Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

SF映画

Entry 2017/10/28
Update

映画『ザ・シェル第三次大戦』あらすじ解説。 DVDレンタルと発売日

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

アンドロイドの身体=シェルを装着した女性軍曹。自分の肉体に戻れなくなった彼女の運命とは?

サスペンスあり、またSFスリラー要素も加わって、最後まで途切れない緊迫感はSFファンを魅了!

2017年12月2日より発売のDVD映画『ザ・シェル』をご紹介します。

スポンサーリンク

1.映画『ザ・シェル 第三次大戦』の作品情報


© PANDORA MACHINE. All Rights Reserved.

【公開】
2017年(アメリカ映画)

【原題】
Carbon Copy

【監督】
アンドリュー・ベルウェア

【キャスト】
ケイト・ブリットン、ジュリア・レイ・マルドナド、ジャレッド・ヴァン・ヒール、ベンジャミン・ジョン・バービッジ、マドゥカ・ステッディ、ブリアナ・ジューン・ティロ、アシュリー・マンディ

【作品概要】
『ロボット・コップ レボリューション』のプロデューサーのローラ・シュラクトマイヤーよる、近未来のテクノロジー最終戦争を描いたSFアクション作品。演出は『ターミネーター2525』のアンドリュー・ベルウェア監督、視覚効果に『ロボット・コップ レボリューション』のイアン・ハンバート。

2.映画『ザ・シェル 第三次大戦』のあらすじ

人工知能ロボット(AI)の第三次反乱により、滅亡の危機に瀕した地球。

AIが送り込んでくるドローン戦闘機の攻撃により、脊椎を負傷したバーバラは一生歩けない体になってしまう。

ある日、妹からアンドロイドのシェル(=体)を着て出かけようと誘われたバーバラ。

アバターに意識をジャックインし、シェルを装着すれば誰でも好きな肉体を手に入れられるのです。

バーバラはシェルを装着し街に繰り出しますが、人間の居住地に侵略を始めたロボットの攻撃によって意識を失ってしまいます。

目を覚ますと、そこは抵抗勢力テロリストのアジト。

バーバラが装着していたシェルはテロリストの仲間でした。テロリストのタナーは軍の司令部襲撃を計画しており、ロボットたちの街への侵略はすべて軍の計画だというのです。

バーバラは真相を突き止めるためタナーに協力することにしますが、彼らのすぐ後ろには政府とAIロボットたちが迫って来ていて…。

スポンサーリンク

3.映画『ザ・シェル 第三次大戦』の感想と評価

今、話題の人工知能 AIをテーマにした最新SFアクションが日本にてDVDレンタル&セル発売されます。

AIロボットの反乱により滅亡の危機に瀕している地球で、サイボーグの肉体に意識を転送させた女性軍曹の活躍を描いた作品です。

アンドロイドの肉体をまといテロリストとともに政府の陰謀を暴こうとする主人公バーバラの戦いは、『ゴースト・イン・ザ・シェル』や『アバター』を彷彿とさせる世界観

まさにSF映画通なファンや、お宝B級作品ファンには間違いなしの迫力満点な作品。

次々と襲いかかるAIロボットの侵略や、意識を転送するための仮想セッションのバグといった近未来的要素に、SF映画マニアなら注目ポイントです。

SF映画ファンなら関連作品として、本作の要素を聞いて、すぐに思い浮かぶ作品に『ゴースト・イン・ザ・シェル』『エクスマキナ』があるでしょう

また、ほかにも『オートマタ』『ローグ・ウォリアー 全面戦争』『アバター』などの類似も見られるので、この辺りもSF映画ファンには押さえておきたい鑑賞の手引きです。

まとめ

本作は2015年アメリカで公開された『ロボット・コップ レボリューション』に関わったスタッフや、キャストがふたたび集結しています。

参考映像:『ロボット・コップ レボリューション』

プロデューサーのローラ・シュラクトマイヤーはじめ、本作の世界観を書いた脚本のスティーヴン・J・ナイルズや視覚効果のイアン・ハンバート

もちろん演出を務めたアンドリュー・ベルウェア監督もそうです。また、主演を務めたケイト・ブリットンもキャストの1人でした。

このように気の知れたスタッフで映画を作ることは予算面での融通や、または互いにインスパイアさせる何かあってのことでしょう。

日本では未公開という作品であっても、そこに魅力があることは間違いありません。

あなたのホームシアターにて地球と人類を滅亡させる総攻撃に立ち向かえ!

2017年12月2日(土)よりDVDレンタルと DVD発売。全編82分と家で観るのに手頃な作品、ぜひお見逃しなく!

関連記事

SF映画

【ネタバレ】ゴジラ キング・オブ・モンスターズ|ハリウッドと日本版の比較解説

王(キング)の覚醒。 2014年に公開された前作『GODZILLA ゴジラ』から5年。 映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』が、2019年5月31日より全国ロードショー。 ゴジラに続き、ラドン、 …

SF映画

劇場版 仮面ライダーゼロワン|新フォーム“ヘルライジングホッパー”登場!不穏な空気と圧倒的な強者感が魅力

『劇場版 仮面ライダーゼロワン』は2020年12月18日、『魔進戦隊キラメイジャー THE MOVIE』は2021年新春公開 2020年8月30日に最終回を迎えた令和最初の仮面ライダー『仮面ライダーゼ …

SF映画

パシフィックリム2アップライジング|あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

『シェイプ・オブ・ウォーター』でアカデミー賞監督となったギレルモ・デル・トロが、2013年に制作した『パシフィック・リム』の5年ぶりの続編。 新たな戦いの幕が開くアクション超大作『パシフィック・リム …

SF映画

【ネタバレ】アリータ:バトルエンジェルの感想と評価。少女の目に映った“イドの存在”を深掘り考察

ヒロイン・アリータの魅力に迫る! 木城ゆきとの伝説的コミック『銃夢』があのジェームス・キャメロンとロバート・ロドリゲスの手で完全映画化。 圧倒的なビジュアルイメージと強く美しいヒロイン・アリータにあな …

SF映画

【ネタバレ感想】『X-MEN: ダーク・フェニックス』シリーズ集大成で最後の敵はX-MEN⁉︎

フェニックス覚醒、X-MEN終焉 アメコミ映画のパイオニア、X-MENが遂に最終章を迎える映画『X-MEN:ダークフェニックス』をご紹介します! スポンサーリンク CONTENTS映画『X-MEN:ダ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学