Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

SF映画

映画『E.T.』あらすじネタバレと感想。スピルバーグ監督の作風と特徴が画期的だった「トモダチ宇宙人」

  • Writer :
  • もりのちこ

イツモココニイルヨ。
離れていても心はいつも一緒。

1982年公開、スティーブン・スピルバーグ監督の大ヒットSFファンタジー『E.T.』を紹介します。

公開当時、世界興行収入ナンバーワンという記録を叩き出し、世界はE.T.ブームに沸きました。

1977年公開の映画『未知との遭遇』で、人類と宇宙人のコンタクトを描いたスティーブン・スピルバーグ監督。

E.T.』では、異星人=E.T.と人間の男の子の友情を描いています。

かなり特徴的な容姿のE.T.ですが、友好的で可愛らしい一面を持っています。

生きる場所も、見た目も、話す言葉も違う2人はどのようにして心を通わせていくのか。大事なものは、宇宙共通でした。

スポンサーリンク

映画『E.T.』の作品情報


写真:AFLO

【日本公開】
1982年(アメリカ映画)

【監督・製作】
スティーブン・スピルバーグ

【キャスト】
ディー・ウォーレス、ヘンリー・トーマス、ロバート・マクノートン、ドリュー・バリモア、ピーター・コヨーテ、K・C・マーテル、ショーン・フライ、C・トーマス・ハウエル

【作品概要】
スティーブン・スピルバーグ監督、1982年公開のSFファンタジー『E.T.』。地球に取り残された異星人=E.T.と子供たちの交流を描いています。

映画『E.T.』は、第55回アカデミー賞にて、作曲賞、視覚効果賞、音響賞、音響効果編集賞を受賞。その他、数々の賞に輝いています。

主人公エリオットの妹・ガーティ役を演じた、当時7歳だったドリュー・バリモアの可愛らしさにも注目です。

映画『E.T.』のあらすじとネタバレ

満点の星空が広がる夜でした。森の中には巨大な宇宙船・UFOが停泊中です。

そこには異星人(E.T.)たちが、何やら地球の生態系調査に取り組んでいるようです。森の巨木や植物の苗を採取しています。

そこへ何台か車が到着しました。降りて来た人間たちは、E.T.の存在を知っているかのように追い詰めていきます。

E.T.たちは急いでUFOへ戻り飛び立つ準備を始めます。でも、ひとりのE.T.がまだ戻っていません。UFOの扉は閉まり、飛び立ってしまいます。

地球にひとり取り残されたE.T.は、とぼとぼと町の明かりの方へ消えていきました。

エリオットは10歳。ママと兄と妹の4人で暮らしています。パパはメキシコへ行ったきり帰ってきません。

家には兄・マイケルの友達が遊びに来ていました。小さいエリオットは遊びにいれてもらえません。宅配ピザを受け取りに行くように命じられます。

しぶしぶ表に出てピザを受け取るエリオット。物置から聞こえてくる音に気付きます。飼い犬のハービィーの仕業でしょうか。

物置の奥に何者かの気配を感じたエリオットはボールを投げます。すぐさま返ってくるボール。エリオットは驚き、家の中に飛び込み、皆に知らせます。

しかし皆で調べてみるも誰もいませんでした。

やっぱり気になるエリオットは、その夜、トウモロコシ畑を探索します。そこには何者かの足跡がありました。生い茂る草をかきわけ進んでいくと、そこにはギョロっとした大きな目、三角頭のE.T.がいました。

驚きのあまり叫ぶエリオット。E.T.もその声に驚き、駆け出します。まさに地球のものとは思えない素早さです。

次の朝、お菓子をばら撒きながらE.T.を探すエリオットの姿がありました。E.T.はチョコレートを食べるのでしょうか。

しかしE.T.を探しているのはエリオットだけではありませんでした。E.T.の足跡を調査している人物がいます。エリオットは咄嗟に身を隠します。

その日の夜も諦めきれないエリオット。庭でE.T.がやってくるのを待つことにします。

そしていよいよエリオットの前に、E.T.が現れました。異様に長い指を器用に動かし、開いた手のひらからお菓子を出します。エリオットが撒いたお菓子です。「ボクヒロッタヨ。アリガトウ」彼の声が聞こえてきそうです。

エリオットはE.T.を自分の部屋に隠します。「シーだよ」。

エリオットが鼻をこするとE.T.も真似をします。口、耳を触るとやはりE.T.も触ってみせます。「ハイ!」「ハイ!」。人差し指をクイクイ動かします。

コミュニケーションなのか、バカにしているのか。どうやらE.T.は危険な生き物ではないようです。

次の朝、エリオットは学校をずる休み。E.T.に興味津々です。

「体重は16キロもあるよ。僕よりチビなのに」とエリオットに言われ、首を伸ばすE.T.。案外、負けず嫌いです。

E.T.もまた好奇心旺盛です。傘を開いて驚き、ぬいぐるみの中にダイブ。気になったものは触らずにはいられない性格です。

家族が次々と帰ってきました。E.T.を隠しきれないエリオットは兄のマイケルに打ち明けます。E.T.を前に固まるマイケル。そこに妹のガーティが乱入し、E.T.を見て叫び出します。

子供たちとE.T.は軽いパニック状態。ママが部屋に来ちゃう。クローゼットにE.T.を隠しどうにかやり過ごす子供たち。

「君はどこから来たの?」。空を指さすE.T.。玉が浮き上がり宇宙を形作ります。鉢植えの枯れた花が、みるみる元気になっていきます。彼は本当に宇宙人なのです。

「僕が守るよ。怖くないよ」。エリオットは、E.T.のことが大好きになりました。

いつまでも仮病で学校を休むわけにはいきません。エリオット達が学校へ行っている間、E.T.は犬のハービィーとお留守番です。

TVを見ながら言葉を発し、冷蔵庫を漁り、ビールを飲んで酔っ払います。好き放題のE.T.は、TVに写ったUFOに驚き、マンガから助けを呼ぶ方法を探し出しました。

学校では、エリオットに不思議な現象が起こっていました。まるで酔っ払ったように顔を真っ赤にし、実験用のカエルを逃がしていくエリオット。

家ではE.T.がTVでラブシーンを見ています。エリオットは好きな女の子にキスをしてしまいます。どうやら、E.T.とエリオットは離れていてもシンクロしているようです。

ママとガーティが家に帰ってきました。気にせずくつろぐE.T.。上手いことママとすれ違うも、ガーティに向かって言葉を発するE.T.。

「E.T.E.T.イイコ、イイコ。フォン、テレフォン。ウチ、デンワ」ラップ口調。

帰ってきたエリオットとマイケルも、しゃべるE.T.に驚きます。家に帰りたいE.T.の気持ちに気付いた子供たちは、協力します。

ガレージから使えそうなものを探し、E.T.に渡すエリオット。のこぎりの歯で指をケガしてしまいます。

E.T.は「イタイ」とつぶやき、人差し指をピカッと光らせます。その指がケガに触れると、みるみる傷が消えていきます。

エリオットとE.T.の間には、お互いを思いやる友情が芽生えていました。

そんなエリオットの家を盗聴している人間たちがいました。彼らは、パパとの思い出を話す兄弟の会話や、ママがガーティに読んで聞かせる絵本の内容まで聞いています。

E.T.がこの家にいることは、もうすでに知られていました。

以下、『E.T.』ネタバレ・結末の記載がございます。『E.T.』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

E.T.は自分の家に帰るため、UFOを呼ぶ機械を完成させました。

いよいよ決行の時です。地球ではハロウィンというイベントが行われていました。

エリオットとマイケルは、E.T.に布をかぶせ、ガーティが変装したかのように振る舞い、外へと連れ出すことに成功します。

エリオットは自転車のカゴにE.T.をのせ、森を目指します。次第に浮き上がる自転車。夜空には大きな満月が浮かんでいました。

空を飛んで降り立った森の中。さっそく機械を起動させUFOを待ちます。しかし、UFOはやってきません。

次第に夜が更けていきます。「家に帰ろう」エリオットはE.T.に地球にいてほしいと言います。「イタイ。ウチ」E.T.は悲しそう。いつのまにか寝てしまうエリオット。

朝、森で目をさましたエリオットの側にE.T.の姿はありませんでした。

家では帰ってこないエリオットを心配し、ママが警察を呼んでいました。そこに帰ってきたエリオット。ひどい熱です。

うわごとのように「E.T.を探して」と繰り返しています。兄のマイケルが、E.T.を探しに出かけます。

E.T.は白く変色し、川で倒れていました。息も絶え絶えです。家に連れて帰ると、ママに見つかってしまいます。驚きのあまり子供たちを遠ざけるママ。

「お願い、E.T.をひとりにしないで」。エリオットとE.T.はシンクロしていました。

そこに突然、宇宙服を着た集団が家へと上がり込んできます。庭には大掛かりな装置が設置され、ビニールに覆われます。

E.T.はベッドに寝かされ、応急処置を受けています。隣のベッドではエリオットがやはり苦しそうです。「E.T.」「エリオット」呼び合う2人。

エリオットは次第に回復していきます。反対にE.T.は急速に弱っていきます。E.T.が大切にしていた鉢植えの花も枯れてしまいます。石のように固くなるE.T.。「触るな。僕のE.T.だ」。

2人の関係に理解を示すキーズの計らいで、E.T.とふたりっきりになるエリオット。

「ひどい目に合わせてごめんね。君が死んで僕はもう何も感じられない。君が好きだよ」。離れたくありません。

すると、E.T.の胸が赤く光り出します。枯れていた花が元気になっていきます。

「E.T.デンワシタ。ウチニデンワ。ウチニデンワ」。E.T.は生きていました。

今度こそE.T.をウチに帰す。エリオットとマイケルは、E.T.を連れ出し森へと向かいます。マイケルの友達たちも応戦します。

しかし、自転車ではやはり追いつかれてしまいました。前後を車に挟まれてしまいます。もはやここまでか。

その時、子供たちの自転車が一斉に空へと浮いていきます。空を走る自転車軍団。空には真っ赤な夕日が浮かんでいました。

森に着くと、巨大なUFOが下りてきました。「ウチ!」UFOのドアが開きます。いよいよ本当のお別れの時です。

「イコウ」E.T.はエリオットを誘います。「僕はいるよ」。一緒にいたいのはエリオットも一緒です。それでも地球に残ることを選びました。

「イタイ」「痛い」。お互いの胸に手を当てるエリオットとE.T.。抱き合う2人。

E.T.の指先が光ります。「イツモココニイルヨ」。2人は離れていても心は通じているのです。

E.T.は、綺麗に咲いた鉢植えの花を大事そうに抱えてUFOに戻っていきます。閉じる扉。UFOは空へと飛んでいきました。跡には虹が架かっていました。

スポンサーリンク

映画『E.T.』の感想と評価

スティーブン・スピルバーグ監督と言えば、誰もが知っている映画界の巨匠です。

そのジャンルは『ジョーズ』『ジュラシック・パーク』などのパニック映画、『インディ・ジョーンズ』のアドベンチャー、『A.I.』『レディ・プレーヤー』など多くのSF映画と幅広く、壮大なストーリーで見るものを常に驚かせてくれます。

その中でも『E.T.』は、スティーブン・スピルバーグ監督の代表作のひとつと言える作品です。

宇宙人とはどんな姿なのか?公開当時、誰もが興味を持ってみたことでしょう。そこで登場したE.T.。

しわしわの体に三角形の顔。ギョロっとした目で、上向きの鼻は穴が丸見えです。光る長い指先、そしてにょろっと伸びる首。どう見てもキモイ。当時は、キモイという言葉はなかったとしてもE.T.の姿にショックを受けた子供たちは多かったはずです。

しかし、物語が進むにつれ、E.T.が可愛らしく見えてくるから不思議です。

ママに見つかりそうになり、ぬいぐるみの中に紛れ込み、息を止め固まっている姿。ビールで酔っぱらい、ふらふらになる姿。

エリオットとの背比べでは、首を伸ばし負けず嫌いを発揮。お風呂の水に沈みこみ、上がってこないE.T.を心配するエリオットに、鼻から泡を吹き出しからかいます。

E.T.のお茶目な性格が垣間見えるシーンに心がほっこりとします。

そんなE.T.と友情を育む人間の男の子、エリオット。彼もまた好奇心旺盛な心の優しい少年です。

エリオットの両親は離婚しています。E.T.の存在を信じてくれないママに、エリオットは思わず言ってしまいます。「パパなら信じてくれるのに」。

その言葉に傷つくママ。そんなママを見てエリオットも傷つきます。自分もパパがいなくて寂しいのに、ママを思って我慢をしています。

そして、エリオットは、E.T.が宇宙に帰る時、一緒に行こうと誘われます。

大好きなE.T.と一緒にいたいにも関わらずエリオットは、地球に、家族の元に残ることを選択します。

同じスティーブン・スピルバーグ監督の、1997年公開映画『未知との遭遇』では、主人公ロイは、最後UFOに乗り地球を離れます。家族を置いて行ってしまうのです。

エリオットは、なんと家族思いで、しっかりとした大人の選択をしたことでしょう。芯の強い男の子です。

「イタイ」と心を指し、「イツモココニイルヨ」と頭を指す、E.T.とのお別れのシーンは何度見ても切ないです。

離れていても心が通じ合っていれば寂しくない。それは、E.T.も人間でも同じです。

家族や友達、恋人と離れ離れになってしまっても、心が通じていれば大丈夫。いつでもあなたの側にいるよ。またいつか会える時までさようなら。

まとめ

1982年公開、スティーブン・スピルバーグ監督の大ヒットSFファンタジー『E.T.』を紹介しました。

地球に取り残された異星人E.T.と、10歳の少年エリオットの心温まる友情の物語。

そして、この作品にはスティーブン・スピルバーグ監督の遊び心がいっぱい詰まっています。

スター・ウォーズ』シリーズでお馴染みのジョージ・ルーカス監督とは、長年の友でありライバル同士。『E.T.』のハロウィンのシーンで、スターウォーズのヨーダが歩いてくるのも話題となりました。

また、E.T.を作り上げた特殊効果マン、カルロ・ランバルディは、リメイク版『キングコング』でアカデミー特別業績賞を受賞し、のちにスティーブン・スピルバーグ監督の『未知との遭遇』でも異星人のデザインを担当。

映画『エイリアン』でアカデミー視覚効果賞を受賞した後、『E.T.』で2回目の同賞を受賞しています。

SF映画と言えば、現代はCGによる作品がほとんどですが、1980年代のパペット製作技術にも注目してご覧下さい。

ぜひ大人になって見返してほしい作品『E.T.』。忘れていた好奇心に火が着きます。

関連記事

SF映画

映画『レディ・プレイヤー1』あらすじとキャスト。原作者はウルトラマン好き⁉︎

VRワールド「OASIS(オアシス)」に隠された「宝の卵」を巡る冒険を描いた、新時代のアドベンチャームービー『レディ・プレイヤー1』は4月20日より全国公開。 今回はアーネスト・クライン原作の『ゲーム …

SF映画

映画『孤独なふりした世界で』ネタバレ感想と評価。結末まで過去と記録の意味を問う物語

映画『孤独なふりした世界で』はHTC渋谷&シネ・リーブル梅田「未体験ゾーンの映画たち2019」にて2019年4月5日より公開 人気の俳優ピーター・ディンクレイジと女優エル・ファニングの起用で …

SF映画

映画『ヴェノム』のあらすじとキャスト。日本の劇場公開はいつ?

トム・ハーディ主演の『ヴェノム』2018年12月公開! 今後製作されるソニー・ピクチャーズ製作のスパイダーマンの世界観を描く「スパイダーバース」。 そして、ソニー・マーベル・ユニバースの第1弾として、 …

SF映画

映画『牙狼 神ノ牙』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

『牙狼GARO 神ノ牙Kaminokiba』は、2018年1月6日より順次公開! 独特の世界観と美術、デザインで日本特撮界に独自の地位を築いている雨宮慶太監督の半ばライフワークと化した『牙狼GARO』 …

SF映画

伊藤峻太SF映画『ユートピア』あらすじとキャスト。公開日と劇場は

太陽嵐、空間鎖国、黑い災い…、映画『ユートピア』は4月28日(土)より、下北沢トリウッドにてロードショー! 『虹色★ロケット』の伊藤峻太監督が10年の年月を掛けて完成させたSFファンタジーとは? スポ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学