Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

SF映画

ROAD TO EDENあらすじとFOD配信日いつ?【先行展示イベント /サミーエンタメパーク】

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

荒廃した惑星でのバトルロワイヤルな戦いを壮大なスケールで描いたバトルSFドラマ!『ROAD TO EDEN』 制作決定!

CGIや特殊メイクを駆使したバトルシーンは、あなたの注目必死!

出演は柄本佑、久松郁実、桜田通、永井大、古田新太など豪華キャスト出演のオリジナルドラマです。

スポンサーリンク

1.バトルSFドラマ『ROAD TO EDEN』とは?

フジテレビ&サミーが制作する異世界バトルSFドラマ『ROAD TO EDEN』の共同制作が決定しました!

このドラマはフジテレビが運営する動画配信サービス「FOD」にて2017年秋に公開を予定となっています。

FODで今すぐ視聴

また、2017年7月15日(土)より開催の「お台場みんなの夢大陸2017スマイルランド」内にある「サミーエンタメパーク」にてキャストの衣装展示を行われるそうです!

2.バトルSFドラマ『ROAD TO EDEN』のあらすじ

地球とは別のどこかの惑星…。

この惑星では、“オレイカルコス”という巨大なエネルギーを生み出す物質を巡って世界大戦が勃発。

大量破壊兵器により壊滅的な環境破壊が行われ、文明は崩壊され、荒廃した世界が広がっています。

世界大戦は、“オレイカルコス”を利用した強化ヒト型キメラ兵器“ニュークローン”の出現によって終焉します。

しかし、ニュークローンのアダムが独りクーデターを起こすと、あえなく人類はニュークローンの支配下に置かれてしまいます。

その後、人類は貧しい環境下での生活を強いられます。

だが、その過酷な状況下に生き、ニュークローン軍に反乱するレジスタンスのメンバーで、物資を盗んでは労働者階級に配る義賊を名乗るカイト。

彼は自身の出生の秘密を求めながら、信頼をする仲間5人とともに「エデン」を目指します…。

スポンサーリンク

3.バトルSFドラマ『ROAD TO EDEN』のキャストは?

主人公カイトは、映画や舞台、また、ドラマなどでも独特の存在感を示して活躍する柄本佑が務めます。

柄本祐は2018年に数多くの主演作品が控えている、今注目俳優の1人です。

また、彼の父親は俳優の柄本明、母は女優の角替和枝、弟は俳優の柄本時生、妻は女優の安藤サクラ。

これだけ並べても、如何に要注目の俳優であることがお分かりいただけるでしょう。

さて、共演者にはレジスタンスのメンバー、ヒロインのアリス役を演じるのは、ドラマ『ラブラブエイリアン』の笠原チズル役を演じた久松郁実

カイトの幼なじみのケンジ役を演じるのは、ドラマ『クズの本懐』で主演・粟屋麦役を演じた桜田通、笠原チズルと同じくレジスタンスのカンベエ役には松田慎也、飛行艇元パイロットのセイラ役は三浦真椰が務めます。

さらに、今作の脇を固めるのは、古田新太をはじめ、永井大、内山理名、 岩城滉一、宇梶剛士、袴田吉彦、団時朗など、そうそうたるキャストが出演!

このメンツのようなひと癖もふた癖もあるキャラクターでドラマを盛り上げるのですから、盛り上がりますよね!

カイト役は柄本祐!お茶目でしょ⁉︎


 
さてさて、主人公カイト役の柄本佑は、今回の出演にあたり次のように語っています。

「初のアクションドラマ。初の金門島ロケ。初の変身。などなど初めてだらけの現場はとにかく暑くて未だにその時の日焼けが無くなりません。CGも一杯らしく、どんな作品になっているのか楽しみです」

初ものづくしというのがいいじゃないですか!

これって新鮮で今しか見られない柄本祐が見られるってことです。彼が大御所になる前に見ておく必要がありますよね。

久松郁実カワイイですよね〜!

また、同じくレジスタンス・メンバーのアリスを演じる久松郁実。

彼女はアリスの役柄やロケ撮影の現場について、次のように語っています。

「私が演じさせていただいたアリスは正義感が強く、ある過去の出来事をきっかけにニュークローンと戦い続ける女性です。
こんなに精神的に強い女性を演じるのはこの作品が初めてで、さらには初アクション、初海外撮影と、私にとって初めての挑戦ばかりでしたが、監督やスタッフの方々、キャストの皆さんに支えていただき、撮影を乗り切ることができました。
なかなか見たことのない壮大なスケールのドラマになっていると思いますので、 沢山の方に見ていただけると嬉しいです」

お!こちらも初めてなことが多い!

久松郁実のお初な強い女性アリスの演技みたいですよねー。

主演俳優の柄本祐のコメントにもありましたが、荒廃したロケーションを求めて海外での撮影を敢行したり、スゴくないですか!

また、ヒロインの久松郁実が語ってくれた壮大なスケールを実現したセットとか、配信のドラマにも関わらず、CGIや特殊メイクを駆使したバトルする映像は、やはり必見でしょうな。

4.バトルSFドラマ『ROAD TO EDEN』の作品概要

【タイトル】
『ROAD TO EDEN』

【配信開始日】
2017年秋

【キャスト】
柄本祐、久松郁実、桜田通、松田慎也、三浦真椰、岩城滉一、内山理名、袴田吉彦、宇梶剛士、団時朗、永井大、古田新太ほか

【演出】
谷村政樹(フジテレビ)森脇智延、三橋利行(FILM)

スポンサーリンク

4.バトルSFドラマ『ROAD TO EDEN』が観られるFOD概要てなに?

フジテレビが運営する動画配信サービスです。

PC・スマートフォン・タブレットから、いつでもどこでもご利用いただけますよ。

【サイト名】
FOD

【利用料金】
FODプレミアム(月額888円(税抜))
       月額定額の見放題コース(月額350円~1,500円(税抜))
       月額ポイントコース(月額300円~2,000円(税抜))
       ※ポイントが足りない場合はチャージが可能です。

↓もし納得のあなたは以下をクリック!
FODで今すぐ視聴

【対象端末】
PC(WIN・MAC)
スマートフォン、 タブレット(iOS対応端末・AndroidTM対応端末)

まとめ

荒廃した惑星でのバトルロワイヤルな戦いのSFドラマ!『ROAD TO EDEN』を観るために今からFODに入るも良し!

また、FOD配信日近くになっても、忘れないあなたは、慌てずにその時にでも良いかもしれませんね。

FODで今すぐ視聴

CGIや特殊メイクを駆使したバトルシーンをカイト役の柄本祐、アリス役の久松郁実が演じます!

ぜひ、お見逃しなく! 

関連記事

SF映画

【ネタバレ】ゴジラ キング・オブ・モンスターズ|ハリウッドと日本版の比較解説

王(キング)の覚醒。 2014年に公開された前作『GODZILLA ゴジラ』から5年。 映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』が、2019年5月31日より全国ロードショー。 ゴジラに続き、ラドン、 …

SF映画

映画『ゴーストバスターズ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

スポンサーリンク CONTENTS映画『ゴーストバスターズ』作品情報映画『ゴーストバスターズ』あらすじとネタバレゴーストバスターズ、誕生! 世界滅亡の危機?!マシュマロマン、再登場! 『ゴーストバスタ …

SF映画

映画『ザスーラ』ネタバレ感想と考察評価。「兄弟愛」と「後悔」の交錯する物語

映画『ザスーラ』ネタバレ感想。ラスト結末までのあらすじ紹介も 少年時代の冒険は、多感な時期だからこそ何物にも代えがたい貴重な体験です。 家庭内で不和が起き、兄弟関係も喧嘩ばかりで上手くいっていない。 …

SF映画

映画『ターミネーター2』あらすじネタバレと感想評価。ラストまで子役を守るシュワちゃんに感動

「戻ってきた」ターミネーター! 迫りくる「審判の日」、人類の命運は!? 後に人類を導く主導者となる少年ジョンを抹殺しようと未来から新たなターミネーターが送られます。 ジョンを守るため送られたターミネー …

SF映画

映画『牙狼 神ノ牙』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

『牙狼GARO 神ノ牙Kaminokiba』は、2018年1月6日より順次公開! 独特の世界観と美術、デザインで日本特撮界に独自の地位を築いている雨宮慶太監督の半ばライフワークと化した『牙狼GARO』 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP