Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

SF映画

Entry 2020/09/21
Update

【テネットの逆行タイムトラベル考察】 SFタイムパラドックスの基本が新たな次元に到達す!

  • Writer :
  • 増田健

映画『TENET テネット』は2020年9月18日(金)より全国ロードショー!

『インセプション』(2010)や『インターステラー』(2014)など、斬新なSF映画を作り続けているクリストファー・ノーラン監督

この系譜に、奇術師を描いた映画『プレステージ』(2006)を加えても良いかもしれません。

時間の逆行、その技術を使ったタイムトラベル、それを駆使した戦い。『TENET テネット』はこれらを題材とした映画の革新であり、同時に新たな基準を築いた作品と言えるでしょう。

それでは『TENET テネット』に至るタイムトラベル作品の系譜と、本作が描いた新たな到達点について解説しましょう

スポンサーリンク

映画『TENET テネット』のあらすじ


(C)2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved

テロ事件の現場から、仲間を救うために敵に捕らえられた”名も無き男”。目覚めた彼にミッションが命じられます。それは未来から現れた敵と戦い、第三次世界大戦を阻止するものでした。

ミッションのキーワードは、TENET(テネット)。未来で時間の逆行を可能とする装置が開発され、人と物の未来からの移動が可能になり、それを駆使した戦いが勃発していたのです。

“名も無き男”は敵の正体を暴こうと、活動を開始します。そして彼は時間の逆行を駆使した、かつてない戦場に身を置くことになりました。

タイムトラベルが様々な映画を生んだ


(C)2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved

マーク・トウェインの小説「アーサー王宮廷のヤンキー」など、SF小説誕生以前からタイム・スリップで、異なる時代に旅する物語は描かれていました。

そしてH・G・ウェルズの小説「タイムマシン」で、人の発明した装置によるタイムトラベル、という考え方が世界に広まります。

当初は現在に比べて過去はこうだった、このままでは未来はこうなってしまう、といった社会風刺を描く手法として使用された時間旅行

やがてタイムトラベルという考え方自体が、SF作家など様々なクリエイター、そして科学者たちの思考を刺激します。

物理学の発達が時間の概念も変えて行きましたが、素人が詳しく語ることは避けましょう。

その中でタイムパラドックスという問題が、SF作家を刺激しました。タイムトラベルして過去に行った自分が、自分の両親の仲を裂いたら、自分の存在はどうなるのでしょうか?

そして過去を変えたら、未来はどうなってしまうのか。誰もが感じる素朴な疑問を映画化し、コミカルに描いて大ヒットした映画が『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(1985)です。

スポンサーリンク

袋小路に入った人気シリーズある⁈


(C)2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved

タイムパラドックスの疑問はこれに留まりません。現在の自分と、過去または未来の自分が遭遇した時に何が起きるのか。タイムトラベルで改変された歴史は、修正することが出来るのか。

その場合元の歴史の流れと、改変された歴史の流れはどうなるのか。

こういった疑問を取り込み、より発展させたのが『バック・トゥ・ザ・フューチャー2』(1989)、『バック・トゥ・ザ・フューチャー3』(1990)でした。

同じ時期の人気シリーズに、『ターミネーター』(1984)があります。未来から歴史を改変するために現れた殺人マシーンと、それを阻止する未来からの戦士の闘いを描き、大ヒットします。

その続編『ターミネーター2』(1991)も大ヒット。

2作目までは「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズ同様、科学的にはともかく物語的には、見事にに完結したSF映画シリーズの地位を築いた「ターミネーター」シリーズ。

ところがヒットの結果、『ターミネーター3』(2003)以降の続編が登場します。歴史を改変する敵味方のマウントの取り合い、といった展開が発生し、観客はついていけなくなりました。

そこで歴史が変わったことで別の時間軸が生まれた、というパラレルワールド(平行世界)の考え方を採用します。

しかしこれがファンの間で辻褄合わせに終始する、以降の「ターミネーター」シリーズ作品を、収集のつかない展開にしたと受け取られました。

これは安易に続編を作らせなかった、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズが正しい判断をした、と言えるでしょう。

しかしこれらの作品のお陰で、物理学の発展と共に進んだタイムパラドックスに関する様々な考え方が、広く世界に認知されました。

それを踏まえて「アベンジャーズ」シリーズの『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)、『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)のあの展開、世界的大ヒットが生まれたと言って過言はありません。

描かれ続けてきたタイムパラドックス


(C)2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved

80年代から現在までの、有名な映画シリーズでその系譜を紹介しましたが、これらの作品が描いたSF的題材は、それ以前から描かれていました。

『ターミネーター』第1作の公開後、SFTVドラマシリーズ『アウターリミッツ』(1963~)の幾つかのエピソードが、『ターミネーター』と類似していると指摘されました。

後に2エピソードの脚本家に訴えられ、和解金の支払いとエンドクレジットへの表記追加を条件に和解しています。

様々なタイムパラドックスやパラレルワールドへの様々な考察は、それ以前からSF作家の作品に登場していました。

海外ではSFファンの間で広まっていた様々な考察。日本ではそれが手塚治虫や藤子・F・不二雄の作品などで紹介され、マンガやアニメの形でより幅広い層に受け入れられます。

その結果『バック・トゥ・ザ・フューチャー』や『ターミネーター』は日本で大ヒットしました。

続編は当時バブル経済の絶頂を迎えようとしていた、日本の資金と市場を見込んで作られ、成功を納めました。

さて『TENET テネット』を、難しい設定の難解な作品かもしれない、と敬遠している方もいいるかもしれません。

ご安心下さい。時間が逆行すれば何が起きるか、どのような世界なのか、といった素朴な疑問に対し、一つの答えを映像化して見せてくれる作品です

過去にそういった作品に馴染んでいる方なら、年代を問わず楽しめる作品になっています。

スポンサーリンク

今後のSF作品の基準となる映画

参考映像:『プライマー』(2004)

かつてのタイムトラベル映画は、ある時点から過去、あるいは未来のある時点に現れるものでした。

物理学の発展と共に、時間の流れをエントロビーの増大として捉え、エントロビーの減少が時間の逆行を生む、とした説を採用した『TENET テネット』。

本作の公開後、世界で注目を集めている作品に、サンダンス映画祭で審査員大賞を獲得したSF映画『プライマー』(2004)があります。

6時間かけて、6時間前の世界に行くタイムマシン。将に時間の逆行を描いた作品でした。

『TENET テネット』以前にも同じテーマを扱った作品は存在します。それが現実になった時、どのような光景を見せるのか。それをクリストファー・ノーラン監督は描いたのです。

時間の逆行と言えば難しいですが、我々は映像作品の中でたびたび目撃しています。何のことはない、逆再生した映像です。時間をさかのぼる表現として、お約束の手法に過ぎません。

それに逆らって動く人間がいた場合、何が起こるのか。それを現実の物として徹底的にリサーチし、考察して描いたのが『TENET テネット』です。

出発点は素朴なSF的疑問に過ぎません。観客も楽に受け入れが可能です。

しかしこの描写が果たして正しいのか、前例の無い映像を見せられた者は大いに戸惑い、同時にこれが正しいのか考えを巡らすでしょう。

この映画の時間の逆行の描写が、果たして正解かは判りません。しかし今後『TENET テネット』を踏まえて、この描写を上位補完しようとする作品は、必ず登場します。

またSFのみならずホラー、またコメディ映画の題材としても、クリエイターを刺激し影響を与えるはず。

『TENET テネット』は今後生まれる作品に、間違いなく1つの叩き台となる基準を与えました

まとめ


(C)2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved

映画などの創作物は、オリジナリティだけで評価されるものではありません。後の世代のクリエイターは、自分が体験した作品に刺激され新たな物を生み出します。

新たな映像やイメージは、すぐさまそれを超える映像を生む挑戦に、映画製作者たちを駆り立てます。

ノーラン監督の『インセプション』を越えようと、『ドクター・ストレンジ』(2016)は更にインパクトある映像世界を誕生させました。

『TENET テネット』は間違いなく後のクリエイターに、超えるべき基準を与えた作品であり、ゆえにSF映画ファンは見るべき作品です

先ほど、「ターミネーター」シリーズは歴史を改変する者の、マウントの取り合いという泥試合になったと紹介しました。

そのような中『TENET テネット』の一番の功績は、もし時間を逆行できる者が争えば、それは通常の時間の流れに身を置く者と、別次元の争いになることを示した事だと考えます。

同時にそれは、通常の時間の流れに委ねる世界と、全く別のルールに生きる者たちの世界を誕生を宣言するものでした

素朴な『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズ型のタイムトラベル映画からの、1つの発展形の姿を提示したノーラン監督。

もっとも『バック・トゥ・ザ・フューチャー3』のドクは、ラストで我々とは別次元で生きる、タイムトラベラー一家になったと示唆されました。

完結したあの人気シリーズの、その先の姿をノーラン監督が描いたとも言えます

革新的な映像だけでなく、時間を超越した人間の姿を描いた映画として、『TENET テネット』は語り続けられるでしょう。

映画『TENET テネット』は2020年9月18日(金)より全国ロードショー!





関連記事

SF映画

アベンジャーズ インフィニティウォー |あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

マーベルコミック原作のヒーロー・チームが、宇宙の危機を救う為に戦う「アベンジャーズ」シリーズ第3弾。 宇宙の運命を握る、6つのインフィニティ・ストーンを巡り、最強の敵サノスとの争奪戦を描いた『アベンジ …

SF映画

映画『予兆 散歩する侵略者 劇場版』ネタバレあらすじと感想。

2017年9月9日公開『散歩する侵略者』のアナザー・ストーリーとして、WOWOWで放送&ネット配信された全5話のドラマ『予兆 散歩する侵略者』を映画版としてまとめ、待望の劇場公開! 本家以上の黒沢清ワ …

SF映画

劇場版仮面ライダービルド2018|あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

2018年8月4日より、『劇場版 仮面ライダービルド Be The One』が全国東映系で公開。 石ノ森章太郎生誕80周年記念作にして、平成最後の夏の仮面ライダー映画。 そんな本作『劇場版 仮面ライダ …

SF映画

映画『シン・ゴジラ』地上波初放送カット!なぜ東京空襲がない?

庵野秀明総監督の『シン・ゴジラ』。テレビ朝日にて地上波初放送! さて、地上波初放送にどのような場面がカットされるたのでしょう。 楽しみにしていたのですが…。 スポンサーリンク CONTENTS映画『シ …

SF映画

ブレードランナー(1982)あらすじと考察!松田優作は何を見たか?

『ブレードランナー2049』の公開が2017年10月27日に差し迫りました。 続編の公開前に、前作『ブレードランナー』を振り返ってみましょう。 スポンサーリンク CONTENTS1.映画『ブレードラン …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学