Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

SF映画

Entry 2019/03/19
Update

【ネタバレ感想】キャプテンマーベルの結末までの詳細なあらすじ。アベンジャーズ参戦のヒーロー誕生!

  • Writer :
  • 白石丸

「アベンジャーズ」シリーズへと連なる物語

MARVEL史上初の女性単体ヒーロー映画が、男女コンビ監督でついに誕生しました。

男女の枠も人間の枠も超えた最強のヒーロー、キャプテン・マーベルが満を持してスクリーンに登場です。

映画『キャプテン・マーベル』の詳細なあらすじと感想レビューを紹介いたします。

スポンサーリンク

映画『キャプテン・マーベル』の作品情報


(C)2019 MARVEL

【日本公開】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
Captain Marvel

【監督】
アンナ・ボーデン、ライアン・フレック

【キャスト】
ブリー・ラーソン、ジュード・ロウ、サミュエル・L・ジャクソン、クラーク・グレッグ、リー・ペイス、ジェンマ・チャン、アネット・ベニング、ベン・メンデルソーン、マッケンナ・グレイス、コリン・フォード

【作品概要】
1968年に誕生した女性ヒーロー、キャプテン・マーベルが初の実写化。

キャプテン・マーベルことキャロル・ダンバースを演じるのは『ルーム』(2016)でアカデミー最優秀主演女優賞を受賞したブリー・ラーソン。

また10年以上に渡ってアベンジャーズの生みの親、S.H.I.E.L.D.S長官のニック・フューリーを演じたサミュエル・L・ジャクソンが最新技術で若返った姿で登場します。

監督は『ハーフネルソン』(2006)や『なんだかおかしな物語/ボクの人生を変えた5日間』(2010)などの人間ドラマを撮ってきたライアン・フレックとアンナ・ボーデンの監督コンビ。

「アベンジャーズ」シリーズ本編のブリッジ要素もありますが、単体ヒーロー映画として十二分の完成度を誇る快作です。

映画『キャプテン・マーベル』のあらすじとネタバレ


(C)2019 MARVEL

高度な文明を持つ惑星クリーの軍人ヴァースは、上官のヨン・ログと毎日戦闘訓練をしていました。

彼女は手から特殊な光線フォトンブラストを出すことができましたが、その力を制限するための装置を体内に埋め込まれており、その力を使わずに強くなれとログから指導されていました。

夜ごとに悪夢を見るヴァース。少女だった時の自分、軍隊に入って訓練をしている自分。彼女はいつも男社会に揉まれながら高みを目指していました。

しかしそこは明らかにクリーではない別の場所。6年前にログに拾われたヴァースには、軍に入る前の記憶がありませんでした。

クリーを統治する人工知能スプリームインテリジェンスに呼ばれたヴァースとログ。

ヴァースはクリーの特殊部隊スターフォースに加わることを認められます。

最初の任務は、クリーと長く争っているスクラル星人が潜伏しているという星の調査。スクラル星人は他の生物に擬態できる能力を持ち、その力で様々な星を制圧しているよう。

星に到着すると、現地人に化けたスクラル星人がおり、戦闘になります。

戦いの末、ヴァースは囚われてスクラルの宇宙船に乗せられ、特殊な装置で記憶を探られてしまいます。

その結果、ヴァースは惑星c-53で生まれ、キャロル・ダンヴァースという名だったこと、空軍に所属していたことがわかりました。

スクラル星人の首領タロスは、彼女が所属していた空軍が秘密裏に進めていた計画の情報を求めており、宇宙船をc-53に向かわせます。

彼らはヴァースの上官だったローソンという女性を探す予定でした。

ヴァースは目を覚まし、フォトンブラストを駆使して宇宙船に穴を開けて脱出。しかし宇宙船はc-53の成層圏まで来ており、ヴァースは地上に落下していきます。

惑星c-53とは地球のことでした。当時の地球は1995年。

レンタルビデオ店に墜落したヴァースは、先程見た記憶に戸惑いながらも、通信でログに記憶で見たローソンという女性について調べると報告をいれ、地球のことを調べ始めます。

一方、地球に不時着したスクラル星人たちも地球人に擬態し、ヴァースを追いかけます。

レンタルビデオ店に、米国の特殊組織S.H.I.E.L.D.Sの捜査官ニック・フューリーがやってきてヴァースを取り調べます。

ヴァースがクリーやスクラルのことを話してもフューリーは信用しませんでしたが、そこで1人のスクラルが彼女を狙撃してきます。

ヴァースはスクラルを追いかけて電車に乗り込みました。


(C)2019 MARVEL

老婆になりすましていたスクラルと応戦しますが、取り逃がしてしまいます。

フューリーは、助手席にいた後輩捜査官コールソンがスクラルのなりすましだと気づき、揉み合って事故を起こしてしまいました。

そのスクラルは死亡、解剖の結果明らかに地球の生物ではないと証明されたので、フューリーはヴァースが言っていたことを信じざるを得なくなります。

しかしタロスは既にフューリーの上官ケリーになりすましていました。

その頃、ヴァースは蘇った記憶を元に、ローソンとよく来ていたバーに訪れました。後を追ってきたフューリーが現れ、ヴァースを空軍の記録を保管している施設に連れていきます。

そこにはグースという猫がおり、フューリーに懐きますが、ヴァースは猫のことも記憶で見ていました。

調べていると彼女が所属していた空軍では、科学者だったローソン主導のもとペガサス計画が進行していたことが判明。ペガサス計画とは、光束エンジンを開発する計画のこと。

さらに、ローソンの手記で彼女がクリー星人であること、6年前にパイロットと実験に行き死亡したこと、そのパイロットがヴァースだったことがわかりました。

キャロル・ダンバースという名で写真に写っている自分を見た彼女は戸惑います。

ログに連絡をすると、マー・ヴェルというクリー人が地球で戦争に勝つためのエネルギーコアを開発していたとわかったと言われます。

ログも地球に向かおうとしていました。

そこにケリーになりすましたタロスがエージェントたちとやってきますが、フューリーは彼が偽物と見抜き、ヴァースはフォトンブラストで彼をはじき飛ばします。

グースも連れて逃走する2人の前にコールソンが現れますが、彼は2人を見逃しました。

小型機に乗り込んだヴァースたちは、最後にローソンの事故を目撃したマリア・ランボーという元同僚の家に向かいます。

その頃、クリーのエリート軍隊アキューザーズの長官ロナンは、スクラルたちを確実に始末すべく地球に船を進めていました。

マリアは死んだと思っていたキャロル(ヴァース)が現れ驚きますが、彼女の娘モニカは久しぶりに会えたと大喜び。

そこにタロスたちが現れ、敵意はないと説明してきます。

タロスはなぜかグースを見て怖がっていました。

タロスは6年前の事故当時のローソン達の記録音声を持っていると言います。

聞いてみると、ローソンとキャロルが乗っていた機体は攻撃を受けて墜落したようで、ローソンはハラという惑星からやってきたとキャロルに説明していました。

そこでキャロルはついに思い出します。

攻撃してきた相手に奪われる前にエンジンを破壊しようとした時に、狙撃を受けたこと。その相手はログでした。

彼にエネルギーコアを渡さないようにエンジンを撃ち抜いた途端、キャロルは青い衝撃波に包まれ、特殊な能力を身につけたのです。

その後ログは事故で記憶を失ってしまった彼女をクリーに連れ帰り、嘘を吹き込んで戦士に仕立てあげました。

タロスは、「スクラルたちはアキューザー軍によって母星を追われ、クリーの悪事に気づいたローソンことマー・ヴェルが自分達を救おうとしていた」と語ります。

マー・ヴェルは宇宙空間の座標データを残しており、キャロルは宇宙船の副操縦士として付いてきてほしいとマリアに依頼します。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『キャプテン・マーベル』ネタバレ・結末の記載がございます。『キャプテン・マーベル』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

座標の地点に到着するとそこには透明になれる宇宙船があり、スクラルの難民たちが隠れ住んでいました。

家族と抱き合うタロスに、キャロルはスクラルの目的を誤解していたと謝罪します。

その頃、ログは地球に着き、キャロルと会話しますが、それがスクラルのなりすましだと気づき、キャロルが真実を知ってしまったと察します。

キャロルはマー・ヴェルが残したテッサラクトと呼ばれる青いキューブを発見。

特殊な力を秘めたテッサラクトを守らなければと話していると、グースの顔が突然割れて巨大な触手が伸び、テッサラクトをを体内に入れてしまいます。

グースはただの猫ではなく、猫に擬態した宇宙生物フラーケンでした。

そこにヨン・ログとスターフォースたちがやってきて、キャロルやスクラルたちを取り押さえます。

ログはスプリームインテリジェンスにキャロルを引き合わせ、再度洗脳させます。

キャロルは精神世界で、ローソンの姿をしたスプリームインテリジェンスと対話しますが、ヴァースと呼ばれて「私はキャロルよ」と言い放ちました。

彼女は首に埋め込まれていたパワーを制限するための装置を引きちぎり、ついに全ての力を解き放ってスターフォースたちを圧倒します。

キャロルはフューリーたちにグースごと連れて行ってテッサラクトを守るように指示。

フューリーたちが逃げる途中にもスターフォース兵が立ちはだかりますが、グースは再び触手を出してあっという間に彼らを飲み込んでしまいました。

マリアの操縦で地球に向けて脱出しますが、後をスターフォースの宇宙船が追いかけてきます。

地上の砂漠地帯での激しいチェイスの末、敵船を撃破しますが、更にログが運転する宇宙船が狙撃してきます。

そこに宇宙空間を飛んできたキャロルが駆けつけて、ログの宇宙船を破壊。

その直後、地球の前にロナン率いるアキューザーの艦隊が現れ、大量のミサイルを放ちますが、キャロルはそれも全部撃墜します。

そのまま艦隊の目の前まで飛んできたキャロルを見て、ロナンは全軍撤退を指示しました。

キャロルは地上に戻ると、ログを叩きのめします。

彼女はログを宇宙船に押し込めると、自戦争や嘘の支配を終わらせるためにいつか戻るとスプリームインテリジェンスに伝えるよう言って、自動運転でクリーに向かって発進させました。

すべて解決して喜んでいたフューリーは、グースに目をひっかかれてしまいます。

キャロルはマー・ヴェルの遺志を継いでスクラルたちの安寧の地を探すと言い、フューリーにグースとテッサラクトを守るように頼みます。

彼女はフューリーのポケベルを改良し、いざという時に自分を呼ぶようにと渡しました。

旅立つ前、キャロルはモニカと自分もマー・ヴェルと名乗ろうかと話していました。「区切るより、マーベルにした方がいいよ」というモニカ。

キャロルは”キャプテン・マーベル”としてタロスたちと一緒に飛び立っていきました。

その後、引っかかれた左目が治らず眼帯をしていたフューリーは、オフィスでコールソンと「地球を守るにはもっとヒーローが必要だ」と語っていました。

彼はヒーローを集める計画の報告書を書き始めます。

ふとキャロルの空軍時代の写真を見た彼は、戦闘機のボディにペイントされた「AVENGER」という単語に目を止め、計画の名前を「アベンジャーズ・イニシアティブ」と記しました。

20数年後、サノスの目論見通り宇宙の全生物が半分消されてしまった後の世界で、ブラックウィドウとキャプテンアメリカ、ハルクことブルース・バナー博士は何か望みがないか話し合っていました。

彼らはS.H.I.E.L.D.S長官ニックフューリーが消える前にポケベルでどこにサインを送ったのか突き止めようとしていましたが、そこに突然キャプテン・マーベルが現れ、「フューリーはどこ?」と聞いてきます。

その頃、フューリーのいなくなったオフィスに取り残されていたグースは、テッサラクトを吐き出しました。

スポンサーリンク

映画『キャプテン・マーベル』の感想と評価


(C)2019 MARVEL

2018年に公開された『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』はサノスの全宇宙の生物を半分に減らすという計画が成功し、大勢のヒーローたちが灰になって消えてしまうという衝撃の結末を迎えました。

ラストでニック・フューリーが消える直前にポケベルを操作しますが、そこに映ったのはキャプテン・マーベルのマーク。

アメコミファンはついにキャプテン・マーベルがついに実写化されると歓喜しました。

キャプテン・マーベルは長らく実写化が待望されていた1968年に誕生したヒーローで、アベンジャーズ崩壊の危機にとうとうマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)に合流。

しかし、本作が『インフィニティウォー』と『アベンジャーズ エンドゲーム』(2019)の橋渡し的作品になるのは明らかで、その分単体で楽しめる作品になっていないのではないかという危惧もあったのですが、いざ本編を見ればそれは杞憂でした。

本作はマーベル初の女性単体ヒーロー映画にして、超王道の英雄誕生譚になっています。

オスカー女優ブリ―・ラーソンはただ強いだけの女性ではない葛藤する主人公キャロルを見事に演じています。

また90年代半ばからスターダムにのし上がったサミュエル・L・ジャクソンが、最新の技術で40代のニック・フューリーとして若返った姿で出てくるのも見どころ。

CGで若返らせる技術は数年前から発展してきていますが、準主役級で長時間若返った状態の役者が出てくるのは革新的です。

ニック・フューリーの過去やアベンジャーズ計画発案の理由、『アベンジャーズ』(2012)にも登場したフィル・コールソン捜査官の若き日の姿まで描かれ、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014)の悪役ロナンも登場するのでMCUファンにはたまりません。

もちろん戦闘シーンはマーベル印の安定の迫力ですし、DCコミックスで言えばスーパーマン級の強さを誇るキャプテン・マーベルの無双ぶりは、ハラハラはしませんがとても爽快で気持ちいいです。

クリーの兵士ヴァースが徐々に自分の過去を探っていくミステリー仕立てのストーリーも物語の大きな推進力になっています。

そして何より本作が素晴らしいのは、元々圧倒的なスーパーパワーを持っているキャロルがヒーローとしての心に目覚めるさまを丁寧に描いているところです。

『ハーフネルソン』などの繊細な人間ドラマを作ってきたアンナ・ボーデン、ライアン・フレックのコンビを監督に起用したのが功を奏しました。

最初は自分が何者かもわからず、クリー帝国のためと人工知能の言いなりになっていたヴァースが、地球人キャロル・ダンバースとしてのアイデンティティを取り戻し、自分の意志で最強の力を解放するからこそ、終盤の爽快感が生まれています。

ヒーローに必要なのはスーパーパワーではなく気高い精神だ」というのは昨年亡くなったマーベルコミックスの立役者スタン・リーが長年描いてきたテーマです。

また「自分で判断することの大切さ」も描いており、コールソンが自身の判断でキャロルとフューリーを見逃すシーンもそれを表しています。

そしてアメコミ映画でありながら、迫害され流浪する民スクラルへの差別の問題をしっかりと描いているのも特徴です。

母星を追われ、他の星に溶け込みながら生きているスクラルは、スタン・リーの出自でもあるユダヤ系民族を連想させます。

最初はそのスクラルを疑問も持たず迫害する側に回っていたキャロルが真実に気付いて全力で彼らを救う姿は、まさに弱きを助け強きをくじくヒーローそのもの。

またキャロル自身も地球の軍隊などで女性として差別されてきた経験があり、そのしがらみを吹っ切って飛び立つさまは感動的です。

監督たちやスタッフはインタビューで「キャプテン・マーベルは“飛翔”の象徴です」と語っています。

個人の可能性、人類の可能性、相互理解の可能性、未知の世界への可能性を信じて飛び立つことが本作のテーマ。

キャロルが最初にビデオショップに飛来した際に手に取るのが、宇宙開発の可能性に人生をかけて高く飛ぶことを目指した人々を描いた名作『ライトスタッフ』(1983)のビデオであることもそれを表しています。

MARVELという言葉には「素晴らしい」や「奇跡」という意味がありますが、その名を背負うにふさわしい最高のヒーロー映画です。

まとめ


(C)2019 MARVEL

単体の映画として高い完成度を誇る本作ですが、もちろん『アベンジャーズ エンド・ゲーム』への橋渡し要素も重要な部分。

宇宙空間ですら庭のように飛び回る最強のキャプテン・マーベルはどう活躍するのか、テッサラクトとグースはどうストーリーに絡んでくるのか、スクラルたちは助けに来てくれるのか、スプリームインテリジェンスも関係してくるのか、そしてニック・フューリーや消えたヒーローたちは無事帰ってくるのか。

本作のおかげでより『アベンジャーズ エンド・ゲーム』が楽しみになってきました。

そして『キャプテン・マーベル』は序盤からスタン・リーへの最高の献辞を捧げています。

どのような形でかはぜひ劇場で確認してほしいため、本作は一秒たりとも遅刻してはいけません。

関連記事

SF映画

映画『スパイダーマン(2002)』ネタバレあらすじ感想とラスト結末の解説。サムライミ版で初代トビー・マグワイアが演じる少年がスーパーヒーローへ!

稀代のスーパーヒーローが映像化された『スパイダーマン(2002)』! アメリカンコミックを代表するスーパーヒーローを実写映画化した『スパイダーマン』。 VFXにより描かれる圧巻の映像と従来のスーパーヒ …

SF映画

スパイダーマン ホームカミング|ネタバレ感想とあらすじ結末の考察解説。映画ラストまでMCUシリーズ新三部作の原点を紹介

主演に若手注目株のトム・ホランドを迎え、ついにスパイダーマンがマーベルに帰って来た! こちらも期待の新鋭、ジョン・ワッツ監督による新シリーズ『スパイダーマン:ホームカミング』をご紹介します。 以下、あ …

SF映画

映画『DUNEデューン砂の惑星』ネタバレあらすじ結末と感想考察。続編へのプロローグとなるポールの真の力からクイサッツ・ハデラッハの覚醒まで

続編への壮大なプロローグ。 SF映画に新たな大作誕生の予感です。 SF小説の古典とも呼ばれるフランク・ハーバートの小説『デューン/砂の惑星』を、『ブロードランナー2049』のドゥニ・ビルヌーブ監督が映 …

SF映画

映画『亜人』あらすじとキャスト一覧。感想レビュー【佐藤健主演】

原作は桜井画門の大ヒットコミック『亜人』を映画『るろうに剣心』シリーズの佐藤健と、『踊る大捜査線』シリーズの本広克行監督よる初タッグで贈る実写映画化。 亜人と人類の壮絶な戦いを描いた日本発の新感覚アク …

SF映画

映画『ロボコップ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

近未来のデトロイトに蔓延る悪に立ち向かうのはサイボーグ警官?! 母国オランダを飛び出し、ポール・バーホーベン監督の世界観がハリウッドで爆発した傑作SFアクション『ロボコップ』をご紹介します。 スポンサ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学