Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

SF映画

映画『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』あらすじと感想レビュー!

  • Writer :
  • 村松健太郎

映画『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』は、6月29日(金)より全国ロードショー

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』に続くスター・ウォーズシリーズ公式スピンオフ作品第2弾。

シリーズ屈指の人気キャラクター、ハン・ソロの若き日の姿を描いており、ファンならお馴染みのチューバッカ、ランド・カルレシアン、ミレニアム・ファルコン号など多くのキーアイコンも登場。

エピソード4~7までハリソン・フォードが好演したハン・ソロを引き継いだのは、若手注目株オールデン・エアエンライク。監督はオスカー監督でもある実力はロン・ハワード!

スポンサーリンク

映画『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』の作品情報


(C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights reserved

【公開】
2018年(アメリカ映画)

【原題】
Solo: A Star Wars Story

【監督】
ロン・ハワード

【キャスト】
オールデン・エアエンライク、ウッディ・ハレルソン、エミリア・クラーク、ドナルド・グローバー、タンディ・ニュートン、フィービー・ウォーラー=ブリッジ、ヨーナス・スオタモ、ポール・ベタニー

【作品概要】
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』に続く、スター・ウォーズシリーズ公式スピンオフ作品第2弾。

ルークやレイアと出会う前のハン・ソロが、アウトローながら内に秘めた正義感と試練に立ち向かう姿を描いた作品。

かつてハリソン・フォードが演じた若き日のハン・ソロを、今作で務めたのは、『ヘイル、シーザー!』で知られるオールデン・エアエンライク。ハン・ソロの相棒となるチューバッカも登場!

演出は『ダ・ヴィンチ・コード』で知られる名匠ロン・ハワード監督です。

映画『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』のあらすじ


(C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights reserved

パイロットを夢見るハン。しかし、若き日の彼はただの町のアウトローに過ぎませんでした。

その後、帝国軍に入るここで、一人=ソロという二つ名を得たものの、パイロットの夢がはかなわない日々。

そこで出会った謎の男トビアス・ベケットから闇の商売に手を貸さないかと誘われます。

そこで奴隷扱いされていたウーキー族チューバッカとも出会いました。

高速宇宙船が必要になった一行は、生粋のギャンブラーランド・カルレシアンと彼の持つ船ミレニアム・ファルコン号を賭けた勝負に打って出ます。

そこには昔なじみの女性キーラーの姿もありました。

やがて、銀河のその名を轟かす名パイロットの最初の大仕事とは…?

スポンサーリンク

映画『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』の感想と評価


(C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights reserved

このスピンオフ、ありか?なしか?

今までと違って、全米を中心に先行して公開された国が多い中での日本上陸。

興行収入の面では大苦戦していて、その作品の内容自体もありか?なしか?非常に意見が分かれていますが、いよいよ日本に『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』が上陸します。

これは『ハン・ソロ』という作品が、本当の意味でのスピンオフ作品であるところが大きい

スピンオフ作品第1弾の『ローグ・ワン』はスピンオフ作品とは言いつつも、エピソード4に直結する内容で“スター・ウォーズエピソード3.9”ともいうべき内容でした。

これに対して『ハン・ソロ』はシリーズを示す記号的なキャラクターは多数登場するものの、エピソードカウントされている本シリーズからはっきりとはずれた物語になっています。

この立ち位置がシリーズの中でも初めての出来事で、そのことに対しての戸惑いは作り手から受け手まで多くの人が抱えていたのでしょう。

例えて言えば、『ローグ・ワン』は『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズに対する『ホビット』シリーズのような存在だったのに対して、本作『ハン・ソロ』は『踊る大捜査線』シリーズに対する『交渉人真下正義』のような立ち位置の作品となっています。

『交渉人』は『踊る』の本筋にあったサラリーマン刑事の悲哀の部分をオミットして、『サブウェイ・パニック』(1974/ジョセフ・サージェント監督)に、全面的なオマージュをささげたサスペンスにシフトチェンジしていました。

直前の『踊る2』で真下正義が交渉人として研修を受けていたことと、現実問題としてシリーズに欠かすことができない和久平八郎役のいかりや長介が死去していたために、シリーズの単純な継続ができない中でのスピンオフ展開だった。

スター・ウォーズでもエピソード7でハン・ソロが息子であるカイロ・レンに殺されたという事情があります。

その一方でディズニー傘下の新体制になってからは、とにかくエピソード4~6のいわゆるクラシック3部作に寄せていくという戦略の中でスピンオフ作品の主役に据えることができるのはハン・ソロというキャラクターしかいなかった

流石にルークやレイア姫そのものの物語を描いてしまうと、クラシック三部作の二人の自分探しの部分を台無ししてしまいかねないからです。

そんな作品の作られかたを“妥協の産物”として見るか“新機軸”として見るかで意見も、受け取り方も変わってくるのではないでしょうか。

まとめ


(C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights reserved

本作品は『ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー』に続き、スター・ウォーズのファンに贈られた知られざるハン・ソロの物語を解き明かしたスピンオフ作品です。

ハリソン・フォードが演じてきた、人気キャラクターのハン・ソロの若き日の姿に扮したのは、『ヘイル、シーザー!』などで注目株となったオールデン・エアエンライク。

そのほか、同じく若き日の悪友ランド・カルリジアンをドナルド・グローバーが務め、もちろん、ハン・ソロの相棒となるチューバッカも登場します!

『ダ・ヴィンチ・コード』で知られた名匠ロン・ハワード監督の演出が務めます。

さて、本作『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』のスピンオフはありか?なしか?要注目です!!

映画『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』は、6月29日(金)より全国ロードショー

関連記事

SF映画

映画『ザスーラ』ネタバレ感想と考察評価。「兄弟愛」と「後悔」の交錯する物語

映画『ザスーラ』ネタバレ感想。ラスト結末までのあらすじ紹介も 少年時代の冒険は、多感な時期だからこそ何物にも代えがたい貴重な体験です。 家庭内で不和が起き、兄弟関係も喧嘩ばかりで上手くいっていない。 …

SF映画

映画ライフ2017あらすじとキャスト!日本公開日や試写会情報も

最後に生き残る“ライフ”とは一体…?! 密室の宇宙船を舞台にしたSFパニック・スリラー映画『ライフ』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画『ライフ』の作品情報映画『ライフ』のキャスト …

SF映画

映画『リディバイダー』あらすじとキャスト。公開する劇場情報も

映画『リディバイダー』は、2018年6月9日(土)より新宿シネマカリテ他にて全国順次公開。 現実世界VS複製世界、そこで生き残るのはひとつ⁈ 映画『美女と野獣』で野獣役を演じたダン・スティーヴンス主演 …

SF映画

映画『亜人』佐藤健(永井圭役)の演技評価 とキャスト感想!

アニメ化にもなった桜井画門の大ヒットコミック『亜人』の主人公・永井圭役に、映画『るろうに剣心』シリーズの佐藤健を迎えて遂に実写化! 亜人と人類の壮絶な戦いを描いた映画『亜人』と、俳優・佐藤健のプロフィ …

SF映画

映画『アンダー・ザ・ウォーター』あらすじとキャスト。人類の結末はいかに?

ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田で開催される「未体験ゾーンの映画たち2018」。 そこで上映される1本が映画『アンダー・ザ・ウォーター』。 海面上昇により地上のほとんどが海水に沈み、多 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学