Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

SF映画

【ネタバレ】65シックスティ・ファイブ|あらすじ結末感想と評価考察。SF映画で恐竜が支配する地球を描く脱出劇!

  • Writer :
  • もりのちこ

6500万年前の地球。
いますぐ地球から脱出せよ!

スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)からスター・ウォーズ3部作にて、カイロ・レン役で一躍スターとなった、アダム・ドライバー主演のSFサバイバルスリラー『65/シックスティ・ファイブ』。

今から6500万年前。惑星ソマリスの住人ミルズは、惑星探索の途中で隕石と衝突。宇宙船は未知の惑星へ墜落し、航行不能になってしまいます。

生き残ったミルズは、探索の途中でもうひとりの生存者コアという少女を発見。共に家族のもとへ帰るため、惑星からの脱出を試みます。

しかし、その惑星は、凶暴な生物である恐竜が住み着いている地球だったのです。さらに、地球には小惑星の衝突が迫っていました。

2人は果たして、この地球から脱出することができるのか。息もつかせぬ展開にハラハラドキドキが止まらない『65/シックスティ・ファイブ』を紹介します。

映画『65/シックスティ・ファイブ』の作品情報


(C)2023 Sony Pictures Entertainment (Japan) Inc. All rights reserved.

【日本公開】
2023年公開(アメリカ映画)

【監督】
スコット・ベック、ブライアン・ウッズ

【キャスト】
アダム・ドライバー、アリアナ・グリーンブラット、クロエ・コールマン

【作品概要】
6500万年前、巨大隕石が衝突する寸前の地球に不時着した男と少女の運命を描いたSFサバイバルスリラー。

監督は、大ヒットサバイバル・ホラー『クワイエット・プレイス』(1997)の脚本・原案を手掛けたスコット・ペック&ブライアン・ウッズの監督コンビ。

製作は、ショッキング・スリラー「ドント・ブリーズ」(2016)シリーズの製作、ホラー映画の名作『死霊のはらわた』(1981)では監督を務めたサム・ライミが担当しています。

極限の恐怖とサスペンス、サバイバル要素を得意とする製作チームが集結し、6500万年前の地球を蘇らせます。娘の治療費のため危険な惑星探索に出る主人公ミルズを演じるのは、アダム・ドライバー。

その他、『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』(2018)のアリアナ・グリーンブラット、『ダンジョンズ&ドラゴンズ アウトローたちの誇り』(2023)のクロエ・コールマンと、10代の若手女優たちが大活躍です。

映画『65/シックスティ・ファイブ』のあらすじとネタバレ


(C)2023 Sony Pictures Entertainment (Japan) Inc. All rights reserved.

宇宙の彼方、文明の発達が進む惑星ソマリス。惑星探索船の操縦士ミルズは、愛する妻と病気を患う娘・ネヴィンと暮らしていました。

ある日ソマリスでは、2年間の惑星探索が行われることに。ミルズは、娘の治療費を稼ぐため、宇宙船で長い航海に出る決意をします。

広大な宇宙での惑星探索も、間もなく終わりを迎えようとしていました。乗組員は凍結装置で眠っているうちにホームに戻れるはずでした。

ガタガタガタ。無数の隕石が探索船に襲い掛かります。衝撃で目を覚ましたミルズは、自動運転に切り替えますが、船の損傷は激しく、コントロールが効きません。

探索船は真っ二つに割れ、見知らぬ惑星に不時着。人体保存BOXはすべて破損。乗組員はミルズを残し全員死んでしまいました。

緑の森が広がる大地。意を決しマスクを外してみると、息をすることが出来ます。大地に残された巨大な足跡、生物の気配を感じるも姿を見つけることはできませんでした。

真っ二つに割れた船の片方に、脱出ポットがあります。ミルズは、発信機で場所を特定し歩いて向かうことにします。

その時です。人体保存BOXにひとつの明かりが着いているのを発見。もうひとりの生存者はコアという名の少女でした。

コアと合流できたミルズでしたが、言語が異なり上手く会話ができません。おまけに、墜落時に受けたケガが悪化し体力が奪われていきます。

身振り手振りでコミュニケーションを図っていく2人。コアは、見るものすべてが珍しく好奇心旺盛です。

手を焼くミルズでしたが、彼女の姿に娘のネヴィンを重ねます。コアは、もうひとつの割れた船に両親が待っていると信じていました。

脱出ポットは山の上です。道の途中、ぬかるんだ沼に子供の大きさほどのトカゲの形をした生物がハマってもがいています。コアが駆け寄り引っ張りあげようとするのを、一度謎の生物に襲われたミルズは止めようとします。

無事救出し、ほっとしたのも束の間、別の生物がどこからともなく、わらわらと現れました。コアが助け出した生物に襲い掛かり、噛み殺してしまいます。

凶暴な生物が生息する惑星。そうここは、恐竜が生息する地球でした。強い者こそ生き残る、まさに弱肉強食の世界です。

恐怖に震えるコア。ミルズは、宇宙の武器で対戦します。素早い動きで2人に襲い掛かってくる恐竜たち。逃げる途中ではぐれたコアは、海岸で鳥の姿をした恐竜に遭遇します。

命からがら逃げきったミルズとコア。雨をしのぐため洞窟の入り口にテントをはります。ミルズは元気をなくしたコアに、娘のネヴィンの映像を見せ、家族のもとに帰ろうと励まします。

セットしていた警報機が鳴り出します。雨の中から洞窟の入り口に顔をだしたのは、これまでのものとは比べ物にならないほど巨大な恐竜でした。「ギャオーッ」。

以下、『65/シックスティ・ファイブ』ネタバレ・結末の記載がございます。『65/シックスティ・ファイブ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


(C)2023 Sony Pictures Entertainment (Japan) Inc. All rights reserved.

洞窟に逃げ込むミルズとコア。中には、あの凶暴ですばしっこい恐竜たちが生息していました。激しい戦闘が続く中、洞窟が崩れ落ちミルズはコアだけをどうにか外に逃がします。

バラバラになった2人は懸命に逃げ切りますが、ミルズが底なし沼にハマってしまいました。あわやこれまでという時、コアが駆け付け木の枝を使って見事救出に成功。

大人より頼りになるコア。案外2人は最強のチームかもしれません。山の上の船まではあと少しです。

その時です。レーダーに異変がおきます。宇宙からこの惑星に隕石が降りかかってきます。探索船を襲ったあの隕石です。そして、あと数時間で小惑星が衝突すると告げられるでした。

急いで山を登り機体の半分にたどり着きます。脱出ポットは使えそうです。喜ぶミルズとは反対に、両親が死んでしまったことを知ったコアは悲しみます。

ミルズは、ネヴィンの話をして聞かせます。ネヴィンは、この長い探索期間中に命を落としていました。娘の最後に会えなかった、少しでも側にいればよかったと後悔しています。

もう後悔はしたくない。コアを故郷に帰すと約束します。抱き合う2人。一緒にこの地球から脱出しよう。

脱出ポットに乗り込むミルズとコアに、巨大な恐竜が現れ襲いかかります。ミルズはひとり外へ飛び出し、囮になるのでした。

吹き飛ばされた銃を拾うまで間に合いません。コアが、船内からネヴィンの映像を映し出します。恐竜は、その映し出されたネヴィンの方へと襲い掛かります。その隙に銃を撃ち仕留めることができました。

しかし、これで終わりではありませんでした。恐竜がもう一頭現れます。「コア、脱出しろ」。ミルズは叫びます。

火山活動が活性化している土地からは熱水が吹き出していました。ミルズはもう一頭を船体から上手く誘導し、恐竜に熱水を浴びせます。

吹き出す熱水に怯む恐竜でしたが、再び立ち上がりミルズに狙いを定めます。その時です。コアが長い枝を恐竜の目に突き刺します。

目の痛みでヨロヨロと動く恐竜。ひと際大きく吹き上がった熱水の上に倒れ込み、焼け崩れました。

赤く燃え盛る小惑星がこちらに向かって落ちてくるのが見えます。ミルズとコアは、脱出ポットで脱出を試みます。

危機一髪。小惑星が脱出ポットとすれ違うように地球へと落ちていきました。目をつぶると、娘のネヴィンとの思い出が蘇ります。「さぁ、帰ろう」。ミルズとコアは互いに手を繋ぎました。

映画『65/シックスティ・ファイブ』の感想と評価


(C)2023 Sony Pictures Entertainment (Japan) Inc. All rights reserved.

今から6500万年前。現在のメキシコ・ユカタン半島付近に、直径10Kmの巨大隕石が秒速20Kmの速さで衝突。地球上の生物の80%が死滅しました。その後、地球は氷河期に。わずかに生き残った恐竜も絶滅したと言われています。

映画『65/シックスティ・ファイブ』は、この巨大隕石が衝突する寸前の地球が舞台となっています。

史実をもとに、もしその時、地球上に他の惑星の住人がたまたま居合わせていたら!?という設定が面白い

この頃の宇宙には、のちの人間とそっくりの宇宙人が住む惑星ソマリスが存在していました。探索船や強力な武器もある発達した文明のようです。

しかし、治せない病気もあるようで、主人公ミルズの娘ネヴィンは重い病気にかかっていました。娘の治療費を稼ぐため、父ミルズは長期の惑星探索船に乗り込むことになります。

惑星ソマリスの様子が分かるシーンは少ないので、ミルズの生い立ちや性格などは語られないまま宇宙へと。唐突感は否めませんが、淡々と進むテンポの良さで恐怖が増していきます

惑星探索の途中で、宇宙船に隕石が衝突。墜落した場所は、恐竜が住む惑星、地球でした。生い茂る木々、鬱蒼とした森の中で発見する巨大な足跡。生き残ったのはミルズと少女・コアだけです。

墜落時に怪我を負ったミルズのハァハァと苦しそうな息遣いと、言語の違いで会話にならないコアとのやり取りにもどかしさが募ります。

初めは、アロサウルスのような小柄な恐竜が集団で襲いかかってきます。そして畳みかけるようにプテラノドンやスピノサウルス、ティラノサウルスと凶暴な恐竜のオンパレード

途中、沼にはまった子恐竜を助けるシーンでは、「ジュラシックパーク」シリーズなどで見られる恐竜と人間が心を通わすエピソードを期待してしまうも、容赦情けない弱肉強食の世界に撃沈させられます


(C)2023 Sony Pictures Entertainment (Japan) Inc. All rights reserved.

そんな恐竜と戦う武器のかっこよさにも注目です。極力なレーダーを放つ銃や、小型爆弾。6500万年前の話だと忘れてしまうほど近未来的です。

主人公ミルズは、正義感が強いリーダータイプかと思いきや、コアとのコミュニケーションに困ったり、沼にはまったりと不器用な一面もあります。

そんなミルズと見事なバディぶりをみせるのが、もうひとりの生き残りコアです。ミルズはコアに自分の娘の姿を重ね守ろうとしますが、コアの存在こそがミルズの助けになっていきます

娘のネヴィンに教えた指笛を、コアにも吹いてみせるミルズ。ネヴィンはなかなか出来ませんでしたが、コアはすんなりと鳴らしてみせます。なんなら、ミルズよりも上手く。

沼にはまるミルズを助けたり、巨大恐竜に臆することなく立ち向かったり、大人より頼りになるコア。コアのタフさに救われます

容赦ない恐竜の襲撃からひたすら逃げ、地球からの脱出を試みる。これまでの恐竜SF作品とは一味違う、ゲームをみているような感覚を味わえます

まとめ


(C)2023 Sony Pictures Entertainment (Japan) Inc. All rights reserved.

たどり着いたのは6500万年前の地球。待っていたのは、未知の生物・恐竜と巨大隕石の衝突。地球からの脱出SFサバイバルスリラー『65/シックスティ・ファイブ』を紹介しました。

次から次へと襲い掛かる肉食恐竜の大迫力。ハラハラドキドキ、息つく暇もないノンストップな93分間

あっという間に駆け抜け、見終わった後は、運動した後のような心地よい疲労感が味わえます。



関連記事

SF映画

映画『A.I.』ネタバレあらすじ結末と感想考察の評価。ロボット少年の愛を“天才子役おすすめ”として一躍名をはせたハーレイ・ジョエル・オスメントが演じる

ロボットの少年が愛する母を探してさすらう悲しみの感動作 鬼才スタンリー・キューブリックが生前に温めていた作品を、スティーヴン・スティルバーグ監督が映画化した名作SF映画。 母を愛するようインプットされ …

SF映画

『アリータ:バトルエンジェル』感想と評価。ジェームズ・キャメロンの名作映画を連想させる!

映画『アリータ:バトルエンジェル』2019年2月22日よりロードショー 日本の名作SFコミック『銃夢』を、『アバター』のジェームズ・キャメロンが完全映像化! 意外な驚きを与えてくれた本作、映画『アリー …

SF映画

『ヴェノム』ネタバレ感想と評価。寄生獣と似たバディムービーを傑作洋画と割り切って楽しもう

「最悪」というキャッチコピーに強烈な牙をむいたポスタービジュアルが話題になっていますが、意外にも映倫審査ではPG12。 それもそのはず、本作『ヴェノム』は、ヴィランが残虐に大暴れする映画ではなく、悪そ …

SF映画

映画『ザ・プレデター』あらすじとキャスト。監督シェーン・ブラックのプロフィール紹介

映画『ザ・プレデター』は9月14日(金)より全国ロードショー! 人気SFホラー映画『プレデター』の正当なる続編シリーズが始動。 狩るか、狩られるか…。宇宙から現れる最悪のハンター「プレテダー」とのサバ …

SF映画

おすすめSF映画『イカリエ-XB1』あらすじとキャスト。チェコ・ヌーヴェルヴァーグの潮流も

あの名作SF映画『2001年宇宙の旅』や『スター・トレック』が発表される以前の1963年。 チェコスロヴァキアで誕生した奇蹟のSF映画『イカリエ-XB1』が、デジタル・リマスター版として蘇ります! S …

U-NEXT
【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学