Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

SF映画

Entry 2021/05/28
Update

SF映画『タイムネット』ネタバレあらすじ感想とラスト結末の評価。 タイムループから脱出アドベンチャーを試みた“父子愛”

  • Writer :
  • 秋國まゆ

過去を変えようと奔走する青年の姿を描いたSFアドベンチャー

チーノ・ソレンティーノが監督を務め、タイムループにハマった青年の運命を描いた、2020年製作のイタリアのSFアドベンチャー映画『T-NET/タイムネット』。

過去に戻って盗まれたスクーターを取り返すだけのはずが、タイムトラベル中に緊急事態が発生し、タイムループから抜け出せなくなってしまった青年の姿とは、具体的にどんな内容だったのでしょうか。

イタリアの田舎町を舞台に繰り広げられる、タイムループからの脱出を描いたイタリアのSFアドベンチャー映画、『T-NET/タイムネット』のネタバレあらすじと作品情報をご紹介いたします。

スポンサーリンク

映画『T-NET/タイムネット』の作品情報


(C)2020 Associazione Pragma, All Rights Reserved

【公開】
2020年(イタリア映画)

【監督】
チーロ・ソレンティーノ

【キャスト】
サム・ギッティンズ、ミーノ・スフェッラ、エリー・プソ、エリアナ・マンヴァティ、ミケランジェロ・ジェンティル

【作品概要】
チーノ・ソレンティーノが監督を務めた、イタリアのSFアドベンチャー作品。タイムループにハマった青年の運命を描きだします。

『ゼイカム 到来』(2019)のサム・ギッティンズが、本作の主演を務めました。

映画『T-NET/タイムネット』のあらすじとネタバレ


(C)2020 Associazione Pragma, All Rights Reserved

西暦2018年、イタリアの静かな田舎町。

若き科学者リッキー・ファリーナは、母と暮らすイギリスを出て、夢想家であり野心的な科学者でもある父親リカルドの研究を手伝っていました。

リカルドとリッキーが取り組んでいる研究とは、「エーテル理論(相対性理論が発表される前、19世紀の末頃に真剣に科学者たちの間で検討された物理学理論のこと)」に基づいて作った、マシンを使った磁場の研究です。

エーテル理論に基づいた実証実験は、天才発明家テスラですら成し遂げられなかったものであるため、それを長年執念深く続けるリカルドのことを、科学界の人間は皆「妄想癖がある変人」扱いして追い出しました。

そのせいで、リカルドは研究員を雇ったり、設備が整った研究室を持ったりする余裕がないほど、お金がありません。

農場の倉庫を研究室代わりにしている中、リカルドの研究を手伝いに来たリッキー。彼が導き出した数式は完璧です。

しかし、マシンは上手く作動せず、失敗してしまいます。そこでリカルドは、リッキーにこう言いました。

「私1人で確認作業をするから、お前はマリオの店に行って、ロトを買ってきてくれ」と。

カフェの店主マリオは、宝くじの販売もしていました。

リッキーは、リカルドが大事にしている赤いスクーター「ベスパ」に乗り、彼が突如頭に浮んだと言う5つの数字が書かれたメモを持ち、研究室から少し離れた街へ向かいます。

マリオの店までの道中、リッキーは偶然、好意を寄せている食料品店の店員、オリビアと会いました。

リッキーは勇気を出して、オリビアをデートに誘いましたが、連絡してきたリカルドによる横槍と、食料品店の店主ロッコが彼女を呼んだことで失敗。

リッキーはオリビアと別れ、マリオの店に行き、宝くじの当選結果を調べている間に、マリオと雑談を交わします。

しかしその時、店先に停めておいたベスパが、何者かによって盗まれてしまったのです。

途方に暮れるリッキー。そんな彼は、テラス席に座っていた女性から突然、声をかけられました。

その女性の名は、セレスティーヌ・ディジュー博士。彼女は大学で働く心理学者です。

リカルドに会いに来たディジュー博士は、家に帰るための足を失ったリッキーを、自身の愛車で送り届けました。


(C)2020 Associazione Pragma, All Rights Reserved

リッキーは研究室に戻り、ぶつぶつと独り言を話すリカルドに謝罪しますが、彼は聞く耳を持ちません。

それどころか、リカルドは隣に来たリッキーを、作動中のマシンへ突き飛ばし、無理矢理中に押し込んできたのです。

マシンの中に入ったリッキーが、マシンを通って出た場所は、何と自分がベスパに乗って出かけたばかりの、65分前の過去でした。

リッキーは、過去の自分を見送ったリカルドからそう言われ、「つまり父さんが作っていたのはタイムマシンで、自分は過去へタイムトラベルしてきた」という、信じ難い現実を知って困惑します。

きっかり65分前後、過去と未来を行き来できるタイムマシン。リッキーはそれを作ったリカルドに、実験台にしたのかと怒ります。

これに対し、リカルドはこう答えました。

「お前じゃない、実験台は(農場で飼っている豚の)チッチョだ。未来から伝言をもたらした」

リカルド曰く、実験台にしたチッチョは、マシン作動直後に過去に来ましたが、それよりも早く未来のリッキー(以下、リッキー2と表記)が来たのです。

そして「未来からの伝言」とは、誰かが未来から研究室に置いた、女性の筆跡でフランス語の格言、「時間を弄ぶと裏切られる」と記されたメモのことでした。

ファリーナ親子を知っているフランス人女性、リッキー2が思いあたった人物は、フランス人のディジュー博士です。

リッキー2は、とりあえずベスパの盗難を防げば、この事態を引き起こした犯人かもしれないディジュー博士と出会わずにすむと考え、すぐさま街へ向かいました。

しかし、そのリッキー2の作戦は、リッキー1と会う前のディジュー博士がテラス席にいたため、店先の角から出られず失敗。

ベスパはまた盗まれてしまったものの、リッキーの過去が変わった出来事が1つありました。

それは、リッキー1とディジュー博士が去った後、マリオの店に駆け込んだリッキー2は、彼から400万分の1の確率で当たる宝くじに見事当選したことでした。

賞金は3,000万ユーロと大金です。リッキー2は宝くじの券を持って浮かれながら、ふらっと食料品店へ行きました。

しかし、真っ暗な食料品店の中にいたオリビアは、店の帽子を被った男と、キスをしていたのです。

傷心のリッキー2は、研究室までの道中で、ディジュー博士の車を発見。

リッキー2は、鍵がかかっていないディジュー博士の後部座席の扉を開け、彼女の鞄から大学ノートを取り出し、あの格言がないか探します。

すると、ディジュー博士の大学ノートには、リッキー2が予想していた通り、フランス語の格言が書いてありました。

それどころか、ディジュー博士の大学ノートには、ファリーナ親子しか知らないはずの、タイムマシンに関する記述があったのです。

本当にディジュー博士が、この事態を引き起こした真犯人なのか。

リッキー2は半信半疑のまま研究室へ戻ると、リッキー1とリカルドがいる研修室内を覗いている、ディジュー博士の姿を発見します。

疑いが確信に変わったリッキー2は、タイムマシンを見て興奮しているディジュー博士を、リッキー1をマシンに押し込んだばかりのリカルドに突き出しました。

そこへ、タイミングを図ったかのように、ベスパを盗んだ犯人が現れます。

リカルドはベスパを盗んだ犯人と外で、リッキー2はディジュー博士と研究室内で、それぞれ尋問しました。

しかし、ディジュー博士は何故ここにいるのか、何故タイムマシンを止めようと必死なのか、リッキー2に話そうとしません。

リッキー2はディジュー博士への尋問中、外が不気味なほど静かなことに気づき、リカルドの安否を確かめるために外へ出ます。

そこにリカルドの姿は見当たらず、真っ暗な外でリッキー2に明るいヘッドライトを照らしてくる犯人しかいません。

リッキー2はベスパに近づいた直後、後ろから何者かにスコップで殴られ、気絶。

目覚めた彼のそばには、食料品店の帽子がありました。その帽子は、ロッコのものです。

リッキー2は、ロッコが真犯人かと疑い、逃げ去る彼を追いかけましたが、途中で見失ってしまいました。

リッキー2はその直後、研究室の方から聞こえる悲鳴と、何かが倒れた音を聞き、慌ててきた道を引き返します。

研究室前に到着したリッキー2が見たのは、ディジュー博士がリカルドであろう人物を、崖から突き落とした姿でした。

リッキー2は、ディジュー博士を糾弾後、リカルドを死なせないために、タイムマシンを使って過去へ戻ります。

以下、『T-NET/タイムネット』ネタバレ・結末の記載がございます。『T-NET/タイムネット』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2020 Associazione Pragma, All Rights Reserved

2回目のタイムトラベルをしたリッキー(以下、リッキー3と表記)。

彼は1回目のタイムトラベルの際、リカルドがタイムマシンのことを説明した際に使ったホワイトボードに、今回自分が過去へ来た時刻と出発時刻を書きました。

街へ出たリッキー1を見送ったリカルドは、チッチョを抱いて研究室に戻り、机の上にチッチョを置いた後、箱から取り出したリボンに5つの数字をペンで書いていきます。

それを見たリッキー3は、隠れていた場所から出て、リカルドと接触。

息子が2人いることに驚くリカルドに、彼は「父さんがタイムマシンを使って当選番号を不正入手し、裏でディジュー博士とロッコと手を組んで、僕を殴ったのか」と問い詰めます。

困惑するリカルドに、リッキー3は畳み掛けるように、マリオの店先で携帯で撮った動画に、ディジュー博士が何故かカメラ目線でこちらを見つめていたこと。

そんな彼女が、知っているはずがないタイムマシンのことを、大学ノートに書いていたことを話しました。

ところが、リカルドは息子を殴ったロッコのことも、ディジュー博士のことも知りませんでした。

「第一、科学界から追い出された自分が、大学になんて雇ってもらえるはずがない」と、リカルドは主張します。

リッキー3に、これから1時間後の未来で死ぬかもしれないと言われたリカルドは、とりあえず彼にかけられた容疑を晴らそうと、全てを打ち明けることにしました。

実はリカルドは、研究費用を自身の貯金から切り崩して捻出していましたが、それだけでは足りずに借金をしていました。

それでもリカルドは、リッキーに自分の跡を継がせ、タイムマシンの研究成果を使って、彼に科学者としての輝かしい未来をあげたかったのです。

それが、研究に没頭しすぎたせいで、リカルドが妻とリッキーを、イギリスに置き去りにした罪への償いでした。

ところが、マシンの試験運転は失敗してしまい、結局エーテル理論なんて存在しないのだと結論づけたリカルド。

未来からリッキーが来るまで、彼はタイムマシンが完成したとは知らなかったのです。

しかし、過去と未来を行き来した2時間で、人が死んだと知ったリカルドは、「このままでは研究成果を発表できない。そうなると、リッキーに輝かしい未来を与えられない」と思いました。

そこで、リカルドはこのまま手ぶらでイギリスに帰らせるより、せめてリッキーに大金を持たせて帰らせたいと思い、宝くじに手を出したのです。

全ては親子の絆を修復したいという、リカルドの願いによるものでした。このリカルドの告白を聞いたリッキー3は、彼と今後どうするか話し合います。

「チッチョを過去へ送らずにマシンを止めれば、リッキー1が過去に戻らず、リッキー2も3も存在しない」

「お前が消えないとは限らない」「父さんが死ぬよりマシだ」

「勇敢だが、それでは私に警告もできない。この会話もなかったことになる。だからマシンをまだ止めることは出来ない」

「じゃあなんだ、父さんが殺されるのを黙って見ていろと言うのか?」

「私はお前の未来を確実なものにしたい。父親を亡くすお前に、研究成果が無理ならせめて大金を遺したい」

「(マシンを止めるよりも、大金を得ようとする父さんは)どうかしている」「ならお前が決めろ」

決断を委ねられたリッキー3は葛藤の末、リボンを巻いたチッチョを過去に送ることにしましたが、ディジュー博士のメモは送らないことにしました。

ただリカルド曰く、それではまた過去が変わって別の未来が生まれてしまい、今までの出来事と辻褄が合わず話がややこしくなってしまうのです。

リッキー3に、リカルドがまだ打ち明けていない話をしようとしたその時、リッキー2が研究室にやって来ました。

リッキー3は過去の自分と会わないよう、タイムマシンの中に入り、チッチョが現れた過去へ戻ります。

3回目のタイムトラベル。リッキー3は、まだタイムマシンが完成するとも、宝くじを買って大金を手にすることも知らないリカルドに、「ロトは買うな」と警告しました。

そしてリッキー3は、街へ出たリッキー1を止めようと追いかけますが、すれ違うように現れたディジュー博士の車と接触。

まだ犯人だと疑っているリッキー3は、心配するディジュー博士に何故タイムマシンのことを知っていたのか問い詰めましたが、彼女はそのことを全く知りませんでした。

それどころか、ディジュー博士はただ、リカルドが正気かどうかの鑑定しに来ただけだったのです。

ディシュー博士曰く、大学はリカルドが健康状態にあると証明されれば、彼の研究を支援したいと考えていました。

リッキー3は自身の怪我を心配するディジュー博士に、病院へ行くよう勧められましたが断り、その代わり彼女と一緒に何か飲み物でも飲んで休むことにしました。

マリオの店のテラス席。リッキー3からタイムマシンのことも含めて、彼自身に起きたことを全て聞いたディジュー博士は、「どう考えてもあなたの妄想でしかない」と断言。

さらにディジュー博士は、「リッキーがリカルドの研究が成功するとも、オリビアと両想いになることも信じていなかったその悲観的な期待が、過去と未来を行き来する悪夢を生み出したのだ」と言いました。

そう話すディジュー博士に、リッキー3はこんなお願いをしました。

「これからギターを持った男が演奏を始め、リッキー1がベスパに乗って現れる。そしてリッキー2が角から現れ、あなたを見つけて物陰に引っ込む」

「もしそのとおりにならなければ、僕は大人しく病院へ行く」

「でももし僕の言う通りだった時は、どの僕も邪魔せず、研究室にも行かず、僕を助けると約束してくれ」

リッキー3がディジュー博士の元を離れた後、半信半疑で約束を承諾したディジュー博士は、大学ノートに「時間を弄ぶと裏切られる」と記しました。

その直後、テラス席で待っていたディジュー博士の目の前で、リッキー3が言ったとおりの光景が繰り広げられたのです。

ただ過去と違うのは、今回のタイムトラベルでリカルドに、「豚の匂いが染みついて臭いから着替えろ」と言われ、服を着替えたリッキー3がベスパを盗んだことでした。

そしてリッキー3は、そのまま食料品店へ向かい、店に放置されたロッコの帽子を被せてくれたオリビアに、想いを告げるよりも先にキスをして結ばれました。

リッキー3はオリビアと別れた後、ロッコの帽子を被ったままベスパに乗り、研究室前で揉めるリカルド・リッキー2・ディジュー博士の前に登場。

リッキー3はリカルドと協力して、リッキー2をスコップで殴って気絶させ、目覚めた彼に犯人はロッコだと勘違いさせて、一旦その場を離れるよう仕向けました。

次にリッキー3は、ディジュー博士に一芝居打ってもらい、リカルドと背格好が似ている案山子を崖から突き落とさせます。

見事リッキー3の思惑通りに事が進み、リッキー2が過去へ戻った後、彼は「全ての原因は、過去と未来を行き来した自分の言動にあった」と2人に打ち明けました。

全てリッキー自身が、過去を変えようとタイムマシンを利用したのがいけなかったのだと…。

自己嫌悪に陥るリッキー3に対し、謝られたディジュー博士とリカルドは、「過ちを自分の手で直したあなたは、過去に捕らわれることなく未来と向き合った」と賞賛します。

そしてリカルドは、タイムマシンを作ったせいでこんな恐ろしいことになるとは思っていなかったと反省し、タイムマシンを止めると決心しました。

タイムマシンを止め、これで解決したと思った3人。しかし、マシンを止めたことによって起きた停電が回復した直後、タイムマシンからリッキー2が現れていたことが発覚。

2人のリッキーが顔を見合わせ、「マジかよ」と悪態をついたところで、物語は幕を閉じました。

スポンサーリンク

映画『T-NET/タイムネット』の感想と評価


(C)2020 Associazione Pragma, All Rights Reserved

科学者のリッキーが、父親のリカルドに作動中のタイムマシンの中に押し込まれ、過去と未来を行き来する物語でした。

物語の後半までは、リッキーが思っていたように、観ている人全てが「真犯人はリカルドかディジュー博士のどちらかだ」と考えてしまいます。

しかし物語の後半で、3回目のタイムトラベルをしたリッキー3が、「リカルドにロトを買うなと警告し、ベスパを盗んだのちオリビアとキスした」張本人だったことが判明するのです。

全ては過去を変えようと奔走したリッキーが、リカルドに宝くじで大金を得ようとしたきっかけを作り、またディジュー博士がタイムマシンについて知ったきっかけを与えたことになります。

そのことが分かった瞬間、過去で起きていたこと全てが点と点で繋がって頭がクリアになるので、タイムループが関わるSF映画好きやそうでない人も、この作品の世界観に没入して楽しめること間違いなしです。

そして何より、失った親子の絆を修復するために、研究成果がだめなら手に入れた大金を、リッキーにあげようとしたリカルドの親心。

リカルドを救うために、過去と未来を行き来し奔走するリッキーの父親への愛情。2人の親子愛も感じられる作品なので、子供を持つ親、親と離れて暮らす子供には、心にグッとくるものがあります。

まとめ


(C)2020 Associazione Pragma, All Rights Reserved

主人公リッキーが、過去を変えるために過去と未来を行き来する、イタリアのSFアドベンチャー作品でした。

本作の最大の見どころは、リッキーが過去と未来を行き来できるタイムトラベルをするところです。

過去の自分と未来の自分が、同じ時代に存在することへの不思議な感覚を楽しみつつ、真犯人を探していくミステリーサスペンス要素が含まれています。

しかもそれが、物語の終盤あたりでは、リッキーが3人存在して同じく過去を変えようとするのですから、戸惑いよりも面白さが勝ちますね。

結局のところ全ての犯人はリッキーだったという結末に、何かの陰謀が隠れているのではと考えた人には、少し物足りなく感じてしまうことでしょう。

ただ、リッキーが過去から来た別の自分と鉢合わせしたところで終わったので、もし続編が製作されるとしたなら、違った展開があるかもしれないと期待できます。

不器用な科学者親子の親子愛を感じつつ、過去と未来を行き来する複雑さと楽しさを味わえる、SFアドベンチャー映画が観たい人には、とてもオススメな作品です。

関連記事

SF映画

映画『AI崩壊』ネタバレ感想とレビュー評価。大沢たかおを“世界的俳優”たらしめる入江悠オリジナル監督・脚本作

映画『AI崩壊』は2020年1月31日(金)より全国ロードショー公開! 決して遠くはない未来である2030年の日本を舞台に、一つのインフラと化した巨大AIの暴走とそれに立ち向かう人間の姿を描く近未来S …

SF映画

【ネタバレ感想】 仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER結末までのあらすじも

2018年12月22日に公開された、ライダーファン待望の映画『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』。 平成仮面ライダーが共闘する劇場版「仮面ライダー平成ジェ …

SF映画

劇場版仮面ライダービルド2018|あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

2018年8月4日より、『劇場版 仮面ライダービルド Be The One』が全国東映系で公開。 石ノ森章太郎生誕80周年記念作にして、平成最後の夏の仮面ライダー映画。 そんな本作『劇場版 仮面ライダ …

SF映画

映画ライフ2017あらすじとキャスト!日本公開日や試写会情報も

最後に生き残る“ライフ”とは一体…?! 密室の宇宙船を舞台にしたSFパニック・スリラー映画『ライフ』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画『ライフ』の作品情報映画『ライフ』のキャスト …

SF映画

映画『囚われた国家』感想とレビュー評価。近未来SFの地球外生命体の侵略という物語を2つの名作映画をヒントにリアルに描く

映画『囚われた国家』は2020年4月3日(金)よりイオンシネマほかでロードショー。 地球外からの侵略者に支配され、絶滅の危機に瀕した地球。果たして人類に未来はあるのか? エイリアンの侵略に降伏した現代 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学