違いありません。

怒りに震えるヴェロニカ。ステイシスに一発くれるため、その場から何も言わず立ち去ります。困惑したのはブランドルでした。祝いのシャンパンを空けていたのに、なぜ……「ヴェロニカには別の男がいるのでは…?」。

ブランドルはやけになってシャンパンの残りを胃に流し込み、テレポッドに入ります。自分が承認されるには、やはり有機物のテレポーテーションを完全形にするより他ないのだと…。酔っぱらったブランドルとたまたま紛れ込んだ “1匹のハエ”は、こうして一緒に転送機にかけられます。

以下、『ザ・フライ』』ネタバレ・結末の記載がございます。『ザ・フライ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ブランドルの転送は、見事成功!したように見えました。しかし翌朝、セスの身体に異変が起き始めます。昆虫並みの脚力、跳躍力。さらに、背中にできた傷から見た事のない固い毛が生えてきたのです。

日を増すごとにブランドルの変化は進みます。異様なほどに増す性欲、思考や味覚にも異常が現れはじめ、仲直りしたヴェロニカもこの異変を怖がりはじめます。

自分と同じ超人になるようにと、転送機に押し込められそうになったヴェロニカ、ついに彼を病院に連れて行きます。そこで医師に「この毛は昆虫のものだ」と告げられるのでした。

ブランドルは研究所に戻り、テレポッドのデータを調べます。彼はそこではじめて転送機にハエが入っていたことを知りました。ブランドルはハエと一緒に遺伝子レベル分解され、そしてひとつに再融合してしまったのです。

歯が抜け、爪が抜け、しまいに性器が抜け…、ハエにないものはブランドルの身体から次々と抜け落ちていきました。

皮膚はどこもかしこもただれ、ハエと融合した拒絶反応からか頻繁に溶解液を吐くブランドル。数日経って、見た目もますますハエのように変貌していきます。

ブランドルの変貌を恐れながらも心配するヴェロニカでしたが、ある日自分が妊娠していることを知ります。

ハエと融合したブランドルとの子供…一体、自分はどんな異形の生き物を産み落とすことになるのか…。今のブランドルは、人と呼べるのでしょうか。ヴェロニカは、あれだけ嫌っていた元彼上司・ステイシスに全てを話し、二人は堕胎の手続きをします。

しかし病院を襲撃したのは、異形のブランドル。堕胎をさせないために、ヴェロニカを連れ去ります。ブランドルは自分の子供を残したいと考えていました。これはブランドル自身が考えていたことと言うより、もはやハエ人間の繁殖欲でした。

ヴェロニカになおも出産を迫るブランドル。ヴェロニカはこれをはっきりと拒絶します。自分がどんな姿になってもヴェロニカを失うことは耐えられないブランドル、「テレポッドに入って、3人で1つになろう」と恐ろしく悲しい提案をするのでした。

ブランドルはテレポッドにヴェロニカを押し込みます。そして、自分も。これに激しく抵抗するヴェロニカ。テレポーテーションは失敗し、ブランドルはテレポッドそのものと融合してしまいます。

機械と融合したハエ人間、彼は転送機の部品をぶら下げながらヴェロニカのもとに這っていきます。ブランドルに銃を向けるヴェロニカ。苦しむ彼を撃つことができません。

やっと、ヴェロニカの元にたどり着いたブランドルは、彼女の持つ銃に自分の頭を押し付けます。ヴェロニカは彼の願いを聞き入れ、引き金を引くのでした。

スポンサーリンク

映画『ザ・フライ』の感想と評価

1980年代ホラーの中でも一層グロテスクと評される本作、バイオホラーとテクノロジーを掛け合わせた今観ても斬新なストーリーです。

同時代に公開されたリドリー・スコット監督映画『エイリアン』(1979)同様、生理的な気持ち悪さの中にも、未来の技術への夢や希望が見え隠れする雰囲気がたまらないという方も多いのではないでしょうか。

「気持ちが悪い」と一蹴する方も少なくない作品ですが、ブランドルが気持ち悪い姿であることそのものに、とてつもない悲しさを感じます。

ブランドルの子を宿した際には恐怖し、堕胎しようとしたヴェロニカでした。しかし、ブランドルがハエと融合して徐々に異形の姿に変化していく状況においても、ヴェロニカは彼を優しく抱きしめています。

では、恐怖、嫌悪感と愛情の狭間で揺れる彼女の感情は、B級ホラーだけでのみ味わえるドラマティックなものなのでしょうか?

本作では、愛する人間がどんな姿になっても変わらず愛し続けることができるか?という不変の愛についての問題提起が投げかけられます。

江戸川乱歩の『芋虫』(1929)、またカフカの『変身』(1915)などにも見られる「愛する人が醜い姿に変貌した時」。または、あなたの愛する人が病気や怪我、老いによって変貌したらどうでしょう。

では、映画『ジョニーは戦場へ行った』(1971)で描かれた悲劇の主人公のように、愛する人が人と呼べるのか、自信が持てない姿に変わり果ててしまったら……。変わらず愛を注ぐとこはできるでしょうか。恐怖を感じることは、後ろめたいことなのでしょうか。

「今自分はなぜこの人を愛しているのだろう」。美しいヒトの姿をしているから?正しく滑らかなコミュニケーションが取れるから?本作を鑑賞すると、自分のエゴによって他人に愛情を抱いていたことに気づかされます。

だからこそ、ヴェロニカとブランドルそれぞれの献身を描いたシーンで、私たちは涙を流すのではないでしょうか。

徐々に思考も昆虫に近づき、理性が失われていく自覚があったブランドルは、ヴェロニカに危害が及ぶことを避けるため、もう研究所に来るなと突き放します。

肉体が腐り、自分が自分で無くなっていく孤独は想像を絶するものでしょう。それでもブランドルはヴェロニカのために彼女を遠ざけたのです。

また、ラストシーンのヴェロニカも、変わり果てた恋人を自分の手で撃ち殺すことに躊躇いを感じます。

たとえ理性の無い彼に襲い掛かられた後だとしても。ところが、ブランドルがよろよろと這い、銃口を自分の頭に押し当てるのを見て、彼の願いを聞き入れました。

本作が完全なバッドエンドであるという人もいます。しかし、若く眩しい男女が利己的な愛を乗り越えて、最期にはお互いを思いやった“ベストエンド”なのでは、と思います。

まとめ

本作『ザ・フライ』は1958年に公開されたSFホラー『蝿男の恐怖』のリメイク映画。バイオホラーの名匠、デヴィッド・クローネンバーグ監督による容赦ない描写は衝撃的です。

ジェフ・ゴールドブラム演じる天才科学者・ブランドルが化学実験の失敗により、ハエと遺伝子レベルで融合。心身は徐々に侵食されていきます。

美しい恋人・ヴェロニカの献身的な態度、しかし時折垣間見せる恐怖・嫌悪の表情は徹底的にリアルで考えさせられます。おそらく女性であればヴェロニカ、男性であればブランドルに感情移入し、絶望してしまうでしょう。

恋人がハエ人間になることは現実的ではありませんが、人は常に変化しながら生きています。“もし自分であれば”「相手の変貌に対して、どこまで愛情でついていけるだろうか……」。後ろめたいテーマに対峙したショックで観る人は涙を流すのではないでしょうか。

関連記事

SF映画

映画『インデペンデンス・デイ』ネタバレあらすじと感想。SF大作に必要なスケール感が発揮された90年代を代表する作品

90年代を代表するSF大作! 圧倒的な戦力を誇る侵略宇宙人に対し、アメリカ独立記念日の7月4日、人類が決死の反撃に出ます。 ブロックバスターの大作の多いローランド・エメリッヒ監督作の中でも最も人気の高 …

SF映画

映画『シン・ゴジラ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

誰しもが2014年のハリウッド版「GODZILLA ゴジラ」を観た際に、「怪獣映画」というジャンルも、ハリウッドに持って行かれたと嘆いたことでしょう。 しかし、庵野秀明監督が、初代ゴジラに並ぶ、あるい …

SF映画

『クローバーフィールドHAKAISHA』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。主観的な撮影を用い“怪獣”を見せすぎない

海外ドラマ『LOST』で話題を集めたJ・J・エイブラムス製作作品 映画『クローバーフィールド/HAKAISHA』は、2010年にバンパイア映画『モールス』や、2014年には映画史に残るSF映画の新シリ …

SF映画

映画『夏への扉 キミのいる未来へ』内容感想と解説考察。山崎賢人が原作小説のラストをいかに締めくくるかに注目!

映画『夏への扉 ―キミのいる未来へ―』は2021年2月19日(金)より全国順次ロードショー! 冷凍睡眠、タイムトラベル…時空を超え、青年は『夏への扉』を探す旅に身を投じていきます…。 SF作家ロバート …

SF映画

劇場版『アンダー・ザ・ドッグ/ジャンブル』あらすじとキャスト

劇場版『アンダー・ザ・ドッグ/ジャンブル(UNDER THE DOG/Jumbled6)』は、6月23日(土)〜7月6日(金) 2週間限定公開。 舞台は東京オリンピックが大規模テロによって中止に追い込 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学