Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

SF映画

映画『リディバイダー』あらすじとキャスト。公開する劇場情報も

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

映画『リディバイダー』は、2018年6月9日(土)より新宿シネマカリテ他にて全国順次公開

現実世界VS複製世界、そこで生き残るのはひとつ⁈

映画『美女と野獣』で野獣役を演じたダン・スティーヴンス主演で贈る、「FPS映像」で描いた体感型SFクライシスムービー!

スポンサーリンク

映画『リディバイダー』の作品情報


(C)2016 REDIVIDER PRODUCTIONS,B.V ALL RIGHTS RESERVED.

【公開】
2018年(イギリス映画)

【原題】
REDIVIDER

【監督】
ティム・スミット

【キャスト】
ダン・スティーヴンス、ベレニス・マーロウキャスト、ティゴ・ヘルナント、チャリティー・ウェイクフィールド、バス・カイザー

【作品概要】
映画『美女と野獣』やドラマ「レギオン」シリーズで知られるダン・スティーブンスを主演に、主人公ウィルの一人称視点という表現手法を取り入れた取り入れて描くSFアクション映画。

ダン・スティーブンス(ウィル役)のプロフィール

参考映像:『ザ・ゲスト』(2014)

ダン・スティーブンスは、1982年10月10日生まれのロンドンのクロイドン出身の俳優。ケンブリッジ大学で英文学を専攻。

伝統あるコメディサークルであるフットライツのメンバーでもあっイギリスのロンドン南部クロイドン出身。

ゴールデングローブ賞を受賞したドラマ『ダウントン・アビー』のマシュー・クローリー役として、一躍知名度をあげます。

その後、主演作となる『ザ・ゲスト』(2014)、『ナイトミュージアム/エジプト王の秘密』(2014)、『靴職人と魔法のミシン』(2014)などの出演で確実にキャリアを積み上げます。

2017年にヒットとなった『美女と野獣』で、野獣役を演じて世界的なブレイクを果たします。

また、「X-MEN」シリーズのスピンオフとしては初めてのテレビドラマ「レギオン」シリーズで、主演に抜擢されるなど、今最も注目される俳優の1人です。

スポンサーリンク

ベレニス・マーロウ(アビゲイル役)のプロフィール

参考映像:『5時から7時の恋人カンケイ』(2014)

ベレニス・マーロウは、1979年5月19日生まれのフランスのパリ出身の女優

「ジェームズ・ボンド」シリーズの映画23作目の『007 スカイフォール』(2012)で、ボンドガールのセヴリンを演じました。

また、主な出演作には、アントン・イェルチンと共演した『5時から7時の恋人カンケイ』(2014)や、侵略SFアクション『リヴォルト』(2017)。

さらに、テレンス・マリック監督の映画『song to song (原題)』(2017)などにも出演。

映画『リディバイダー』のあらすじ


(C)2016 REDIVIDER PRODUCTIONS,B.V ALL RIGHTS RESERVED.

エネルギーの枯渇が大きな問題となっている近未来。

人類はコピーしたもうひとつの地球「エコーワールド」からエネルギーを得ることで、問題を解決しようとしていました。

しかし、2つの世界をつなぐタワーの暴走により各地で異常事態が発生。

地球は崩壊の危機に陥ってしまいます。

人類は元NASAのパイロットのウィルをエコーワールドへと送り込むが、そこには荒廃した世界が広がっていた…。

*現実の地球と地球をコピーして作り上げた複製世界が舞台となり、現実の地球では一般的な客観映像を用いており、また、複製世界では主人公の一人称映像が用いられているのが特徴

スポンサーリンク

映画『リディバイダー』の感想と評価


(C)2016 REDIVIDER PRODUCTIONS,B.V ALL RIGHTS RESERVED.

異なる2つ世界を視点に特徴をつける

本作『リディバイダー』の見どころは、何と言っても現実の地球と、それをコピーした地球である「エコワールド」がそれぞれ異なった視点で描かれるといる点です。

現実の地球は“一般的に見られる映画”のような客観的視点による映像で描かれており、主人公やその他の登場人物、景観を一望する客観的な視点でストーリーを見せていきます。

それに対して、エコワールドでは、主人公ウィルの見た目という「FPS視点」になっています。

FPS視点による感覚的な映画といえば、すぐに思いつくのはゲーム体験があげられるでしょう。

また、よく映画で使用されるのはホラー映画です。

登場人物の見た目の視点により、“何かが飛び出してくるのではないか”という恐怖心を煽る場面で見られることがあります。

その他にも視点に特化した作品といえば、次のようなものがありましたね。

他にFPS視点で作られた映画は?

参考作品:映画『ハードコア』(2017)

イリヤ・ナイシュラー監督の映画『ハードコア』です。

サイボーグ化された男が、愛する妻を救う壮絶な戦いに身を投じた姿を、主人公の「FPS視点」のみで描いたアクションです。

イリヤ監督が制作したプロモーション映像をインターネットで公開、それを視聴したユーザーたちから大きな反響と指示をされ、クラウドファウンディングによる長編映画化が実現した作品です。

また、2015年トロント国際映画祭のミッドナイト・マッドネス部門でプレミア上映され、ピープルズチョイス・ミッドナイトマッドネス賞を受賞したことでも知られています。

また、映画にもいろいろあって、主観的映像ではなく、客観視のみで作られた映画もありました。

登場人物の一人称視点ではない特徴的な映画とは?

参考作品:『LOOK』(2007)


人間の主観的でない映像といえば、何を思いつきますか?

答えは防犯カメラの映像です。

アダム・リフキン監督の『LOOK』(2007)は、監視社会という問題提起をテーマに作られた作品で、防犯カメラから撮影された映像のみでストーリーを進行させていきます。

防犯カメラとはいえ、固定されたフィックス撮影だけではなく、防犯機能という監視を目的にしていることから、人物へのクローズ・アップやパン撮影もある映画でした。

そんなので映画は作れるのかと疑問を覚えるかもしれませんが、監視社会の昨今から言えば、街中に設置されたカメラの台数がいかに多いかといという実験的であり、見事な問題定義となっています。

さて、傍に逸れた話を本作『リディバイダー』に戻しましょう。

近未来の地球ではエネルギー枯渇の危機に直面。

人類はコピーしたもう一つの地球であるエコーワールドを創り出します。

そこから資源を調達することにより、問題危機を打開しようとしますが、地球とエコーワールドを繋ぐ巨大タワーの暴走によって、地球は崩壊の危機に陥ってしまう。

本作では、『ハードコア』や『LOOK』は違った様子で「視点」というものが扱われた映画です。

現実とコピーの2つの地球という物語設定により、視点にこだわりを見せて描くSFアクション作品です。

このコピーされた世界の「FPS視点」は、ゲームやVR好きな人には見どころになるはずでし、映画のカメラや視点に興味のある人にとっても、興味深い作品かもしれません。

元NASAのパイロットであるウィルは、巨大タワーの暴走の原因を探るため、エコーワールドに送り込まれるが、そこで彼(あなたかな?)が見たものは…、ぜひ、要注目です!

本作を公開する劇場情報

【関東地区】

東京 新宿シネマカリテ 6月9日(土)~

【中部地区】
愛知 シネマスコーレ 6月16日(土)~

【近畿地区】
大阪 なんばパークスシネマ 6月16日(土)~
大阪 シネ・リーブル梅田 6月16日(土)~

まとめ

現実世界VS複製世界で生き残るのはひとつなのか⁈

ダン・スティーヴンスも主演で贈る、最新鋭FPS映像で描く体感型SFクライシスムービーです。

映画『リディバイダー』は、2018年6月9日(土)より新宿シネマカリテ他にて全国順次公開

ぜひ、お見逃しなく!

スポンサーリンク

関連記事

SF映画

『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』のキャストはガチ全滅するのか?

マーベルコミック原作のヒーロー・チームが、地球の危機を救う為に戦う「アベンジャーズ」シリーズ第3弾。 宇宙の運命を握る、6つのインフィニティ・ストーンを巡り、最強の敵サノスとの争奪戦を描いた『アベンジ …

SF映画

映画『ザ・プレデター』あらすじとキャスト。監督シェーン・ブラックのプロフィール紹介

映画『ザ・プレデター』は9月14日(金)より全国ロードショー! 人気SFホラー映画『プレデター』の正当なる続編シリーズが始動。 狩るか、狩られるか…。宇宙から現れる最悪のハンター「プレテダー」とのサバ …

SF映画

映画『ジュラシック・ワールド 炎の王国』あらすじとキャスト紹介

『ジュラシック・パーク』シリーズ最新作となる映画『ジュラシック・ワールド 炎の王国』が2018年7月13日に公開。 『ジュラシック・パーク』生誕25周年を迎える節目となった本作は、火山の大噴火というス …

SF映画

映画『亜人』綾野剛(佐藤役)の演技評価 とキャスト感想!

桜井画門の大ヒットコミック『亜人』を映画『新宿スワン』シリーズや『そこのみにて光輝く』の綾野剛が好敵手である“亜人の佐藤”を演じています。 演出は『踊る大捜査線』シリーズの本広克行監督が務めた実写映画 …

SF映画

映画『シン・ゴジラ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

誰しもが2014年のハリウッド版「GODZILLA ゴジラ」を観た際に、「怪獣映画」というジャンルも、ハリウッドに持って行かれたと嘆いたことでしょう。 しかし、庵野秀明監督が、初代ゴジラに並ぶ、あるい …