Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

SF映画

X-MENフューチャー&パスト|ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。プロフェッサーなぜ生きてる⁈ラストに意外な展開が待ち受ける

  • Writer :
  • 薬師寺源次郎

新旧オールスターが“過去”に挑み“未来”を変える

人気アメコミ映画「X-MEN」シリーズ最大のターニングポイント。

ミュータント壊滅の危機にウルヴァリンが過去に戻り、“最悪の結末”を回避するため若きプロフェッサーX、マグニートーと協力しとある事件を阻止するため奮闘します。

この戦いが後の「X-MEN」シリーズの歴史に大きな影響を与える衝撃的な結末を迎えることとなります。

主演のヒュー・ジャックマンを中心にオリジナル三部作と新シリーズ双方のキャストが集結、超豪華オールスターで地球存亡の危機を前に、2つの時間軸で物語が展開していきます。

新旧X-MENの時空を超えた究極の戦いを描く、映画『X-MEN:フューチャー&パスト』をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『X-MEN:フューチャー&パスト』の作品情報


(C)2014 Twentieth Century Fox.

【公開】
2014年(アメリカ映画)

【原題】
X-Men: Days of Future Past

【監督】
ブライアン・シンガー

【キャスト】
ヒュー・ジャックマン、ジェームズ・マカボイ、マイケル・ファスベンダー、ジェニファー・ローレンス、ハル・ベリー、ニコラス・ホルト、アンナ・パキン、エレン・ペイジ、ピーター・ディンクレイジ、イアン・マッケラン、パトリック・スチュワート、ショーン・アシュモア、オマール・シー、エバン・ピーターズ、ジョシュ・ヘルマン、ダニエル・クドモア、ファン・ビンビン、エイダン・カント、ブーブー・スチュワート、ルーカス・ティル、マーク・カマチョ、ファムケ・ヤンセン、ジェームズ・マースデン、ケルシー・グラマー

【作品概要】
監督は『X-MEN』(2000)、『X-MEN2』(2003)のブライアン・シンガーがカムバックし、おなじみのウルヴァリン役のヒュー・ジャックマンをはじめ、オリジナル三部作から、パトリック・スチュワート、イアン・マッケラン、ハル・ベリーが出演、新シリーズからはジェームズ・マカボイ、マイケル・ファスベンダー、ニコラス・ホルトが参加。

新旧のX-MENが集結し、話題を集めました。

映画『X-MEN:フューチャー&パスト』のあらすじとネタバレ


(C)2014 Twentieth Century Fox.

2023年、人類が開発した対ミュータント兵器“センチネル”により、ミュータントは全滅の危機に陥っていました。

しかし、プロフェッサーX/チャールズ・エグゼビア(パトリック・スチュワート)とマグニートー/エリック・レーンシャー(イアン・マッケラン)を中心に、ウルヴァリン/ローガン(ヒュー・ジャックマン)、ストーム/オロロ・マンロー(ハル・ベリー)らは抵抗を続けていました。

しかし、覆しようのない状況にチャールズはミュータント排斥の機運が高まり、センチネル開発が決定される出来事となった1973年のとある事件をなかったことにできないかと考えます。

その出来事は、ミスティーク/レイブン・ダークホルム(ジェニファー・ローレンス)による軍事科学者ボリバー・トラスク(ピーター・ディンクレイジ)暗殺事件でした。

トラスクはセンチネルの開発者で、研究のためミュータントを拘束し、非人道的な実験を行っており、レイブンはトラスクを暗殺することとなります。

しかし、その後、レイブンは拘束、採取された遺伝子情報からセンチネルは改良され、現在ではミュータントを殺戮するだけにとどまらず、ミュータントを生む可能性がある人間までも虐殺する最悪の戦闘マシンとなってしまいます。

チャールズは意識を過去に転送することが出来るシャドウキャット/キティ・プライド(エリオット・ペイジ)の能力で、ローガンを過去に送ることを決意します。

チャールズとエリックはローガンに過去に戻り、当時、対立していた若きチャールズとエリックを協力させ、事件を回避するよう指示します。

かくして、1973年で目覚めたローガンは、チャールズが運営する“恵まれし子らの学園”へ向かいます。

しかし、そこにいたのは自堕落な生活を送る若き日のチャールズ(ジェームズ・マカボイ)と、ビースト/ハンク・マッコイ(ニコラス・ホルト)でした。

ローガンは二人に自身が未来からやってきたこと、これから起こるトラスク暗殺事件について説明しますが、チャールズは聞く耳を持つどころか、あまりに身勝手な物言いで自分の知るチャールズとあまりにかけ離れていることに驚きます。

チャールズは、かつて負った負傷による痛みとテレパシー能力により収まることのない“声”に疲弊。

心を閉ざしハンクが作った薬により、自身の能力を閉ざすことを引き換えに負傷の痛みを抑え、普通の人間として生活していました。

一度はローガンの助力を断ったチャールズでしたが、肉親に等しいレイブンの為、ローガンに手を貸すこととします。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『X-MEN:フューチャー&パスト』ネタバレ・結末の記載がございます。『X-MEN:フューチャー&パスト』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2014 Twentieth Century Fox.

その頃、レイブンはトラスクの研究室に忍び込み、センチネルの存在と、パリで行われるベトナム戦争の平和協定調印式でトラスクが参加した各国政府高官にセンチネル開発への協力を求めようとしていることを知り、パリへ向かいます。

一方、若き日のエリック(マイケル・ファスベンダー)に会おうとするローガンたちですが、エリックは米国国防総省の地下100階の監獄に収監されていました。

ローガンは、エリックを脱獄させるため、とある人物の協力を仰ぎます。

その人物とはクイックシルバー/ピーター・マキシモフ(エヴァン・ピーターズ)であり、ピーターの協力でエリックを脱獄させ、レイブンがトラスクを襲撃するパリでのベトナム戦争の平和協定調印式へ向かいます。

調停式では参加した各国政府高官にトラスクがミュータントの危険性を説き、開発中のセンチネルへの理解と協力を求める中、高官に化ていたレイブンがトラスクを襲撃します。

そこに、チャールズ達が現れ、レイブンを説得しようとしますが、エリックは今後ミュータントに危険を及ぼす可能性があるレイブンを殺害しようとします。

チャールズやハンクはエリックを止めようとしますが、ローガンは動くことが出来ません。

その時、ローガンは、後に自身に改造手術を施すことになる若き日のウィリアム・ストライカーの姿を目にし、混乱します。

何とかローガンは平静を取り戻したものの、エリックとレイブンは逃亡、世界中のマスコミに2人の姿がさらされ、世論はミュータントの脅威を知ることになります。

事態を重く見た米国大統領はミュータントに対する対抗策を案じます。

そこにトラスクが現れ、センチネルについて説明、大統領はセンチネル開発のために巨額の予算を投じ、数日のうちに会見を開き、そこでセンチネルのデモンストレーションを行うことを決定します。

エリックは調印式会場で手に入れた資料から、センチネルの情報を知ります。

一方、学園に戻ったチャールズは薬が切れ、痛みを感じ、急ぎ、薬を投与しようとしますが、ローガンはレイブンを探すため、チャールズの能力が必要だと説得、チャールズは薬の投与を思いとどまります。

チャールズは自身のテレパシー能力を増幅する装置“セレブロ”へ向かい、レイブンを探し出そうとします。

しかし、自身の能力を制御できず、自信を喪失。そこにローガンは自身の記憶を見るようにチャールズに言います。

チャールズはローガンの記憶の中で未来の自分と繋がり「もう一度、希望を持て」と言うメッセージを受け取り、今一度、セレブロに向かいます。

その頃、エリックは輸送されるデモンストレーション用のセンチネルを自在に操れるよう細工します。

レイブンの居場所を見つけたチャールズはテレパシーで説得しますが失敗。しかし、レイブンがワシントンDCへ向かっていることを知ります。

ハンクは米国大統領がホワイトハウス会見しようとしていることを知り、その場にトラスクが同席することを突き止め、3人は急ぎ、ワシントンへ向かいます。

大統領が声明を発表する会場に到着したチャールズ達はレイブンを探す中、エリックがセンチネルを率い襲撃、会場に集まった人々に対し、攻撃を始めます。

シェルターに隠れる大統領とトラスクですが、警護官に化けたレイブンが紛れ、トラスク暗殺の機会を伺っていました。

ハンクとローガンはエリックを止めようとしますが、センチネルに阻まれます。

また、その際、ローガンはエリックに鉄骨を巻きつけられ、川に水没させられてしまいます。

2023年では、センチネルがローガン達の居場所を突き止め、襲来、オロロたちが迎撃でしたが、無数のセンチネルの前に一人また一人と仲間たちが倒されていきます。

1973年のエリックは、自身の能力でシェルターを丸ごと引きずり出します。

シェルターから飛び出し、果敢にもエリックの前に立ちはだかる大統領ですが、それは、大統領に化けたレイブンでした。

それに気づかないエリックのスキを突き、レイブンはエリックを気絶させ、手にした拳銃でトラスクを殺害しようとします。

その時、レイブンの脳裏にチャールズの声が響きます。

チャールズはミュータントの未来がレイブンにかかっていることを語り、レイブンを操り、殺害を防ぐことが出来るにもかかわらず、最後はレイブンの遺志に委ねます。

レイブンは躊躇するもののトラスク殺害をやめ、立ち去り、目を覚ましたエリックもまた、その場から逃亡します。

かくして、レイブンは大統領を救ったミュータントとして世間に知られることとなります。

これにより、2023年ではローガン達の目の前まで迫っていたセンチネルは消失、未来のミュータント達も忽然と姿を消し、その出来事自体がなかったことになります。

2023年で目を覚ましたローガンは学園の一室で目を覚まします。

部屋から出たローガンは生徒であふれかえる学園や死んだはずの仲間たちと対面し、戸惑いながらもチャールズの元へ向かいます。

チャールズに1973年以降の記憶がないことを説明するローガンは過去を変え、未来を守ることに成功したことをチャールズから説明されます。

チャールズはローガンに最後の記憶を尋ね、ローガンは川で溺れたと語ります。

1973年、事件の後、川底から引き揚げられたローガンをストライカーが引き取ろうとしています。

しかし、ストライカーのその眼は黄色く光るレイブンのものでした。

スポンサーリンク

映画『X-MEN:フューチャー&パスト』の感想と評価


(C)2014 Twentieth Century Fox.

想像を超える圧巻の映像で映画の歴史を塗り替え、大ヒットを記録し続けてきた「X-MEN」シリーズ。

本作『X-MEN:フューチャー&パスト』では、これまでの全シリーズ作品を集約し、最大規模の物語が展開すると共に過去と未来を描くことにより、新旧の人気キャラクターが勢ぞろいします。

それに伴い、揃った超豪華なキャスト陣が話題を集めました。

2つの時間軸で同時に進行する物語は行く末を想像させず、スリリングなストーリー展開で驚きと興奮を観客に感じさせ、圧倒したことは言うまでもありませんが、本作では過去のシリーズがそうであったように隠されたテーマが描かれています。

劇中、未来でミュータントはおろか、大半の人類まで絶滅の憂き目に立たせる切っ掛けを作り、本作のキーパーソンとなるのがレイブンです。

過去に送られたローガンはチャールズ、エリックと共にレイブンを止めるために奔走することが物語の中軸となっていきますが、それぞれのキャラクターが重要な場面で“赦し”を試されます

中でも特に印象的なのは、終盤でレイブンがトラスクを殺害を試み、チャールズの語り掛けで断念する場面です。

レイブンはミュータントに非道な人体実験を行っていたトラスクに対し、同胞を守るため、あるいは犠牲になった同胞の仇や恨みと言った負の感情でその命を狙っていました。

かつての歴史では、トラスク殺害を契機に未来では悲惨な殺戮が行われていますが、この場面でのレイブンは、それらの負の感情は消えていないものの、自らがトラスクを罰することはせず、“赦し”を与えており、結果、最悪の未来を回避することに成功します。

また、この時のチャールズの行動も“赦し”が描かれていました。

チャールズのテレパシー能力を用いれば、トラスクに銃を向けるレイブンを強制的に止めることが出来ましたが、敢えて、それを行わず、レイブンの想いのままに委ねたチャールズは最悪の結果になったとしても、レイブンを“赦す”心を見せていました。

劇中、序盤では荒んだ姿を見せていた若きチャールズでしたが、後に多くの悩めるミュータント達を教え導くことになる“プロフェッサーX”の片鱗が垣間見える瞬間でもあるように感じます

一方で、頑なに“赦す”ことが出来なかったのがエリックでした。

人間への強い憎悪を抱くエリックは、ローガンが語る未来の出来事を聞き、人類を先に殲滅を決意すると言うレイブンとは対照的な選択をすることになります。

皮肉にも現実社会においても人類が“赦す”ことが出来なかったからこそ悲惨な戦争が起きたと思うと身につまされる内容であり、反面、個人個人の“赦し”により、国や人種、立場を乗り越え、手を携えて世界を平和にしていくことが出来ると語られているようにも感じられました

まとめ


(C)2014 Twentieth Century Fox.

新旧オールスターが集結し、時空を超えた戦いを描き、新たな歴史を築くと言う驚愕な結末を見せた本作『X-MEN:フューチャー&パスト』。

久しぶりに“X-MEN”をとりまとめたブライアン・シンガーは、本作が“スーパーヒーロー映画”であると同時に、“タイムトラベル”ものであることを意識しながら製作したそうです。

「過去に戻り未来を変える」と言うテーマはSF映画の定番ではありますが、ブライアン・シンガーは「この作品で、一人一人の正しい行いが希望ある未来を創っていく事を伝えたかった」と語っています

本作ではそんな“未来への願い”も込められた作品となっています。

また、ポストクレジットシーンでは謎の人物がピラミッドをテレキネシスで組み上げるシーンが映し出されました。

最悪の未来を回避したのも束の間、若きX-MEN達はさらに過酷な世界の存亡を揺るがす戦いに身を投じることとなります。





関連記事

SF映画

映画『スパイダーマン2』ネタバレあらすじ感想と結末ラストの解説。ドクター・オクトパスの執念と信念に対して“戦意喪失のピーター”が見出した解答とは⁈

青年、ピーターが見出す“ヒーローの定義”とは トビー・マグワイア主演、サム・ライミ監督で贈るシリーズ第2弾『スパイダーマン2』。 グリーン・ゴブリンとの戦いから2年が過ぎたニューヨーク。ピーター・パー …

SF映画

映画『スペクトル』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【SFアクションスリラー作品】

次々に公開されるオリジナル作品の品質が高いため、どれから見ようかなといつも迷ってしまいがちなNetflix。 今回はそんなNetflixによる独占配信作品の中でも、ひときわポスターの「SF」的な装備が …

SF映画

『テネット』『メメント』比較ネタバレ考察。ノーラン代表作の見どころ原点とこだわりポイントを解説

映画『TENET テネット』は2020年9月18日(金)より全国ロードショー! 世界中のSF映画ファン、クリストファー・ノーラン映画ファンが内容について語り合い、様々な解釈を披露している『TENET …

SF映画

劇場版『アンダー・ザ・ドッグ/ジャンブル』あらすじとキャスト

劇場版『アンダー・ザ・ドッグ/ジャンブル(UNDER THE DOG/Jumbled6)』は、6月23日(土)〜7月6日(金) 2週間限定公開。 舞台は東京オリンピックが大規模テロによって中止に追い込 …

SF映画

アントマン|あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【マーベル映画】

マーベル史上最小のヒーロー、その名は『アントマン』。『アントマン』はアイアンマン3から始まる、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の「第2シーズン」最後を彩る作品です。 シリアス路線の『アイ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学