Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

SF映画

【ネタバレ】X-MEN3 ファイナルディシジョン|あらすじ感想と結末の評価解説。ラストシーンで続編/新三部作を呼び寄せた“欠けてはならない”作品

  • Writer :
  • 薬師寺源次郎

対立か協調か、
迫るファイナルディシジョン(究極の決断)

人気アメコミ実写作品第3弾は、後に「X-MENオリジナル三部作」と呼ばれたシリーズの最終章にあたる『X-MEN:ファイナルディシジョン』です。

本作では原作コミックスで初期からの人気キャラクター“ビースト”が登場。過去最大数のキャラクターが登場し、壮絶な戦いを繰り広げます。

人類がついにミュータント因子を無効化する“キュア”を開発。ミュータントと人類の緊張が一気に高まる中、死んだはずのジーンが現れます。またマグニートーもミュータント軍団“ブラザーフッド”を組織し、人類に宣戦布告します。

X-MENはブラザーフッドと人類の戦い、フェニックスの暴走を止められるのか進化したVFXによる迫力映像も必見の映画『X-MEN:ファイナルディシジョン』をご紹介します!

スポンサーリンク

映画『X-MEN:ファイナルディシジョン』の作品概要


(C)2006 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved. X-MEN all character names and their distinctive likenesses: TM &(C)2006 Marvel Entertainment, LLC and its subsidiaries. All rights reserved

【日本公開】
2006年(アメリカ映画)

【原題】
X-Men:The Last Stand

【監督】
ブレット・ラトナー

【キャスト】
ヒュー・ジャックマン、ハル・ベリー、イアン・マッケラン、ファムケ・ヤンセン、アンナ・パキン、ケルシー・グラマー、ジェームズ・マースデン、レベッカ・ローミン、ショーン・アシュモア、アーロン・スタンフォード、ビニー・ジョーンズ、パトリック・スチュワート、エレン・ペイジ、ショーレ・アグダシュルー、ベン・フォスター、ダニエル・クドモア

【作品概要】
監督は『X-MEN』(2000)『X-MEN2』(2003)と前2作を手がけたブライアン・シンガーから、「ラッシュアワー」シリーズや「プリズンブレイク」シリーズで知られるブレット・ラトナーにバトンタッチ。

ヒュー・ジャックマンをはじめ、イアン・マッケラン、パトリック・スチュワート、ハル・ベリーらお馴染みのキャストに加え、新キャラクター・ビースト役にテレビドラマ『そりゃないぜ!? フレイジャー』で一躍有名となったケルシー・グラマーが出演しています。

映画『X-MEN:ファイナルディシジョン』のあらすじとネタバレ


(C)2006 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved. X-MEN all character names and their distinctive likenesses: TM &(C)2006 Marvel Entertainment, LLC and its subsidiaries. All rights reserved

前作『X-MEN2』にてストライカーの陰謀を阻止して以降、ミュータントと人類の均衡は保たれていました。しかし、いつ人類との戦争が勃発するかわからない中、“恵まれし子らの学園”ではミュータントの学生たちが自身を守るため訓練の日々を送っていました。

学園で教鞭をとっていた「サイクロップス」ことスコット・サマーズ(ジェームズ・マースデン)は、恋人であるジーン・グレイ(ファムケ・ヤンセン)を失ったことをきっかけに自堕落な生活を送っていました。

またスコットに代わって「ウルヴァリン」ことローガン(ヒュー・ジャックマン)教鞭をとっていました、彼の破天荒な指導の仕方には同じく教鞭をとる「ストーム」ことオロロ・マンロー(ハル・ベリー)は不安を感じていました。

その頃、エリック配下のミュータントである「ミスティーク」ことレイヴン・ダークホルム(レベッカ・ローミン)は政府施設に侵入したとされ拘束されていました。

政府閣僚が対応を協議する中、唯一ミュータントの官僚としてミュータント省長官に任命されていた「ビースト」ことハンク・マッコイ(ケルシー・グラマー)は、レイヴンが盗もうとした資料から、あらゆるミュータントの能力を無効化できる能力を持つ「リーチ」こと少年ジミー(キャメロン・ブライト)の存在を知ります。

またハンクは、ジミーの遺伝子の研究によって、ミュータント因子の活動を抑制させ、ミュータントを普通の人間へと戻す薬“キュア”が開発されたことを知ります。

“キュア”開発の事実はすぐに公表され、社会に衝撃を与えます。

ミュータントの中には、望まずに発現した能力のせいで社会に溶け込めないが故にキュアを求める者、政府がキュアを用いてミュータントを根絶しようとしているのではと警戒する者と、賛否が分かれていました。

キュアを求める者の中には、学園生ながらも「相手の生命力を無意識に吸収してしまう」という能力故に、恋人の「アイスマン」ことボビー・ドレイク(ショーン・アシュモア)との関係に悩む「ローグ」ことマリー・ダンキャント(アンナ・パキン)の姿もありました。

一方、キュア反対派のミュータントの集会に、人類に対する徹底抗戦を表明する男が現れます。その男こそ「マグニートー」ことエリック・レーンシャー(イアン・マッケラン)であり、エリックに同調するミュータントたちは自らを“ブラザーフッド”と名乗り、徐々に勢力を拡大していきます。

そんな時、スコットはジーンが助けを求める幻聴を聞き取り、前作『X-MEN2』にてジーンが最期を遂げた地である、カナダ山中の湖へ1人向かいます。

スコットがそこで見たのは、死んだはずのジーンでした。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『X-MEN:ファイナルディシジョン』ネタバレ・結末の記載がございます。『X-MEN:ファイナルディシジョン』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

「プロフェッサーX」ことチャールズ・エグゼビア(パトリック・スチュワート)は、スコットに危機が迫っていることを感じ、ローガンとオロロを向かわせます。

湖にやってきた2人はスコットを探しますが、そこで気を失ったジーンを見つけます。ジーンが生きていたことに驚く2人は、ジーンを連れて学園へ戻ることに。しかし、結局スコットを見つけることはできませんでした。

生還したジーンの脳内をテレパシー能力で探るチャールズは、前作『X-MEN2』でのストライカーとの戦いの際にジーンが死に瀕した時、彼女の中で眠っていた能力が発動し、無意識に宿主であるジーンを守ったのだと推測します。

しかしそれは、ジーンのあまりに強すぎる能力を抑えるため、チャールズが施していたバリアが破られたことを意味していました。チャールズは自身が封じていたジーンの能力から発生した、ジーンのもうひとつの人格「フェニックス」が再び現れた恐れがあることをローガンに明かします。

フェニックスは史上最強のテレキネシス能力をもつミュータントであり、感情や欲望のままに行動し、誰の指図も聞かないという非常に危険な存在でした。

その頃、監獄へ移送されるレイヴンを救うため、エリックが護送車を襲撃。救出したレイヴンから、ジミーがサンフランシスコのアルカトラズ島にある研究施設にいることを知ります。

その時、襲撃から生き残っていた警護官がエリックに向け発砲し、レイヴンはエリックを庇います。しかし使用されたのはただの銃弾ではなく、キュアを注入するための特殊弾。レイヴンは変身能力を失い、エリックは別れを嘆きながらも、ミュータントでなくなったレイヴンを見限ります。

キュアが兵器として使用されたことを知ったハンクは長官を辞職、チャールズの元へ向かいます。

ジーンに寄り添うローガンは、目覚めたジーンが以前と様子が違うことを感じ、ジーンの体をフェニックスが支配しているのを感じ取ります。しかし一方で元のジーンの人格も、断片的にですが現れます。

ジーンはスコットを殺したことを明かし、ローガンに自分を殺すよう懇願します。それでもローガンは彼女を殺すことはできず、やがてジーンは再びフェニックスに人格を支配され学園から逃げ出します。

チャールズは説得のため、フェニックスが隠れるジーンの生家を訪れますが、同じくジーンの事実とフェニックスの存在に知り、仲間に引き入れようとするエリックと鉢合わせになります。しかしフェニックスを刺激しないためにも、2人は争うことなく彼女の元へ向かいます。

説得を通じてジーンの人格を呼び出そうとするチャールズと、ありのままのフェニックスを認めて仲間へと勧誘するエリックですが、フェニックスは抑えきれない力を暴走させます。

その力の奔流にのまれ、チャールズの肉体は消滅。エリックは旧友の死に衝撃を受けながらも、呆然とするフェニックスを連れ去ります。

ローガンとオロロは偉大な指導者を失い悲しみにくれますが、オロロはチャールズの遺志を引き継ぎ、学園を守る覚悟を決めます。しかしローガンはジーンが助けを求める声を聞き、フェニックスのいるブラザーフッドのキャンプへと向かってしまいます。

その頃、エリック配下のミュータントであり元学園生の「パイロ」ことジョン・アラーダイス(アーロン・スタンフォード)は、炎を操る能力でキュアの接種会場を襲撃。それをきっかけにエリックは声明を発表し、人類へ宣戦布告します。

ブラザーフッドのキャンプに潜入したローガンは、エリックがブラザーフッドらを連れてアルカトラズ島へと進攻し、キュアとジミーを確保することで人類との戦争に対し優位に立とうとしていることを知ります。そしてフェニックスを探そうとしますが、エリックに見つかってしまいキャンプから排除されてしまいます。

急ぎ学園に戻ったローガンは、オロロにエリックの目的を明かし、合流したハンクとともにアルカトラズ島へ向かおうとします。

X-ジェットへ乗り込もうとする3人の前に、まだ学園生であるボビー、「シャドウキャット」ことキティ・プライド(エリオット・ペイジ)、「コロッサス」ことピーター・ラスプーチン(ダニエル・クドモア)が戦う意志を見せ、ローガンは3人を“X-MEN”に迎え入れます。

アルカトラズ島を守るアメリカ軍は、襲撃してきたブラザーフッドに対して初めはキュアを使用した兵器で優位に立ちますが、エリックをはじめとする上位のミュータントの前に窮地に陥ります。そこにX-MENが駆け付け、アメリカ軍と協力してブラザーフッドからジミーを守ります。

エリックの猛攻の前に、再び窮地に立たされるX-MENとアメリカ軍。しかしローガン、オロロ、ハンクの連携によってエリックにキュアを打ち込むことに成功。エリックは能力を失い、X-MENは勝利を納めます。

残ったフェニックスを説得しようとするローガンですが、駆け付けたアメリカ軍の増援がフェニックスに対し攻撃を開始。反撃するフェニックスは敵味方関係なく、その場のすべてのものに対し攻撃を始めます。

フェニックスの力によって人や建物、ありとあらゆる物が瞬く間に消滅する中、ローガンはオロロに皆を避難させるように指示。単身フェニックスの元へ向かいます。

ローガンは消滅しかけては再生する不死身の肉体をもってしても耐え難い苦痛の中、力を振り絞りフェニックスの前にたどり着きます。そしてフェニックスの中に助けを求めるジーンの姿を感じたローガンは、ジーンへの愛の言葉とともに、自身の爪をフェニックスの胸に突き立てます。

フェニックスは苦痛の表情を浮かべながら息を引き取ります。しかし最期の瞬間、そこには穏やかにほほ笑むジーンの姿がありました。

すべてが終わり、オロロはローガンとともに、学園へ新たに入学するミュータントの生徒たちを迎え入れます。

また戦いを終え学園に戻ったボビーの前に、マリーが現れます。彼女は最終的にキュアを接種し、ミュータントでなくなることを選びました。ボビーはマリーの選択に驚き戸惑いながらも、彼女の手を握り返すのでした。

一方、キュアのせいで磁力を自在に操る能力を失ったエリック。ところが、彼がおもむろに手をかざした金属製のチェス駒は、僅かに動きました。

また、脳死状態にあったとある男性を看病していた医師モイラ・マクタガート(オリヴィア・ウィリアムズ)は、突如目覚めた男性に向かい思わず叫びます。

「チャールズ!」と。

スポンサーリンク

映画『X-MEN:ファイナルディシジョン』の感想と評価


(C)2006 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved. X-MEN all character names and their distinctive likenesses: TM &(C)2006 Marvel Entertainment, LLC and its subsidiaries. All rights reserved

「X-MENオリジナル三部作」の最終章にあたる『X-MEN:ファイナルディシジョン』。

X-MEN』『X-MEN2』で活躍したスコットとチャールズの相次いでの喪失というショッキングな展開をはじめ、復活を果たしたジーンと別人格「フェニックス」の覚醒、人類によるミュータント因子抑制薬“キュア”の開発、マグニートー率いる“ブラザーフッド”の台頭によって、ミュータント集団“X-MEN”はかつてない危機に立たされます。

エキサイティングなストーリー展開によって、最終章にふさわしい壮絶な戦いが描かれた本作ですが、その中でもそれぞれのキャラクターの“愛”が描かれていました

前作『X-MEN2』のラストで恋人ジーンを失ったことで、喪失感に耐えられないスコットは生きる気力を失い自堕落な生活を送りますが、それもジーンへの“愛”の深さ故です。

また自身の能力故に恋人ボビーとの関係に悩むマリーが、苦悩の末にキュアを接種しミュータントでなくなる決意をする様子、対してレイヴンの“愛”故の献身が「ミュータントではなくなった」のエリックの一言で切り捨てられてしまう虚しい顛末も描かれています。

しかし、そうしたそれぞれの“愛”の中でも最も印象的だったのは、ローガンのジーンへの“愛”でした。

本作のクライマックスでは、暴走する別人格フェニックスに苦しめられるジーンを解放するため、ローガンは自らの手で愛するジーンを殺めます。シリーズ第1作の『X-MEN』から描かれ続けてきたローガンのジーンへの想いは、最も残酷で衝撃的な結末によって幕を引かれたのです。

ジーンの「暴走するフェニックスを止めるため、自身を殺してほしい」という願いを、ローガンはジーンを愛するが故に聞き届け、その願いを果たします。しかし、自らが殺めたジーンの亡骸に対してローガンが泣き叫ぶ様子には、誰もが胸を締めつけられます。

そして、ジーンが息を引き取る直前の穏やかな表情は、願いを果たしてくれたローガンへの感謝なのか、あるいは秘められた想いの現れなのか……その答えを、観客に判断を委ねさせる演出でもありました。

このようにそれぞれのキャラクターが抱く“愛”を描いた本作ですが、シリーズとともに進化を続けていったVFXによる圧巻のアクションシーンもまた、物語をより壮大に彩っています

特にクライマックスの、フェニックスの強大な能力で建物や人物が風にさらされた砂山のように消滅してゆく場面は、迫力もさることながら、すべての物があっけなく消えていく演出に、恐怖を感じる場面となっています。

反面、ローガンがその中をフェニックスに近づいていく場面では、露わになった金属の骨格が見えるなど、ローガンの体のあらゆる部位が次々と消滅・再生を繰り返す演出には生々しささえ感じられ、VFXの技術の高さが感じられる映像となっていました。

まとめ


(C)2006 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved. X-MEN all character names and their distinctive likenesses: TM &(C)2006 Marvel Entertainment, LLC and its subsidiaries. All rights reserved

本作『X-MEN:ファイナルディシジョン』では、物語を牽引してきたエリックとチャールズが役目を終えたかのように思えましたが、それぞれの復活を予期させるエンディングが描かれています。

この演出は元々、第4作の製作を見据えての伏線だったのですが、残念ながら本作でシリーズは完結。後に『X-MEN』『X-MEN2』『X-MEN:ファイナルディシジョン』はのちに「X-MENオリジナル三部作」と呼ばれるようになりますが、このエンディングは宙に浮いてしまう形になります。

しかし後に展開される新シリーズにて、この伏線は見事に回収されています。

それは、新たにシリーズが展開されるだけの人気を誇っていたことを意味している他、新シリーズ以外にも数々のスピンオフも展開されたことからも、『X-MEN』の潜在的な人気とそれを確固たるものにした「X-MENオリジナル三部作」はなくてはならない実写映画化シリーズであったといえるのです。



関連記事

SF映画

バック・トゥ・ザ・フューチャー3|評価考察と感想。ラストは矛盾を超えて完結するタイムトラベル最終作

西部開拓時代を舞台にタイムトラベル騒動が完結する、シリーズ完結編を紹介 1989年11月に北米公開された第2作公開から、間を置かずに1990年5月公開された『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3』 …

SF映画

映画『DUNEデューン砂の惑星』ネタバレあらすじ結末と感想考察。続編へのプロローグとなるポールの真の力からクイサッツ・ハデラッハの覚醒まで

続編への壮大なプロローグ。 SF映画に新たな大作誕生の予感です。 SF小説の古典とも呼ばれるフランク・ハーバートの小説『デューン/砂の惑星』を、『ブロードランナー2049』のドゥニ・ビルヌーブ監督が映 …

SF映画

劇場版ウルトラマンR/B セレクト!絆のクリスタル|ネタバレ感想レビュー。湊兄弟の最後の戦いとトレギアの目的とは

映画『劇場版ウルトラマンR/B セレクト!絆のクリスタル』 ルーゴサイトとの決戦から1年…。 綾香市に訪れるあらたな危機にウルトラマンロッソ、ブルにウルトラマンジードを加え立ち向かいます。 兄弟がウル …

SF映画

【テネットの逆行タイムトラベル考察】 SFタイムパラドックスの基本が新たな次元に到達す!

映画『TENET テネット』は2020年9月18日(金)より全国ロードショー! 『インセプション』(2010)や『インターステラー』(2014)など、斬新なSF映画を作り続けているクリストファー・ノー …

SF映画

映画『デッドプール2』キャラやシリーズはどうなる?ディズニーのFOX買収の影響は

X-MENの番外編として製作され、大ヒットを記録した『デッドプール』の続編がついに公開!映画『デッドプール2』2018年6月1日(金)全国ロードショー。 今回は原作でも人気のキャラクター“ケーブル”が …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学