Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

SF映画

Entry 2021/06/09
Update

映画『華氏451(2018)』ネタバレあらすじとラスト結末の感想解説。近未来SFの隠れた傑作をリメイクした“書籍を燃やす者と守る者”との闘い

  • Writer :
  • 秋國まゆ

本を燃やす者と本を守る者がぶつかり合う近未来サスペンス

ラミン・バーラニが脚本・監督を務め、レイ・ブラッドベリの名作SF小説を映像化させた、2018年製作のアメリカの近未来SFサスペンス映画『華氏451』。

本を読むことが禁じられた近未来の世界で、本を燃やす仕事をする自らの行為に思い悩み、読書の喜びを知る主人公の姿とは、具体的にどんな内容だったのでしょうか。

膨大な数の本を隠していた老婆が謎の言葉を遺し、焼身自殺を遂げたことをきっかけに物語が展開されていく、アメリカの近未来SFサスペンス映画『華氏451』のネタバレあらすじと作品情報をご紹介いたします。

スポンサーリンク

映画『華氏451(2018)』の作品情報


(C)2018 Home Box Office, Inc. All rights reserved.

【公開】
2018年(アメリカ映画)

【原作】
レイ・ブラッドベリの名作SF小説『華氏451』

【監督】
ラミン・バーラニ

【キャスト】
マイケル・B・ジョーダン、マイケル・シャノン、ソフィア・ブテラ、リリー・シン、ディラン・テイラー、マーティン・ドノヴァン、カンディ・アレクサンダー

【作品概要】
『チェイス・ザ・ドリーム』(2012)のラミン・バーラニが、脚本・監督を務めた、アメリカの近未来SFサスペンス作品です。

クリード チャンプを継ぐ男』(2015)や『ブラックパンサー』(2018)、『黒い司法 0%からの奇跡』(2020)などに出演したマイケル・B・ジョーダンが、主演を務めています。

映画『華氏451(2018)』のあらすじとネタバレ


(C)2018 Home Box Office, Inc. All rights reserved.

世界に混沌をもたらすものとして、本を読むことが禁じられた近未来。

情報や知識、ニュース番組などは全て映像化され、動画配信するSNSのような「ナイン」や、人々の生活をサポートし監視するAIシステム「ユークシー」と呼ばれるもので閲覧する時代です。

アメリカでは、「焼火士(ファイヤーマン)」と呼ばれる者たちが、全ての書物を燃やし尽くそうと、書物の捜索及び焼却を行っていました。

そんな焼火士から本を守るべく、この世界で肩身の狭い思いをしながら身を寄せ合い、隠れて暮らしながら保護・拡散活動を続ける、「ウナギ」と呼ばれる者たちもいました。

ウナギの一員は焼火士に見つかってしまうと、ナインでライブ中継されている中、自身の手の指紋と本、財産までもが焼火士の手によって焼かされてしまうのです。

アメリカ・オハイオ州クリーブランドに住む青年モンターグは、幼い頃に両親を亡くして以降、自分を育ててくれた焼火士のジョン・ベイティ中隊長の下で、焼火士として働いていました。

焼火士としての活躍のおかげで、ベイティは中隊長から司令長に、モンターグは彼の後任として焼火士長から中隊長への昇格が、年末に行われることが決まっていました。

モンターグは勤務後、ベイティに同行し、バーにいる情報屋の女性クラリスに会いに行きました。2人が話した後、モンターグはクラリスに、こう尋ねられます。

「何故書物を燃やすのか、一瞬でも考えたことある? 燃やす前に読んでみたら?」これに対し、モンターグは何も答えられませんでした。

そんなある日。ベイティとモンターグ、隊員のダグラスとフリーマン、ジョエルとカイルは、ベッドフォード近くの森にある廃屋を訪れました。

モンターグたちによる家宅捜索の結果、クラリスからの情報通り、膨大な数の本が隠されていました。

本の一斉焼却の前、モンターグは1人、近くにあったドエストエフスキーの『地下室の手記』という名の本を手に取り、他の隊員に見つからぬよう服の中に隠しました。

その後モンターグは、ダグラスたちが1階の広間に膨大な数の本を集めている様を見て、幼い頃に同じ光景を目にしたことがあることを思い出します。

本の一斉焼却開始後、この家と本の所有者である老婆ママ・ジュードは、モンターグたちの尋問を聞かず命令にも従わず、隠し持っていたマッチに火をつけました。

ママ・ジュードは火のついたマッチを足元に落とし、床に敷き詰められた本と、いくつかの本を巻き付けた自身の体を燃やそうとします。

そしてママ・ジュードは、「オムニス(OMNIS)」という謎の言葉を言い遺し、モンターグたちの目の前で焼身自殺を遂げたのです。

ママ・ジュードの焼身自殺の件は、すぐさまナインで街中に報道されましたが、翌日には「オムニス」が「臆病者」に言い換えられていました。

それは、ベイティからの報告でこのことを知った政府が、ママ・ジュードが殉難者(思想などのために、我が身を犠牲にする者)になってはならないとして、圧力をかけて事実を隠蔽したのです。

実際に現場にいたモンターグは、事実と異なる言葉が報道されていることに違和感を抱き、ベイティに尋ねましたが、口止めされている彼は何も答えられませんでした。

帰宅後、モンターグはユークシーを遮断し、持ち帰った本を音読します。しかし、遮断したはずのユークシーが勝手に起動し、モンターグに話しかけてきたのです。


(C)2018 Home Box Office, Inc. All rights reserved.

モンターグはユークシーの目が届かない場所で、クラリスに本の内容を教えて貰おうと考え、港近くの工場地帯へ向かいます。

実はクラリスは、ウナギの一員として港近くにある隠れ家に住んでいたのです。クラリスが隠れ家を出て、埠頭に立ち寄ったところでモンターグの尾行に気づき、咄嗟に彼にナイフを突きつけます。

クラリスはモンターグを警戒しましたが、彼からオムニスの言葉の意味と本の内容を尋ねられたことで、警戒心が薄れたのか自宅に招くことにしました。

モンターグはユークシーが置かれていないクラリスの家で、彼女に自分では解読できなかった本を朗読してもらいました。

クラリスは一度朗読を止め、モンターグにこう言いました。「政府は言語を排除し、国民の思想を駆逐している」

「世界に6,000もあった言語は、今は60もない。ナイン上で単一の共通語を作ろうとしている」

「内戦中、複数の企業が、思考の予測システムを開発。政府と結託して権力を握った」

「そして民衆の望む”自我”と”幸福”を売り込み、ナインがそれを確実に供給し、あなたたちは火で守る」

「政府じゃない。私たちこそが、こんな世界を望んだ」そう話すクラリスは、続けてモンターグとこんな話をしました。

「あなた、記憶に不安は? 頻繁に目薬を?」「君は? 過去を覚えているのか? 両親のことは思い出せる?」

「親はウナギよ、私に純国民(ウナギではない普通の人間たち)を装えと教えた」

「10代の頃には、あなたたち”普通の人”に憧れて家出した。ナインに没頭し、目薬から何から真似をして、しばらくは満足だった」

「だけど、人生には山もあれば谷もある。お金を稼ぐために、落書の情報を売り始めた」

クラリスの身の上話を聞いたモンターグは、今まで己の生涯をかけて作品を創ってきたであろう作者のことも考えず、たった2秒で作者の本を燃やし灰にしてしまったことを後悔しました。

モンターグとクラリスは、本について語り合ううちに、心を通わせ惹かれ合っていきました。

クラリスと別れ、職場に向かったモンターグは、勤務前に国民の日課である目薬をさすことを初めて躊躇します。

その時モンターグは、焼火士だった自分の父親が、幼い自分に読書をするよう勧めてきたことを思い出しました。

その後開かれたミーティングでは、ベイティがモンターグたち焼火士に、政府が秘密裏に調べたオムニスについて説明しました。

ベイティ曰く、ウナギは技術言語をDNAの言語に転換し、地球が埋め尽くされるほどの膨大な量の落書のデータを、オムニスという極微なDNAの中に格納していたのです。

オムニスとは、あらゆる本や絵画、音楽や映画、史料や昔のネット上の情報。ニュースや回顧録、事件などが記録されている、いわば人間の知覚の集合体のことだったのです。

そう話すベイティが、これから行う任務について話します。「オムニスはここ、オハイオ州からカナダに移送されるらしい」

「オムニスが放たれてしまえば、決壊した知識の混沌は、蔓延する伝染病の如く広がり、暗黒の国々が地球を覆う」

「最強の焼火士部隊であっても、オムニスの前では翻弄される赤子も同然」「内戦における両親や祖父母の犠牲で得たものが、失われてしまう。そんなこと許してたまるか」

「街を炎で浄化するぞ!火トカゲども!」

以下、『華氏451』ネタバレ・結末の記載がございます。『華氏451』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2018 Home Box Office, Inc. All rights reserved.

その直後、オハイオ州と隣州の焼火局は、大規模なオムニスの捜索を展開。モンターグたち焼火士は、次々とウナギを検挙し、オムニスの在り処を吐かせようとします。

その最中、モンターグの脳裏によぎったのは、幼い自分の前で焼火士に殴られている父親の姿でした。

そしてついに、モンターグたちはクラリスがいるウナギの隠れ家を襲撃。ベイティはクラリスに目をつけ、彼女がやっている稼業をバラそうかと脅します。

そこへ、クラリスの仲間の1人が、「我々は誰も同じ、罰するなら我々も同じだ」と言って彼女を助けようとしましたが、それがかえってベイティの逆鱗に触れてしまったのです。

ベイティが火炎放射器でクラリスたちを殺そうとしたその瞬間、モンターグはその部屋の電気のブレーカーを落とし、彼女たちを逃がします。

混乱に乗じて、モンターグはクラリスを追いかけ、これからどうするのかと尋ねました。するとクラリスは、「ここを出て家族の知り合いに助けを求める」と言い、モンターグとキスをしてからその場を立ち去りました。

しかし、複数のウナギが逃走したことにより、国はあらゆる場所に検問所を設け、焼火団の訓練性も増員して国境や交通要衝をパトロールさせます。

モンターグはベイティたちと一緒にオムニスを捜索中、家の浴室に隠れたウナギの親子を発見するも、ベイティたちには何も告げず、そのまま見逃そうとしました。

しかし、ベイティはそんなモンターグを不審に思い、浴室を調べてウナギの親子を捕縛。捕まった親子と目が合ったモンターグは、焼火士に捕まり本を燃やされた父親の姿を思い出しました。

その後、ベイティはモンターグを自宅に招き、ウナギの一員を逃がそうとした彼を尋問します。するとモンターグは、ベイティに辞職を願い出たのです。

「お前を後任の隊長にと申請した矢先にこれか?俺がお前に投資した16年を放り出そうってのか」

「16年間、俺の頭は政府の思想に染められていただけ。何故本を燃やすのか、自分で判断したい」

「存在意義を示したいのか」「ああ。意味不明な親父の夢に悩まされているんで」

初めてモンターグと口論したベイティは、手塩にかけて育ててきた秘蔵っ子であり、同じ焼火士として戦う兄弟でもある彼を諭します。

「いいか、上官としてウサギを取り逃したお前を、上に報告せねばならん。するとお前は、反逆罪で裁かれ、守ってやれなくなる」

「俺を裏切ったら燃やしてやるぞ、その灰までも燃やし尽くす。夢は恐ろしいだろう?俺にも分かる」

「思考が乱れて深みにハマっただけだ。自分をしっかり保て」「お前は風邪をひいているだけ、帰って休養しろ。そして明日出社しろ」

ベイティの言葉に従い、黙って帰宅しようとしていたモンターグでしたが、クラリスが仲間のグスタヴォや他の男性1人と一緒に、車で迎えにきたことによって彼の気持ちは一変。

モンターグはそのまま、クラリスたちの車に乗って、彼女の家族の知り合いとウナギの一員に会いに行ってしまうのです。その様子を、ダグラスに偶然見られていたとは知らずに…。

ウサギの隠れ家に到着後。モンターグは自身を疑うウナギたちに対し、本を読んだことで今までしてきた自分の行いに疑問を覚え、もうこんな思いはしたくないと気持ちを打ち明けます。

このモンターグの告白と、ウナギが用意した試験に合格したおかげか、彼らの信用を得たモンターグは、クラリスの家族の知人女性から、こんな話を教えて貰いました。

「本は人がいかに愚かか思い出させる。でも記憶を保ち、オムニスを広まれば人は勝利できるかもしれない」

「ウェブに繋がらない脳は、科学の世界に対抗する最後の要塞。本の保管場所として最も安全よ」

「私たちは存在しない人間、ナインも焼火士も捜し出したり、夢の中に入ったりすることはできない」

「私がトニ・モリスンの”ソロモンの歌”を覚えたように、ここにいる各人が1冊の内容を記憶し、本となった」

そう話すクラリスの家族の知人女性は、モンターグに膨大な数の本を置いてある小屋にいる少年、クリフォードを紹介しました。

1万3000冊の本の内容を記憶しているクリフォードには、オムニス計画の遺伝学者である母親がおり、彼女は死ぬ前に、彼の飼い鳥レニーにDNAを注入したのです。

オムニスを体内に取り込んだレニーを、カナダの科学者の元へクリフォードと一緒に送り届ける。そしてオムニスを抽出後、複製して他のあらゆる動物に注入させる。

そうすることで、オムニスに格納された知識が世界に拡散し、増殖させることが出来ます。それが、クラリスたちウナギの目的だったのです。

そこでクラリスの家族の知人女性は、モンターグにクリフォードとレニーを守りながら、無事カナダの科学者の元へ送り届けて欲しいとお願いしました。

これを快く引き受けたモンターグは、カナダの科学者と連絡を取るための応答機を手に入れるべく、一旦クラリスたちと別れて焼火局に戻ります。

焼火局の保管室から1本、応答機をくすねたモンターグ。そんな彼を待ち受けていたのは、ベイティとダグラスたち焼火士でした。


(C)2018 Home Box Office, Inc. All rights reserved.

ベイティはモンターグに、焼火士としての本分を思い出させ、彼の裏切りを許したかのように振舞います。実際のところ、ベイティはモンターグの裏切りを許してはいません。

ベイティはわざわざモンターグの自宅まで彼を誘導し、あらかじめ彼のいない隙に置いた本の山を見せて、ウナギの一員に祭り上げて公開処刑しようとしたのです。

ベイティたちの思惑に気づき、彼らに嵌められたと知ったモンターグは、手渡された火炎放射器で本の山と、自分の姿が映し出されたスクリーンを焼却します。

その際、モンターグは、幼い自分の前で父親を捕まえ、父親が持っていた本の山を燃やした焼火士の1人が、ベイティであることを思い出しました。

ベイティへの怒りに燃えるモンターグは、彼に促されるまま自宅前へ向かい、既に待ち構えていた報道陣の前で手の指紋を焼かれました。

そして、ベイティが焼火士長に新たに任命したダグラスに、クラリスとウナギの仲間を捜索するよう命じます。それを聞いたモンターグは、クラリスたちを救おうと、ダグラスに火炎放射器を向けました。

するとベイティは、ダグラスを救うどころか、モンターグに彼を殺すよう悪魔の囁きをします。錯乱したモンターグは、火炎放射器の炎でダグラスを殺害し、逃走。

ベイティはナインを通じて、モンターグを焼火士を殺害した殺人犯、および国を裏切ったテロリストとして指名手配し、他の焼火士たちと一緒に彼の捜索へ向かいました。

モンターグは走りながら、焼火士の制服を道路に脱ぎ捨て、車で迎えに来たクラリスと合流。その際、彼はクラリスから、グスタヴォが逮捕されたことを聞きました。

モンターグたちより先に、ベイティたち焼火士がクリフォードたちの元へ到着。ベイティたちは小屋を燃やし、その場にいたウナギを次々と逮捕し尋問していきます。

そこへ、モンターグたちが遅れて到着。モンターグは、小屋に逃げたクリフォードと鳥籠の中にいるレニーを救出するため、燃え盛る火の中に果敢に飛び込んでいきます。

モンターグは小屋の中で、レニーを身を挺して守ったであろうクリフォードが倒れているのを発見。クリフォードの側には、鳥籠の中にいるレニーがいました。

モンターグがレニーを鳥籠から出し、応答機を体に取り付けたその時、モンターグを見つけて追いかけてきたベイティが現れます。

モンターグはベイティの言葉に一切耳を貸さず、応答機をつけたレニーを、火事で穴が開いた小屋の天井に向けて解き放ちました。

そんなモンターグを見て、ベイティは悔しそうに悲しそうに咆哮をあげ、火炎放射器の炎を死を覚悟をした彼に放ちました。

その後、レニーはいくつもの山を飛び越え、上空を飛び回る同じムクドリの群れと合流しました。

スポンサーリンク

映画『華氏451』の感想と評価


(C)2018 Home Box Office, Inc. All rights reserved.

オムニスに隠された真実とモンターグの葛藤

オムニスとは、極微なDNAであり、ありとあらゆる情報が記憶されている人間の知覚の集合体のことです。

そして、本を守るウナギたちの目的は、そのオムニスを他のあらゆる動物に注入し、各人が1冊の本となり情報を拡散していくことでした。

ウナギたちがAIシステムや機械ではなく、DNAを使って本とありとあらゆる情報を守ろうとした、その誰も思いつかない方法に観ている人誰もが驚くことでしょう。

焼身自殺を遂げたママ・ジュードやクラリスに感化され、本に興味を抱き、本を燃やす自分の仕事に迷いが生じたモンターグ。

そんな彼がオムニスのことを知って、ウナギ側の人間になることは、物語の前半で嬉々として本を燃やしていた彼からは想像できません。

正義感が強く、本への興味と好奇心が抑えられないモンターグが、葛藤する日々を忘れさせてくれるような穏やかな時間を、クラリスと過ごす姿は観ていて微笑ましいです。

袂を分かったモンターグとベイティ

物語の前半では、モンターグとベイティは、本当の親子かと思うぐらい仲が良く、お互いを信頼し合う兄弟のようでした。

そんなモンターグとベイティが、2人肩を並べて任務を行う姿、他愛もない話をしながら歩く姿は、微笑ましくて思わず笑みが零れます。

特に感動したのは、物語の後半でベイティが、裏切ったモンターグを諭す場面です。ここでは、どれほどベイティがモンターグを信頼し、兄弟として息子として愛していたかが窺えます。

ベイティはモンターグに焼火士としての本分を思い出させ、彼の頭を自分の頭に引き寄せてこう言うのです。

モンターグ、我が兄弟。燃やしに行くぞ」と。これが一番心に刺さり、格好良い場面です。

モンターグはベイティと完全に袂を分かってしまったものの、追いかけて来た彼と戦う気も、殺す気もありません。

そんなモンターグを、ベイティが殺さなくてはならないというのは、何とも悲劇で悲しいです。

まとめ


(C)2018 Home Box Office, Inc. All rights reserved.

曖昧な過去の記憶を思い出し、本を燃やす焼火士から本を守るウナギ側に変わっていく、モンターグの姿を描いたアメリカの近未来SFサスペンス作品でした。

本作の見どころは、違う立場の人間であったモンターグとクラリスが恋に落ちるところと、袂を分かったモンターグとベイティの親子愛です。

そして劇中では、ベイティが自宅で、ユークシーを遮断させて何か格言のようなものをメモに書いている場面があります。

その最後のメモに、「愛した者を最後には必ず裏切った」と記されており、本当にベイティはモンターグを罠に嵌めてしまうのです。

もしかするとベイティは、友人であったモンターグの父親のことも、信頼する兄弟として愛していたものの、最後に裏切ってしまったのではないかと考察できますね。

モンターグが身を挺して守ったレニーが、ムクドリの群れと合流した後どうなったのか、劇中では描かれていません。もし続編があるなら、ぜひその続きを観てみたいですね。

本を燃やす焼火士同士、また本を守る者と焼火士の戦いと、切ない親子の絆を描いた近未来SFサスペンス映画が観たい人には、とてもオススメな作品です。

関連記事

SF映画

【ネタバレ感想】『X-MEN: ダーク・フェニックス』シリーズ集大成で最後の敵はX-MEN⁉︎

フェニックス覚醒、X-MEN終焉 アメコミ映画のパイオニア、X-MENが遂に最終章を迎える映画『X-MEN:ダークフェニックス』をご紹介します! スポンサーリンク CONTENTS映画『X-MEN:ダ …

SF映画

劇場版ウルトラマンR/B セレクト!絆のクリスタル|ネタバレ感想レビュー。湊兄弟の最後の戦いとトレギアの目的とは

映画『劇場版ウルトラマンR/B セレクト!絆のクリスタル』 ルーゴサイトとの決戦から1年…。 綾香市に訪れるあらたな危機にウルトラマンロッソ、ブルにウルトラマンジードを加え立ち向かいます。 兄弟がウル …

SF映画

【ネタバレ注意】アクアマンのトリビア&小ネタ集!9つの秘密を紹介

今まで観たことのない、海中バトルアクション映画『アクアマン』は、2019年2月8日(金)より全国ロードショー! スーパーマン、バットマン、ワンダーウーマンなど、名だたるアメコミヒーローを擁するDCコミ …

SF映画

映画『アンダーウォーター』ネタバレあらすじと感想。キャストのクリステン・スチュワートが閉所恐怖症を超えて挑んだ深海SF作品

クリステン・スチュワート主演の海底SFスリラー『アンダーウォーター』 映画『アンダーウォーター』は、世界で一番深い海・マリアナ海溝を舞台にした映画です。 資源の掘削会社の従業員で海底に暮らすメンバーは …

SF映画

【ネタバレ】アリータ:バトルエンジェルの感想と評価。少女の目に映った“イドの存在”を深掘り考察

ヒロイン・アリータの魅力に迫る! 木城ゆきとの伝説的コミック『銃夢』があのジェームス・キャメロンとロバート・ロドリゲスの手で完全映画化。 圧倒的なビジュアルイメージと強く美しいヒロイン・アリータにあな …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学