Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

SF映画

ウルヴァリンX-MEN ZERO|ネタバレあらすじ感想と結末ラストの評価解説。俳優ヒュー・ジャックマンがキャラクターへの想いを紡ぐ

  • Writer :
  • 薬師寺源次郎

孤高のミュータント、ウルヴァリン誕生の秘密が明らかになる!

アメリカンコミックの人気タイトルを映画化した「X-MEN」シリーズにおいて、ヒュー・ジャックマンが演じた人気キャラクター、ウルヴァリン。

本作『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』では記憶を失い謎が多かったウルヴァリンの誕生の秘密が明らかになります。

ヒュー・ジャックマンが自ら製作に参加し、これまでにな“ウルヴァリン”像を描いた本作は、圧巻のアクションシーンも見ごたえ十分です。

“ウルヴァリン”誕生に隠された壮絶な戦いと兄弟の絆、愛する女性との別れが描かれる映画『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』の作品概要


X-Men Character Likenesses TM & (C) 2009 Marvel Characters, Inc. All rights reserved. TM and (C) 2009 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

【公開】
2009年(アメリカ映画)

【原題】
X-Men Origins: Wolverine

【監督】
ギャビン・フッド

【キャスト】
ヒュー・ジャックマン、リーブ・シュレイパー、ダニー・ヒューストン、ウィル・アイ・アム、リン・コリンズ、ケビン・デュランド、ドミニク・モナハン、テイラー・キッチュ、ダニエル・ヘニー、ライアン・レイノルズ、ティム・ポコック、ターニャ・トッティ

【作品概要】
2001~2006年に公開された映画「X-MEN」シリーズのスピンオフ作品として製作された本作、『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』は映画『ツォツィ』(2005)でアカデミー外国語映画賞を受賞し広く知られることになったギャビン・フッドが監督を務めます。

出演は「X-MEN」シリーズでもウルヴァリン/ローガンを演じたヒュー・ジャックマンが主演を務め、ローガンの兄、ビクター役に映画『ザ・ディレクター[市民ケーン]の真実』でゴールデングローブ主演男優賞を受賞したリーブ・シュレイパー、ローガンと因縁浅からぬ関係となるストライカー役に映画『アビエイター』に出演、映画監督としても知られるダニー・ヒューストンが演じています。

本作ではヒュー・ジャックマン自らが製作に加わり、長くローガンを演じた経験と“ウルヴァリン”への想いを作品に反映されている事で話題になりました。

映画『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』のあらすじとネタバレ


X-Men Character Likenesses TM & (C) 2009 Marvel Characters, Inc. All rights reserved. TM and (C) 2009 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

1845年 カナダ。ジェームズ・ハウレットは使用人の息子、ビクター・グリードと兄弟のように仲睦まじく育ちます。

ある日、ビクターの父、トーマスは酔った勢いでジェームズの父、ジョンが殺害、その光景を目撃したジェームズは怒りにより、トーマスに襲い掛かります。

その時、ジェームズの手から爪が現れ、思いがけず、トーマスを殺害してしまいます。

トーマスは今わの際にジェームズの母、エリザベスと不倫関係にあり、自分がジェームズの実父であることを明かし、息を引き取ります。

真実に驚くジェームズですが、一度に夫と愛人を失ったうえ、ジェームズの人間離れした姿に錯乱したエリザベスは、心無い言葉をジェームズに投げかけます。

ジェームズはショックを受け、家を飛び出しますが、追ってきたビクターが、これからは兄弟で助け合い生きていこうと語り掛けます。

成長したジェームズ(ヒュー・ジャックマン)とビクター(リーブ・シュレイパー)は老いることも、死ぬこともなく、戦いを追い求め戦場を渡り歩きます。

しかし、ビクターは年を追うごとに凶暴さが増していきました。

時が経ち、アメリカ兵としてベトナム戦争に参加したジェームズとビクターでしたが、闘争心を抑えきれなくなったビクターが誤って上官を殺害してしまいます。

それを目撃した米兵がビクターを攻撃しようとするのをジェームズが割って入った事で2人は罪に問われ、監禁されるます。

しかし、2人の前にウィリアム・ストライカー(ダニー・ヒューストン)と名乗る男が現れ、自身の部隊に勧誘します。

その部隊はジェームズやビクターのような特異な人間、ミュータントで構成されていました。

瞬間移動ができるジョン・ライス / ケストレル(ウィル・アイ・アム)、電気を操るクリス・ブラッドリー / ボルト(ドミニク・モナハン)、怪力の巨漢フレッド・デュークス / ブロブ(ケビン・デュランド)、驚異的動体視力を持つエージェント・ゼロ / マーヴェリック(ダニエル・ヘニー)、そして、優れた運動神経と手にした日本刀を振動させるウェイド・ウィルソン(ライアン・レイノルズ)それを率いるストライカーは部隊を“チームX”と呼びます。

チームXへ加入したジェームズとビクターは、とある鉱物を求めアフリカへ向かいます。

鉱物が見つかった村に向かったチームXですが、ストライカーの強引なやり口に反発するジェームズはチームXを脱退を決意、ビクターと共にチームを去ろうとしますが、凶暴さがさらに増すビクターにとってはチームXは居心地の良い場所であり、意見が食い違うジェームズとビクターは袂を分かつ事となります。

6年後、カナダで穏やかに暮らすジェームズはローガンと名を変え、地元の小学校教師、ケイラ(リン・コリンズ)と暮らしていました。

ある日、ローガンの前にストライカーが現れます。

ストライカーはかつてチームXだったメンバー、クリスが何者かに殺されたことを伝え警戒を促しますが、ローガンは聞く耳を持ちません。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』ネタバレ・結末の記載がございます。『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


X-Men Character Likenesses TM & (C) 2009 Marvel Characters, Inc. All rights reserved. TM and (C) 2009 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

ですが、翌日、ケイラが何者かに殺害され、ローガンは現場に残された特徴的な爪痕から、犯人がビクターである事に気付き、ビクターを探し出し襲い掛かります。

しかし、ビクターに歯が立たず、ローガンは敗北を喫してしまいます。目を覚ましたローガンの前にストライカーが現れ、かつての仲間を襲っていたのはビクターだったと明かします。

ローガンがチームを抜けた後、ビクターの凶暴性はさらに強くなり、ストライカーはビクターを監禁するも、脱走したビクターはかつての仲間を逆恨みし、襲っていました。

ストライカーがビクターから身を守るため、自分に接触していた事を知ったローガンは、怒りを露わにしますが、ビクターに対抗するため、人体改造を行う提案をするストライカーと取引をします。

ローガンはカナダ山中の極秘施設へ連れられ、ストライカーが以前、アフリカで探していた鉱物、アダマンチウムを骨格に注入する手術を受けます。

これによりローガンは、強靭な肉体と決して砕けることのない爪を得ることが出来ましたが手術のショックで、生死の境を彷徨います。

ストライカーはローガンの意識が朦朧とする隙に、ローガンの記憶を消し、自身の制御下に置こうとしますが、覚醒したローガンは施設から逃げ出します。

追ってきたエージェント・ゼロを撃破したローガンは、ビクターを探すため、かつての仲間から情報を集めようと、ラスベガスに居るジョンの元に向かいます。

ジョンを訪ねたローガンでしたが、ジョンも詳しいことは知りませんでした。

しかし、同じく元チームXのメンバーでジョンが懇意にしているフレッドが何か知っているのではと考え、ローガンとジョンはフレッドから話を聞きます。

フレッドは、ビクターがストライカーの指示でミュータントを誘拐し、“島”と呼ばれる場所に送っていたこと、その目的はあらゆるミュータントの能力を持つ最強の兵士を作り出すことだと明かします。

ローガンはストライカーがアダマンチウムの実験のため、ケイラ殺害をビクターに命じ、ローガンが協力するよう仕向けたことに気が付きます。

“島”がどこにあるのかローガンはフレッドに尋ねますが、フレッドは知りません。

しかし、唯一“島”から脱走した男、レミー・ルボー/ガンビット(テイラー・キッチュ)がニューオリンズいることを明かします。

その頃、ビクターはとある少年を誘拐、その少年は後にサイクロップスと呼ばれるスコット・サマーズ(ティム・ポーコック)でした。

ニューオリンズに向かったローガンとジョンはレミーを見つけます。レミーから話を聞き出そうとするローガンを待つジョンはビクターの姿を目にし、単身、追いかけます。

しかし、ビクターに気付かれ、ジョンは殺害されます。

一方、レミーから“島”の場所を聞き出そうとするローガンでしたが、レミーはローガンが自身を連れ帰ろうとするストライカーの部下と勘違い、ローガンに襲い掛かります。

レミーと戦う最中、ビクターと傍らに横たわるジョンを見たローガンはビクターに襲い掛かりますが、事情を知らないレミーの乱入により、ローガンはビクターの逃走を許します。

その後レミーの誤解を解いたローガンは“島”がスリーマイル島であることを明かします。島に向かったローガンは施設に潜入、ストライカーの元へ向かいます。

たどり着いたストライカーの傍には死んだはずのケイラの姿がありました。

ケイラは他人の感情を操ることが出来るミュータントであり、囚われているミュータントの妹を救うため、ストライカーに指示され、ローガンを間近で監視するため、近づいていました。

しかし、ケイラは自身の能力をローガンに一切使っておらず、二人の想いは本当の愛でしたが、妹を人質に取られ、本当のことを語ることが出来ないため、ローガンはエイラの想いを知る由もなく、絶望に打ちひしがれ、ケイラとストライカーの前から立ち去ります。

その一部始終を見ていたビクターは黙ってローガンを行かせようとするストライカーに腹を立て、ローガンを追おうとするケイラを襲います。

ケイラの悲鳴を聞き、駆け戻ったローガンはビクターと対峙、激闘の末、ビクターを制します。ビクターにとどめを刺そうとするローガンですが、ケイラの「あなたは獣じゃない」と言う言葉に思いとどまります。

ケイラは自身の想いが本物である事を伝えるととともに、妹を助けてほしいと頼みます。

ローガンはケイラと共に、捕らわれているミュータント達を開放し、施設から逃がそうとし、出口へ向かいます。

しかし、ストライカーは数々のミュータントから得たデータを元にローガンのかつての仲間、ウェイドを改造した人造ミュータント、通称デットプールことウェポンXI(イレブン)を起動させます。

ウェポンXIの襲撃に応戦を余儀なくされるローガンはケイラたちに別の出口を探させます。

出口を探すケイラたちは、ストライカーの部下に襲われますが、スコットらの活躍もあり、襲撃を退けます。

ケイラはローガンを案じ残る事を決意、妹、エマ・フロスト(ターニャ・トッティ)にミュータント達を託します。

様々な能力を有するウェポンXIに苦戦を強いられるローガンでしたが、駆け付けたビクターと共闘し、形勢を逆転、ウェポンXIを撃破します。

結果的にビクターに助けられたローガンでしたが、ビクターとの縁を切る事を明言、しかし、「兄弟の縁は切れない、助け合うものだ」と言う言葉を残し、ビクターは去っていきます。

ローガンは自身を探しにやってきたケイラを見つけます。

しかし、ケイラはストライカーの部下に襲われた際の銃撃で負傷していました。

すぐさま、助けるため、島を後にしようとするローガンでしたが、ストライカーが現れ、アダマンチウム製の銃弾でローガンの頭を打ち抜きます。

倒れるローガンの隙を突き、ケイラを殺そうとするストライカーでしたが、ケイラは自身の能力でストライカーを操り、島から離れさせます。

しかし、ケイラは能力を使ったことで力尽き、息を引き取ります。

意識を取り戻したローガンは、これまでの一切の記憶を失っていました。

ストライカーの目的はアダマンチウム製の銃弾で脳を打ち抜き、ローガンの記憶を消すことでした。

ローガンは横たわるケイラの亡骸を目にし、見ず知らずの人物のはずなのに押し寄せる悲しみに戸惑い、言いようのない感情にかられますが、近づく警察や消防の車両を目にし、島を逃げ出します。

一方、逃げ出したミュータント達は逃げ場を失っていましたが、スコットの脳内に響く声に従い進み施設を脱出します。

そこにはスコットに語り掛けていた声の主、後にプロフェッサーXと呼ばれるチャールズ・エグゼビア(パトリック・スチュワート)の姿がありました。

スポンサーリンク

映画『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』感想と評価


X-Men Character Likenesses TM & (C) 2009 Marvel Characters, Inc. All rights reserved. TM and (C) 2009 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

映画「X-MEN」シリーズにおいて押しも押されぬ人気キャラクターとなったウルヴァリンこと、ローガンは本作『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』以前では詳細な素性は明らかにされておらず、孤高のミュータントとして描かれていました。

ウルヴァリンと言えば、強靭な肉体と特徴的な爪でどんな強敵にも怯むことがなく、それを体現する野性的な外見とは裏腹に、繊細な心の持ち主で、時に心優しい一面を見せることもあり、明かされることのない過去がミステリアスなキャラクターです。

そんな“ウルヴァリン”がいかにして生まれたのか、本作では、その誕生秘話での壮絶な戦いと切ない別れが描かれています。

特に本作ではローガンの心境にスポットを当て、そのキャラクターを深く掘り下げています

例えば、ローガンこと、ジェームズの幼少時代の衝撃的な出来事に始まり、生きてきた長い年月の中で戦いに疲弊し、エイラとの出会いで心の安息を得られる場所を手に入れたかと思えば、偽装されたケイラの死により再び闘争に引き戻され、ストライカーの陰謀に翻弄され、最期には本当にケイラを失ってしまうもそれを思い出すことが出来ないという一連の流れがいずれ、『X-MEN』で登場するウルヴァリンの原点になっているかと思うとあまりに悲しい始まりだと感じられました。

特に、記憶を失った後、エイラの亡骸を目撃した際のローガンの哀惜と困惑が入り交じった表情は、その場面に至るまでの一連のローガンの心境の変化を見せられた観客の視点としては、胸を締め付けられる思いが搔き立てられる場面になっていました。

また、この場面では、表情一つでローガンの複雑な心境を見事に表現し、前述のような感情を観客に与えるヒュー・ジャックマンの演技力も必見の場面です。

このようにローガンの心境もさることながら、やはり壮絶な戦いを表現したアクションシーンも見事の一言でした。

「X-MEN」シリーズにおいても、類まれなる身体能力で圧巻のバトルを繰り広げたウルヴァリンを主役にした本作は、その魅力を存分に発揮した迫力あるバトルシーンが目を引きます。

中でも、ローガンとビクターの戦いは互いに似通った能力と戦い方を持つ者同士の拮抗したバトルは荒々しく、泥臭い獣同士の戦いのように描かれています。

その演出がかえって、ローガンの怒りやビクターの凶暴さと言った2人のキャラクター性が強く表現されている上、互いに“不死身”であるが故、捨て身の攻撃の応酬は迫力のあるバトルシーンになっていました。

このように本作『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』では、様々な方面からウルヴァリン/ローガンのキャラクターにスポットを当てた作品となっています。

まとめ


X-Men Character Likenesses TM & (C) 2009 Marvel Characters, Inc. All rights reserved. TM and (C) 2009 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

「X-MEN」シリーズきっての人気キャラクターである“ウルヴァリン”は、演じたヒュー・ジャックマンにとっても代名詞と言ってもいい存在であり、同役を演じるにあたり、ヒュー・ジャックマンは妥協しない徹底したキャラクター作りを行ったことで知られています。

そんな、ヒュー・ジャックマンがウルヴァリンの初単体作品となる本作『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』に出演するにあたり、自身も製作に加えてくれるよう要望したのは、ウルヴァリンに対し並々ならぬ想いを抱くヒュー・ジャックマンにとって必然であり、結果、本作が大成功を収めることにつながったと言っても過言ではありません。

後に、2作品のウルヴァリン単体作品が公開されることを考えると、ウルヴァリンと真摯に向き合ったヒュー・ジャックマンの姿勢がファンに高く評価され、ウルヴァリンを人気キャラクターに押し上げたのかもしれません。




関連記事

SF映画

アメイジング・スパイダーマン|ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。アンドリュー・ガーフィールド演じるニューヒーローが新たな戦いに挑む

全てがアメイジング!新たなスパイダーマンの物語の幕開け! 大人気アメコミヒーロー、サム・ライミ版スパイダーマンがリブート! 監督にマーク・ウェブを迎え、新たなピーター・パーカーをアンドリュー・ガーフィ …

SF映画

映画『X-MEN2』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。ミュータントと人類を巡る壮絶な戦いをヒーローは阻止できるのか⁈

ミュータントVS人類、X-MENは全面戦争を阻止できるか! X-MENシリーズ第2弾となる映画『X-MEN2』。 好評を博した前作『X-MEN』(2000)に引き続きブライアン・シンガーが監督を務め、 …

SF映画

『黒い箱のアリス』あらすじとキャスト。未体験ゾーンの映画たち2018にて

映画『黒い箱のアリス』は、2018年1月14日(日)より、ヒューマントラストシネマ渋谷「未体験ゾーンの映画たち2018」ほか順次公開。 “美しく、奇妙で、そして恐ろしい”…新世代感覚のSFスリラー誕生 …

SF映画

『プレデターズ』あらすじネタバレと感想。ラスト結末【映画シリーズ3作の内容解説】

1987年、アーノルド・シュワルツェネッガー主演で公開された大人気映画『プレデター』。『プレデター』は登場以降、人気シリーズになりました。 森や市街地の戦闘だけではなく、あのエイリアンとも戦っている好 …

SF映画

下野紘映画『クロノス・ジョウンターの伝説』ネタバレ感想とあらすじ。永劫を越える純愛を体現

2019年4月19日(金)より公開の映画『クロノス・ジョウンターの伝説』 愛する人を救うため、重大な欠陥を孕んでいることを知りながらもタイムマシン《クロノス・ジョウンター》によって、過去と未来を行き来 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学