Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

SF映画

映画『X-MEN2』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。ミュータントと人類を巡る壮絶な戦いをヒーローは阻止できるのか⁈

  • Writer :
  • 薬師寺源次郎

ミュータントVS人類、X-MENは全面戦争を阻止できるか!

X-MENシリーズ第2弾となる映画『X-MEN2』。

好評を博した前作『X-MEN』(2000)に引き続きブライアン・シンガーが監督を務め、壮大なスケールで贈る本作は、一触即発となったミュータントと人類の全面戦争を止めるため、X-MENが活躍する姿を描いています。

また、本作では人気キャラクターであるナイトクローラー及び、ウルヴァリンの過去を知り、深い因縁を持つストライカーが登場しています。

マグニートーの目論見を阻止し、一旦は人類とミュータントの全面戦争を阻止したX-MENですが、世間では未だ、ミュータントへの偏見と差別、迫害はなくなりません。

そんな折、ミュータントによる米国大統領暗殺未遂事件が発生、これにより再び政府はミュータントを危険視し、ミュータント対策本部のストライカーへ対応を指示します。

しかし、その裏には大いなる陰謀が隠されていました。

全ミュータントの危機をX-MENはどう切り抜けるのか、そして、明かされるウルヴァリンの過去とストライカーの関係は?

さらにスケールアップし圧倒的な迫力で繰り広げられるバトルシーン数々もも逃せない映画『X-MEN2』をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『X-MEN2』の作品概要


(C)2003 Twentieth Century Fox Film Corporation.

【公開】
2003年(アメリカ映画)

【原題】
X2:X-Men United

【監督】
ブライアン・シンガー

【キャスト】
ヒュー・ジャックマン、パトリック・スチュワート、イアン・マッケラン、ハル・ベリー、ファムケ・ヤンセン、ジェームズ・マースデン、レベッカ・ローミン=ステイモス、アラン・カミング、アーロン・スタンフォード、アンナ・パキン、ブルース・デイビソン、ブライアン・コックス、ケリー・フー、ショーン・アシュモア、ケイティ・スチュアート

【作品概要】
前作、『X-MEN』(2000)に引き続き、ブライアン・シンガーが監督を務め、ウルヴァリン役のヒュー・ジャックマンを中心にパトリック・スチュワート、イアン・マッケラン、ハル・ベリーらメインキャストもカムバック。

新たに登場するミュータント、ナイトクローラー役に「スパイキッズ」シリーズで知られるアラン・カミングを、ウルヴァリンと深いかかわりを持ち、本作の敵役となるストライカーを映画『刑事グラハム 凍りついた欲望』(1986)などで知られるブライアン・コックスがキャスティングされています。

映画『X-MEN2』のあらすじとネタバレ


(C)2003 Twentieth Century Fox Film Corporation.

特異な能力に目覚めた新たな人類、ミュータントと旧人類の緊張が高まる中、瞬間移動を得意とするミュータント、ナイトクローラー/カート・ワーグナー(アラン・カミング)は単身でホワイトハウスを襲撃、米国大統領の暗殺を企てます。

しかし、暗殺は未遂に終わり、“ミュータントに自由を”というメッセージを残して去っていきます。

一方、自分の過去を知るため旅をしていたローガン/ウルヴァリン(ヒュー・ジャックマン)は、カナダの山中で廃棄された極秘軍事施設を発見します。

しかし、そこはただの廃墟でローガンの過去につながる痕跡は見つかりませんでした。

その頃、ホワイトハウス襲撃を知ったプロフェッサーX/チャールズ・エグゼビア(パトリック・スチュワート)は“X-MEN”のメンバー、サイクロップス/スコット・サマーズ(ジェームズ・マースデン)、ストーム/オロロ・マンロー(ハル・ベリー)、ジーン・グレイ(ファムケ・ヤンセン)を呼び集めます。

チャールズはこの事件で政府がミュータントに対する弾圧を強くすると感じ、政府や警察に先んじ犯人を確保し、事件を収束させようとしていました。

そんな中、ジーンは自由の女神での戦い(映画『X-MEN』(2001)のエピソード)以降、自身の能力の制御が上手くいかないことに不安を感じていました。

米国大統領の元に対ミュータント対策本部顧問のウィリアム・ストライカー(ブライアン・コックス)が訪れます。

ストライカーは“恵まれし子らの学園”がミュータントらのテロリストの拠点となっていると説明、襲撃する許可を得ます。

その頃、学園にローガンが戻り、その足でチャールズに会うため、チャールズのテレパシー能力を増幅する装置“セレブロ”へ向かいます。

ローガンはチャールズに今一度、自身の心の中を読んでもらい、過去につながるヒントを得ようとしていましたが、チャールズは自身が心に蓋をしているものはそれ以上除くことはできないと諭します。

チャールズは学園の生徒たちの世話をローガンに任せ、自身はスコットと共に旧友であり宿敵でもある金属を操るミュータント、マグニートー/エリック・レーンシャー(イアン・マッケラン)へ会いに、エリックが収監されている監獄へ向かいます。

また、オロロとジーンはカート確保のため、ロンドンへ向かいます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『X-MEN2』ネタバレ・結末の記載がございます。『X-MEN2』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ジーンとオロロはカートを見つけ、拘束、事情を聞き出そうとしますが、カートはホワイトハウス襲撃以前の記憶がなく、首に不自然な傷跡がありました。

その傷跡は、ミュータントを意のままに操ることが出来る薬品を投与された後でした。

その頃、エリックの面会に向かったチャールズはストライカーの罠によりスコットと共に気絶させられてしまいます。

一方、学園に武装したストライカーの部下たちが次々と現れます。

学園の生徒たちを逃がす為、一人応戦するローガンの前にストライカーが現れます。

ストライカーはローガンを知るそぶりを見せ、ローガンもまた、ストライカーに見覚えがありますがそれ以上は思い出せません。

直後、学園の生徒であり、かつてローガンと行動を共にしたローグ/マリー・ダンキャスト(アンナ・パキン)とその級友、アイスマン/ボビー・ドレイク(ショーン・アシュモア)、パイロ/ジョン・アラダイス(アーロン・スタンフォード)の介入により、ローガンは学園を脱出、ジーン、オロロと合流すべくロンドンへ向かいます。

学園を占拠したストライカーはセレブロへ向かい、部品の多くを接収します。

目覚めたチャールズの前にストライカーの姿がありました。

ミュータントを憎むストライカーは取り締まるべき正確なミュータントの数と所在を知り、チャールズの能力で全ミュータントを抹殺しようとしていました。

ストライカーは自身の息子でミュータントであるジェイソンにチャールズを操り、複製したセレブロでミュータントを探させます。

その頃、エリックは配下のミュータントで変身能力を持つミスティーク/レイブン・ダークホルム(レベッカ・ローミン=ステイモス)の手引きで脱獄に成功します。

ジーン、オロロと合流したローガン達ですが、移動に使っていたX‐ジェットがアメリカ空軍に捕捉され、攻撃を受けます。

何とか振り切ったローガン達ですが、被弾したX‐ジェットは墜落しようとしていました。

そこに現れたエリックによりX‐ジェットは墜落を免れ、ローガン達は一命を得ます。

その後、エリックからストライカーの目的を知らされたローガン達はチャールズと全ミュータントを救うため、エリックと手を結ぶことにします。

そして、エリックはチャールズが以前、ローガンが向かったカナダ山中の極秘軍事施設跡にいることを知らせます。

チャールズはローガンが発見できなかった、地下施設に拘束されていました。

極秘施設の到着したローガン達は、レイブンの手引きにより、施設に侵入、エリック、レイブン、ジーンは捕らわれたチャールズ救出、オロロ、カートは学園から連れ去られた子供を救出するため行動を開始します。

一方、ローガンは施設から逃走しようとするストライカーを追いかけ始めます。

複製されたセレブロへ向かうエリック、レイブン、ジーンはストライカーが開発した薬品でカートと同様に操られたスコットの妨害を受けます。

ジーンは単身、スコットと対峙、何とか、スコットを正気に戻すことに成功します。

ストライカーを追うローガンは、スコット同様に操られたミュータント、デスストライク/ユリコ・オオヤマ(ケリー・ヒュー)と対峙、自身と同じ治癒能力と決して破壊する事が出来ない合金アダマンチウムの爪を持つデスストライクに苦戦しますが、何とか撃破します。

その頃、チャールズの元にたどり着いたエリックはストライカーの指示しか聞かないジェイソンにストライカーに化けたレイブンを差し向け、全ミュータントを抹殺するという指示を全人類を抹殺という指示にすり替え、去っていきます。

時を同じく、ストライカーに追いついたローガンは自身の過去を知るため、ストライカーを問いただします。

しかし、それぞれの戦闘の余波で施設の真上のダムが決壊しそうになります。

ストライカーはローガンに過去を教えることを条件に命を救うよう持ち掛けますが、ローガンは仲間を助けるため施設に戻ります。

子供たちを救出したオロロ、カートはジーン、スコットと合流、ジーンの能力でチャールズが操られ全人類を抹殺しようとしている事を知ります。

オロロとカートは協力し、複製されたセレブロに潜入、ジェイソンの妨害をかいくぐり、チャールズを正気に戻すことに成功し、全人類の抹殺を阻止します。

チャールズを救出し、施設から脱出しようとするX-MENたちでしたが、ダムの水が施設に流れ込もうとしていました。

間一髪のところでローガンが現れ、施設に水が流れ込むのを食い止めます。

施設を脱出したX-MENはX-ジェットでその場を離れようとしますが、機体の故障で離陸できません。

ダムが決壊し水が押し寄せる中、ジーンは一人、機外に出て、テレキネシスで水を押しとどめます。

仲間たちが引き返すよう説得しますが、ジーンは自らの命と引き換えにX-ジェットを飛び立たせ、激流の中、姿を消してしまいます。

ジーンの死に失意に暮れるX-MENのメンバーでしたが、チャールズはワシントンへ向かうよう指示します。

ホワイトハウスでは米国大統領がエリックが引き起こそうとした人類の抹殺未遂に関し、声明を発表しようとしていました。

米国大統領の発言によっては、すぐさまミュータントと人類の戦争が勃発することを危惧したチャールズは今回の事件でのストライカーの陰謀を明かし、ミュータントと人類、それぞれ一部の思惑で戦争が起きようとしていることを説明、それにより戦争を回避するよう求め去っていきます。

数日たち、ジーンの死は彼女を愛していたローガンとスコット、教え子を失ったチャールズの心に深い傷を付け、すぐには癒えないことを感じ取りながらも、“恵まれし子らの学園”は日常を取り戻し、ミュータントと人類は危うい均衡にありながらも戦争には至っていませんでした。

しかし、皆、これがさらなる騒乱の前の静けさであることを感じ取っていました。

スポンサーリンク

映画『X-MEN2』の感想と評価


(C)2003 Twentieth Century Fox Film Corporation.

前作『X-MEN』(2000)より壮大なスケールと圧巻のアクションシーンの数々で高い評価を受けた本作『X-MEN2』ですが、作品に込められたメッセージは健在でした。

本作は、前作よりもストレートにミュータントと人類の戦争に言及しよりストレートに“反戦”のメッセージが込められていたように感じます。

本作の冒頭でナイトクローラーによる米国大統領襲撃により、一気に緊張が高まり、まさに一触即発の中、物語が進んでいきます。

ミュータントを憎み根絶やしにしようとするストライカーの陰謀と反対に人類を憎み、ストライカーの計画を逆手に取り、人類を抹殺しようとしたエリック、それぞれの思想は過去に現実の人類が歩んできた争いの中で何度も何度も繰り返されてきた愚かな思想そのものであり、互いに拒絶し、相手を屈服させる、あるいは全滅させるまで争うことをやめようとしない、これまでの人類の様子を暗示しているように感じます。

そんな中、印象的だったのが、米国大統領の前に現れたチャールズが語り掛けた「過去の過ちを繰り返すか、力を合わせてよき未来を築くか。あなたが決断すべき時です。」という言葉です。

まさに現在の私たちに語り掛けているのではないかと感じずにはいられません。

そして、本作ではジーンが自らの命を犠牲にし、X-MENを救う場面があります。

このジーンの死は、争いの中、否応なく失われていく命を表現し、裏腹に、戦いに身を投じた者たちがその尊い命を賭し、自身の大切な何かを守る高貴な精神を表現しているように感じ、誰かを“憎み”争うのではなく、誰かを“想い”守るために“力”は使われるべきだと説いているのではないでしょうか。

そんな深いメッセージと共に戦いに激しさが増していく本作はアクションシーンがグレードアップ、より迫力を増した圧巻の“能力バトル”が展開されています

中でも印象的だったのが、冒頭のナイトクローラーが単独で米国大統領を襲撃するシーンです。

ナイトクローラーはテレポート能力を使い警護官を躱し、大統領に近づいていきますが、次々に消えては現れるナイトクローラーが仕掛ける攻撃は予測できません。

次にどのような展開が繰り広げられるのか全く想像がつかない中、主観に近いカメラワークで描かれ、まるで自分がその場に居て、襲われているかのように感じ高い臨場感と共にスリリングな演出は見事でした。

また、ミュータント同士のバトルシーンにもかなり力が入っており、終盤のローガンとデスストライクの戦いは、作品の設定上、驚異的な身体能力と不死身の肉体を持った者同士の戦いということもあり、デスストライクのアクロバティックなアクションと、ローガンの豪快なアクションが入り交じり、飛び散るコンクリート片や切断される鉄パイプなど、超人の戦いが大迫力で描かれ見ごたえのある映像となっています。

まとめ

本作『X-MEN2』の冒頭ではリンカーンの「我々は友達で敵であってはならない。感情の摩擦があっても愛情の絆は保たねばならない」と言う言葉が引用されています。

しかし、劇中ではリンカーンの言葉とは裏腹に、ミュータントと人類のそれぞれの想いが交錯し、互いを決して認めず、争いが起ころうとしていました。

これは現実世界でも同じで、今なお、人種や民族、政治や宗教などの様々な理由で、互いに認め合うことが出来きず起こってしまった些細なすれ違いが、いずれは、互いを傷つけあう争いに発展しています。

本作はそんな、反戦のメッセージを作品の中に内包しているのではないでしょうか

そして、ジーンがそうであったように、皆誰かを“想い”行動できたのならば、無益な争いは決して起こらないのかもしれません。

本作を通し、私たち人類にX-MENはそう語り掛け、私たちが誤った決断を下さないよう見ているのかもしれません





関連記事

SF映画

映画『スペクトル』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【SFアクションスリラー作品】

次々に公開されるオリジナル作品の品質が高いため、どれから見ようかなといつも迷ってしまいがちなNetflix。 今回はそんなNetflixによる独占配信作品の中でも、ひときわポスターの「SF」的な装備が …

SF映画

ジュラシックワールド 炎の王国|あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

恐竜映画の金字塔!メガヒットシリーズ『ジュラシックワールド 炎の王国』。 2018年の夏必見の映画は、「ジュラシック」シリーズ14年ぶりの2015年に公開された『ジュラシック・ワールド』の続編です。 …

SF映画

『テネット』ネタバレ考察評価と結末までのあらすじ。ドラえもんのようなタイムトラベルと時間の逆行

映画『TENET テネット』は2020年9月18日(金)より全国ロードショー! 『メメント』(2000)では記憶を通して時間を描き、『インセプション』(2010)では夢の世界で、『インターステラー』( …

SF映画

【ネタバレ解説】マトリックス(1999)4DX上映の評価。結末まで楽しめる体感型鑑賞のススメ紹介も

『マトリックス』は2019年9月6日(金)より2週間限定で全国ロードショー公開中! 1999年9月11日に公開され、「SF」と言うジャンルのみならず映画界そのものに大きな衝撃を与えた伝説的名作『マトリ …

SF映画

映画エイリアンコヴェナント|あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

「エイリアン」シリーズ待望の最新作。 リドリー・スコットによる『エイリアン:コヴェナント』をご紹介します。 以下、あらすじや結末が含まれる記事となりますので、まずは『エイリアン:コヴェナント』の作品情 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学