Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

SF映画

Entry 2018/02/13
Update

おすすめSF映画『イカリエ-XB1』あらすじとキャスト。チェコ・ヌーヴェルヴァーグの潮流も

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

あの名作SF映画『2001年宇宙の旅』や『スター・トレック』が発表される以前の1963年。

チェコスロヴァキアで誕生した奇蹟のSF映画『イカリエ-XB1』が、デジタル・リマスター版として蘇ります!

SF映画『イカリエ-XB1』は5月19日(土)より新宿シネマカリテほか全国順次公開です。

スポンサーリンク

1.SF映画『イカリエ-XB1』の作品情報


©National Film Archive

【公開】
1963年 (チェコスロヴァキア映画)

【監督】
インドゥジヒ・ポラーク

【出演】
ズデニェク・シュチェパーネク、フランチシェク・スモリーク、ダナ・メドジツカー、イレナ・カチールコヴァー、ラドヴァン・ルカフスキー、オットー・ラツコヴィチ

2.SF映画『イカリエ-XB1』とは


©National Film Archive

SF映画の名作映画としてあげられ、1968年に公開された『2001年宇宙の旅』。

アーサー・C・クラークとスタンリー・キューブリックが出し合ったアイデアを取りまとめ製作された、映画ファンなら誰もが知る映画史に残る作品ですね。

またその2年前となる1966年に、SFテレビドラマシリーズとして放映開始された『スター・トレック』。

トレッキーというスタートレックのマニア的なファンを生み出し、その後も新シリーズやスピンオフテレビドラマ、また劇場版の映画、アニメと制作されなど、あらゆるSF的な要素のエピソードを展開させたストーリー性を誇るマスターピース的存在。

このある意味でSF映画の原点とも呼ぶ2作品より以前に、実は誕生した映画がありました。


©National Film Archive

1963年の共産主義下のチェコで制作された初の本格的SF映画『イカリエ-XB1(原題:IKARIE XB 1)』です。

本作は5月19日(土)より新宿シネマカリテほかにて公開が決定しました。

しかも今回の上映素材は2016年に4K修復され、同年のカンヌ国際映画祭「カンヌ・クラシック部門」で脚光を浴びたデジタル・リマスター版で、日本では劇場初公開となります。


©National Film Archive

スポンサーリンク

3.SF映画『イカリエ-XB1』あらすじ


©National Film Archive

はるか22世紀後半。生命探査の旅に出た宇宙船イカリエ-XB1は、アルファ・ケンタウリ系へと向かう宇宙航海の途上で、漂流中の朽ちた宇宙船を発見します。

その宇宙船はかつて地球から旅立った宇宙船でしたが、船内には謎の死を遂げた乗組員たちの死体。

この難破船に積まれた核兵器の爆発により、調査員たちも命を落としてしまう悲劇の後も、変わらぬように旅を続けるイカリエ-XB1でした。

しかし、謎のダークスターによって乗組員たちは、皆眠りに落ちてしまい…。


©National Film Archive

4.SF映画『イカリエ-XB1』の見どころ


©National Film Archive

1963年にチェコで初めてつくられた本格的なSF映画『イカリエ-XB1』は、密室である宇宙船内で少しずつ狂気に汚染されていく乗組員のクルーたちのサスペンスな人間ドラマです。

そこにオリジナリティある近未来のユートピア世界を、当時のスタイリッシュな感覚で描き出しています。

その独自性の溢れた世界観はスタンリー・キューブリック監督の『2001年宇宙の旅』(1968)にもインスピレーションを与えたという逸話があるほどです。


©National Film Archive

本作『イカリエ-XB1』は、2016年に4Kにデシタル・リマスター版に修復され、カンヌ国際映画祭「カンヌ・クラシック部門」で上映され、チェコ・ヌーヴェルヴァーグの中心人物たちが結集した重要作品だと、話題となりました。

『イカリエ-XB1』が製作された1963年の頃は、チェコ・ヌーヴェルヴァーグが本格的に幕開けされた年。

例えば『火事だよ!カワイ子ちゃん』(1968)や『パパ/ずれてるゥ!』(1971)また『カッコーの巣の上で』(1975)などで評価の高いミロス・フォアマン監督。

また『厳重に監視された列車』(1967)や『スイート・スイート・ビレッジ』(1986)などで知られるイジー・メンツェル監督たちが才能を見せ始めた時代なのです。

さらには本作にもその芸術運動に参加した多くの重要人物たちが関わっています


©National Film Archive

スタニスワフ・レムの小説『マゼラン星雲』を基に、インスピレーションを受けて脚本を執筆したのは、1966年公開『ひなぎく』の脚本に協力したパヴェル・ユラーチェク。

衣裳デザインのエステル・クルンバホヴァーも、『ひなぎく』や『パーティーと招待客』などを手がけて、チェコ・ヌーヴェルヴァーグのミューズと呼ばれた重要人物です。

音楽はヤン・シュヴァンクマイエル監督やカレル・ゼマン監督のアニメーション作品で知られるズデニェク・リシュカ

演出を務めたインドゥジヒ・ポラーク監督は、子ども向けの人気シリーズ映画をはじめ、数多くの特撮映像を手がけていてチェコでは著名な映画監督です。

つまりSF映画『イカリエ-XB1』は、SF映画として名作『2001年宇宙の旅』や傑作『スター・トレック』の原点的な作品のスタンスにありながらも、チェコ・ヌーヴェルヴァーグの潮流をたしかに感じさせる作品でもあるのです。

スポンサーリンク

まとめ


©National Film Archive

SF映画『イカリエ-XB1』は、脚本はインドゥジヒ・ポラーク、パヴェル・ユラーチェク。

また撮影はヤン・カリシュ。演出を果たしたのはインドゥジヒ・ポラーク監督。

カンヌ映画祭でも上映されたデジタル・リマスター版として蘇ったモノクロ映画『イカリエ-XB1』は、5月19日(土)より新宿シネマカリテほか 全国順次公開 。

88分のSF映画の原風景を刮目せよ!

関連記事

SF映画

映画『レディプレイヤー1』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

アーネスト・クライン原作の「ゲームウォーズ」を、スティーブンスピルバーグが映画化。 VRワールド「OASIS(オアシス)」に隠された「イースターエッグ」を巡る冒険を描いた新時代のアドベンチャームービー …

SF映画

トーキョーグール窪田正孝(カネキ)演技力と評価【東京喰種実写映画】

「週刊ヤングジャンプ」にて、2011年よりデビュー作した漫画家・石田スイの大人気コミック『東京喰種トーキョーグール』。 実写化映画は2017年7月29日より全国公開! 人肉を食べて生きる怪人「喰種(グ …

SF映画

映画The Witch魔女|ネタバレ感想。ラスト結末までノワール・SFサイキック・バイオレンスが作り込まれた秀作

『新しき世界』パク・フンジョン監督の下に、実力派俳優たちが集結した『The Witch 魔女』。 謎の組織に追われる少女。決してその正体を暴いてはいけない…! 本国にて観客動員数300万人を突破した超 …

SF映画

伊藤峻太SF映画『ユートピア』あらすじとキャスト。公開日と劇場は

太陽嵐、空間鎖国、黑い災い…、映画『ユートピア』は4月28日(土)より、下北沢トリウッドにてロードショー! 『虹色★ロケット』の伊藤峻太監督が10年の年月を掛けて完成させたSFファンタジーとは? スポ …

SF映画

【猿の惑星:聖戦記】ネタバレあらすじと感想!グレート・ウォーの評価は

『猿の惑星』シリーズのプリクエル3部作、シーザーの物語がついに完結! 主演のアンディ・サーキスのアカデミー賞主演男優賞ノミネートが噂される話題作。 『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』をご紹介しま …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学